片想いをこじらせています。

kataomoi wo kojiraseteimasu

片想いをこじらせています。
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神8
  • 萌×219
  • 萌9
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
8
得点
143
評価数
37
平均
3.9 / 5
神率
21.6%
著者
ヤマヲミ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
徳間書店
レーベル
Charaコミックス
発売日
価格
¥630(税抜)  
ISBN
9784199607936

あらすじ

エッチはしてても恋ゴコロは一方通行――
恋多きイケメン作家×意固地な編集者の右往左往ラブ!?

「俺は片想いのプロだ――お前とは絶対付き合わねえ!!」
ベストセラー作家で親友の滝沢を担当する、ミステリー編集部の蓮。
実は、恋多き男と評判の滝沢に、15年間ずっと片想い中!!
そんな蓮の気持ちを知ってか知らずか、三回目の離婚をした滝沢が、
「好きだ、俺のもんになれよ」と突然告白してきた!?
恋心をこじらせすぎて告白を信じ切れず拒否すると、
その日から滝沢の猛アプローチが始まって!?

表題作片想いをこじらせています。

滝沢 龍司(作家)
河原 蓮(担当編集)

同時収録作品ラノベ作家の愛と本懐

殿村 ノブ(ラノベ作家)
野々原 椿(編集長)

その他の収録作品

  • 両想いこじらせました。(描き下ろし)
  • カバー下:あとがき

レビュー投稿数8

こじらせ両思いもイイネ!

とても面白かったです!
ヤマヲミ先生の作品の中で一番好きかもしれません。
『隣のフェティシズム』のスピンオフ作品ですが、こちら未読だったため気が付きませんでした…。
後日改めて読んでみるつもりですが、私のように未読でも全く問題ありませんでした。

大学の同級生である人気ミステリー作家・滝沢に15年間片思い中の担当編集・蓮。
3度目の離婚が決まった滝沢だが、離婚するたびに蓮と体の関係を再開させる。
しかし、滝沢は今回、蓮に告白めいたことを言ってきて…。

蓮は片思いを拗らせており、滝沢が結婚していようがいまいが側に居られればそれでいいと思っていた。
それなのに、何度も好きだと伝えてくる滝沢…。
関係が壊れるのが怖い蓮は、お付き合いを拒否し続けるのだが、断るたびに後悔して変顔(笑)
とにかく、蓮の表情がクルクル変わって面白いし、脳内の声が可笑しい。

コミカルだが、切なくて…都合よく寄ってくる滝沢に、初めは腹が立ちながら読んでいました。
結婚報告を受ける度に傷つく蓮が可哀想だし、自分は結婚していたくせに、その間に蓮がセックスしていたか気にしているなんて勝手すぎます。
ただ、滝沢は蓮の事が好きなことを自覚していなかっただけのようです。
3人の元奥さん達は蓮似という共通点があり、無意識に似ている人を選んでいたという事でした…。
人に言われるまで気付かない滝沢…鈍すぎ…。
自覚してからは好き好きキャンペーン開催で、蓮に対する愛情表現を惜しみませんでした。
そんな滝沢をやっと信じ、受け入れられた蓮…本当に良かった。
最後は立派なバカップルの出来上がりで、滝沢は独占欲丸出し。
蓮のことが可愛くて仕方がないみたいで、すでに愛を拗らせ始めてますね。

同時収録作も同じ出版社のお話ですが、こちらはエロほぼなしです。
人気ラノベ作家で元引きこもり童貞の殿村と編集長・野々原の短編です。
野々原が好きな殿村は、仕事を盾に野々原に関係を強要するが、こじらせ童貞のため少し体を触っただけで出てしまう。
関係を拒否していた野々原だが、殿村への独占欲はありそうなので望みあるかも。
頑張れ殿村(笑)

3

15年目のご褒美到来ですな!

ヤマヲミ先生20冊目のコミックスおめでとうございます!
ヤマヲミ先生は巻末のあとがきも面白いので是非!


メインCPは片想いを拗らせちゃってます。
蓮は15年も龍司を好きでいるんですが、女性と別れた時だけ蓮は抱かれる。でも一時的でも龍司に抱かれることを拒まない蓮。

うぅ…辛い つらいと思います。
好きだから、許す。でも、許した分だけ、期待もしちゃう…

でも側に居られないより、龍司の側に居る方を選ぶんですね、蓮は。
龍司は、蓮が離れていかないと気づいているよね。
あー龍司、ずるいなあと思いました!

でも、でも蓮に対する気持に気付いた龍司は蓮を絡めとりたい…
蓮は片想い歴15年の猛者ですから、両想いが信じられない。もだもだと…悩みます。


龍司にとって、蓮は宝石みたいな、進む道を照らす光みたいな存在になっていたんですね。

蓮の変顔すら、愛おしい。

片想い時代からエッチはエロいです!

でもね~両想いになって気持ちが通じ合うと、ほんっとに甘々~❤いいですな…両想い❤

蓮幸せにね!龍司頼む~みたいな読後感でした。

サブCPは、挿入ありません!続き読んでみたいですね!

1

コミカルなだけに切ない15年の片想い

ヤマヲミ先生㊗20冊目のコミックス!
個人的に好物だった「隣のフェティシズム」スピンオフだったことに、あとがきまで気付かなかった><
同じ出版社繋がりというだけなので、こちらだけでも全然問題ない内容です。

ずっと、ハイテンションで浮き沈みの激しい一途な受けが、一人ドタバタしているんですが、
受けの自虐モノローグで展開する、切なさと面白さがなんとも絶妙です。
コミカルに関係なく炸裂する顔芸がかわいいんですが、特に受けのブス顔が抜きんでている!!!
めっちゃブスなんですが、登場するタイミングに油断できない…ブス顔好きには堪らない><

愛すべき受け蓮が、崇拝する域で大学から15年片想いをしている相手は人気作家の滝沢。
大学で出会い、それぞれ作家と担当編集者となり関係が続く中、3度の結婚離婚を繰り返し
その度に蓮の元へ戻って来る。
付き合うことなくカラダの関係のを持ち、既婚者の間は仕事、友人として付き合い、
独り身になれば蓮を求めてきては身体を重ねる15年。まさにヒドイ男!なのに好きな蓮がせつない。

蓮への無自覚な独占欲に15年、やっと自分の気持ちに気付いた滝沢の想いが蓮に向かってきますが、
片想いに胡坐をかいていることで側にいることができた関係なので、
いまさら好きと言われて、ハイそうですかと簡単に踏み出せる訳がない…
15年で培った防御力もハンパないです。
でも、好きと言われて求められる嬉しさや喜びもあって、複雑な想いでフラフラの蓮がかわいそうですが
付き合う事を拒否られ続ける滝沢をみて、ざまぁ…と思ってしまう自分がいました。

片想いのまま今の関係を続ける事が蓮の願いだったはずですが、
滝沢に女の影を見て、心はごまかせても身体が悲鳴をあげていた…
ここまで追い詰めた滝沢に怒りが湧きますが、そこまでこじらせるほどに好きな人にということで…。

二人の想いがやっと通じ合ってできた滝沢作品の死因は「ハメ殺し」…是非読ませて欲しい!
自覚した独占欲と執着にもがいて振り回される、ハイスペックな滝沢が
15年を取り戻そうとするようすが、なぜかかわいく見える恐ろしさですが、蓮が幸せそうでよかった。

ヤマヲミ先生の笑いのセンスが大好きなんですが、エロももちろんどエロで乾杯です!
滝沢の鋭い切れ長の眼とホクロがエロかった~~~。

同時収録の短編「ラノベ作家の愛と本懐」
読み切りで終わってしまった作品だそうですが、残念な才能あるイケメンネタ、個人的には好きです。
隠し撮りで何をしているのか…そして、脱童貞できるのか気になる。
自分が見つけて育てた宝に対する独占欲と執着心にはビックリでしたが、
シャツをはだけただけで済んだアラフォー編集長のリアクションはよかったです。

※シーモア購入:修正ガッツリ白抜き。

2

絶賛こじらせ片想い

作家で親友の龍司に対する担当編集である蓮の
年季の入った15年の片想いが爆発しております。
龍司を好きすぎていちいち入る龍司への感想と
最早名人芸の変顔が面白すぎて!

女癖の悪い龍司が結婚と離婚を繰り返すたび
蓮は気持ちを乱され、身体も乱されて。

自称片想いのプロの蓮、こじらせている自分の
立ち位置を客観的に的確に把握しているからこそ
龍司の3回目の離婚で訪れたまさかの両想いフラグ展開に
冷静でいたい自分と脳内パーリー状態に悩む姿に
こちらはせつなきゅんとしてるのに
ぶっ込まれる変顔…(笑)
シリアスとギャグの塩梅が素晴らしい!

無自覚片想いとあえての自認片想い。
15年という時間を親友として、ビジネスパートナーとして
共に過ごしてきたふたりの関係が身体だけじゃなくて
心まで繋がったら…

お互いが大好き同士の超絶ラブラブなバカップルに
なりました♡
蓮は龍司をかっこいいかっこいいとデレデレ、
龍司は蓮をかわいいかわいいと愛でまくり。

15年…長いなあ〜、長すぎだなあ〜と思いましたが、
この長さこそふたりの関係の軌跡を表して
いるし、その溝を埋めるためにこれからは
両想いの醍醐味、『愛』ってやつをたーっぷり
満喫して欲しいです♡

同時収録は売れっ子ラノベ作家の殿村と担当で
編集長のアラフォー野々原のお話。
こちらは殿村の一方通行な想いを野々原が受け流して
いるのですが、ある意味殿村もいろいろ
こじらせているかんじです。
はたして野々原のおしりは守られるのか…?

表題作も同時収録もどちらもいいこじらせ具合でした。

1

こじらせすぎて顔面崩壊

学生時代からの友人に片想いする事15年。
その間に3度の結婚と離婚を繰り返した龍司と、”奥さんがいない”間だけ体の関係を持つ蓮。
都合がいい男なのは分かっているがやはり拒めない!なんせ15年こじらせ続けてますからね♡

15年も思い続け、時には体の関係も持ち、
誘惑のように甘い言葉を掛けられ、それでも
自分の本心を知られてしまっては続いてきた”友人”という関係までなくなってしまうからと
気持ちは隠し続ける蓮。

もぉ、ストーリー的には超キュンキュンですやん!!!
なのに、切ないシーンでこちとら”キュン”の”キュ”の字も出ようものなら
即座に連の変顔で萌が吹っ飛びます!(褒めてます)
しかも、あざとい変顔とかのレベルじゃないからね。
「オマエ表情筋大丈夫か?」レベルの変顔ですから(笑)

恋人同士になってからは、そんな変顔も「可愛い」とか言い出すバカップル爆誕には
一冊分貯め込んだ”キュン”が爆発して出ちゃいました!!

1

片想いを楽しんでる

15年にも及ぶ片想い。設定としてはとても切なくて、龍司のズルさに腹が立つこともしばしばなんですがちょいちょい入る蓮の変顔や、しょーもないポエムに、なんかこの状況楽しんでる?って思えてしまいます。確かに恋人同士になりたい、結婚してみたい気持ちはあるのでしょうが仕事仲間、親友の立場はどんな彼女でも敵わないポジションだし、龍司が傷つくと自分のところに戻ってくる特別な存在だと言うのはさぞかし嬉しかったことでしょう。

龍司が自分の気持ちに気づき、蓮もようやく素直になってからは何をしても可愛い、あまーい関係に。切なさとコミカルさのバランスがちょうどいい作品でした。

ヤマヲミさんはカバー裏のあとがきも毎回楽しませてくれます。ここのところご自身の下のお話をさらけ出してくれることが多かったのですが、今回は下ではなくて失敗談でした。でも、鞄の底板を脳みそ入りにさせてしまい、脳みそ入りのチンチンバッグと表現されるヤマヲミさん、私生活も面白すぎです。


0

カバー下裏表紙まで読んで欲しい!

文句無く面白かったです。

ヤマヲミ先生といえばエロシーンが凄くお上手なイメージだったんですが、とても堪能させていただきました。

そして滝沢の色気のある美形ぶりにうっとりしてしまいました。蓮の気持ちがとても良く分かりましたよ。www

そしてイケメンなのに滝沢の事になると変顔したりする、ザンネンイケメンの蓮が可愛かったです。

どう考えても蓮に執着している滝沢が3度も結婚している事が解せなかったんですが、身近に居すぎて好きだと気が付かなかったとか…。

残念です…良く有りがちな理由だったから神に出来なかったです、、、。

1番笑ったのはカバー下裏表紙のあとがきでした。先生のチンチンバッグのその後が気になりました。www
これで私もドスケベフレンズの仲間入り出来たでしょうか?

0

こじらせてますね(笑)

電子版を購入しました。絵柄がきれいで読みやすかったですし、コミカルでテンポがよくて、楽しい作品だと感じました。

蓮はタイトル通り片想いをこじらせているのですが、自分でそれを選んでいるのもあり、敢えてのこじらせ、といったところでしょうか。15年間の片想いで、悩んでいつつも、楽しんでいるようにもみえます。変顔もかわいい。

紆余曲折あって、結果、バカップル爆誕しましたが(笑)…個人的には友人の二人がなぜ体の関係を持つようになったのかがいまいちしっくりこなくて、もやっとしてしまいました。

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う