至福の庭~ラヴ・アゲイン~

shifuku no niwa

至福の庭~ラヴ・アゲイン~
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神5
  • 萌×24
  • 萌5
  • 中立3
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
9
得点
59
評価数
17件
平均
3.6 / 5
神率
29.4%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
リンクスロマンス(小説・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥855(税抜)  ¥923(税込)
ISBN
9784344804487

あらすじ

カウンセラーである兄の仕事を手伝いながら暮らす鈴木桂人は、過去の事件が元で心に深い傷を抱えていた。
 ある夏の日の午後、桂人は唯一の安らぎの場である庭で、藤堂大司という男と出会う。男性的な力強さをもつ藤堂に怯えを抱きつつも、魅力的で真摯な態度に惹かれていく佳人。彼と過ごした僅かな間にも、佳人は不思議な離れがたさを感じていた。別れ際、自分に向けられた藤堂の、何かを訴えかけるような瞳に佳人の心が揺れ動き……。

表題作至福の庭~ラヴ・アゲイン~

カウンセラーに来た社会人・藤堂大司(26)
過去の事件で対人恐怖症・鈴木佳人(26)

その他の収録作品

  • ツートン・ハート

評価・レビューする

レビュー投稿数9

過去を許せるかどうか

トラウマがあって対人恐怖症という主人公のお話です。
主人公が悲惨なめにあっていて大きな傷があるという、ある種の王道的なストーリーだと思ったのですが、攻めキャラの一連の行動を誠実と思えるかどうかで評価が別れそうな気がします。

主人公の佳人のトラウマは攻めキャラの藤堂に起因しているのですが、藤堂のしたことはかなり酷いと読んでいて感じて、前半は藤堂に対してムカムカ…。
もちろんそこで終わりでなくて、藤堂は自分のしたことを酷く後悔し、佳人の傷が癒えるまで、家族に疎まれても、佳人に拒絶されても、雨の日も風の日も佳人のもとに通います。
それはなかなかできることじゃないし真摯だと感じるのですが、それでも藤堂のしたことの酷さがどうも、自分なら簡単には許せないなあと感じてしまいました。おそらく佳人視点が多かったからだと思うのですが。

酷い攻め、いわゆる「クズ攻め」が心を入れ替えて受けを大事にする、という展開のストーリーです。前後編になっているのですが、前半がう~んと思った分、後半半分が個人的とてもよかったと思います。
過去自分に酷いことをした藤堂と、心を入れ替えた藤堂を頭の中で無意識続きに別人だと分類している佳人。藤堂を愛しているのに、藤堂に傷つけられた恐怖がまだ残っているんですね。

お互いに傷ついて長い時間をかけて許し合うカップルのお話です。
スッキリ明るいお話ではないので手放しで楽しめた!という感じではなかったのですが、トラウマのある受けのお好きなかたには、痛々しい部分も含めて楽しめるのではないかと思います。

0

クズ男が心を入れ替えて純愛…?

書棚にあったものを久しぶりに手に取りました。
ふと目についてどんな話だったのかすぐ思い出せず再読しました。

発行から10年以上経ちますが、持っていても再読しなかった理由と結末を思い出せなかったのはメインカップルの一人の大司が好きになれなかったからだと思い出しました。
佳人はとても健気で困難なことにも精一杯努力をして乗り越えていこうとする頑張り屋なところが好きです。
けれど何しろ受けた傷が深すぎて、何年たっても癒されるどころか無意識に封印してなかったことにしてしまわないと精神が保てないくらいに心と体に傷をつけられているのです。

大司は、佳人がずっと憧れていて告白の末付き合うことになった中学からの同級生です。
けれど、田舎から上京した途端に大学生デビューの末ちやほやされ労せずしてなんでも手に入る状況に毒されてしまったんですね。
『健気で控えめな恋人』が『地味で冴えない人前に出すもの恥ずかしいだっさいヤツ』としか見えなくなり、心から理解し常に癒してくれた優しい恋人をもう飽きたの一言で棄て去りました。
それも、大司への逆恨みのターゲットにされ乱暴されて心身ともにボロボロ続き状態で会いに行ったら浮気相手と一緒だった、というクズ具合です。

それから6年後、大事な人を傷つけて失ったことを後悔していると言われても、そこに行き着く心情の変化や心を入れ替えた経緯が弱くて「失くなってからその存在の大切さに気がついた」というのもだからなんで急に?というのが納得できずにもやもやとしてしまいました。

弟を大事にする極度のブラコン兄や、佳人を大事に育ててくれるセラピストの薫がとても魅力的で、彼らの話がもっと読みたいと思いました。

1

スピリチュアル臭…

六青作品に常に漂っているスピリチュアル臭がこの作品ではMAXでした。そういうものが好きな方にはいい・・のか?これ。わかんないけど。
どうしても消化不良になってしまったのは、健気受けはこの作家さんの十八番ではありますが、これは健気というより受け身というか頼りなさすぎて好きになれなかったです。人としてどうなの?と思ってしまった。
トラウマを受けてしまった後はまあ仕方ないかと思うんですが、それ以前がちょっと。攻めの心変わりがわかる気がしてしまい。
いまいちのめり込めなかったもう一つの理由が、攻めが事件後に豹変して受けに執着し始めるところです。それだけ執着できる強さがあったら、そもそも受けに惹かれたかな?とか。主人公が二人ともどこか違和感を覚えるキャラで、あまり楽しめませんでした。現代もので非ファンタジーではなかなか納得しがたいキャラでした。これ、中世ファンタジーとかで、お兄ちゃんもカウンセラーとかでなくセラピストとか出てこなかったら、アリなキャラだったかも?
屋久島での出来事も、あまりに都合よすぎ、っつかなんつか。
スピリチュアル臭のあまりの強さに苦笑。というのが正直なところでした続き

0

萌えるんだけどちょっと物足りない

六青作品を初めて読んだのですが、全体に漂う透明感のあるせつなさと痛さとほのかに甘いトーンは、もう神領域だと思いました。
なのに何故、神評価でなく萌え評価にとどまったかというと、他にも書いてらした方がいらっしゃいましたが、ラストの方の駆け足っぷりが物足りなかったから。
思い切って2冊とかにした方がよかったんじゃないだろうか。この作品。
とにかくラストが物足りない。
紙面が足りなかったのでばたばたと書き急いじゃいました的な放り投げ感があります。
物語的にもどうもいろいろごまかされた感があって、勢いで読まされるんですけど、読後しばらくして、「あれ?何にも解決してなくね?」と小首を傾げてしまいました。
過去の出来事のせいで、受けは一部の記憶を失い、対人恐怖症と冷感症にもなっているんですが、記憶こそ戻るのですが、対人恐怖症と冷感症は解決されないんですね。
ラストで攻めとの最後のわだかまりはなくなり、二人が一緒に暮らそうと示唆するシーンがあるので、恐らくは完治したか、もしくは今後二人でゆっくり治していくのだろう、と感じ取ることができるのみ。
できればここらへん読者任せにしないで書い続きてほしかったなぁと。
ことに、全体を通して受けは痛々しいSEXを強いられていて、幸せな人肌の感触というものを知らないままラストを迎えるので、一度くらい受けにも幸せなエッチを味わわせてあげてもよかったんじゃ…と思わなくもなかったです。
それから、前半の受けは、記憶を失って対人恐怖症がありつつも、自らの足でちゃんと立とうという前向きな意思と、自分が対人恐怖症であるにもかかわらず他人を癒そうという、痛々しいながらもしなやかな包容力があったのですが、後半で記憶が戻ると、記憶のなかった六年間が逆行したかのように急に幼稚なうじうじくんに変貌するので、痛々しい受けが好きな人にはツボなのですが、うじうじ受けが嫌いな人には苛々するかと思います。
この辺ももう少し丁寧に描写されていればよかったなぁ。
なんかいろいろ惜しいというか、やっぱりこの倍のボリュームがほしかったように思います。

2

こんな痛々しい(心理的に)セックス描写・・・これBLですよね?

受けの過去を知ってるらしい攻め×過去の事件で記憶の一部が欠けた受け

カウンセラーの兄と暮らしている対人恐怖症の鈴木佳人は、ある日自宅の庭に入り込んできた藤堂大司に怖れつつも魅かれていく。

対人恐怖症(特に大きな男)と記憶喪失と過去の事件といったら、もうもちろんアレしかないわけなのですが、BLによくある(?)レイプものと一線を画しているのは、セックスに対する恐怖と、元恋人に対する無意識の恨みが最後の最後まで持続している!という点です。特に体を合わせるシーン、受けの体が快楽に流される的シーンが最後までありません。記憶が戻る直前ちょこっとおさわりされたときにムクッとしたぐらい。確かにレイプされた直後に恋人に捨てられる(二股)というなんてことがあったら一生のトラウマもんになるのは当然だとは思いますが・・・BL世界ではみんな克服するのが早いので(笑)。意外と深刻な事態になってしまう展開は無かったのではないかと(と思う)。佳人の記憶が戻ってから何度か大司と寝てはいるんですが、後半の、受けの心理が超痛々しいセックスシーン!大司が他の男に気があるのではないか、自分はまた捨てられるのではない続きかと思った佳人の行動ですよ!まだ全然セックスの恐怖があるのに、自ら催淫効果アロマ使ったり、「体勢が整ってないから」とか言い訳。なんかもう必死で必死で、健気を通り越して読んでるこっちが物悲しくなるのですよ~。ここでももちろん受けの "気持ちいい" 描写はありません!徹底してますね。好きです、そういうの。
そしてさらに痛いのが、攻めの大司もその状況を分かっているのです。もうなにもかもがかみあってない濡れ場。新鮮でした。
そして以前の呼び方「大司」ではなくて無意識で「藤堂さん」と呼び続ける佳人。全く許してないし信用ゼロ。
さすがにここまでくると大司が哀れに思えてくるのですが、ちょっとこの人も辛抱強そうに見えて理性が弱い。無理だっつてんのに、ちょっと部屋に上げたり、ライバルの匂いを感じたりすると車のなかでもやっちゃう。6年待ったんだからもうちょっと待てよ!って感じでした。
やり直すってタイミングしだいでこんなにも大変になってしまうものなんだなとしんみり。レイプ事件がなければ普通のケンカ別れで終わってたかもしれないし、事件の直後の対応次第でここまで傷つくこともなかったかも・・・。
ラスト駆け足なのが残念でしたが、「最後はエッチで解決!」の流れにならなかったのがとてもうれしかったです。
なかなか痛いストーリーのなか、佳人のお兄ちゃんの大司いびりがほんわかさせてくれました。

2

何に対しての裏切りなのか

決して面白くないわけではないんです。
過去に隠されたからくりよりも、失った信頼をもう一度取り戻す難しさ…そのことにスポットが当ててあり読み応えがありました。
しかし、攻めの裏切り行為が果たしてどのことを指すのかが曖昧で、小骨のように引っ掛かり、物語に入り込めませんでした。

親友だった中高時代を経て受けからの告白で恋人になるも、攻めは所謂大学デビューで遊び人のようになってしまい、受けとはセックス一度きり、その後も名だけの恋人同士になってしまいます。

大学デビューとそれに伴っての心変わりというのは、(恋人からみれば悲しい現実ですが)あり得ること。
甘い態度で受けを騙して二股や浮気をしていたならば信頼を踏みにじる裏切り行為といえますが、攻めは疎ましがっていたのを隠しておらず、それでも付き合い続けたいと判断したのは受けである時点で、関係に於いて責任は双方にあると思います。
恋愛は、時に片方に多くの痛みをもたらすとしても、そのリスクは自分で負うべきではと。

そして肝心の事件についてですが、攻めに責任の一端を過剰に背負わせているような空気が、気になってしまいました。
続きールを見過ごしたことはタイミングが悪かったし、その後の受けを追い返した際のやり取りは切ないシーンですが、その場面での流れは受けがきっぱりと振って欲しいと願い、それに答えた上での攻めの台詞だったはず。
ならば、それを酷いと責めるのは、ましてや裏切りというのはどうなのだろうか。
明らかに様子がおかしい受けに対して何の配慮も見せず追い返したことは確かに眉唾ものですが、何より、攻めは受けに何が起きていたのかを知らなかった。
それを考慮すれば、必要以上に責めても仕方がないのではないだろうか…(ちゃんと信頼関係で結ばれた恋人同士というわけではなかったんだから尚更)と、そんな風に感じてしまいました。

なので話の中で何度もでてくる裏切り行為、罪、というのはどの行為に対してなのか。
赦せないというのは単純に、恋人として心変わりをしてしまったことに対してなのか、それとも助けてくれなかったことなのか、事件の発端だったことなのか(しかしこれは逆恨みなハズ)。
事件に於いて被害者なのは明らかですが、攻めとの恋愛関係に於いても被害者というのは違う気がします。

そして、別れの場面と事件が重なってしまったことで、別問題であるその二点が変にごっちゃになってしまっている違和感が拭えず、可哀想という境遇に浸る事ができませんでした。
個人的にはいっそ事件関係はなくして、恋人から手酷い心変わりを受けたという設定だけの方が、存分に同情しながら読めたように思います。

ラストの急展開も、これまでじっくりと受けの心情の変化を待っていたような流れだっただけに、これはちょっと反則では??と、強引に決着させる力技に見えてしまいました。

4

前半良かったんですが、後半でついてけなくなっちゃった

前半は好きでした。
真相が分かったときに『おおっ、なるほど…』と思ったし、キュンキュン切なくなりながら読みました。
でも後半が…。
マイナス思考受けのマイナス思考に、後半からついてけなくなっちゃったんですよね。
主人公のマイナス思考、心に受けたキズがトラウマになってるせいだというのは分かるんですが…分かるんですが、なぜか主人公の悲しみにシンクロできなかった。ちょっとイラッとしてしまったというか…スイマセン。
後半では、『攻めに愛され守られてるのに不安で疑心暗鬼になる受け』ではなくて、『攻めの心の支えになる、かつてのような柳のしなやかな強さを持つ受け』の姿が読みたくて、それを無意識のうちに期待してしまったんだと思う。

2

贖罪する立場の痛み

対人恐怖症の佳人は、カウンセラーをしている兄と暮らしています。
自宅の小さな庭の手入れをするのが日課で、何処に出かけることもなくひっそりと暮らしています。
なぜ対人恐怖症なのか…、それは佳人が6年前に性的暴行を受けたことが原因なのです。

高校の時から好きだった藤堂大司と恋人として付き合っていた大学時代。
その頃から藤堂の生活は派手になり、地味な佳人を疎んじ始めます。
藤堂とトラブルを起こした者が、報復として無関係な佳人を集団レイプします。
誰にも助けてもらえず、藤堂からはひどい別れを宣告され、傷ついた佳人の心は藤堂を記憶から消し去る事で、自分の殻に閉じ篭ってしまったのです。

6年後、藤堂は初めて会う男として佳人の前に現れ、ムリに記憶を呼び起こす事はしませんが、進まない関係を苛立ち、ついに性的関係を強制的に求めてしまいます。
結果、佳人は記憶を取り戻すのですが、それは藤堂にとってつらい贖罪のはじまり。
佳人に拒絶されても、藤堂は気持ちを抑えることができず、何度も何度も近づこうと試みるところなんか、とても痛々しいです。
徐々に佳人も藤堂に引かれていくのですが…、続き佳人の中では「藤堂」と「大司」は別人なのです。
現在、佳人が好きな人は「藤堂」で、昔付き合っていたのが「大司」。
心の傷が歪めてしまった記憶の障害、それを治してやりたい気持ちは一途なのですが、藤堂の行為は益々佳人を追い詰めるばかり。
二人が各々に抱えている傷がどんな風に痛み、癒されていくか、刻々と描写されていてとても胸を打つお話でした。


4

攻めまでがけなげな六青作品

大学生の藤堂は、地味な佳人にあきてしまい助けを求めてやってきた佳人を追い返す。藤堂にまで冷たく拒絶された佳人は、深く傷つき藤堂のことを忘れることで、精神の均衡を保つようになる。
佳人の変わり果てた姿を見てはじめて後悔した藤堂は、許してもらおうと佳人に近づくが、傍に寄るだけでパニックを起こす。忘れ去られて8年。それでも佳人を求めずにいられない藤堂に、やがて怖いけど惹かれる物を感じる佳人。冷たくされた記憶と、現実の藤堂とのギャップに戸惑う佳人。
自分の過去の罪を佳人の症状で突きつけら苦しむ藤堂。しかし、それでも佳人を求め近づこうとする藤堂がけなげです。
六青先生の作品には、けなげな受けが特徴ですが、今回攻めまでけなげです。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ