マザーズ スピリット(2)

mother's spirit

男保姆遇上原始部落大帅哥

マザーズ スピリット(2)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神92
  • 萌×239
  • 萌10
  • 中立2
  • しゅみじゃない2

9

レビュー数
21
得点
648
評価数
145
平均
4.5 / 5
神率
63.4%
著者
エンゾウ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
徳間書店
レーベル
Charaコミックス
発売日
価格
¥660(税抜)  
ISBN
9784199607998

あらすじ

BL界を揺るがせた異文化ネイティブラブが、パワーアップ!!
人気作家エンゾウの感動とエロと笑いの大ヒットシリーズ登場!!

未開の地ルターの留学生カルタカと、文化も性別も超えて愛を誓った大学職員の稜一郎。嫁としてカルタカの故郷ルターへ里帰り――のはずが、日本の常識がまったく通じない村の生活にパニック寸前!? けれど「カルタカの嫁に会いたかった!!」と、村人が温かく歓迎してくれて一安心。その一方、村の一部の長老達は嫁と認めず、カルタカと対立して!?

表題作マザーズ スピリット(2)

カルタカ ルター族の留学生
筒月稜一郎 大学職員

その他の収録作品

  • プロローグ
  • 番外篇
  • エピローグ
  • カバー下:あとがき、4コマ漫画

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数21

ビジュアルも中身も、男前すぎて。

1巻が面白かったので2巻ももちろん購入。
2巻はカルタカの故郷・ルターへ赴く稜一郎のお話。

いやー、何が凄いって、エンゾウさんの描かれるイケメン男子がこれでもか!って登場するんですよ。しかも半裸で(←ここ大事☆)。まさに眼福。

でも、彼らのカッコよさはビジュアルだけじゃない。
中身がとにかく男前。
カルタカの父ちゃんが、クッソカッコよくて萌えはげるかと思いました…。

ルターでは稜一郎はカルタカの嫁として歓迎されるのですが、でも、もちろん反対する人たちもいる。そんな人たちを、カルタカと稜一郎の2人はどう説得するのか―。

というところを軸に展開するストーリー。

ぶっちゃけていってしまうと、予想の範囲内、というか。
1巻がああいう形で終わった以上、続編はこういう展開になりますよねー、っていう予想をなぞったような展開なんです。

なんですが。

とにかく、カルタカをはじめとするルターの男たちがカッコいい。
自然を愛し、守り、共存する。本来、人はこうして生きていくのが正解なんだろうな、という。自然に感謝し、謙虚に生きる彼らの姿がなんとも素敵です。

そして、稜一郎を一途に愛し、そして村のみんなにも受け入れてほしいと願うカルタカの姿は、まさに攻めの鏡といっていいでしょう。こういう攻めさんが苦手という方はあまりいらっしゃらないんじゃなかろうか。

そして一方の稜一郎も。
言葉もわからない、村での規則もわからない、そんな中、カルタカのためにみんなに受け入れてほしいと奮闘する彼の姿がカッコいいです。力では子どもにさえ負けてしまう彼ですが、カルタカを愛する想いはだれにも負けてない。

先の先までスーッと見通せる展開でありながら、

そうそう、こういうストーリーが読みたいのよ!

と、多くの腐姐さまの共感と萌えを集める、甘くて優しい作品だったと思います。

カルタカ×稜一郎の2人はがっつりくっついてしまったので次作はなしかな…、と思いきや、素敵男子登場です。カルタカ似の、イケメンで、性格がよさそうで、しかも賢い。その名もアロニア。将来を担う素敵男子に心鷲掴みにされました。

ぜひともアロニア視点のスピンオフを…!
と、激しく所望しておりますです、エンゾウ先生。

でも、最後の理事長に全部持ってかれましたね。
最高のオチでした。

カバー下にも爆笑。
先生、トーン張り、お疲れさまでした。
先生の描く褐色肌のイケメン男子、最高でした!

4

2人の出した答え

前作のマザーズスピリットに衝撃を受け、2巻の発売を心待ちにしていました。

大抵のBL作品はなんやかんやありますが、2人の愛があればなんとかなるよね!ってな感じで終わることが多いですが、今作はカルタカと陵一郎の間にある歴史や文化の違い、カルタカの村での立場、男同士ということ・・・などなど高い高い壁を2人で乗り越える過程が丁寧に描かれていて読み応えと読み終わった後の満足感が凄かったです。

カルタカ父がかっこいい^ ^

2

「僕のすべてを君にあげる。」シンプルで美しい魂の愛。

まさか、この作品の続巻が出るなんて。全然予想して無かったので、まずとても驚きました。
物語としては確実に続きなので、「マザーズスピリット」を最初に読まれる事をお勧めします。
彼らの後日談、留学で来日していたカルタカの母国、美しい未開の地 ルターに今度は稜一郎が訪れます。
この手の展開は既視感があって。オチも、エピソードも想定の範囲内だったりもするのです。
それでも‼︎ やはりシンプルな心の邂逅のその美しさ。自然に囲まれ育まれた、魂の美しさ。
愛とは、ただそこにあるもの。限りなく美しいものであること。
『自然のままに輝き、いつだって美しくそこに佇む』。
そして、自分の弱さもすべて。捧げられること。
なんと言っても、黄昏時を別名「逢魔時」と言うその美しいプロポーズのシーン‼︎
カルタカのたどたどしい日本語で語られる言葉、仕草。
「…手のひらに渡すは魂。この髪を渡すは器。」
ロマンティックに描かれたそのシーンの美しさ。大好きです。
この島の人は身体を魂の器だと表現することが多いのだけど、そういう異文化を作り上げた作者の細やかさにも唸らされるものがあります。とてもシンプルに暮らす人たちの、美しいこと。
もちろん美形が多い島の事だから、それだけでもぅ、美しいんですけどね。

後半の、島が守る、島を護っているとも言えるエイジェナの美しさにも心がじわり。
アレは無垢の宝石の鍾乳洞ですよね。もしかしたら、切り出されていないそんな地が何処かに本当にあるんじゃないかとも思わせてくれる、とても美しいものでした。

唐突に出て来た美しく賢い少年アロニア。首長となるべき兄を慕うアクナム。など、これからを担う若者たちのその後も気になるので、もしかしたらまだ続くのかもしれません。
けれど、ルターで学校を開いて次世代の教育に携わる稜一郎を見れたので、この物語はこれにて美しく完結しておいて欲しいな、とも思います。

軍機を飛ばす事も出来てしまう、トンデモ理事長キリューインの「地位と権力と財産とコネと友人」も凄く気になる‼︎ この方にはぜひ他の作品にも顔を出して欲しい。とんでもないスパダリ力ですよ⁈

4

これで終わりだと思うと凄く悲しくて辛い

大好きな二人にまた出会えた喜びと、これでお終いなんだな...って思ったら悲しみと。
お話も涙あり、笑いありの何度でも読み返したくなる素晴らしい物でした!!
皆さんが仰る様に、本当に美しいルター族の世界観と人々...眼福♡
稜一郎が言う通り、ロマンティストな民族なんだなぁ...
またお子達がめちゃくちゃ可愛らしくて、ほっこり♡
なんだかんだ、アクナムは面倒見が良いところが好き!!相変わらずのブラコン振りだけれど、ちゃんと稜一郎の気持ちを組んでるところ、マジ好き!!
アクナムの御相手、私もめちゃくちゃ気になります。
悩みに悩んで出した稜一郎の答え...そして嫁でも戦士でも有ると言わせた断髪シーンはグッときました。
弱みを見せられる相手...深き言葉ですよね。
お母様の願いが叶って、周りも読者も幸せにしてくれた二人の絆が永遠で有れ!!
こんな相手に出会いたい...そう思わずにいられない素敵なお話でした♡
エンゾウ先生、本当に有難うございました( ˃̣̣̥ω˂̣̣̥ )

欲を言わせて貰えば...この2巻も是非ドラマCD化して頂きたいです、切実に♡

2

ロマンチックルター

前作の最終話から電子描き下ろしの結婚式までの間のお話が収録。
もぉぉ待ってました♡カルタカ&稜一郎♡

ルターへ里帰りしたカルタカについて行った稜一郎。
子供たちやカルタカの父たちには迎え入れられたけど
歴史や文化の維持存続に趣を置く年配者からは
受け入れてもらえない稜一郎。

それでも、カルタカの漢っぷりは
地元ルターで本領発揮♡
もぉぉとにかくカルタカがカッコよかった!!!
そして、カルタカのお父様・・・渋くてめちゃ好みでした♡

今回は少し弱気になってしまう(?)カルタカが拝めて眼福でした!
その対で、めちゃくちゃ男らしさを発揮した稜一郎。
もぉ最高かな!!

1

美しい儀式

稜一郎がカルタカの嫁としてルター族の村へ
ご挨拶に伺う第2巻。

大自然の中、独自に発展したルターの文化や
儀式は素敵なものばかりでした。
魂を手のひらに、身体の一部である髪を相手に渡し
全身全霊を捧げるルター流のプロポーズ…
夕陽に照らされて穏やかな表情を浮かべる
カルタカは神々しくすらあり本当に美しかったです…

カルタカの肉体・顔面美の素晴らしさ…
伏せ目のまつげ…麗しすぎた…
筋肉、腰骨のライン、完璧すぎ…もう存在が美の塊…
そして稜一郎を愛おしそうに見つめる眼差しの
優しいこと…!!

そして今回はカルタカの稜一郎への想いが溢れ出す
場面が多々あり、いつも落ち着いているカルタカが
感情を露わにする姿、胸熱でした。
稜一郎も体裁を捨て自分の気持ちに正直になった時の
晴れ晴れとした表情がよかったです。

お互いを想い求め合い、自分らしくいられて弱さを
見せられる、心を許せて身体を委ねられる唯一の
存在になっていったカルタカと稜一郎。
そんなふたりがさらに魂で惹かれ合い繋がりを
深め合う素敵な続編でした。

1巻の電子特典の結婚式が2巻本編で描かれていてさらに
その後の初夜(一日中)…の営みも。
えっちの時に雄々しく荒ぶるカルタカの表情が
たまりません…!
ふたりの身体的・精神的な繋がりをたくさんいっぱい
すごく感じることが出来たので満足な一冊でした〜。

2

攻めの裸体が美し過ぎる

まさか続編が読めるとは!
今回はルター里帰り、愛深まって結婚編。

噂通りルター族は美形しかいませんでした!
褐色イケメンの美しい筋肉…眼福でした。
作者様ありがとうございます!

概ね歓迎ムード、でもやはり異国のしかも男が嫁、に納得しないおじいちゃん達も…
試練ですね〜。
でもこういうの逆に余計に仲深まりますよね〜。

ルターの美しい海の夕暮れ時に愛の誓いをしてくれたりねー、もうロマンチックが過ぎました!
普通なら気恥ずかしくなるセリフやシュチュエーションもイケメン外国人の片言な日本語だと糖度100倍。
今回2巻読むにあたり1巻を読み返したのですがカルタカのいちいちド直球な愛情表現にキュンキュン、これは2巻でも健在でこの作品の大きな魅力ですねー。

綺麗で賢く強い誰もが認める英雄であり自身強くあらねばと思っているカルタカが稜一郎の前でだけは甘えたさん…大きな躰を丸めてヨシヨシされる姿がたまりませんでした。お母様の言っていた通り弱さを見せられる相手に出会えてよかったね。
国際事情で日本に帰れなくなるかも…という場面で、負傷中のカルタカは稜一郎だけでも帰国させようとします。一度は帰国を試みるもやはり離れられない、とルターに戻ってからの稜一郎が男前でした!
嫁であり戦士でもある、最高じゃないですか笑。
後日談で大学のルター校が出来て異文化交流、良い流れで実を結んでました。
側で彼を守る宣言に偽りなし、稜一郎良妻です!

余談ですが、あっという間に日本語覚えちゃったハイスペック少年アロニア君…クールなイケメン、絶対いい男に育ちそう。

4

大好きなカルタカにまた会えた!

プロローグで、カルタカが甘いムードを出せるようになっていてドキドキ。
一旦溜めて耳元で愛を囁き、耳チューするなんて…カルタカ大人になったのう…。生まれつきのイケメンは誰に教わる事なくこういう事自然に出来るんだね〜(しみじみ)
エッチも、「たくさんやらしいリョウイチロー笑」に1教わって10覚えたのか?持っていき方も堂々としたものです。…まだガツガツしてるのでもう少し余裕が出ると尚良し(個人的に「理想の夜のカルタカ」があるのです笑)

で、このプロローグのまんま甘々ラブコメ路線かと思いきや違いました。
2人でカルタカの故郷ルターに里帰りするんですが、それが意外にもとても真面目で。1巻の描き下ろしでサラッと描かれていた、初夜に思う存分2人だけで愛し合う、までにそんな事があったとはね…っていう。

勿論ルター族のイケメン男子や可愛いやんちゃ坊主や女子とのほのぼのエピソードもあるんだけど、メインは少数民族ルターのこれからの在り方、というか。
ただでさえ部族が過渡期を迎え複雑な思いを抱えてるおじいさん達に、他国からの嫁(しかも男)は受け入れ難いよなぁ、とか病院などインフラが整っていれば、とか真剣に読ませる部分も多かった。

個人的にはプロローグの様にもうちょっと気楽にラブコメを楽しみたかったのですが、ルターを知る事でリョウイチローに自覚が芽生え(なんとなーく流されているようにも見えていたので)、カルタカを支えていける頼もしい受けになったのが良かった。ルターキャンパスもカルタカや皆と助け合いながら何だかんだ上手いこと運営してるんだろうなぁ^ ^


そして…カルタカの(半裸)胸板最高だったなぁ。褐色・黒髪・身体のバランス…完っぺき!美しいよカルタカ…

3

アクナムさんのお相手は誰なんですか!?エンゾウ先生…!!

美しい心というのは醜い感情を一切持たない清らかな心という意味ではなく
己の本心から目を逸らさず、本心に背かず、受け入れる強さをもった心の事――。


今作も1巻に引き続きBLで恋愛漫画ではあるのだけれど
社会で生きていくうえで大事なことを教えてくれるというか
自分の中にある「負の感情」とどう向き合えばいいのか、
自分にとって大切なものはなんなのか、
そういった事と向き合う時間を作ってくれる作品です。

夕日がなくなる瞬間のプロポーズはいつかフルカラーで見てみたいです。
美しかった…。

カルタカと稜一郎の感想は素敵レビュアー様が沢山書いて下さっているので
ここからは自分の欲望のままアクナムさんについて語りたいと思います!
マザスピ2は怒涛の展開で感動あり涙ありキリューインが全て持って行った笑いありと
盛りだくさんだったのですが私が一番衝撃を受けたのは…!!!!

横断幕を持つアクナムさんの三つ編みが…!!!!無い!!!!

アクナムさんご結婚されたのですか!?
お相手は男性!?女性!?
アクナムさんが幸せならもちろん女性と結婚されても祝福しますが
女性だとBがL出来ないからアクナムさん編ないって事ですよねぇ…。
私は1巻からアクナムさんが大好きなのでアクナムさんが主人公のスピンオフが読みたいんです!!

アクナムさんはもっと他の国も見てみたい!と言っていたので
世界を旅している途中で海外の大金持ちとBL展開になるとか
大手お菓子メーカーの御曹司とBL展開になるとか
まさかのアロニア×アクナムさんの年下攻め展開とか!!!!!
妄想してたのに~~~!!!

教室でカルタカが抱っこしてたのがアクナムさんのお子さんだったら
私のアクナム編が見たい!という夢が叶う事はないんですねT-T
だったらBL誌じゃなくてもいいのでアクナム編お願いします徳間書店様。

アクナムさんの探求心やバイタリティは社会人として尊敬しています。
お仕事BLではないけど社会人の心にガンガン響く作品です。
仕事とか人間関係でちょっと行き詰ってる方に読んでほしいです。
めちゃくちゃ元気出るし、心がスッキリしますよ♡おススメです!!

6

『強い男になりなさい でも弱さを見せられない者にはならないように』

紙本
修正…ホタル
カバー下…あとがき漫画、おまけ漫画
カバー折り返し部分…コメント

3

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ