青水無月

青水無月
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神9
  • 萌×28
  • 萌12
  • 中立7
  • しゅみじゃない5

--

レビュー数
16
得点
120
評価数
41
平均
3.2 / 5
神率
22%
著者
水原とほる 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
稲荷家房之介 
媒体
小説
出版社
海王社
レーベル
ガッシュ文庫
発売日
価格
¥562(税抜)  
ISBN
9784877245344

あらすじ

「兄さんが、欲しくてたまらない」両親の離婚で離れ離れになった弟・達也と十年ぶりに再会した陸実。医療機器メーカー勤務の陸実は、父親が死に、身寄りをなくした学生の達也と同居することになった。陸実は兄弟の失った時間を取り戻そうとするが、その晩突然達也に荒々しく身体を開かれてしまう。それ以来夜ごと一方的に陸実を犯しながらも、翌朝は別人のように優しく接してくる達也。陸実は達也のその不安定さを放っておけなくなり…。

表題作青水無月

桐野達也・大学生・18歳
高橋陸実・達也の兄で会社員

その他の収録作品

  • 半夏生
  • あとがき

レビュー投稿数16

どう考えても業が深い

2006年刊、電子書籍にて購入。
本文の挿絵は付いているが、あとがきと巻末のレーターさんのおまけイラストは省略されている。
水原さんの初期作品はどれを取ってもDV描写を避ける事が出来ないのだが、この一冊も結構キツい部類だと思う。

話の展開については先に挙がっているレビューの通りで、兄・睦実は実弟・達也のDVにレイプ、更には一度逃げた報復に彼の友人達に輪姦された末に心が壊れてしまう。
そんな有り様になってしまった睦実は達也の事を運命の相手と思い込んでいる節があるが、当の達也はどうなのだろうね?
愛情よりも、一度自身を捨てた相手が掌中にある事で"生涯支配したい存在"といった認識のほうが大きい気がするのだが。
達也に関しては、幼い頃から不遇というインパクトが強いせいか、どうも潜在的にヤンデレ気質を持っていたのかどうか判断し辛い。

まぁ、どう考えても業が深すぎるな。

どのみち救いが無いのならば、いっその事達也と母親を引き合わせて、憎悪の感情をぶつけてみたらどうよ?
…なんて恐ろしい考えがよぎってしまった。
間違いなく修羅場になるし、更には事件にまで発展しそうな恐怖も大きいが。

そもそも二人がこうなってしまったのも母親が元凶、としか思えないんだよね。
元はといえば離婚時に息子を二人共引き取れば、達也は父親の暴力に晒されずに済んだ訳だし、父親が亡くなったら未成年である達也を引き取るのは本来は母親の責任だ。
実の子同士、しかも兄弟がって結果を目の当たりにするのは残酷すぎるが、己の再婚生活、充実した仕事で得た幸せの影に隠れてしまい、犠牲を被ったものの現状を少しは顧みる必要もあるのでは?、と思ってしまう。

うーん、どういう視点で考えてもやっぱ救いが無いな。

あいにく自分は作者あとがきが読めていないのだが、"二人さえ良ければそれでいい"っていう行く末は実親との縁まで全て断ち切った果てにあるのではないか、と思うのだ。

0

兄の変化を楽しめなかった

ガチの兄弟もの。
ハード好きとしてはそこまで痛い痛い、やめてくれーな内容ではなかったですが、兄が変わってしまうまでの抵抗にはニヤニヤできました。

両親の離婚で離れ離れになった兄弟が再会し、不健全な禁断関係へと突き進んでいくお話。
暴力をふるう父親側に引き取られた弟はその過去から、本人もDV男になっています。
挿絵がとても忠実で、傷跡や噛み跡をしっかり描いてくれているので、痛々しさに萌えました。

片親育ちが歪みを与えたのは弟だけでなく、母側に引き取られた兄もたくましく有無を言わせないような父親像を弟と重ね征服されることに、負ではない感情をもったりする。
この作品は兄の気持ちに感情移入できないと、楽しみにくいかもしれない。

私は弟の全てを受け入れることを決めてからの兄の変化は好きじゃなかったです。
禁断の関係に心を痛める時期は過ぎ去り、性行為にも乗り気なように見えるは、今となっては逆に弟に手を離されるもしもの未来に怯えている。
弟を救うため、もしくは同じ場所に堕ちるための自己犠牲ともとれる変化なら良かったのですが、性に目覚め淫乱化したんか?と思ってしまったことが残念です。

自分に好意をもつ親友が自分を救うため、兄弟の異常な関係を壊そうとした時、僕にはこれしかないから…と自分の体を差し出し誘う兄の姿には心が冷えました。
元からそういう人間ではなかったはずなのに、友の純粋な気持ちを自分の肉体で埋めようとしだしたことはちょっと…。
ここを親友が拒否してくれればスッキリしたのに、普通に手を出し「(こんなことになった相手が)君で良かった…」的兄の発言には真顔になっていました(私が)

全体的に読みやすいのだけれど、感情の変化がどうにもしっくりこない。
というかそんなかんじだっけ、と何度か思いました。
多分兄の頭の中で何かと整理をつけた文が多く、読んでる側からしたら流れていってしまった気がします。

普段は兄さん呼びなのに、その時々で呼び方を変える弟は好きでした。
特に機嫌悪くなった時のアンタ呼び。

1

DVか、究極の兄弟愛か……いやいや、これって愛なのか?

電子書籍版を購入。
表題作の「青水無月」とその後(半年後?)を描いた「半夏生」が収録されています。
あとがき無し、挿し絵は有りです。

久しぶりに、ここまで突き抜けたものを読みました。
いやー、すごかった。

DVの渦中にいる人の心理ってこんな感じなのでしょうね。
違和感なく、まるで自分が体験するかのようにするすると入ってきます。
苦しい。

激しい執着と依存。
でも、これって愛なのかな……
うん、これも愛の1つではあるんでしょうね。

読む人を選ぶ作品です。
おそらく、読後しばらく放心します。
読むのに覚悟が必要かも。

2

壊れていくとはこういう事か・・・

無理やりの近親相姦から始まる関係・・・。

DVが多々あり、輪姦あり、ピアスあり・・・ガチ兄弟だからこそのこれが二人で壊れて落ちていくということなんですね!!

頬を打たれたり、踏みつけられたり、達也の友人たちにレイプされたり、ゴルフボール入れられたり、もう睦実が可哀相でした。DV怖い・・・(;;)

それでも二人だけの『兄弟』だからこその睦実の達也を思う気持ち。歪んでるけど兄弟じゃなかったら成り立たなかったんですよね。

純粋でラブラブが好きな方は読まない方がいいと思います。
あと暴力表現が苦手な方も絶対!!
兄弟ものが大丈夫で、痛い作品が大丈夫な方はぜひ読んでみてください。

2

ガチ兄弟

ものすごく イタイ作品。
親近相姦。
弟×兄。
レイプ・輪姦・DV・ち●こピアス
なんでもこーーーい!!なんでもこーーーい!!
読んでいて精神的に麻痺してきます。
オカシクナッテイルハズ。
多少イタイ場面があっても慣れていく自分が 一番怖いです。
心臓に毛が モジャモジャと生えている事だろう。
ブラコンの弟が兄を好きすぎて 違う世界にイッチャッテいる話。
かわいいお兄ちゃんはとばっちりですよ。
ホラー映画を一本観た感じ。




3

兄弟モノだけれど

弟攻が下克上っぽくていい!と思ったのも束の間。同情を誘い込む物語の切り出しに、予想道理のDV。病的な根底があるとどうしても「かわいそうな人」という日本人独特の偽善心が心の奥底でもたげてしまって、萌えに集中しきれませんでした。。ごめんなさい。どうしても、主人公の想いが分かってしまうだけに、同情の念しか生み出されず、不完全燃焼の読了でした。
シチュエーションも、アレな乱交も、嘔吐もあったし、どれもよかっただけに、自分には勿体ない作品でした。ああ、ごめんなさい。
イラストががっちり体型になまめかしい表情が扇情的でステキでした。

2

禁忌である程萌えます!

帯『禁じられた兄弟愛』(←キャンペーン中の帯だったのでコピーは小さくこれだけでした…他バージョンもあるのかなー)

近親物、中でも兄弟物は大好物であります、更に出来れば義理でなくてガチ兄弟だと更に萌えるのであります。
禁忌ですよ!禁忌!!その禁忌度が上がれば上がる程萌えメーターがグングン上がるのです。
甘い話も好きですが、痛いのも暴力も陵辱も(あくまで創作物を読むという範囲で)大好物です。

親の離婚で母似の陸実[受]は母親に連れられ、父親似の弟の達也[攻]は父の元へと残されるのですが離れていた10年間、比較的恵まれて平穏に育った陸実に対して達也はアル中の父に邪険にされ暴力を受けて育ちます。
父の死によって、達也は陸実のマンションで同居する訳ですが母似で線の細い兄に対して、弟は体格が立派で更に暴力の負の連鎖で女性不信のDV男となってしまっているんですね。
素直で優しい弟の顔と、独占欲と暴力で兄を強姦する顔と2つの性格が入り交じり豹変し、達也は一度は親友高瀬の元へと避難するのですが結局、達也を見捨てられずマンションへと戻ってしまいます。
そして怒った達也によって、彼の友人達に陵辱されまくります。
限界以上に追いつめられた陸実が救いを求めたのは目の前にいる達也1人だけ。
そこから真の意味での彼等の禁忌の関係が始まるのです。

「半夏生」はその約1年後で2人は安定した互いの依存状態での恋愛にどっぷりつかっていてまさに禁忌に溺れている閉塞感がたまりません。
彼等兄弟の関係を知った高瀬が、長年秘めていた陸実への想いを打ち明けるも、もはや彼等の間を誰も邪魔する事は出来ないのですねー。
達也の愛情はやはり歪んでいて暴力となって陸実を襲うのですがそれさえも受け止める存在の兄も歪んでいます。

稲荷家さんの挿絵は漫画的コマ割り部分を取り入れてあったりとなかなか面白いです。
あとこの方の描くパーツが好みなんですよー、特に達也の手は良かったー。
陸実の怯える表情も緊迫感があっていいです。表紙絵の青色系の使い方も奇麗。
あとがきにあるかわゆくデフォルメされた2人のイラストは痛い話だっただけに猛烈に和みました~。

近親物は禁忌であればある程萌える自分にとっては面白かったです。
読む人を選ぶとは思いますが、たまらん人にはたまらんと思うですよ。

5

DV怖い

この話はフィクションですが、
「ドメスティックバイオレンス怖いなー」と思いながら読みました。

弟は学生のくせにやたら偉そうだし、
お兄ちゃんはやたらうじうじしていると感じましたが、
兄弟モノや痛い話は、比較的好きなので、楽しめました。

最期は「二人で堕ちました」的結末で、
なんだかんだいって二人とも楽しそうでよかったです。

2

この壊れ方半端ない、容赦ない!

禁忌モノは異常な執着と依存によって成り立つのですが、変なところで”さすが、水原!”っていうくらいに尋常じゃありません。
多分、この兄弟に共感とか同情とか持てる人はあまりいないかと思います。
しかしながら、昼帯のドロドロ愛憎ドラマの如くの展開が、自分の嗜虐性を呼び起こしてしまったりもして、そんな萌えがあるのですよ。

両親の離婚によって無理矢理引き裂かれた兄弟が再会したとき、母に引き取られた兄は、弟への謝罪を感じており、弟は捨てられた憎しみを抱いていて・・・もうこれだけで、先の転落が目に見えているようですが・・・
いきなり兄を犯し暴力をふるう弟はただ憎しみの塊のようなのですが、日中は優しく謙虚な姿でいるから兄が余計に申し訳なく思ってしまうのですよ。
こうなったらDVはとどまることを知りません。
兄はDVを受けても仕方がない、捨てたんだからと罪の意識から受け入れていってしまうのですから。
弟は、母への憎しみも合わせて兄にぶつけているようです。
そしてそれはまた、もう捨てるな、オレを愛せ。といったメッセージになっているのです。
かといって、その表現がDVなのは、また捨てられることへの恐怖なのであり、この連鎖はメビウスの輪のように終わることがないのでしょう。

兄の親友なる人物が登場し、救いを差し伸べるのですが、もう刷り込み&依存が成立した兄には、弟の暴力的な姿さえ、愛しい・悲しい・愛を乞う姿に見えて、自分しかいないという結論に。
キレた弟に仲間を呼ばれて輪姦されて、はいつくばって服従を占めす兄の姿はもはや奴隷でした。
局部へのピアッシングは、かなり痛い場面ですが、いずれ幸せの愛の証になるのでしょう。

ここまでメタっクソに堕ちた兄弟、いっそすがすがしいものさえ感じるのでした。
稲荷屋さんお得意の「狂犬弟攻」がぴったりで絵師さんの選択もナイスな作品です。

5

いてててててっ ><。

最初っから最後まで 文章の8割方痛いです
レイプシーンが3回 ち○こ踏み踏み ち○こにピアス 平手打ちは数知れず
あまりの痛さに 読んでいて肩に力が入ってしまっていたようで 肩こりがぁ orz

BLに限って言えば 兄弟モノに対する嫌悪感ってのは不思議なほど感じないので どっちかっていうとDVの方が印象深かったです
親友面していた高瀬くんがいつ狼になるんだろうとワクテカしていたら
表題作の方でお泊りしたときは無事だったので ちょっと拍子抜け
続編『半夏生』で「そうきたかー!!」って感じでした 作者の焦らしプレイ?w

稲荷家さんのイラスト エロくて素敵 (*´д`*)ハァハァ
兄弟の小さいときとケモミミ兄弟がお気に入り ←外道

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う