• 電子書籍【PR】
  • 紙書籍【PR】

表題作後ろの席の加藤くん

小和田光太郎・平凡な高校生
加藤・高校生・カースト上位のクラスメイト

その他の収録作品

  • 加藤、雑草の集いに参加する(描き下ろし)

あらすじ

クラスの『村人A』こと平凡少年・小和田は、後ろの席の『王侯貴族』男子・加藤くんが気になって仕方ない。
勇気を最後の一滴まで振り絞って声を掛けてみたりもするのだが、クリスタルみたいな目でスルーされがち。
でも、ある日、小和田は触れてしまったのだ。
加藤くんの、ふにゃっとした笑顔と、誰にも知られたくなさそうな秘密に――!

作品情報

作品名
後ろの席の加藤くん
著者
梅田みそ 
媒体
漫画(コミック)
出版社
新書館
レーベル
Dear+コミックス
発売日
ISBN
9784403666780
4

(144)

(57)

萌々

(50)

(25)

中立

(5)

趣味じゃない

(7)

レビュー数
18
得点
565
評価数
144
平均
4 / 5
神率
39.6%

レビュー投稿数18

優しくて不器用な恋

等身大で初心な高校生の青いBLでした。最高です。
”かっこ悪くて優しい恋を歌う”という煽りのとおり、不器用でかっこわるいけれど一生懸命に恋する二人の物語でした。

ーーーーーーー感想とネタバレーーーーーーー
受けはスクールカースト上位グループに属する加藤。攻めはその他大勢に属する小和田。
同じクラスで席順が前後だったことから接点を持つようになります。

とはいっても、接点を持とうと積極的なのは小和田のほう。平凡なりに頑張ろうとするんですが、そのだいたいがカラ廻ってしまいます。
ふとしたことから、加藤の可愛い一面に触れてそこからはもう気になって仕方なくなる小和田。
加藤は表情を表に出さない人なんですが、決して小和田のことを否定することなく彼に付き合っていきます。

個人的萌えポイントは、小和田の頑張り具合と加藤のツンデレ具合でした。
小和田の自己肯定が低いことにより二人の間の空気が悪くなったり、加藤があまり言葉を紡がないためにすれ違ったり。
読んでいるこちらも、もだもだとさせられます。すれ違い具合がたまらない!!
でも、緩急つけた描かれかたでとても楽しくテンポよく読むことができます。

あと小和田の小和田がでかいらしく...その顔で大きいの?!と気になってしまいました...
そんな大きいものを受け入れるために頑張る加籐の健気さもポイントだと思います。

10

こんなカップルも良いですね。

美人な高校生男子、加藤くんの横顔が美しい表紙です。髪の毛縛ってる男子、ちょっと苦手ですが、加藤くんは別です。髪の毛下ろした時には可愛らしく、雰囲気が変わって良かったです。

クラスの中でも上位グループに入っている加藤くんのお相手は誰・・・と思っていたらまさかの前の席に座っている、小和田くんという地味で、ある意味普通の子でした。

小和田くん目線でお話しが進んでいきますが、とにかく初めから加藤くんを意識しまくってますので、ちょっとした、加藤くんの言動が気になって仕方ないのです。空回りする事もあるのですが、いつも一生懸命に想ってくれる彼に加藤くんの気持ちが動き、お付き合いが始まります。

はたから見たら、不釣合いな二人かもしれないけど、加藤くんは見た目ほどツンツンしていなくて、意外に純情です。小和田くんはとにかく、妄想激しいけど朗らかで優しい性格で加藤くんの事を守ろうとする姿勢が素敵です。

二人のキスシーン、好きです。いろんなパターンがあるけど、私は観覧車です。顔をそむける加藤くんに強引にせまるのが、小和田くんらしくて良いです。嫌な感じしないのは彼の加藤くんへの想いが溢れ過ぎての事なので応援したくなります。頑張れ、小和田くん。

8

正しく地味平凡系攻め

後ろの席の加藤くんはカースト上位にいるクラスメートだけど……

美人でイケメンな加藤くんの可愛さが一番の見所なのは確かですが、地味系攻めが『追い付こう、自身を「なんか」と言わないようにしよう』と必死になってがむしゃらする小和田くんの頑張りも素敵なのでぜひ彼の頑張りを見て頂きたい。

梅田先生の作品は初めて拝見したのですが……新人さんなのかな?
なかなか地味平凡と定義されていてもキャラデザが『ただの自信無いヘタレなだけで容姿はきっちり美形じゃん』と感じてしまうのが多く、また、そう感じるのに対し登場人物達が完全にその平凡キャラを地味・平凡扱いするのが強烈に違和感感じてしまいがちなので、こういう正しく地味で平凡なキャラを魅力的に魅せる事ができるのはとても強いなと思いました。
続編や美作くんのスピンオフ等も出たらぜひ読みたいので出版社な要望に走らねば…。

先生の今後の活躍を大いに期待しております。



6

ときめいた

BLコーナーにあるわりに、ギャグ漫画のようなタイトル、「なにこれ?」と思いながら手に取り…表紙の綺麗さに惹かれてそのまま即購入しました。

内容的にエロさはほぼなく、最後に数ページ行為をやってる程度です。基本はキスやハグといった可愛らしい表現が多いように思いました。

全体的に絵が綺麗で見やすかったです。
大体が小和田くん(攻)の視点で話が進むため加藤くん(受)の心情を想像したり、小和田くんの素っ頓狂な対応にクスッとしてしまう、そんな漫画でした。
════════════════════
ここから内容を交えての感想を…。
基本的に感想の書き方が分かってないので多分変ですが参考になればと思います。

始まりは席替えで後ろの席になった加藤くんへ小和田くんが話し掛けるところから始まります。加藤くんは所謂クラスカースト上位、小和田くんは下位です。「もう絵柄が綺麗だし私好みすぎ~この顔面凡人くん(小和田くん)と美形猫系男子(加藤くん)がどう結ばれる感じ?」…とにこにこで見ていたら、小和田くんの手を叩き落とし睨む加藤くん…「…え、嫌な奴過ぎない?初対面でこんな敵意出す?」二頁目にして展開が楽しみすぎる、そんな始まりでした。

いざ話が進んでいくと、何気ない加藤くんの優しさや真面目さ、そして可愛らしさに惹かれていく小和田くん…「わかる~!!加藤くんのその笑顔は可愛すぎ~!!小和田頑張れよな~!!」とか思いながらまたもにこにこで読み進めました。カースト下位ならではの葛藤や悩み、戸惑いについ小和田くんを応援したくなってしまうし、加藤くんは加藤くんで事情を抱えてて…「小和田!男を見せろ!小和田!お前なら出来るぞ~!!」と常に応援してました。

4

黒髪美人のクーデレ!

ツンデレとは似て非なるクーデレ。
ツンデレも良いけれど、私はクーデレを愛してやまないので好みのクーデレに出会えて とても嬉しいです。
黒髪、美人、手や足も出しちゃうタイプのクーデレ。最高ー!
どストライク過ぎて、正直 加藤くんの存在だけで神評価♡

攻めは見た目も中身もイマイチっぽいモブ設定。へたれワンコなどと呼ばれそうなタイプ。私はへたれ攻め苦手、ワンコ攻めも特に好みでも何でもないのですが、お話とーっても楽しく読めちゃいました!
きっとストーリーや小和田くん加藤くんのやりとりが面白い、加藤くんが好み過ぎる!のだと思います。

私も一目惚れなので加藤くんに惚れちゃう小和田くんの気持ちはよく分かりますが、加藤くんが小和田くんを好きになったのは正直よく分かりません!
でもクールな加藤くんが小和田くんといると照れたり笑ったり色々な表情を見せてくれ、それがめっちゃくちゃ可愛い。小和田くんのこと好きなんだなぁって表情をしたりして、絵からそれが伝わって来る…素敵なマンガだなって思いました。

3

この作品が収納されている本棚

マンスリーレビューランキング(コミック)一覧を見る>>

PAGE TOP