にやま至上、最強のイケメン攻め降臨!!

そんなに言うなら抱いてやる

sonnani iunara daite yaru

そんなに言うなら抱いてやる
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神118
  • 萌×224
  • 萌5
  • 中立1
  • しゅみじゃない3

9

レビュー数
25
得点
702
評価数
151
平均
4.7 / 5
神率
78.1%
著者
にやま 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
竹書房
レーベル
バンブーコミックス moment
発売日
価格
¥670(税抜)  
ISBN
9784801969827

あらすじ

昼は冴えないヒラ社員。夜になれば、視線ひとつで腰を砕く“男たらし”。
夜遊びを心から愛する男・裏川忍は、2つの顔を使い分けて人生を謳歌していた。
馴染みのゲイバーに、いけ好かない営業部の“プリンス”、表屋ヒカルが来るまでは…!
以降というもの、毎晩のようにやって来るヒカルのせいで夜遊びも叶わない。ノンケのはずだが、どうやらお目当ては自分らしい。それならば。
「1回くらい遊んでみるか? …安心しろよ。俺セックスうまいから」
そうして一方は隠したまま、もう一方は知らないまま。夜だけの関係が始まった―――。

表題作そんなに言うなら抱いてやる

裏川忍,リーマン
表屋ヒカル,リーマン

その他の収録作品

  • bonus track(描き下ろし)

レビュー投稿数25

360度罪な男

電子である程度まとまるまで待って最終話が出た瞬間に全話購入、これは絶対紙になる!とフンフンしていたところで書籍化を知り舞踊りながら紙本も読破。これは文句なし、にやま先生アッパレと言いますか、兎にも角にも罪な男があまりにも罪すぎる!!

帯の煽りは誇大告知でもなんでもありませんね。正しく最も罪な男。
顔よし身体よし性技よし、夜に生きる(言い方)プレイボーイとして文句無しに500億点満点なスーパーバリタチ攻め様裏川忍。バリタチド攻めって場合によってそこはかとなく「受け臭」が香ったりするんですけど(わたしがド攻め系の受けが好きなだけってのもある)この人は最初から最後まで裏切らない「バリタチ攻め様」でした。視線や振る舞い、煙草の煙すら味方にしてこれでもかといい男を体現してしまっている。いやーズルいったら。

そして受けの表屋ヒカルくん、清々しいほどのナルシストで嫌味すら爽やか。正に「プリンス」、そしてほとばしる「バリネコ受け様」臭。あの攻めあってこの受けあり。……すみませんヒカルくんも凄く魅力的で可愛くてえっちなキャラクターなんですけど、今作に関してはスーパー攻め様の彼が強すぎて食われてしまう(物理的にも)

非常に分かりやすく進む物語でテンポが良いです。視点は基本的に忍なんだけど、所々ヒカルくんも入ってくる。ヒカルくんから見た忍を読者は見ているから、ヒカルくんと同じようにズルズル忍の虜になってしまうし、同じように、忍から見るヒカルくんもツンツンなのに天然で、可愛く抱かれる彼の姿にドキドキしてしまったりする。
両者の視点がバランス良く描かれているから変に焦れることもない。何を考えているかが分からない系のお話にもならないで、純粋に2人がくっつくまでを楽しむことが出来るのが良い。そしてやっぱりエロも良い。

書き下ろしをとてもとても楽しみにしていたのですが、これは読むべき!いつだって裏切らないイチャイチャさとエロエロさを与えてくれるにやま先生、一生着いていきたい。
この2人は所謂オープンスケベとむっつりスケベのカップルだから、いつまでも末永くラブラブしていてくれることでしょう。

5

ニンニンは神

表紙買いです。もちろん、にやま先生という安定ブランドもあるのですが、
飾って眺めたいくらい表紙がかっこよかったので紙で購入してしまいました。

ニンニンが攻めのキャラとしてとっても好きでした。
ニンニンの魅力だけでも結構読めてしまうくらいお気に入りです。
しかしながら、、、姫キャラ・ヒカルンがあんまり好きになれませんでした…。(WHY?)


とはいえ、掛け合いとコスプレが楽しいBarの双子とか、スルー力高めなヒカルンのよき理解者で同僚・冬也とか気になる脇キャラが多くて楽しかったんで、彼らがもっと活躍しそうな続刊も購入してしまうと思います。王子の今後の変化にも期待してます。

2

そんな目で見ないで…!

そ、そんな目で見ないで…!

迫力満点な表紙の視線にドキドキが
止まらないのは私だけでしょうか?

攻めの権化のようなニンニンの
溢れんばかりの〝雄〟に圧倒されて、
魅了されて、もう目が離せませんでした。

この表紙からは到底想像もつかないモサくて冴えない昼の顔、
男たちの視線を釘付けにしてやまないイケメンすぎる夜の顔、
2つの顔をもつ裏川忍こと<ニンニン>と営業部のエースで、
その整った容姿から社内で〝プリンス〟と称される表屋との
恋の駆け引きが描かれます。

ある日、ニンニンは疲弊した心と体を癒すために向かった
行きつけのゲイバーで、いけ好かないナルシスト王子・表屋と
遭遇してしまいます。

もちろん表屋は夜バージョンのニンニンが同僚の裏川忍と
同一人物だとは気づいておらず、あろうことかニンニンを
落とす策略を巡らし始めます。

はじめのうちは美しい容姿に自惚れるナルシストな表屋が
うざったくて、あまり魅力的に感じられなかったのですが、
いざ組み敷かれてみると意外や意外、断然かわいくなるのです。

ちょっと迫られただけで赤面したり、キスされただけで
敏感すぎるくらいに反応して蕩けて目を潤ませちゃう始末。

ベッドでは本当にノンケか?ってくらい乱れまくりで、
ニンニンに触れられる箇所全部が性感帯と化しています。
ここにプリンス完全雌化!を宣言したいと思います。

身体を重ねれば重ねるほどに溺れてしまい、それなのに、
ただ「特別になりたい」の一言が伝えられない。
※感情が顔に出まくりなのでニンニンには全てお見通しです

素直じゃない、健気、初心っぽい、の三拍子が揃い、
もはやなんだこのかわいい生き物は状態です。
後半は少女漫画のヒロインと化していました。

うん、朝まで一緒にいて欲しい、とか乙女発想にキュンときたよね。
それで溜息つきながら、ちゃんと添い寝してあげるニンニンも
なんだかんだどっぷりハマっちゃってて、ニヤついちゃいます。
男も惚れる超絶イケメンも恋人には甘々でした。

カモフラージュどころか、もはや変身レベルのニンニンの
擬態っぷりですが、身バレ後はモサいままバーに登場したり、
本人も面倒臭がりながら楽しんでそう(笑)

でも、本当の姿を曝け出したら表谷を上回る人気が出そうなんですよね。
夜ver.のニンニンに群がる女子勢とそれに嫉妬する表谷の図とかちょっと
見てみたい…

あと、バーのツインズがすごくキュートで大好きです。
毎回変わる衣装となりきりプレイも楽しみでした♬

4

ライター置いていくっていいよね

にやま先生のことだから表紙のニンニンが最初は受けっぽく見えてしまうんですが、読んでしまえばちゃんと攻めしててかわいいカプでした。
ニンニンは一見オラついてそうな感じですが、バーのスタッフのツインズのとからみがかわいくてそんなにオラついてないんですよね笑 ツインズの毎回のコスプレが今作の見どころの一つなので、続編があるなら見たいけどなくてもここのバーだけは他の作品でも出して欲しいです。
あと駆け引きでライターを置いていくというくだりがあるんですが、まず最初にわざと置いてあったと勘違いするヒカルンめっちゃ萌えました。敬語で恥ずかしがるの萌えますね〜。
あと個人的には会社のプライベートのニンニンが全く同一人物に見えない笑 いつか周りにバレるとこまで描いて欲しいですね。

1

超かっこいいイケメン攻が最高!

にやま先生の作品が大好きで、すべての作品を読んでますが、今回はもう表紙からして最高すぎます!たぶん、今までの攻キャラの中で1番色っぽくて最高のイケメンではなかろうかと。

以下、ネタバレ含みます。

にやま先生といえばやっぱりガチムチの肉体美!すごく絵がキレイなので、毎回堪能させていただいておりますが、今回はもう攻の忍にメロメロでした。

受のヒカルは容姿端麗のナルシストで、でも天然でかわいくキャラがたっていて、営業部のエースというわりには(笑)、子供っぽくてかわいいツンデレです。

でもやっぱり、今回は攻の忍が半端ない…!

バーで忍がヒカルを口説いていくところから、もう忍の色気がムンムンで、かっこいい。あんな男に誘惑されたら絶対堕ちます…。にやま先生の作品ではワンコ攻が多いイメージだったのですが、今回はもう色気がすごい遊び人。キスする顎の角度からしてエロい!

あと、今回、忍の持ってるライターがすごい重要なアイテムになっていて、すごい!と唸ってばかりいました。

ヒカルの自宅でライターを落としてしまった忍。ヒカルはそれをわざと置いていって、また次回会いたいメッセージと解釈。でも、待てども待てども動きがないので、ついに自らバーへ出向く。

その後、初めてセックスをするのですが、そのときの2人のやりとりが最高なんです!ヒカルはナルシストだけど大人の駆け引きとかはできないタイプで、終始遊び慣れている忍がリードします。このときの余裕ある忍がめちゃくちゃかっこいい!さらにここで、「そんなに言うなら、抱いてやるよ」の忍のセリフがもう…!!

そのあとホテルでセックスしたあと、忍がわざとベッドで寝ているヒカルの枕元にライターを置いて帰るんです!この展開、にやま先生は天才だと前からわかっていたけど再認識しました…。大人の駆け引きをよくわかっている忍に、ヒカルは翻弄されて夢中になっていきます。

そこから身体の関係を続けていく2人。忍は事後はヒカルを置いてホテルから帰ってしまい、朝まで一緒にはいないのですが、こういう描写もにやま先生の作品にはあんまりなかったので、とても新鮮でした。

朝まで一緒に寝れば、というヒカルの言葉を聞いて、少しずつ自分の揺れる気持ちに気づき始めた忍は、この日初めてライターを置かずに、持って帰ります。
目覚めたあと、自分が朝までいてほしいと間接的に伝えたのに忍が帰ってしまったことに落ち込むヒカル。そのあと、いつも置かれているライターがないことに気づき、一生懸命探すんですよね。ライターは、『また、次、会える』という暗黙のメッセージのようなものになっていたので、ヒカルはかなり落ち込みます。

その後、忍と会えなくなりもやもやした気持ちと自分の気持ちに気づいたヒカル。偶然、いつもイケてない総務部の彼がトイレで顔を洗っているところに一緒になり、そこで彼が落としたライターを拾ってあげると…。

これ、最後、どうやってバレちゃうのかなぁーって思ってたんですけど、忍=イケてない総務部の彼 とヒカルが気がつくこの展開も、やっぱりライターが!!終始この2人にとっては重要なアイテムで、これが2人が初めて身体の関係を持ったときからの伏線回収になっていることに気づいたときには、にやま先生、神様…!とひれ伏しました(笑)

その後の雄になった忍のかっこよさとヒカルの可愛さといったらもう…。ここでも、忍とヒカルのセリフの掛け合わせみたくなっていて、過去、忍がヒカルに「抱かれてぇって顔してる」って言うセリフがあるんですけど、最後はヒカルが忍に「抱きたいって顔してる」って言うんですよね。このセリフの掛け合わせみたいのもすごく上手で、ほんとにすごいなーーーってただただ脱帽でした。

セックスの描写もエロくて可愛くて、絵がとてもキレイなので、忍の手に堕ちていくヒカルがとっても可愛く描かれています。そして忍の雄みが、ほんとにほんとに、かっこいい…!!

この作品はものすごく綿密に話のロジックが組立てられていて、今までのにやま先生の作品と少し趣が違うんですけど、私は、1番ハマったかもしれません。とにかく、もうすべてが最&高!!の作品でした!

バーのマスターもめっちゃ大人でとってもいい人!そしてコスプレツインズがめっちゃくちゃ可愛くておもしろくて、にやま先生テイストがばっちり出ていて、超可愛かったです!

あとがきを見ると、続編もあるやもな感じ…!続編絶対出してほしい!まだまだ、忍の色気にやられていたいです!

9

ワンナイトのキングが女たちのプリンスを!

最高に面白かった1作。
最近は、にやま先生といえばわんこ攻め、みたいなパターンがあったけど、本作は一味も二味も違って…
はじめ腹黒だった攻めが、身の程知らずのノンケ受けをメロッメロのトロトロに落として…
なのに自分も……というおはなし。
一読して最高にエキサイティングで、一気に何度も読み返すくらいお気に入りの作品になりましたが。
これ、受けのヒカルの「男度」が低いんだよね…
ヒカルは社内の王子様的存在で、全ての女性社員たちからチヤホヤチヤホヤ。
だけど、外見からして全然がっついてなく、合コン常連的なセリフもありつつ全くオンナの影はなし…
こりゃはじめっから百戦錬磨のニンニンの餌食決定でしょ。
この予定調和だけがひとつマイナスなんだよな…
ノンケがゲイにメロメロ、っていう図式よりもヒカルが潜在的女寄り、というか。
まあこれは厳しすぎる見方ですね。
実際十分に面白かったです。
ストーリーも良かったし、絵も素晴らしい。表紙最高。
エロシーンも色っぽい。
難癖つけてる私が悪いってことで、「萌x2」。でも神に近い。

ツインズ気になる〜。この子たち、ああ見えて頭良さそう。

4

表紙の破壊力!

にやま先生の作品は初買いです。
筋肉受けなイメージがあって、雄みが強い受けがちょっと苦手なので手が出しにくかったのですが、この作品はそうでもなさそうだったので買ってみた所…
最高に良かったです!!

ニンニンのカッコ良さはさることながら、ヒカルの無自覚魔性ぶりもなかなかのもので、お互いがお互いの沼にずぶずぶハマっていく様がおもしろ萌える!
受けも攻めも魅力的に描かれてるのでどっちにも感情移入できてキュンキュンしました。

絡みも忍の雄雄しさとヒカルのトロ顔がとにかくエロい!!
身体を重ねるごとに二人が惹かれ合っていくのがよく分かります。

脇の双子ちゃんも魅力的で毎回違うコスプレと小芝居がおもしろ可愛かったです。
続編、切望してます!

5

良かった

にやま先生大好きです
これまでの作品ももちろん大好きでしたが、今作は特に素晴らしい‼︎
ほんとにめちゃめちゃ良かった

まずキャラクターが最高です
攻めはニンニン
昼間はモサくて夜はバリバリ
とにかく色男っぷりが半端ない‼︎

受けはヒカル
ナルシストで超ポジティブ
なのに憎めなくて可愛いらしい

ツインズも可愛いし
マスターも素敵だし
とにかく出てくるキャラがみんな良い

ストーリーも良かった
王道展開なのにニンニンにはきゅんきゅんするし、ヒカルにはハラハラしながらも愛でたくなるし

本当に素晴らしいお話でした

3

にやま先生だからこそ

にやま先生の新刊はど迫力の表紙です。雄の圧がすごい!!肌の質感、唇の色気!睫毛の影!白のクルーネックシャツをオシャレに着こなせる男は、上背があって体格良いからだよ…

◾︎忍×ヒカル
裏と表で、忍んでるのと輝いてるの、創作物の法則では惹かれ合わずにはいられない対極のお二人です。
ニンニンの色気はもちろんながらヒカルもものすっっっごく可愛いんですよ!!!照れる顔もえっちの顔も泣き顔も全部可愛くて…可愛い…

割と素直に王道なBL漫画なのに、にやま先生が描くとこんなに面白いのはなんなんでしょうね。不思議。
自分の好きな日常描写(食事シーンやら些細な会話シーンやら)ほとんどないのに、王道の萌えのパンチを延々と繰り出されて案の定完敗。
先生のあとがきで期待が高まったので、お互いの家に行ったり、2人で朝ご飯食べたりするとこ見たいな。ニンニンの弱点とか見たいな。

シーモア白抜き
電子限定おまけ漫画1枚「はぁヒカルちゃん」の書き文字に萌える

萌2〜神

3

真夜中は別の顔。恋は「シーソーゲーム」

メガネを取ったらイケメン!っていう王道少女漫画な、その名も裏川忍。
本当に昼間はダサ眼鏡でもっさり感を装い、己れのイケメン度を隠している。
のみならず、実は仕事もテキトーにしていて。表立つ様な事はしない。アレレ。結構イヤなヤツじゃないか、忍。女にモテたりしたくない!なんて、彼のがよほどナルシシストなんだけど。
対する名前もキラキラ、表屋ヒカル。社内イチの美形とモテはやされる彼は、その承認欲求を満たす為だけに、「男にもモテたい。」などと危ない橋を渡って来る。
飛んで火にいる夏の虫。自分の欲求に素直なだけに、鼻持ちならないナルシシストの筈のヒカルのが、表裏無くて良いヤツなんしゃないかと思うのね。
思い上がった天狗の鼻をポッキーんと折ってやろうと考えていた忍は、酔って縋るヒカルの可愛らしさにアッサリ堕ちてしまう。
ヒカルも自慢の鼻をへし折られた事よりも。恥ずかしいと思う事よりも。
自分が今、恋をしているという事実に素直に絆されていくんですよね。
もうそうと決まったら!あとは可愛いだけ!思う存分愛して、愛されて、抱かれて、蕩けて。グッチョングッチョンです、ははっ。
途中、ツンデレの意地っ張りなのに無防備過ぎるヒカルが、誰か他の人に怖い目に遭っちゃうかも⁈ と、ハラハラもしたけど。そんな当て馬的なものも登場せず。
とにかく忍とヒカルの2人の、2人だけの世界で展開して行きます。

裏表紙のコメントに「シーソーラブ」と書いてあって。あ!と、思い出したんですけど。
確かに2人の間には「勝ち負け」を促す様な。やり取りがあります。でも、どっちが勝ったの、負けたの、じゃあ無くて。気持ちの上げ下げがまさしくシーソーラブ♡
読後感のこのハッピー感に、ミスチルの「シーソーゲーム」をふいに思い出したんです。
それで、あまり詳しくは無いので、歌詞を検索したら。
「恋なんて。言わばエゴとエゴのシーソーゲーム。」
なんてワードがあって。なんてピッタリなんだろうと。
曲調のハッピー感も相まって、とても素敵に思えて来ました。
そして、ラスト「勇敢な戦士みたいに愛したいな。」
表とか、裏とか。秘密とか。もう関係なくて。ただ好き、それでいい!みたいな。

ただ、ヒカルは完璧な姫なので。忍には男としてもうちょっと頑張って欲しいです。
恋人がキスが上手くて、エチがいいだけ。じゃあ、ねぇ?
私は忍がラストには会社でもっさりの擬態をするのをスッパリ辞めるっていうオチを期待してたんです。
互いの在り方を認め合える様になったのはいいんだけども。ねぇ?なんかぁ。

忍の行きつけのバーのスタッフ、ツインズがきゃわいい。毎度キャラ立ちしたコスプレが楽しい。フツーに初登場のバニーも可愛いけど、ヤクザスーツやヤンキー風、ホームズ風とか、楽しかった。アザと可愛いメイド服バージョンも見たかったなぁ。

修正は、見えなくってもめちゃくちゃエッチなんだけど、丸るっと白抜き。
その形に忠実に白く抜いてるのに、そこから白く垂れた汁は⁈ いいの⁈っていうエロさ。

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う