新着レビュー(最新3ヶ月)

媒体
ちゅんちゅんエキスパートレビューアー2016 17/04/23/ 17:00

※このレビューはネタバレ有です

一途な攻め×遊び人受け 年の差CP

シリーズものでした。「指先から媚薬」の攻めの清水の”はとこ”が主役の話です。
知らないで買ったので、他の作品は未読です。
読んでなくても表題作は問題なく読めます。ただ、清水がちょくちょく出てくるし、受けの本家についての話とか出てくるし、本編後には前作の清水の話と別のスピンオフの話が入っていたので、前作を読んでおいた方がいいと思いました。
想像で何とかなる範囲ですが、細かいことが気になるタイプ…

  • 0
ちゅんちゅんエキスパートレビューアー2016 17/04/23/ 16:38

※このレビューはネタバレ有です

さちこな睦月はバナナが半分しか食べられません

「恋は甘くない?」と「恋は苦くない?」の2編です。
どちらも受け視点です。

「恋は甘くない?」
「NO」と言えない小嶋睦月(受け)は大学に入学早々クラスの女子に頼まれてついていったスイーツ同好会に流されるまま入会してしまいます。同じく新入会員の川久保(攻め)は睦月と違ってはっきりした性格でした。はっきりと意思表示する川久保が羨ましい睦月は川久保と親友になりたいと思います。「(親友になりた…

  • 1
fandesu 17/04/23/ 16:30
これって「ラブ」なんでしょうかね?(私的には萌えましたが)

シリアス度が強くなる、のは先に投稿された皆様のお書きになっている通りで、私も「ああ、トンデモ感がパワーダウン」と思いつつ読んでいたのですが、文庫版124pの中頃で大爆笑しました。
こんな危機的状況でなぜ「一人突っ込み」をしなければならないんでしょうか?

そこで感じたのは、ひょっとして光一クンはものすごく自暴自棄になっちゃっているんではないかと思ったんですね。
確かに、個人的特性のせいで、…

  • 0
詩雪エキスパートレビューアー2016 17/04/23/ 16:29

※このレビューはネタバレ有です

浴衣は反則♡

『ブルースカイコンプレックス3』初回限定特装版小冊子です。
タイトルは「時にはその場のテンションで」。

ここで寺島が着ているのはなんと、楢崎父の浴衣なんですよ!
楢崎のお母さんに着せてもらったんだな、あの家で、皆でいっしょに騒ぎながら。
楽しい光景がみえるようで、微笑ましいなぁ。
寺島...ホントよかったね(しみじみ)。

それで余計、汚したらいけないと気にする寺島がいいのです@…

  • 2
とおるる 17/04/23/ 16:02
溺愛ものを読みたい時に

不憫な受けが、イケメンに見い出してもらって幸せになる、典型的なシンデレラストーリー。
だからこそ何の不安も感じずに、物語世界に没頭できました。
それでいて飽きることなく、先へ先へと読めた。
とっても楽しかったです。

不満はほとんどないのですが、ちょっとだけ物足りなかったかな……?という気がしないでもない。
時代物ならではのすれ違いとか、男同士であるがゆえの切ない展開がもっとあってもい…

  • 0
fandesu 17/04/23/ 15:58
最後まで「解らない」(あるいは「不条理」)を楽しむお話、なのでは?

内容は先行してレビューを投稿された皆様が詳しく書いて下さっておりますので、感想のみを。

実際にこんな目に遭ってしまったら大変悲惨なわけなのですけれど、読んでいてそこはかとなく可笑しいと思っちゃうのは、登場人物を突き放した視点があるからなんじゃなかろうか、と思ったりしました。
どんなに焦っているシチュでも、なーんとなく俯瞰しているんですよね、光一クンは。
だから私も傷つかない。「陵辱強姦」…

  • 0
詩雪エキスパートレビューアー2016 17/04/23/ 14:48

※このレビューはネタバレ有です

もっとずっと長く見てきたような

やっぱり大切にしたい、大好きなシリーズです。
※以下、1~3巻までのネタバレ含む

ケンカばかりしている不良っぽい寺島と、先生から頼られてしまう優等生の楢崎。そんなふたりが、放課後に図書室の受付をやるところから始まった『ブルースカイコンプレックス』もとうとう3巻。最初はどちらも言葉を発しないのに、それでも同じ空間で本を読んでいる空気が心地よいと思った、あれが高2の夏前なんですね。恋人になり、…

  • 5
ぴれーね 17/04/23/ 14:11

※このレビューはネタバレ有です

元気になれるハッピーラブコメです

甘くて幸せいっぱいな作風が大好きで、作家買いしてます。
今作も作者さんの持ち味が生きる、優しくて可愛いお話でした。

母親と二人で暮らしていた19才の受けが、大金持ちの父親に引き取られるというシンデレラストーリーなのですが、そこは名倉作品。
受けを邪魔者扱いする親戚だったり、意地悪な使用人なんかは出てきません。父親は受けを目に入れても痛くないほど溺愛しており、使用人は皆好意的。とにかく出て…

  • 6
りん 17/04/23/ 13:03

※このレビューはネタバレ有です

ハイテンションエロBL

「ハイテンションで勢いがある作風」って帯に書いてあったんですがなんか味わいのあるセンテンスだなあと思いました。帯で作風の紹介するの新しい。いやまあ確かにそうとしか言えない。正しい。まず「Yummy Yummy Boy -Yen Man No Hiketsu-」ってタイトルからして素面では思い付かない。BLトンチキタイトル界ではIQ高めだけどやばいことはやばい。¥マンの秘穴。
加えてエロい。色気を…

  • 1
フランクエキスパートレビューアー2016 17/04/23/ 12:51

※このレビューはネタバレ有です

厳然たる身分差の恋

まず19世紀と思われるイギリス貴族の庭園、邸宅といった舞台背景が楽しめました。
ジェーン・オースティンなどのイギリス貴族が絡む19世紀恋愛ものが好きな私にとっては、大好物の題材です。(映画で言えば「いつか晴れた日に」など)
それをBLでやるとは!すごいね、勇気ある!しかも初コミックで!

ここで描かれているのは屋敷の主人であるアーサーと使用人(執事兼庭師)ロランとの恋。
上流階級と労働者…

  • 0