父に劣等感を抱く大学生×ドMボクサー

Two sides of the same coin 下

two sides of the same coin

Two sides of the same coin 下
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神36
  • 萌×215
  • 萌15
  • 中立5
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
10
得点
290
評価数
74
平均
4 / 5
神率
48.6%
著者
西本ろう 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
プランタン出版
レーベル
Cannaコミックス
発売日
ISBN
9784829686294

あらすじ

美しき銀髪のボクサー・コウ。
一匹狼のような彼だったが、大学生・悠二の優しさに触れ、その鎧は徐々に脱がされていく。
自分から突き放したくせに、悠二からの連絡を待ち焦がれてしまうコウ。
悠二は、絶対好きになってはいけない相手なのに――。

歪んだ関係と、捨てられない恋心に揺れる、胸締めつけられる恋。

表題作Two sides of the same coin 下

水瀬悠二,大学生
菱谷航介 (コウ),ボクサー

その他の収録作品

  • 描き下ろし
  • カバー下あとがき

レビュー投稿数10

怒涛

上巻で謎だった部分が予想していなかった別のカタチで判明した下巻でした。
いろんなことが次々に起きて、目まぐるしい展開ではありましたが
悠二やコウの感情が丁寧に描かれていたので
その気持ちを汲み取りながら読むことができました。

すべては初めからコウが計画したことで、ふたりが出会ったのも偶然ではなかったし
父親の愛人をしていたのも悠二と寝たのも、仕組まれたものだったというのは
悠二の気持ちを考えると何とも言えない気持ちになりましたが
コウもツラい思いをたくさんしてきているので
コウが悪いわけじゃないし…
もちろん父親はかなりのクズではあるんですが、手帳に挟んでいた写真が彼の表に出すことの出来ない本当の気持ちを表しているようで
負が連鎖して複雑になりすぎた家族は厄介だなと切なくなりました。

彼らが兄弟だったのにはびっくりしたけど
どんな形にしろ、たくさん苦しい思いをしたふたりが自分たちなりの幸せを見つけて
笑っていられる結末になって本当に良かったです。

0

むむ…そうきたか

コウのお顔がきれいだわ、エロいわ、悠二に心惹かれているわね、どうなるのかしら…と楽しみに下巻を読んだのですが…まさか、そうくるとは。

悠二だけでなく、コウの家庭環境や過去にいろいろあるとは思っていましたが、DVの父親が健二だなんて。

コウ、悠二、2人の母親…この4人を不幸にしたのは健二、あんたが全ての元凶ですやん。なんじゃそら。

コウと悠二は異母兄弟だった…。
兄弟BL苦手なので、え〜っ!?と声が出そうになりました。

悠二が父親に似ていないと言われていたし、母親に謝られていたので、健二と血が繋がっていないのかと予想していたのに違いましたね。

その真実を知ってもコウと悠二の気持ちは変わらずハピエンになったのはよかったですが。
最中に「兄さん」と呼ぶのは勘弁してほしかったw

あと、ちょっと気になったのは、コウの顔の作画や考え方が少々ブレているような気がして。
で、ストーリー的にもところどころ、ぎくしゃくしているように感じました。動機付けというか、なぜそうなるのか、という部分で。

にしても、まさかの異母兄弟オチだったとは。ビックリです。

1

下巻

下巻になると一気に話が進んだなというイメージ。
スピード感があってとても良かった(*´▽`*)b

愛に飢えていた受に芽生え始めた、小さな恋の種が
どんどん大きくなっていく。
それに呼応するように受の表情が変わっていくのも面白い。
けれど、二人の本当の関係だったり
出会いが偶然ではなかったこと。
父親との関係と過去。
個々のところがもう少ししっかり読めたらもっとよかったなと思うのです。
愛のない家庭で育った攻
愛憎の家庭とは言えない環境で育った受
どちらも求めていたのはただ愛してくれる存在。
そこのとこもっと深く読めたらうれしかった。

とはいえ、ドラマ性としては凄く秀逸な作品だと思いました。
巻末はもうね、お幸せにとしか言えないんだけどもさ
お兄ちゃんプレイはどうなのよとww

4

どシリアスにとんでも展開

劇画風な作画とシリアス濃厚エロが激しいイメージの作家さま「トワイライト」の後読むのは2作目です。
二冊繋がってる表紙がとても美しいですが
この2人ガチ兄弟でビバ血縁でありました。
がち兄弟モノは全く抵抗がなく
「どうしようもない」や「マグネット兄弟」がむしろ好きなんですがこちらの作品はちょっとおっつかなかったです。。暗いのや重いのへんてこなのもわりとむしろ全然いける口だと思ってますがはまれなかった、、
ネタバレ全開ですが昼メロっつか好きになった人は
父の愛人それは帯でもう知ってるんですが
愛人でもって兄で表裏一体の愛人の子が本家の子に復讐しようとして愛しちゃうお話ですがちょっと
お父さんが息子を愛人にってのはそれ知ってて?ですよね?金払ってんの母親の入院費だもんね?愛人のかわりに殴ってた子を今度は犯した?警視庁のお偉いさんでサイコパスすぎじゃね??
とまあ優秀だと思ってた父が変態だったって訳で尊敬してた父に見切りをつけて
解放されるお話っていったらいいお話なんですけど
上巻で兄が父にエッチなおねだりする所があったのが名前で呼んだりなんかして虐待されてたって感じがなんかつじつま合わん違和感。てか肋いってんのにセクは激しい。。
どシリアスにとんでも展開だってわかってましたが
怖いもの見たさで読んでしまいました。
むちゃくちゃ近親相姦ですがいいのか悪いのか最後は超はぴえん。だから破滅的な物語って訳でも
ないんですね。ラストのトイレのいちゃらぶのやつは性欲爆発濃厚すぎて胸焼けするほど。お兄さんプレイ?2人も変態でしょう。紙で読んでるのであれがもう迫力満点です。
やっぱり好みが分かれる作品てか作家さまですよねと思いました。
あと受けのコウの作画が安定してないわけじゃないんですが男っぽいかっこいい顔かと思いきゃ時々女の子みたいな全然別人の顔にみえるのがすごく気になってしまいました。

6

黒髪受けだと思って買っちゃったらちがった( ̄∀ ̄)

前の2作品もよんでいます!

前の2作品と同様会話シーンなどがくさいセリフって感じがするなーと思いました!そこが良さなのかもしれないですが私は違和感を感じてしまいます( ^ω^ )

絵はきれいです。表紙がやっぱすばらしい。

かなり内容はドロドロです。
近親相姦です。親が子を犯す・兄弟同士がくっつく。暴力的なシーンも少しあるのでエグいのが好きな方は好みかもしれないです。

エロは体がガチガチして生々しいのが私は好みなのでよかったです(//∇//)ちなみに受けはちょーマゾです。そうなった原因も本編に描かれています。
とにかく激しいです!私的には黒髪受けの方が断然好きですけどね笑笑

4

BL版昼ドラ

一言で言うと数年前までF●N系列で放送されていた昼ドラ(東●テレビ制作)のような感じです。
主人公に次々と降りかかる不幸や試練、驚愕の展開。嫉妬と憎悪が渦巻く人間関係の中、数々の迷シーン・迷台詞で一時代を築いた昼ドラ・・のBL版です。

近親相姦ハッピーエンドに賛否が分かれるところと思いますが、兄弟それぞれが父親からの自立を果たす、特に悠二の強い意志が描かれている1ページが圧巻で、色々あったけど頑張れ!!と思ってしまいます。意外と読後がスッキリしました。

エッチシーンはとにかくエロいです!!
そしてダイナミックです!!

誰にでもオススメできる作品とは言い難いですが、賛否両論巻き起こりそうな題材を果敢に、説得力を持って描き上げる確かな実力のある作家さんと思いました!

6

欠けていた部分を見つけたふたり

※上下巻まとめてのレビューとなります

これ痛いヤツだ…絶対、痛切ない(いたせつない)ヤツだ…と期待して読んでガッツリ希望通りでした!

そして帯の情報が忙しい笑
強気そうなボクサーがドM受けで父親の…帯すごい!!全部読んでからの帯2度見した!!

良い子の約束だ…下巻カバー下は絶対に本編後に読むこと!うっかり読むとネタバレ危険!

********

父親にコンプレックスのある悠二は家庭環境が複雑で自己主張をしない地味タイプ。
その悠二とは全く正反対の強気な性格にみえるボクサーのコウ。

警察のお偉いさんである父親の期待に添えず、物理的にも気持ち的にも家族の溝を感じていた悠二と危険な感じのコウとのざわつく出会いの上巻、隠れていたそれぞれの内面がじわりと染み出てくる下巻。

ふたりとも「自分」を守るために感覚を歪ませざるをえない生い立ちです。
理不尽にさげすまれてきた経験から強くなろうとしてボクサーになったコウはとても繊細。
孤独や過去に怯える幼さを残していますが、それは悠二と行動を共にするようになってはっきり表に出るようになります。
笑ったり泣いたりがとても可愛い。

コウは自分の素性も含めて、悠二への感情を持て余しかけるんですが、その迷いや、やるせない顔が子ども返りしたようで護りたくなります。

それは悠二も同じようで、苦手だった父親と向き合うことでコウの居場所を作ると同時に自分の居場所も作ります。

悠二は地味だけど、思ったより熱い男でした。
最初の頃、つれないコウに悠二は辛抱強くLINEして繋がろうとします。
それをうざがってたはずのコウが待ち遠しく思ってたり、悠二をバカにする大学の仲間にくってかかったり。
本人が気づいていないだけの「人への気持ちの飢え」がわかりやすかったです。

西本ろうさん、デビュー作の【トワイライト】でも同じように感じましたが共依存からの~自立の描き方が絶品。
カバー下でバイトしてるふたりを見ることが出来て嬉しかったぁ。
自分が愛を注ぎたい相手ができた人間は本当の強さを手にできる!

お父さん、とんでもなくイヤなヤツだったけど、そうじゃなきゃふたりは出逢わなかったから許します。

あっ…吉田先輩はいつかむちゃくちゃに掘られればいい←

7

評価が難しいです

紙本
修正…黒短冊
カバー下…あとがき

1

さらにズッシリ、センシティブ

主人公2人の関係性が明かされる下巻は上巻より更にセンシティブなストーリー。そしてよりエロいです。個人的にはストーリーも作画もしっかり作り込まれてて好きですが、読後感は読み手によって分かれそうかな〜?やっぱり上下巻一気読みがオススメ。

5

評価に迷う作品

ビックリ展開の下巻です( ̄▽ ̄;)
ネタバレしますので注意して下さい!
もう、どう評価していいのかもわからない……


悠二の優しさに触れ、絆されていくコウですが、
ここまでは全てコウの計画通りでーー…

コウがとんでもない秘密を抱えていて、
その真実に驚愕してしまいました((((;゚Д゚)))))))
『すべては計画通り』だというコウですが、
悠二といることで幸せを感じて素の自分が引き出され、
コウの幸せを願ってくれる悠二に心動かされていく様子が表情から読み取れます。
上巻の強気なコウと違い、赤面したり戸惑ったり笑ったりーー
さまざな顔を見せてくれるコウが可愛いです^^

しかし、実はコウの過去は辛いものでした。
父親は暴力的で母親は精神的ショックから記憶喪失になり、
コウのことさえも分からない状態にーー
そんな中でも悠二のおかげで今と向き合い、
大事な人の幸せを願えるようになったコウ。
コウが人間らしくなり、とてもいい雰囲気なのを感じます。


と思ったら、事態が一変!
実は、悠二とコウは父親が同じ腹違いの兄弟で、
コウは血の繋がった父弟と関係を持っていたことが分かります。
ということで、コウに暴力を振るっていたのも悠二(とコウ)の父親でした。
このかなりエグい展開に心臓がドキドキしました(||>д<)

父を恨み、何も知らずに暮らす悠二を恨み、
やきりれない怒りを悠二にぶつけようとしたコウ。
コウは悠二を痛めつけてやろうと計画していました。
もうここまで酷い状況だと、コウがそうなってしまうのも仕方がなかったような気がします。
コウも悠二も悪くなくて、とにかく父親がゲスい(`・д・´)

その父親と対峙し決別する悠二に、
やっと男らしさと強い決意をみました。
〝コウは親父に渡さない〟
そう言い切る悠二の意思の強い表情にはハッとさせられます。
全てを捨ててコウを選んだ悠二と、
実は寂しがりやで甘えたなコウ。
兄弟というハードルを乗り越えて共に生きる決意をする姿は、
まさに男と男という感じ。

別々の人生を生きてきた二人は、
実は一枚のコインの表と裏のような関係でした。
最悪の父親によって繋がった2人でしたが、
それさえも感謝するような心情にはグッときます。

Hでの突然の〝兄さん〟呼びには違和感がありましたが、
とにかくドエロくてオス×オスの雰囲気!
アナルへの指入れは内側のめくれが分かりそうなほどリアル!
後半はドM設定が薄らいでしまったような気がして、
そこはちょっと残念でしたが(´·ω·`)ショボーン


何はともあれ幸せなラストに満足しつつも、
なんだかモヤモヤしちゃうのも事実……
近親相姦だったからなのかもしれませんが、
ハッピーエンドなのにスッキリはしなかったです。
父親やヤクザ風の先輩も好きじゃなかったし……
ただ、カバー下は可愛くてほっこり^^


紙本 修正は黒短冊
描写はリアルです!



14

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う