兄ちゃんの話

niichan no hanashi

兄ちゃんの話
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神27
  • 萌×27
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

278

レビュー数
7
得点
163
評価数
34
平均
4.8 / 5
神率
79.4%
著者
池玲文 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
大洋図書
レーベル
発売日
価格
ISBN

あらすじ

史嵩にとって、5歳年上でなんでもできる嵩大は自慢の兄だ。
仕事で忙しい母に代わって家事をこなし、
家族の面倒を見ながらも成績優秀で女子にモテる──
そんな兄が、中学に上がり親友のなな君を家に連れてくるようになった。
優しいなな君とすぐ友達になった史嵩だけど、
ある日、兄となな君がこっそりキスをしているのを見てしまい!?

兄の親友×兄の恋を弟の視点から見つめた、
池玲文が描く切なくも温かなラブストーリー!

表題作兄ちゃんの話

なな君 嵩大の恋人  中二〜成人するまで
嵩大 家族のために頑張る兄 中二〜成人するまで

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数7

はぁぁぁ泣く

一言…全人類に読んで欲しい。。
道徳の時間で取り上げて欲しいです。。

1

2013年にこんなお話を書かれていた池先生を尊敬します。

「ihr HertZ」2014年1月号、3月号、5月号に掲載された作品だそうです。
8ページの描き下ろしが付いて全76ページ。読み応えあります。
なんで単行本化されなかったのかなと思う反面、逆に今がグッドタイミングかもしれないなとも思う内容でした。
たくさんの人に読まれるといいなと思います。
電子のみでの発売ですが、紙派さんの目にも届きますように。

弟の目を通して語られていく、大好きな自慢のお兄ちゃんのお話です。
5つ下の弟が、小学生の時に兄がゲイであることを知り、自分の中に生まれる兄に対する色んな思いと葛藤しながら大きくなっていく物語、と言った方がいいかもしれません。
BL誌で発表された作品ではあるけど、BLじゃないなこれは。
弟の兄に対する家族愛を描いたお話かなと思います。
弟年齢で小学生〜結婚するまでの年月に見てきた同性愛者の兄のあれこれを、弟の目を通して語られていくので、綺麗事すぎずに大事で大好きな兄を思う本音と優しさに満ちていて泣けました。

「本当は皆に言いたい
格好良くて家族思いでゲイで僕の自慢の兄の話───」
物語を締めくくる最後のモノローグに弟が込めた思い(延いては作者の思い)は、いつかは叶ってほしい願いだと思うのです。
なぜ当たり前に叶っていいはずの簡単なことが“ゲイ”と入るだけで言えなくなる社会なんだろうかね。


ちょっとここからはあんまりちるちる向けのレビューじゃないんですけど、たまにはいいかなと思って読んで感じたことを書き残します。

このお話の中で凄いなと思うセリフがあるんですよ。
同性婚がフランスで認められたニュースを見た弟くんが彼女に「どう思うか?」と聞くんです。
それに対して彼女が
「日本は養子縁組があるって言うけど恋人と法的にでも親子になるのは嫌じゃない?私は嫌だな」
ってキッパリ返すんです。
キャラにそんなことを言わせることが出来た池玲文さんって凄いなって思って。
しかも「おかしい」じゃなくて、「嫌だ」ですから尊敬します。
このお話が雑誌に掲載されたのって2013年〜2014年ですよね?
今でこそLGBTだLGBTQ+だと大騒ぎで、田亀源五郎さんの「弟の夫」が色んな賞を受賞していたりもしますが、6年前の日本って全くそんな時代じゃなかったですからね。
渋谷区が同性パートナーシップ制度を導入して日本に衝撃が走ったのは2年後(2015年11月)の話ですし。
今からさらに何年か経った日本で10代とか20代の若い世代の子たちがこのお話を読んだとして、今はまだ「そうだね」って読み終えなきゃならない弟くんの最後のモノローグに対して、「え、言えばいいんじゃん?」って首を傾げながら読み終えられる時代になっているといい。

私は池玲文さんを2015年の終わり頃から追い始めた読者ですが、2014年頃までに描かれた作品って思考放棄してしまってる頭をガツンと殴られるようなものがいくつかあって凄いなって尊敬するんですよね。
「≠(ノットイコール)」なんかはその代表例ですし、「夏に死にゆく物語」もわりと笑えない感じに現実味が増しつつあるし、「銀閣博士とモルモット」なんて3.11震災以前の2007年〜2009年にあの世界観を描かれていること自体がもう凄い。
最近はずっとコミカルに振り切ってらっしゃるので、池玲文さん=コミカルなイメージが強くて敬遠されている方にも届くといいなと思います。
あったかいものが満ちてく感じがするとてもいいお話でした。


ところでこれ、最後に入っている「親友の話」は描き下ろしですよね??
・・・ということは。
数年越しで彼等の受け攻めがついに判明したわけだ〜♡と思いながら読ませていただきました( ´艸`)
個人的には違和感なしの掛け算だったんですが、ちるちる、ストアレビューの至る所で「受け攻めが思ってたのと逆だった…」と書かれているのを見かけたので、左右を気にされる方は事前にご確認を!
表紙右がお兄ちゃん、左がななくんです。(真ん中の子が弟くん)


ebjも修正無しです。→(2019.11.19追記)修正有りデータに差し替わりました…。

8

みみみ。

フランクさま

あー・・・ebjも差しかわってますね。
アプリにダウンロードしてある分は無事ですが、ブラウザ本棚で開くと完全に真っ白です。。

フランク

こんにちは!
シーモアは無修正だったのに、完全修正(白くてデカい発光体みたいな白抜き)されてしまったのですが、ebjはどうでしょう?
まだ無事ですか?

できた息子達に涙

作家買いです。

ihr HertZ 2014年1,3,5月号に掲載された「兄の話」と描き下ろし8Pの電子書籍。

本当にふり幅の広い作家さんで、
アホエロの次はシリアス短編で驚きましたが、5年前の作品でした。
兄弟を軸にした家族話、介護、セクシャルマイノリティの葛藤がシリアスに描かれていて、
容赦ない現実に健気な兄弟が支え合っている姿は、もう涙なくして読めないです。

これだけ人の為に生きてきた兄ちゃんが幸せにならなくてどうする!と言いたくなるほど、
この兄ちゃんに育てられた弟だからこその言葉には、感動で涙が止まらない。
タイミング次第では号泣必死の内容でした…けっこう泣いたけどね。

父不在で大黒柱の母を支えて家事をこなし、寝たきりの祖母の介護も分担し、
何でもできるモテメン中学生の兄 嵩大。
そんな自慢の兄に面倒を見て貰い大きくなった、5歳下の弟 史嵩視線で描かれたお話。

とにかく兄ちゃんの生活が過酷で、やるしかない状況ですがいい子過ぎるし頑張りすぎる。
自分のしたいことは我慢して、家族の為に必死で生きている。
そして、出来ているから、傍でみると大変だね…と言いながらも兄ちゃんに任せてしまう。
大人でも参る状況なのに、誰が悪い訳でもなくて、みんな必死だからこそ辛い。

この兄ちゃんが中2になってできた親友がなな君で実は恋人。
史嵩が恋人だと気づいて、拒否反応から歩み寄る経緯も丁寧な心理描写。
自問自答しながら兄ちゃんをみて、どんどん成長する弟も本当にイイ子。

高2で祖母が亡くなり兄ちゃんの様子が変わって、なな君と距離ができますが、
祖母に対する兄ちゃんのイイ子過ぎる理由に泣いたわ。
なな君にちゃんと素を見せて寄り掛かれるようになった兄ちゃんを見て、
この作品を読んで初めてホッとした瞬間でもありました。

そして、母に兄がゲイだとバレる。
男が好きだという息子を受け入れられない母が、
良い子に育ってくれたと思ったのに…とポツリ。

今まで家族での生活を送って来れたのは、母の稼ぎがあってこそですが、
兄ちゃんがイイ子だったからこそですよね…母のショックもリアルな分本当に悲しい言葉がイタイ。
ずっと側で兄ちゃんを見てきた史嵩が、
泣いて兄を擁護する愛のある言葉には涙が止まらなかったです。

お互いに感謝する、成人した兄弟もステキでした。いい家族だ。

描き下ろしが「親友の話」
嵩大となな君の中学から現在のあまあまエピソードで、
後半の絡みが見事にエロかった…さすが池先生。修正なしのtnkが揺れまくってました。
でも、兄ちゃんが受けだったのね、
勝手に攻めだと思い込んでたので驚いたけど、なな君×兄ちゃんの方が好み!
精神面でも兄ちゃんが素でなな君に甘えてる感じが、最後までよかったなぁ。

本当いいお話でした。

※シーモア:修正はなし。


5

うわぁーん

よかったよー

泣いた! ゲイのお兄ちゃんの話。
ヘテロの弟視点なので、恋愛要素を楽しむんじゃなくて、家族のお話です。

電子書籍で安かったので、短い話かなと思ったけど、想像以上に読み応えがあって良かったです。みんなが幸せになって、ホッとしました。


楽天KOBOは修正ありありでした。

7

泣けて泣けて仕方ない

すごいよかった!
まさか、BLに介護を絡めてくるとか……
何もないのに、最初のカラーページからもう泣きそうでした。

タイトル通り、弟の史嵩視点で語られる〝兄ちゃんの話〟です。

崇大は、離婚してシングルマザーとなった母に代わり、
自分のやりたいことを我慢して家事や介護をこなす優しい兄。

この兄、祖母の介護でも家の仕事でも泣き言一つ言わず、
心配になる程出来た男です。
その兄の恋人が、同級生のなな君です。

史嵩目線で見守る兄となな君は、
いろいろあったけど別れずに大人になります。

母親にゲイバレした時のエピソードは泣けました。
兄に対し「良い子に育ってくれたと思ってたのに…」と、
こぼす母に対してキレる史嵩に胸が熱くなり、
涙がこぼれました。
史にとっても家族にとっても、良い兄でなかった時なんかなかったのだから、当然です!

〝感謝しなければならないのは僕たちなのに、
兄が誰を好きでも誰がなにを言おうと、
僕たちだけはずっと味方でなきゃダメだ〟と訴える史。

泣けます。
ボロボロ泣けます。

そのことは、ずっと兄の心にも残っていたのでしょう。
史が婚約者を連れて兄となな君の家を訪れた時、
その時の感謝を伝えていました。

それもまた胸熱……

なな君目線の『親友の話』もすごく良くて、
嵩大みたいな男ならノンケだって惚れちゃうよね……
と、素直に思いました。

そして、兄が受けだったことに驚くのと、
修正は無しでした⁉︎
書き込みはそこまで丁寧ではないのですが、
しっかり見えてます^^;

とってもよかった♡


9

素晴らしい絵に素晴らしい内容

もー涙なしには読めないよ…
お兄ちゃん…!
両親の離婚で、母と寝たきりの祖母と5才下の弟との4人家族。
母は看護師さんの仕事で忙しく、弟はまだ小さい。自分が家事も弟の面倒もおばあちゃんの介護も中心になって頑張って。
視点は弟くんなんですよね。
弟くんから見てもお兄ちゃんは偉くって頭も良くてモテて、かっこいいヒーローみたい。
そんなお兄ちゃんになな君という親友ができて…
…と物語が続いていきます。
数年後、自分も家の手伝いを頑張るようになったがおばあちゃんは亡くなり、お兄ちゃんとなな君は気付くと会わなくなっていた。弟くんは心配していたが…
この理由が切ないんですよね。
誰でも持ち得る感情だと思うし、持っちゃいけないなんて誰にも言えない、まして誰よりも頑張っていた彼には。
でも、心の内を明かす事でまたなな君と会えるようになったお兄ちゃんはデレデレです。
そして月日は流れ…
弟くんが結婚する事に。婚約者は彼の兄がゲイである事を気にしません。
しかし、お母さんにゲイバレした時は色々あって。
これね、私は兄も弟も息子もいないので、家族がゲイ、という状況に口なんか挟めないんだけど、それでも「受け入れて〜」って思ったし、ここでの弟くんの必死の発言には「よくぞ言ってくれた!」しかないですね…そうだよねって涙出そうになったよ。
でもお母さんもきっといい人なんだよ。だってこの息子2人、すごくいい子じゃない?
それに、おばあちゃん。長く患ってつらかったね…その辺も胸に迫りました。

ラストになな君視点のショートストーリー。
最後の最後にHシーンがあります。私は攻め受けに違和感はありませんでした。お兄ちゃんはなな君には素直で可愛い面を見せられるんだね。甘えられる場所なんだね。

7

兄ちゃん………!!!

「8人の戦士」から池先生を知った方にはびっくりの内容かもしれませんが、先生の引き出しの多さを知るいい機会だと思って是非読んでもらいたいです!
(2014年の作品だそうです。)

家事と介護のために、自分のしたいこともせず家族のために頑張る兄ちゃん。
そんな兄と兄の親友の恋を傍らで見つめ続けた弟視点による兄弟愛、家族愛に溢れた素敵な作品でした。

ほんとこの兄ちゃんがアッパレなんですよ。
離婚後、昼夜問わず働く看護師の母に変わって、寝たきりの祖母の介護をする。
床ずれ防止のために寝返りを打たせ、オムツ替えをし、粗相の始末もする。
そんな孫に対して、申し訳なさのあまり「死にたい」と日々口にする祖母……。

文字通り母親代わりとなって弟を育て上げ、勉強も頑張るというどうやったらこんないい子に育つの?!と秘訣を知りたくなるような孝行息子。
全人類、一家に一人求められているのはこんな男だ……って思った。

構成は、前・中・後編プラス「親友の話」という作りです。
前中後編は弟視点なので、兄の恋人が男である事を知った弟の戸惑い、そして母にゲイバレして衝突する様子や受け入れるまでといった幼少期〜成人するまでの兄弟や家族の話が中心なんですね。

いい話だぁぁ〜(涙)というのが詰まってます。
このゲイバレしたときのエピソードがなんともジンとくるんですよ。
あの一言……(涙)
兄ちゃんを見つめて続けてきた弟だからこそ言える、そして説得力のあるあの言葉。
そして兄ちゃんも頑張ったけど、弟もいい子なんですよね。

それに対して「親友の話」というのは、兄の恋人・なな君視点のお話です。
中二で知り合った時から現在に至るまでの恋が8Pに詰まってて、恋人視点から見た兄ちゃんの可愛さというのが詰まっててキュンとするの!

兄ちゃん、あんたやたら可愛いでないの……!!みたいな。

全編通してエロはここでしか登場しないんだけど、どうせ兄ちゃん攻めなんでしょと思ってたから、あの抱かれる兄ちゃんってのが妙にエロく感じました。
てっきりなな君が受けだと思ってたから、兄ちゃん受けで嬉しい。

そして修正入ってなかったです。(シーモア)
「8人の戦士」の18禁(シーモア)」とか「hide and seek (シーモア)」みたいなビッキビキではないけど、良く見たら修正されてないなと。
↓↓↓↓↓↓
その後、なんと全面修正で何がなんやらまっしろけ……になってしまいました……(シーモア)

5

フランク

えええええっ!!?
シーモア早速見たら、うっわ………というくらいデカい発光体になってる!!

……なんなの?!
修正忘れてたの?

はぁ……あの白く光る下に、かつてはあれがあったのか……って感じになっちゃってますね。
ショックだわ。

たかぽ

シーモア無修正だったのに白抜きに変更になってますね。
それも結構な大きさのやつで、興ざめのやつですよー。

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ