初恋に堕ちる

hatsukoi ni ochiru

初恋に堕ちる
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神3
  • 萌×23
  • 萌3
  • 中立3
  • しゅみじゃない1

296

レビュー数
6
得点
39
評価数
13
平均
3.3 / 5
神率
23.1%
著者
高遠琉加 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
北沢きょう 
媒体
小説
出版社
心交社
レーベル
ショコラ文庫
発売日
価格
¥690(税抜)  
ISBN
9784778129750

あらすじ

美容師の周は出張カットで訪れた病院で高校の先輩、侑一に10年ぶりに再会する。侑一が周を振ったのも趣味で撮り続ける映像も、すべては長期入院中の恋人・紗知のためだった。華やかな外見ではなく、いつも内面を見てくれる侑一に再び想いを募らせていく周。だが紗知への献身的な姿に耐えられず、距離を置こうとしていた矢先「紗知の恋人になってほしい」と理解できないお願いをされ――。

表題作初恋に堕ちる

密崎周,27歳,ヘアサロンオーナーで美容師
橘侑一,28歳,高校の先輩

その他の収録作品

  • あとがき

レビュー投稿数6

逃げられない、堕ちる恋

最初にお断りをしておきますが、この物語の感想を書くために私は『盛大なネタバレ』をいたします。お許しください。

私は高遠琉加さんの大ファンです。そもそも美しい文体が大好きで。特に『登場人物の心の内を風景描写にのせて書く』部分はゾクゾクするほど好きです。
最近は作品発表が減っているので、この本も心待ちにしていました。

だけど、最初の5行を読んで実に嫌な予感が……
「心をくれないから体だけでも手に入れて、初恋を汚して捨てる」
こんなことが書いてある。
続いて主人公の周が病院の入院患者への出張ヘアカットを行う場面が出て来ます。
彼は常連のお得意様のために病院へやって来たのですけれど、頼まれて他の入院患者さんのカットもやってあげています。長期入院しているらしき女の子の髪をカットし、ちょっぴりメイクもしてあげると、彼女の目に生き生きとした喜びの光が灯ります。その後登場した彼女の恋人らしき男性は、周が高校時代に告白してふられてしまった唯一の人『侑一先輩』でした……

たった30ページなんですが、ここまで読んで「あたしこれ、駄目かもしれない」と思いました。
だって『女の子→周→侑一→女の子(に戻る)』という双方向の矢印がひとつも存在しない三角関係の話だと推測できるんですもん!
そしてこの矢印関係でBLを書くとなると女の子は死んでしまうはず。
「えー、それは嫌だなぁ」と思ったんです。
「誰かの恋を成就させるためにそれ以外の人を死なせてしまうお話は嫌だな」と。

で、物語の骨格はまさしく私が最初の数十ページで予測した通りだったんです。
だけど、嫌な話ではありませんでした。
むしろ凄いと思った。
確かに、恋というものの本質はこういうものなのかもしれない。
理性によって制御出来ないもの。
何の咎もないのに、ある日、予告もなく堕ちてしまうもの。
『祝福』よりは『呪い』に近いもの。
驚き、慄き、抗い、振り回され、自らの弱さを見つめ続けさせられるもの。

だけど、と言うよりは『だからこそ』恋をした人たちは何かを得るのだと思うのです。228pの終わり付近で周が侑一に「みっともないくらい自分を欲して欲しい」と思う部分や、242pで紗知が周に「恋が出来て良かった」と告白するシーンは、本当に胸に迫ったのです。

『逃げられない恋』について書く高遠さんはピカ一です。
そこに運命なんて存在していなくとも、日常の地続きの中で、恋の残酷さを私たちに観させてくれます。

でもこれは悲しい話ではないと思うんですね。
って言うか、哀しみと喜びは分離したものではない。裏表でもない。
地続きのものだと思えたのです。綾織になっているものだと思えたのです。
そしてその綾織は、高遠さんが紡ぐ文章同様に、たとえ様もなく美しく感じられました。

3

本当の愛なんて

久しぶりに作家様のBLワールドを堪能させていただきました。甘いだけじゃないメイン二人の恋愛には、切なさプラス後引く苦味が。しっかりとラブを味わわせてくれる期待は裏切られませんでしたが、カバーイラストには予想を裏切られるかもしれません…。今回も作者のテイストを存分に感じられるシリアスめのストーリーでした。


再会もの。
高校時代、一学年先輩で映像部に所属していた橘に告白して、ふられてしまった密崎。

高校を卒業してから10年後、モデルをしている姉の影響で美容師となった密崎が、とある病院へ出張カットに赴いた時のこと。紗知という若い女性を担当した後で、彼女の様子を見にきた恋人の橘と偶然再会する。

後日、独立してサロンを経営している密崎の店に橘が訪れ、入院生活が長い紗知のために似合う服を見立てて欲しいと依頼を受ける。10年前の自分の無様な告白がまるでなかったかのように…。

橘が来店したタイミングは、ちょうど密崎が有名人メイクアップアーティストのマキさんを接客していたところ。過去のわだかまりから速攻で断ろうとしていた密崎だったけれど、二人の様子に興味津々なマキさんの提案で、橘からの依頼をしぶしぶ承諾することに。しかもマキさん本人まで紗知の服選びに同行してくれるという。橘への思いは断ち切ったはずの密崎だったが…。


このマキさんがものすごくポジティブで明るくていい人なんです。もし彼が好奇心を発揮しなければ、あんなに悲しい結末を迎えることはなかったかもしれないと思うのですが、そうでなければ物語は生まれないんですよね…。

二人がどんなふうに出会い、どんな時間を共有していたかを描いた高校時代のエピソードは、ノスタルジーに溢れていて甘酸っぱい。夏休み、海でおこなわれた映画撮影のシーンが、それこそ映画のワンシーンのようで、とても印象的でした。

橘が高校最終学年の夏休みに部活動で映画を撮ることになり、密崎をメインキャストにスカウトするんです。カメラマンの橘が純粋に密崎の姿を追い、撮影したものを楽しそうに見返して、無邪気に確認作業するシーンが繰り返されるんですが、後々その背後に隠れている橘の無自覚な思いを知ると、恋心ってなんて曖昧で儚くてうつろいやすい感情なんだろうと。

カメラレンズ越しの告白シーンがとっても切なくて、二回目はもう、じぃ~んときてしまいました。作者の『溺れる戀』で感じたことがあるんですが、誰かをずっと見ていたいという無意識の欲求って、すでに恋の始まりなんでしょうね。

好きな人に頼まれたら拒めない密崎も、無茶な交換条件を吞んだ橘も優しすぎたのかもしれません。でも二人は体を重ねた時点で互いを思い合っていたはず。紗知が自分の余命を含め、全てを察していたことがわかるシーンは、読んでいてつらくなりました。

女性を挟んで受け攻めが互いの恋愛感情を知るのって、昔はよくありがちだったパターンだけど、本作はもどかしさと後悔と悲しみに満ちていて、最近のBLとして後味はよくない方かもしれません。でも恋ってほんと、綺麗事じゃないんだよなと思い出させてくれました。

最後、橘が密崎を訪れるシーンがすごく好きです。二人で過去を引き受けようと選んだ決意の表れであり、自分たちの選択から逃げない強さを感じて。

あとがきによると、某アーティストの曲からこのお話を着想されたそうです。個人的に好きなアーティストの一人で、この曲で腐妄想したことがあり…(なんとなく嬉しいような、後ろめたいようなフクザツな心境笑)好きな作家様にBL作品にしてもらうとこんな感じなのか〜と目から鱗でした。多分歌詞を読んだら、さらに物語のイメージが補完されるかと思いますので、気になったらぜひ。声も歌い方も色気があって大人な恋の雰囲気です。

歌詞はどちらの心情かな?とイメージするのも楽しいですよね。わたしは橘の方が強そうだと感じましたが、きっと二人の気持ちなのかも。よく腐妄想していた同じアーティストの「夕凪の街」もイメージがピッタリで、そちらは読後、密崎の心情を投影して聴きながら余韻に浸っていました。

北沢きょう先生の最初のイラストに?となった気持ちは、わたしと同じ思い込みで読み始めた方には共感していただけるかと思います笑。それはさておき、お顔はかわいらしいのに脱いだらちゃんと男なところがめっちゃ好きです。

3

複雑なトライアングル

この話は女子が出てきます。一見、受け→女子→攻め→受けのBLトライアングルのように見えて、結局は攻めと受けは両思いで女子だけ攻めに片思いしていたような展開。女の子が病弱だったため彼女にとって残酷で受けと攻めにとっても後味の悪い事になってしまいました。最初は青春っぽく爽やかですが、徐々にドロドロしてきます。

誰が悪いかと言えばやはり受けが悪い。高校の時に自分に告白してきた攻めに向かって(その時は気持ちに応えられず逃げてしまった)病弱な幼馴染みの彼女と付き合ってほしいと頼む。年下だけど1人で美容院を切り盛りする真面目な攻めに。後で自分でも言っていますが、攻めもその彼女の気持ちも弄ぶようなとても傲慢で失礼な事です。攻めも惚れた弱みで受けの体をくれるなら言うことをきいてもいいと取引し…後戻りできなくなってきてしまいます。

結果的に彼女の気持ちをダシにして攻めと受けが心と体の距離を縮めていき、彼女もうっすらそれに感づいていたのが切なかったです。彼女に本当は受けを愛している事を指摘され、それからまもなく彼女が亡くなると攻めも罪悪感から精神を壊してしまう。1番年上の受けが大事な2人を自分の浅はかさで傷つけてしまうのです。

でも恋は惚れてしまった方が負けなので、悪気なく残酷な事をしてしまうような受けを好きになったのは攻めの方。高校時代の映像部の思い出や天国の梯子のシーンが美しかったので、少しドロドロしててもBLとして私は楽しめました。受けと攻めの2度の再会シーンも映画のようで素敵でした。

1

とらわれる

北沢きょう先生挿絵なのでマストバイ。堕ちるというか、囚われて身動き取れなかった方のお話ような印象でした。沁みるし泣いたのですが、人に薦めたいかというと、うーん・・という心地なので萌にしました。せつなすぎてダメなのかも。本編260Pほど+あとがき。

一人で美容院をやっている周(あまね)。上得意のお客様に頼まれて、休日返上で病院へ出張カットに来て、可愛い女の子の髪をカットしていたら、その子の彼氏と言われる男性がやってきます。それは周が高校時代に好きだった一つ上の先輩で・・と続きます。

攻め受け以外の登場人物は
紗知(さち、受けの幼馴染)、マキさん(メイクアップアーティスト、♂)、高校時代の映像部仲間少々、さっちゃんのお母さんぐらいかな。誰も悪くない。

++攻め受けについて

攻めさんは超イケメン。ただ人間が出来ている訳ではなく、かといってめっちゃ腹黒なわけでもなく、美容師という職業柄、笑顔は標準装備ですが、ごく普通に悩むんですよね、自分の恋心に。再会してしまった後、一生懸命、受けのことを忘れようとして、上手くいかなくて苛立ったりもして。イケメンでスパダリにもなれるのに、受けに対してはスパダリになれないで、足掻いている印象です。

受けの気持ちは良く見えなかったです。普通の方だと思うのですが、あまりに綺麗な攻めをずっと見ていたかったというのが恋心だったのでしょうか。幼い頃から守らなきゃと思っていたさっちゃんがいたから、自分の気持ちに全く気付かなかったのでしょうか。受けの気持ちにシンクロするのは、最後の最後になってようやくでした。

2人して良かれと思ってしたことが、本当に良かったんだと思いたいのですが、本当のところは永遠にさっちゃんの心の中にしまわれたまま。ただそれをちゃんと受けとめて、二人が前を向いて歩きだそうとしたので、救われた心地で終わる事ができました。よかった。

基本「せつない」一択です。せつなさ大好物の方でしたら、良いのかもと思うお話でした。

2

読者を選ぶと思います

人気作家さんですが、初読みになります。
初恋再会ものだと言う所に惹かれて、購入しました。

えーと、こちら、珍しい攻め視点になるんですよね。
で、高校時代に好きだった先輩に再会すると言う、展開だけ見ると甘くてほろ苦そうなお話。
が、読んでみての実際の印象ですが、どシリアスで痛くてかなり重いんですよね。
ストーリーとしても読み応えがあるし、しっかり掘り下げられた主人公の心情描写も素晴らしいです。
ただ、読者は確実に選ぶと思う。
あと、受けは無神経だと思う。

こう、生身の人間ドラマを読みたいって方には向いてるだろうと思うし、逆にBLでそういう生々しいものは読みたく無いって方には不向きな作品じゃないかなぁと思うんですけど。
えーと、私の場合は、個人的地雷にぶち当たってかなりのダメージを受けたので、しんどくてもう読み返せないです。
いやなぁ、余韻の残るすごく優しくて素敵なお話でもあるんですけど。
完全に、私が手を出しちゃいけない作品だった。
読後感がしんどい。
ただただしんどい。

とりあえず、地雷の方に避けて欲しいのでレビューします。
あと、深みのあるしっかりとした物語を求める方には、とてもオススメだと思います。

で、内容ですが、初恋再会もの。
美容師の主人公が出張カットに訪れた病院で、高校時代の先輩・侑一と再会した事からお話はスタート。
実は主人公ですが、過去に侑一に告白して振られてるんですよね。
また、現在の侑一ですが、長期入院中の特別な女の子・紗知が居て、彼女に献身的に寄り添っている。
ここから、再会した二人は紗知も交えて交流を持つようになりますが、まだ侑一への想いが捨てきれない周(主人公)は、彼と距離を置こうとする。
そんな矢先、侑一から「紗知の恋人になって欲しい」と頼まれー・・・と言うものです。

これ、今一理解出来なかったのが、侑一と言うキャラなんですよね。
彼は遠縁である紗知に対して、恋心であり、責任感であり、同情心でありと言った、とても複雑な感情を持っているように思える。
で、紗知が周に恋してるんだと気付くと、彼女の為に恋人になってやって欲しいと周に頼みに行く。

この紗知なんですけど、幼い頃から病弱で、まともに生活するのも難しい。
ずっと病室で過ごしてきた彼女に、せめて恋を知って欲しいって事だとは理解出来るし、彼女に対する複雑すぎる感情がしっかり描写されてる為、そういう行動に出てしまったのも納得が行く。
ただ納得は行くけど、共感出来るかと言うとそれは全くの別問題でして。
自分が振った相手に、自分の好きな人と付き合って欲しいって、ずいぶん勝手だし無神経でもあるよなぁと。

あと、この作品で一番気の毒だと思うのが、主人公の周。
侑一への想いを諦めきれない彼は、紗知と付き合う代わりに、侑一の身体を求めます。
周ですが、特別善人でも無ければ、悪人でも無いんですよ。
だから欲望に勝てず侑一を抱くものの、その事で苦しむ。
この主人公の心情が、生々しいと表現したくなるリアルさで描写されてるんですよね。
読み応えはとてもあるけど、読んでて鬱になる感じで。

で、そんな三人が行き着く先は・・・。
と言った所になるんですけど。

いや、う~ん。
決して美しいだけのお話では無いけど、とにかく読み応えがあるし心も動かされる。
読み終えたはしから内容を忘れちゃう作品もありますが、こちらは何年経ってもふと思い出す作品だとも思います。

ただちょっと好みの問題で、私にはキツイかなぁと。
ちなみに地雷ですが。
この後に書くので、ネタバレ嫌な方は避けて下さい。





こちら、死ネタなんですよね。
紗知ですが、亡くなります。
私はこれが地雷で、主要人物が亡くなるとめちゃくちゃダメージを食らう。
また、彼女が亡くなった後、周と侑一が結ばれるのもなんだか辛い。
と言うか、やりきれないほど悲しい。
三人が三人とも苦しむんですよね。
救いとなるラストで良かったんでしょうけど、これでめでたしめでたしって言うのにも、なんか違和感があって。
難しいですよね。

7

BL?

何とも評価に困る作品に出会ってしまいました。珍しい攻め視点だったし、途中感動もしました。評価が低いのはやはり読み手を選ぶ作品だからだと思いました。

敢えて指摘するならばバランスが悪かったと思います。最後の最後で受けの侑一視点にしてしまったのはどうしてなのでしょうか?あれほど何を考えているのか分からなかった侑一だったのに、いきなり2年後に周に気持ちを伝えに行かれてもね…。

このお話は独りよがりで傲慢な思考の侑一によって振り回された、周と侑一の幼馴染みの沙知が被害者だと思いました。

私はお話の中に女性が出て来るお話は大嫌いです。今回も何度も周が「大切な女の子」って表現を使う度に何を読まされているのだろうと腹が立ちました。侑一に頼まれて恋人の振りをするのですが、沙知に普通に恋をさせてあげたいなら恋人になる必要ありませんよね?
最初に周が言った通りに友達としてお見舞いに行く交流くらいなら沙知も周もあんなに傷付く事は無かったんです。
沙知は亡くなる前に周に傷痕を遺す事も無かったし、周も笑えなくなって仕事を辞める事も無かったし店を閉める事も無かったはず…。

そして沙知も言ってました責任感でずっと側にいる侑一が負担だったと、沙知も覚えていないくらい昔の事で責任を感じて守らなきゃって、お互いに恋愛感情も無い親戚なんて気持ち悪いと思うんですが。

最後の侑一からの告白もいかにもずっと好きで病院で再会した時は嬉しかったような事を言っていましたが、では卒業式に周を振ったのはどうしてだったのでしょうか?その頃は沙知と疎遠になってた時期で卒業後に女性と付き合ってますよね?

沙知とのお話がほとんどで比重のバランスがとてもおかしいです。彼女のお話は必要だったと思いますが、周が消えた期間の侑一の心情とか書いてあればまた違ったんだと思います。
それから周が唯一付き合った年上の侑一に似た男の人の話も詳しく書いて欲しかったです。彼が変わってしまったのは自分のせいくらいしか書いて無かったです。

BLで女性の登場はやはり比重を考えるべきだと思いました。

個人的には要らないです。

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う