ナイトガーデン 完全版

night garden

ナイトガーデン 完全版
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神13
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

38

レビュー数
1
得点
69
評価数
15
平均
4.7 / 5
神率
86.7%
著者
一穂ミチ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
竹美家らら 
媒体
小説
出版社
新書館
レーベル
ディアプラス文庫
発売日
価格
¥739(税抜)  ¥799(税込)
ISBN
9784403524851

あらすじ

柊が祖父と暮らす山中の一軒家に、祖父の教え子だった藤澤和章が通ってくることになり……? 
「ふったらどしゃぶり」スピンオフ新装版登場!!

表題作ナイトガーデン 完全版

藤澤和章、休業中のプロダクトデザイナー、28歳
石蕗柊、植物園のアルバイト、21歳

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数1

書き下ろしが収録されている完全版。

2014年に刊行された『ナイトガーデン』に、加筆・修正を加え、さらに書き下ろしの「とげたち」と「アイノネ(あとがき)」を収録した完全版。

旧版との違いですが、
・若干ですが加筆・修正された部分があります。
・イラストは旧版の竹美家ららさんの描かれたイラストとほぼ同じ。若干構図が違っていたり、反転したりしていますが、ほぼほぼ同じ感じです。
・カラーの扉絵があります。
・書き下ろしの「とげたち」と、あとがきでもある「アイノネ」がプラスで収録されています。

内容は旧版のレビューと被る部分もありますが、一応ざっくりと。


『ふったらどしゃぶり When it rains, it pours』のスピンオフ作品です。『ふったら~』の整が、恋焦がれ、ずっと愛し続けてきた和章のお話。『ふったら~』で、不器用な和章が気の毒で幸せにしてあげてほしかったので、スピンオフが出てすごく嬉しかった。

主人公は植物園でバイトとして働く柊。
彼は学生時代にとあるトラブルに巻き込まれ、それ以来人と関わることをなるべく避けて生きてきた。

柊は祖父と二人暮らしだが、そこに祖父を尋ねて一人の男がやってくる。その男が、和章。

愛していたのに、整に去られ傷心の和章。
そして、同じように過去にトラウマを持つ柊。
はじめは反発しつつ、少しずつ心を通わせていく二人の姿が、繊細な文章で紡がれていきます。

『ナイトガーデン』というタイトルが実に秀逸。

ドイツ人である祖母の血を濃く引き継いだ柊のビジュアルと、柊の仕事である植物園、そして質は違えど過去の哀しみを引きずる二人が、夜、そして植物といったキーワードを軸に、時に切なく、時に笑いを誘い、進んでいく物語。

柊のお祖父ちゃんが素敵すぎて悶える。
本当の優しさを持つ人の、強さと逞しさに悶絶しました。

和章と柊。
お互いの存在があったからこそ、過去のトラウマや哀しみを乗り越え、そして強く生きていこうとする二人の姿になんとも励まされます。

新装版に収録されている「とげたち」と「アイノネ」の感想も。

「とげたち」
和章とともに東京で暮らすことを決意した柊は、その事を自分の両親に伝える事を決意します。

男同士で暮らすことに、両親はどんな反応を見せるのか。
反対されるのか、怒られるのか、はたまた…?

過去、両親の元を離れ祖父の元へと身を寄せた柊。
両親とうまくコミュニケーションは取れるのか?と思いきや、こちらは非常にコミカルに進む展開でした。

両親、ナイスガイのじいちゃん、そして柊。
みんな優しく、温かな人たちで幸せな気持ちになりました。

「アイノネ」
一穂さんはあとがきでSSを掲載されることが多いですが、この「アイノネ」もそのパターン。

折れてしまったヒイラギモクセイ。
哀しいけれど、このまま放っておくことはできず、業者に回収してもらった。

無くなってしまったもの。
そして、新たに芽吹いてくるもの。

それらを柊のお祖父ちゃんや整の存在と絡めて「どちらも大切なもの」として描かれています。めっちゃ短いストーリーですが、なんだか心にジーンとしみる素敵なSSでした。

旧版を持ってるので、この完全版を買おうか悩みましたが、一穂ファンとしては買わなきゃな、という事でお買い上げ。

でも、最後の二つの書き下ろしが読めただけでも買ってよかったと思える1冊でした。

和章には整と幸せになってほしかったな、と思う気持ちもあり、でも、柊と出会え、そして彼の時間が進み始めたことに安心もする。和章と柊が、これからもずっと幸せな時を過ごしていってほしいなと、改めて思う、素敵な作品でした。

あと、竹美家さんのイラストが素敵すぎて悶えました。一穂さんの作品の世界観を、よくぞここまで、というくらい描き切っていると思います。
一穂さん×竹美家さんのコンビは最強だな!としみじみと思ったりしました。

7

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ