しずくは俺が守るんだ、αなんていらない

嫌いでいさせて

kirai de isasete

嫌いでいさせて
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神65
  • 萌×247
  • 萌19
  • 中立10
  • しゅみじゃない9

36

レビュー数
18
得点
580
評価数
150
平均
4 / 5
神率
43.3%
著者
ひじき 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
リブレ
レーベル
ビーボーイオメガバースコミックス
発売日
価格
¥660(税抜)  
ISBN
9784799743515

あらすじ

Ωの雫斗は一人娘のしずくと暮らすシングルマザー。
娘を愛する雫斗だが、αに対するトラウマは根深く、
番は作らないと決めていた。
しかし、むりやり参加させられた婚活パーティーで雫斗を「運命の番」だと言うαが現れる。
その場は逃げ帰ったものの、後日新しい勤め先で学校制服姿の件のα・葉月と出くわして!?
描き下ろしはその後のラブラブ孕ませエッチ♡

表題作嫌いでいさせて

土屋葉月 α,高校生,17歳
古賀雫斗 Ω,シングルマザー,21歳

その他の収録作品

  • 描き下ろし
  • カバー下:漫画

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数18

考察 しずくちゃんの存在

しずくちゃん健気すぎない?
自分一人でママを守ろうとして、自分じゃ守りきれないって思ったから葉月くんに会いに行ったんだよね…
最初に会った時からきっと葉月くんは悪い人じゃないって思ってただろうけど、ママを守れるかもしれない存在に嫉妬して、素直になれなかったのかもしれないけど、それでもママのためにって。

しずくちゃんはきっと考えたと思うんだよね。
「なんで生まれてきたのか」って…つらい。
でもしずくちゃんのお陰で、雫斗さんも頑張ってこれたわけだし、2人を再び繋いでくれたんだよ!

かきおろしではしずくちゃんがいい意味で子供だったのでよかった…もともと大人びてるけど背伸びしてた部分はあったと思うんだ。
これから先、大好きなママを葉月くんが守ってくれるからこそこんな表情できるんだよね。よかった。

あああ続編が楽しみすぎる。

〈見所〉
・自分の腕噛んでまで耐え抜いた葉月くん
・葉月くんに嘘をつく雫斗さん
・葉月くんとしずくちゃんの会話
・かきおろし最後のコマ

0

幸せを願うだけ

あらすじを読んだ時にそれなりに想像できるストーリーだなと思いつつも、オメガバースという設定がどんな相乗効果を産み出すのか。
そんなことを思いつつ読み始めました。
男女での話であったとしても当然悲しくなるし、苦しい場所から掬い上げてくれそうな存在に嬉しくなるし。
当たり前に感動できるテーマだと思います。
ただ、やはりBL脳の欲目があるせいか。
オメガバースの独特の設定が、程よく負荷が掛かっているようにも感じられ。
単純なフェロモンというだけでなく、誰にでも影響を与えてしまうオメガの匂い。
抗えない欲望に支配されてしまうアルファと虐げられてしまうことに慣れてしまったオメガの弱さ。
どちらも望んでいないだろう本能に、逆らえずにいるだけなのに苦しむのはオメガの性だけ。
そんな不条理の中で強く生きていこうとする親子の慎ましい日々。
たった5才のしずくがどんと受け止めてママを支える姿に嬉しくなったり悲しくなったり。
葉月と雫斗が結ばれるまで、ズキズキとした痛みを感じながらも優しい一時だったり嬉しくなるような瞬間だったりと決して悪いことばかりでもなくて。
1頁1頁読み進める度に癒されていくような感じがしました。

0

受けがとにかく可愛い

オメガバースもので、‪''α‬にトラウマを抱えているΩ''設定がとても好みなのでレビューをみて即買いしました。
Ωが社会的に虐げられている要素が強く(‪α‬がトラウマになったきっかけが痛々しい.......><)シリアスな雰囲気ですがハッピーエンドなので安心してください!
作画が安定していない点が最初少し気になりましたが、ストーリーがとても魅力的なためか私は読み終える頃には気にならなくなっていました。

0

一途α

ちるちるでおすすめされていたので読んでみました。
割と純愛なオメガバースでした。

高校生の頃に陵辱されて、身ごもった子を産み、二人暮らしの古賀。オメガである故に社会で受けるバッシングにも負けず、娘を大切にして生きている。

やっと採用された学校の用務員を頑張って務めるのですが、高校生に運命の番、葉月がいて、とにかくプッシュされる。この葉月が一途。ひたすらアプローチするけど、無理強いはしない。
番がいることでフェロモンが濃くなって、他の人に襲われそうになるピンチが結構あるのですが、理解ある上司や、自分の腕を咬んで耐える葉月に助けられ、だんだん心を開いていきます。

健気で賢く、母を守ろうとする娘がいい感じ。

0

王道子持ちオメガ

◾︎土屋葉月(アルファ 高校生)×古賀雫斗(オメガ 21歳)
かなり真正面からオメガバースのお話でした。最近ひねったオメガバースを読みがちだったので、ここまでストレートなのは久々。
ストレートも悪くはないのですが、出てくるアルファが畜生ばかりで、なんだか治安の悪い世の中だなぁと思ってしまった。いかにもないい人と、いかにもな嫌な人の差がありすぎで露骨。その辺りが明確でなく人間味のあるキャラクターが好きなので、あまりにも都合よい感じは残念。葉月の高校生で御曹司で理性バリバリっていう王子様設定も含め。

初コミックスとの事で、絵は結構荒削りです。キラキラ感は薄いですしBL漫画っぽさもあまりないですが、嫌いじゃない。

カバー裏の葉月母がよかったな〜本編にも登場して欲しかった。
※電子書籍ひかり 白抜き修正
カバー下、裏表紙有り
限定おまけ漫画1枚 2人目誕生後発情期◎

0

幸せを願いたくなるストーリー。

とても評価の良い人気作品。
遅ればせながら‥やっと購入やっと読破いたしました。
今更ではありますが感想を‥。

ひじき先生、初コミックスとの事ですが非常にお話も絵もバランス良く上手な作家さんだと思います。
今後の作品も楽しみですね(≧∇≦)

ところが‥読み始めオメガバース大好きで結構読んでいるので、またΩの無謀な頑張りか‥(*_*)
意地張って頑張るのは良いんだけど絵に書いたように発情して危険なめに合う‥どんだけ無防備なんだ‥もう、家から出るんじゃなぁ〰い!!っとツッコミ入れつつ読んでたんですけど、無意識なフェロモンは、攻め君が近くに居るからか‥。
そうです!このお話は無条件に相手を愛してしまう、運命の番が色濃く表現されています!!。
時折、これオメガバースじゃなくてもいいんじゃないかな?
ってお話があるなかで、この作品はしっかりオメガバース設定を活かしているといいますか。オメガバース好きには、たまりませんな。
受け君を傷付けたくないと頑張る攻め君!相手の首を噛まぬよう自分の腕を噛んで耐えるなど。よくあるシーンではありますが、一見、火の打ちどころのない攻め君ですが、ホントに受け君を守りたくて頑張っているのが伝わって来るし、こんないい子どうしたって惚れてまうだろ〰って、ほだされる受け君の気持ちもよく分かる。
とっても好感の持てる攻め君です!!
それから、αのかわいいおじさんも良い味だしてます。

でも。結局のところ、このお話は受け君の子供しずくちゃんに全部もってかれちゃいますね〰(⌒_⌒)
めちゃくちゃ健気でいい子やん。
おばさん元々ドラマ見て泣くタイプですがトシくって更に涙腺弱くなり‥小さい子が出てくる話はもう‥最後の方は涙腺崩壊。・゚・(ノД`)・゚・。゚
いいお話だよ〰。
続編が始まる?そうなのかな?‥この家族のおはなしの続きが読めるならまた次も購入しますよ❣
ハートフル子育てのお話は大歓迎です!!
オメガバースでしか出来ないですしね。

1

愛ある作品

オメガバース大好きですので、遅ればせながら拝読させていただきました。

高校生α×シングルマザーΩ
今作の設定では、男性Ωは都市伝説並みに貴重種という事です。
高校時代にαの先輩たちにレイプされ妊娠した澪斗は、娘・しずくとΩへの偏見の目に苦しみながら健気に頑張って生きてきた。
Ωの番を持つ木村さんの配慮で高校の用務員として働き始める澪斗だが、その高校には澪斗を運命の番だと言う葉月が在学しており…

とにかく、澪斗のフェロモンが強すぎます!
全く仕事にならない…
葉月がいるせいかもしれませんが、とにかく誰もかれもにダダ漏れ。
これだとやっぱりΩは働けないかも…なんて思ってしまいました。
そして、Ωへの偏見すごい!
ここまで差別的な設定も珍しいような気がします。
なぜ実母と同居じゃないのかな?とか素朴な疑問も残りましたので、ここら辺はマイナスポイントとさせていただきました。

まぁ、紆余曲折あっても運命の番なのでもちろん結ばれ、親子3人仲良く暮らす姿にホッと胸を撫で下ろしました。
描き下ろしでは葉月の子を妊娠し、長男が産まれてお姉ちゃんになったしずくが尊かったです。

ここまで幸せになれたのは、作者様のキャラたちへの愛でしょう。
あとがきにありましたように、澪斗たちを幸せにしたい、たくさん愛されて欲しいという思いが伝わってきました。

初コミックスということでしたが、なかなかお見事でした。
今後の作品にも期待したいと思います。

2

攻めがDKにしてスパダリ!

高校生スパダリ溺愛攻め×シングルマザー不憫受け。

Ωのシングルマザー雫斗が番のいないΩゆえ理不尽な思いをしまくりますがかわいい一人娘しずくちゃんの為に頑張る姿が健気です。
オメガバースってΩが酷い扱いされすぎてちょっと…と思うことが多いのですが本作も学生時代にαに無理やり犯されて望まぬ妊娠をしてしまったり、今も世間から偏見の目で見られたりΩだというだけで仕事を探すのも大変だったりと受けはかなり不憫です。
でも運命の番が葉月みたいなスパダリだったのはめっちゃ強運!だって運命の番がクズみたいな相手だっているわけだよね…

攻めか受けのΩのフェロモンにあてられながら自分の腕を噛んでかろうじて理性がぶっ飛ぶのを絶えた場面とか、その後受けも攻めも互いを想いながら自慰する場面とか、しずくちゃんが葉月に会いに行き長身の葉月がしずくちゃんの目線まで屈みこんで俺に守らせてと話す場面、後日談で風呂場の絡みで普段紳士な葉月の「ぜってぇ孕ませる」って耳うち…などなど魅せるシーンがたくさんあって作者様、初コミックとは思えない巧さだなぁ!と思いました。

ただ作画はまだ時折不安定かな…当て馬の女が不細工すぎて(←ごめんなさい)当て馬としてどうなの?!だったし折角中身すっげ〜イケメンの葉月もたまにブサくみえるカットもあってそこが勿体無かった。
あとまだ大学生なのに孕ませるのはどうよ…孕ませてやる、ってシーンはαの本能むき出しで良き、なんだけれど精神的なスパダリとしては其処は責任持てる立場になってからじゃねーの?!と細かいことが気になって限りなく神寄り萌2です。

後書きの4人家族がとーっても可愛くて幸せそうだったので続きがあるなら是非読んでみたい!
あと攻めの親友βの京介君がとってもいい子だったのでスピンオフが見たい!

12

当て馬の負のパワーがすごい…

高評価なのが気になり電子購入。
シングルマザーオメガということで、楽し気ではないと解って読んでました。
子も可愛いし、いい人も登場して、ハッピーエンドなんですが、
どんよりするようなイヤな人が、たくさん登場するので、かなりゲンナリしてしまった…。

ゲスなαが大活躍するほど、ΩやそのΩを大事にするαがせつないのはよくありますが、
一番ゲンナリしたのが、小学生の頃にαである攻めに助けられた女子Ωが、
女子高校生になり運命の番と主張して、割り込んでくる。

当て馬のゲスっぷりは大事なんですが、久々にすごくイヤな当て馬で、
しかも、最後に懺悔するいやらしさが、更に嫌悪感を煽る読後の不快感でした。
こういうのは作品として成功なんでしょうか…。

それでもなんだかんだと、カワイイ健気な子どもの活躍には癒されました。
用務員のオジサン、βの友人など、理解あるいい人もステキでしたが、全部吹き飛ばすΩ女子でした…。

画が表紙よりも中のほうが力強くて好みでした。
しかも、えろ描写は見せ方がお上手で、発情を噛んで耐え凌ぐ場面はやはりイイですね。
Hシーンでは攻めのカラダのラインがえろかった。
評価はえろ萌えで中立でした…。

※シーモア:修正白抜き。

8

ときどき、( -_・)?ってなることも


オメガバース設定は、好きな設定なので、『嫌いでいさせて』も読んでみました。

物語全体的には、面白いと思うんですが、自分的には、ときどき( -_・)?って、なる場面がちらほら。

この世界観のαが、思った以上に最低なやつらが多いこと多いこと。
もちろん、Ωのことを思ってくれてる人もいましたが、どちらかというと、この世界観ではαは最低なヤローが多いのかな?って、感じに最低なヤローが多かった…

そんな中、娘のしずくちゃんは、可愛いし、しっかりしてるし、天使で可愛いです。
この作品の癒しでした。

葉月くんの好き好き攻撃は、とても素直で良かったのですが、たま~に「君、まだ高校生だよね?ちゃんと責任持てるの?こいつ大丈夫?」って、思ってしまって、物語を純粋に楽しめられなかったのが私としてはマイナスポイントでした。

それでも、やっぱりαとΩのハッピーエンドは良いですね!!

18

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ