おいしい恋、しませんか?

oishii koi shimasenka

おいしい恋、しませんか?
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌4
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
12
評価数
4
平均
3 / 5
神率
0%
著者
桜部さく 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
一夜人見 
媒体
小説
出版社
くるみ舎
レーベル
スピカ文庫
電子発売日
価格
ISBN

あらすじ

失業を機に、姉の経営する家庭的な小料理屋「まちや」を手伝うようになった夏樹。自由奔放な姉が海外に旅立ち、店に顔を出すどころか帰国すらしないまま一年が経つ。見るからにエリートといった雰囲気を漂わせる男・時任という常連客もでき、店長代理としてなんとか店を切り盛りしている。そんなある日、夏樹は時任が見るからにヤクザと言った雰囲気の男たちに絡まれているところに遭遇してしまい……。

表題作おいしい恋、しませんか?

時任剛,エリートといった風情の常連客
山田夏樹,26歳,小料理屋「まちや」の店長代理

レビュー投稿数1

惜しい

夏樹の性格の良さや一生懸命さは読んでいてすごくよく解るんですよ。
あと、無責任な(事情はよく解らないのですが夏樹はそう感じている)姉が放置して行った料理屋をつぶさないように必死で運営していったら、いつの間にかその料理屋での仕事が彼自身を支えるものになっていたとか、その辺はエピソードの積み重ねから解るようになっていてお上手だと思ったんです。

ちょっと消化不良なのは時任とのLOVEで。
ごめんなさい。そもそも時任って素敵な男性なんですかね?
一人で来て『店のメニュー全部注文』って……
個人的にはちょっとタイプじゃないんだよなぁ。

あと時任がいつどんな風に恋に落ちたのか、どんな風な関係を夏樹と築きたいのかが解らないんです。夏樹はノンケなのに告白から濡れ場までも唐突。
それに引きずられた感じで夏樹が告白を受諾するまでも、なんか不自然。
だって「恋愛として好き」と言われたら、まず一番最初に考えるのは「この人とキスやエッチが出来るか?」なんじゃないかと思うんですね(私は性志向が同じ相手との恋愛もそうだと思うんですよ。好きは好きだけどやる気にならない相手とは恋愛できないでしょ?)。
『それがよく解らないから確かめる』というのはBLによくあるのですけれど、どこかこの作品では『2人がくっつくことが必然としてあるからそう夏樹が思った』っていう感じに見えちゃったんですよねぇ。

『まちや』の雰囲気や料理、そこで働く人やお客さん達の描写はすごく好きです。
小料理屋さんの密な感じが素敵に書かれているんですよ。
ほら今、あれに飢えていますから、私。
夏樹の店はとっても感じ良いですよ。行ってご飯食べたいくらいです。
LOVEの部分がどうも私には合わないのよねぇ……
でもその部分がないとBLじゃないしなぁ……

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う