構いたくなる背中

kamaitakunaru senaka

構いたくなる背中
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神41
  • 萌×257
  • 萌23
  • 中立6
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
18
得点
508
評価数
128
平均
4 / 5
神率
32%
著者
ゆいつ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
一迅社
レーベル
gateauコミックス
発売日
ISBN
9784758079242

あらすじ

数ヶ月前に恋人に浮気され破局したゲイの佐倉は
人肌が恋しく夜な夜な男を漁っている。
ある日、見知らぬ男に邪魔をされセックスのチャンスを逃した佐倉は次の日、
見知らぬ男あらため長谷川と会社で再会を果たす。
男を漁っていたことを口止めする佐倉に対し
長谷川は寂しいなら一緒に住まないかと言いだして――

【描き下ろし11Pあり】

表題作構いたくなる背中

長谷川由紀,サラリーマン
佐倉清三,サラリーマン・主任

その他の収録作品

  • 描き下ろし

レビュー投稿数18

こりゃ〜構いたくなるね。

久しぶりに、再読〜。

こりゃ〜構いたくなるね。
佐倉がとても魅力的だわ。
哀愁漂う姿に、長谷川がロックオンね。

佐倉を捨てた元カレが、出来る男ならではのクズさが〜Eースパイスだったwww
大事にされたいけど、気持ちよい事も大好きな佐倉。お人好しの長谷川の提案で〜日常の癒しを知っていく。
長谷川が、土真面目過ぎるから〜靡かなくて逆に良かった。
ゆいつ先生の絵柄で、美人受けサイコー。

ゆいつ先生の描写って、立体感があって力強くて好きだわぁ〜。
絡みのシーンも、重さが伝わるから迫力ある。目が離せない作家さん!

0

好きなカップリング

キター!!きれい系イケメンの受け(好み)。
先生の絵で見たかったのでうれしい。

しかも
長身ガタイ良い寡黙朴訥短髪やさ椎名男前攻め×美人スキモノ猫っぽいイケメン受け
って、私の人生No.1作品のcpとかぶるところがあり(世界観は違いますが)ウキウキ読みました。

佐倉は下心あって同居したので長谷川に迫るのはわかる。色っぽいわ〜。これで落ちない長谷川えらい。

長谷川は佐倉に泣かれてキスされて自分の中に芽生えた欲望に戸惑ってしまった。セックス目的で佐倉に近づく奴とは自分は違うのにと。

それでも、話すだけでも、と長谷川に会いに行った佐倉を長谷川が頑なに拒絶したところは焦れたし、佐倉がかわいそうだったけど。

その分、嫌われてないとわかってホッとして告白する佐倉がかわいかった。

セックスより長谷川といる方が楽しかった、というのもすごい価値観の変化ですよね。

長谷川に好きと言われて泣いちゃう佐倉に萌え〜だし。

その後はもう、2人ともよかったですねとしかw
特に佐倉は心身ともに満たされて、これからも欲求不満とかの心配はなさそうで安心かなw

長谷川の「あなたって人は…っ」がいい。

エロもいいけど、私は序盤の佐倉が長谷川にぎゅっとして眠るシーンがめっちゃ好きです。
同衾萌えと言うのかわかりませんが、くっついて寝るシーンが大好きなので。
特に、ゆいつ先生の触れ合う絵が気持ちよさそうで好みです。

やさしいものを描きたいとの先生の言葉通り、2人とも相手への気持ちがやさしくてじ〜んと萌えました。
続きが読みたい2人です。

0

執着攻めになりそうな予感

数ヶ月前に恋人に浮気され破局した佐倉さん(受け)と
真面目男の長谷川(攻め)のお話です。

最初読み進めた時に佐倉さんがビッチっぽく見えて
個人的にビッチが得意ではないので大丈夫かなぁ…と思ったのですが
根本的な原因があっての男漁りだったので大丈夫でした。

長谷川が何を考えているのかいまいちわからなかったのですが
真面目で良い男で優しくて素晴らしかったです。
佐倉さんがなぜ夜な夜な男を漁るようになったのか
無理に聞き出すわけじゃなくて、
話しやすいような雰囲気にしてくれて
スパダリとはまた違うと思うのですが(個人的感想です)
いい男の人だなぁと思いました。

その後すれ違いもありつつ二人はくっつくのですが
すれ違いの時の佐倉さんの心の変化に成長を感じたし
長谷川と幸せになって欲しいと思っていたのでよかったです。



男漁りしている場面が3度ほどあるので
他の男性とエッチしているのが嫌な方にはおすすめ出来ません。

0

これ間違いないやつです

タイトル素敵です。
早い話傷ついたビッチに本気恋人ができる王道かな。
ゆいつさんずっと気になってた作家さんで
画力に定評あるしエロも上手らしいから
最初紙かなあと思ってたんだけど
絵は上手だし修正は甘めだし電子でも大丈夫でした。
ビッチ受けは好みじゃないんですが
佐倉さんふつうに失恋したさみしくてやっちゃうかわいい受けでした。
ありがちといえばありがちなリーマン寡黙ワンコ年下攻めとビッチ年上受けだけどなんかよかったです。
攻めの長谷川は真面目な男だけどはじめストーカーかと思いました笑
ゲイバーの外にいたのよく考えたら変だし
いきなり一緒に住もうとかもちょっとおかしいよ笑
突っ込みどころ満載だけど
人恋しい佐倉さんはワンチャン思って行っちゃう。元々好感はあった同士だったんだなと。
元彼云々の当て馬がでてきたりすれ違うけど
最後ははぴえんで佐倉さんやっぱり普通に愛が欲しい
かわいい人だったんだなってお幸せに!よかったねっほっこりしました。
書き下ろしも電子限定書き下ろしも
ラブラブ絶倫年下彼氏ご馳走さまですってかんじです。

2

構いたくなる人

身勝手な読後感想。
ゲイの佐倉さんは、寂しそうな表情の綺麗な人。一度見たら後ろ髪をひかれるような影を持つ人。お人好しで日陰に身を潜めて我慢する質。綺麗で色っぽいし、構いたくなる魅力的なキャラを持つ人。泣きホクロがカワイイ。唇をかむ癖など、芸が細かいいじめられ役の設定でした。

構う長谷川さんは、がっしりした体系のスポーツマン。鈍いけれど、とても人柄がよい。影を感じる佐倉さんの傷を癒したくてきになってしまう。

佐倉さんを振った元恋人は、割り切った人。一般的にいうと要領よく割り切る元恋人のような人が多いし、安定型なんでしょうけど。
人口過多な今世は、同性の愛であろうと純愛を至高とするべきだと思う。子孫より愛を貫くべき時代なので、元恋人は今世で不要な選択をした人と言えると思う。
元彼から再縁を求められたとき、佐倉さんは思いっきり心のビンタを張れて良かった。

ゆいつ先生は、こういう内面をくすぶるような描写が上手なのかも。続けて他も読んでみたい。






4

魅惑のくちびる

◾︎長谷川(会社員)×佐倉(ゲイ 会社員)
ゆいつ先生の作品大好きなのに、突然同居して「はい!?」っとなってしまった。何故なんだ…何故 BL漫画は軽率に同居するんだ意味がわからない…

でも相変わらず作画がとにかく大好きです。顔も身体も美しい。
佐倉の横顔は美でしかない。長谷川に心を許すほどにどんどん幼くなっていく気がする。可愛い
長谷川みたいな鈍い感じの攻めはあまり好きではないのですが、佐倉に萌えすぎました。長谷川が無表情な分、佐倉はとっても表情豊かで、ニコって笑うの可愛い〜〜〜!!五十嵐もよくこんな可愛い生き物を手放せたもんだよ。

エッチシーンの作画も素晴らしいです。肉感が…ゆいつ先生の描く唇のむにむに感、ふさふさまつ毛、ため息出ちゃう。

※電子書籍ひかり 白抜き
おまけ漫画6ページ(多い!ガッツリ!嬉しい!)

2

放っておけないあの人

朴訥真面目攻め×特定の男を作らないビッチ受け、
更には本気だった恋を失った為に体だけの相手を探すという設定は
結構あると思うのですがとても丁寧に描かれた作品でした。
実家の猫に似てるからという理由で構いたくなったと言って
決して性的な触れ合いはしてくれない長谷川、
佐倉にとってはなんの修行だよっていう状況の中で
誠実に接してくれることにじーんときました。
いつも違う相手で体は気持ち良くなっても心までは満たされない佐倉に
根気良く心地よさを教えてくれていい男です。
ただ、あまりの真面目さに逆に佐倉が傷ついたのがしんどかった!
そりゃ、長谷川もどノンケだったから
佐倉へ惹かれた事実に戸惑ってしまうのも無理はないんですが
長谷川でなければダメなんだとわかった佐倉を拒絶するような態度はしてほしくなかったなぁ…。
ちゃんと両想いだからいいんですけども。

個人的に、佐倉がもっと男っぽい方が好ましかったです。
綺麗系なので寂しい表情などに長谷川が目を奪われたりするのも分かりますし
ビッチって綺麗系だと説得力があるっていうか納得出来る部分もあるかもしれませんけども。
ただ単に好みの問題です。すみません。

しかし相変わらずHシーンがめちゃくちゃエロい……!!
そして長谷川の長谷川がめっちゃ長谷川って感じでした(?)

1

うん、なかなかいい

初めての作家さんで、わりと軽い気持ちで手に取ったのですが、なかなかよかったです。

本気になることに臆病になり、その場限りの関係を持っているサラリーマンの佐倉。
一方、真面目で一途な長谷川。ある日偶然佐倉が男をひっかけたところを邪魔し、おまえが責任を取れと言われるも拒否。

そんな出会いだった二人が、会社で先輩後輩に。

という設定はよくあるもの。

しかし、かたくなに佐倉に手を出さない長谷川とか、ちゃらちゃらしていたのにだんだん乙女になったり、健気になったりとかわいい佐倉が、微笑ましいカップルになっていく課程が楽しめた。

キャラの魅力がある作品でした。
これから作者買いしてみようと思いました。

1

こんな攻めに見守られたいです

初読みの作家さんでした。
受けの佐倉の表情が色っぽかったです。
佐倉は恋愛についてトラウマがあって特定の相手を作らず、その日限りの相手を漁ってるビッチなのです。
堅物の長谷川と一緒に住むようになって、本当は大事にされたかったのだと気がつきます。
無口で無表情で良い身体をしている攻めは素敵でした。ちょっと堅物過ぎて後半に佐倉とのすれ違いはありますが。
2人が付き合い出してからの長谷川を部屋で待つ佐倉の表情がとても可愛いです。
ちょっと残念だったのは、たまに横顔や身体のバランスがおかしい点でした。

2

淫乱は嫌いじゃない

ストレス発散にセックス!!
疲れた体に一発の快楽!!
癒しのセックス!!
性的欲求に素直で貪欲な受。
繰り返す身体の快楽を求めるのに反して
特定の相手は作らない。
そんなときであった一人の男。
美味しそうな身体をした男。
思い通りにいかない、誘いにも乗ってこない、イケると思わせてイかない。
少しずつ近づくきょりと、関係性の変化。
面白かった((ノェ`*)っ))タシタシ
エロい受の穴も好きだけど(ォィ)こういう攻が一番好きです。
ちゃんと大事にしてる感じがすごく好きだ。
結局絶倫というオプション付きで大団円w

7

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う