ヒーリングパラドックス

healing paradox

ヒーリングパラドックス
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神67
  • 萌×231
  • 萌17
  • 中立1
  • しゅみじゃない2

3

レビュー数
15
得点
511
評価数
118
平均
4.4 / 5
神率
56.8%
著者
昼寝シアン 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
竹書房
レーベル
バンブーコミックス Qpaコレクション
発売日
電子発売日
ISBN
9784801972544

あらすじ

日々残業漬けで疲労困憊、限界社畜の広告マン・黒岩直斗は
同僚に勧められ、スゴ腕と絶賛される岸辺整骨ラボへ行くことに。

同い年だというモデル顔負けのイケメン院長・岸辺一舞の
人懐っこくて積極的すぎる性格に圧倒されるも、
施術を受けるとまさに異議なし天国!!

「とろっとろに…
気持ちよくして差し上げますんで」

ねちっこい手つきと的確な指圧に思わず声が漏れ、
心地よい手さばきに寝落ちてしまって気づけば翌朝…。

すっかり岸辺の施術の虜になってしまいラボへ通うようになるが、
施術はまるで前戯かのようにだんだんと過激になっていき
おかしいと感じつつも、じわじわと体の奥から
作り変えられる感覚に抗えなくなっていく――。

しかし、幼少期に野球で右肩を痛めている黒岩は、
岸辺がそこを避け施術していることに気が付いて――…?


人懐っこい溺愛執着整体師×限界社畜のズタボロ広告マン
巧みな話術と施術でカラダの奥まで解される、
陥落トラップラブ!

表題作ヒーリングパラドックス

岸辺一舞,28歳,整骨院院長
黒岩直斗,28歳,社畜リーマン

その他の収録作品

  • テイスティングパラドックス(描き下ろし)
  • あとがき

レビュー投稿数15

20年越しの♡♡♡

控えめに言って神!萌が詰め込まれている!

ナオトの男らしくもチョロ可愛くて、アルコール入るとへにゃっとなっちゃうギャップも最高ですが、それ以上にカズマの対ナオトor対その他の違いがすごい!ナオトに会うと大型犬がしっぽブンブン丸になっている感、からの、一人でカズマのことを考えているときと、エッチのときはめちゃくちゃにエロい、、!天国はここか…

幼い頃の想いをずっと大切にしてきて夢を叶えている、というところも、夢破れたナオトに「それでもトクベツ」と伝えるところも、どちらも本当に素敵で、ストーリーラインも好きなのですが、何よりエッロいセックスが忘れられない!!!!頭にこびりつく!!!!

あんなに可愛かったカズマくんがこんな大人に成長したと思うと、、そしてこの20年間の彼の妄想を思うといくらでも白米食べられますね(表現が古い

続きが欲しくて、震える

0

攻めの表情がいい……!

致してるシーンのアングルと体位が特に最高……!
マッサージシーンは思ったより少なくて、少し物足りなく感じるところも。
207ページあたりの、騎乗位の『で…ん』の一コマはめちゃくちゃ笑いました。
展開が早かったのと、ストーリーのツッコミ所が結構あったので、そこに気が散ってしまって萌えが半減してしまった印象です。
受けのコンプレックを、もう少し丁寧に見てみたいなと感じました。
攻めが一途で可愛かったので、この先の二人も見てみたいです。

1

一途で策士な執着攻め好きです

ちるちるさんのレビューランキングに入ってて興味を持ったのですが、初コミックスと知って驚きました。

こういう執着攻め大好きです。虎視眈々と受けを絡めとりに来てますが、一途でとことん受けを溺愛してます。
それに、ここまで来るまでの努力が凄まじいです。たまに表情や思考が怖いのもゾクゾク来て好みでした。

初めは黒岩に岸辺が執着するのかが分からないまま進むのでとても不気味に思ってしまうのですが、過去が判明した途端に一気に印象が変わります。

そして、それまで忘れている黒岩を愚鈍で薄情だと思ってしまいました。

かなりエッチで色っぽい作品です。

ただ自分は色々な媒体でBLを大量に読んでいてガチガチに体が固まってるので、岸辺の接骨院にマッサージに行きたくなりました。

4

執着溺愛攻め最高です♡ʾʾ

自分の欲望我慢して、黒岩さんを追い詰めて行くところに岸辺さんの執念を感じました(笑)20年拗らせた想いを成就させる為に必死なところも(♡ˊ艸ˋ) そして、岸辺さんに流されてトロトロにされる黒岩さんも可愛いくて好きです!マッサージでも癒され…もう岸辺さんなしでは生きて行けなくされてしまいましたね。
本当にデビュー作とは思えない画力とストーリーの完成度で、一瞬でファンになりました!今後も追って行きたい作家さんの1人です!
同じ人が描いてると思えないくらい雰囲気違う感じの次作もとっても楽しみです♪

2

初コミックスだと思えない完成度が高い

現在BE-BOY GOLDで連載されている「放課後のエチュード」で昼寝シアン先生を知り、物語がすごく面白くて逞しい躰の描き方も好きなので、作者買いでこちらの作品を買いました。
まさか初コミックスとは知らなかったのでびっくりしました。
そして、思ったよりもずっとエッチでさらにびっくりしました。Qpaさんなのでエロ多めは予想しましたが、やっぱり躰の描き方が上手だからか、ものすごくエロく感じます。

カズマ(攻め)と直斗(受け)の出会いシーン、カズマの反応から彼は直斗のことを知っているだろうと予想できます。
はじめての施術で、すでにカズマが直斗の執着している描写があります。傍から見ると変態だ!と思われる行動だが、個人的にかなり好きです。
隠さない伏線というべきか、カズマはなにか「裏がある」という点を隠さない・隠そうとしないのがまたいいです。
執着攻めが大好きなのでよく読んでいますが、ある程度隠して最後に伏線を回収するパターンが多い気がします。
そういった意味で、一気に種明かしするときの爽快感が欠けるかもしれませんが、考えながら読まなくていいという"ストレス"の少ない作品ではあります。
カズマの直斗への気持ちや愛もや執着も、行き過ぎたものではなく、まっすぐでかなりピュアなものだと思います。
計画性があって、誘導して直斗が自ら落ちてくるのまで待つ忍耐力も素晴らしいです。

初コミックスだと思えない完成度が高く、今後も注目していきたいです
「放課後のエチュード」は5月発売されるみたいですが、楽しみにしてます

3

6話の、M字騎乗の直斗の玉を押し上げてる一舞の左手親指がツボ

しっかり計画を練って受(直斗)の前に現れる攻(一舞)という設定が個人的にとても好きなのですが、ヒーリングパラドックスは、"拗れない"という点がとても良かったです。
拗れる話も嫌いではありませんが、一舞の執着度だと、拗れる流れよりも計画通りに落とす流れ方がストーリーとしてとても綺麗だと思うので、拗れなかったところがすごく良かったです。

一舞の執着度を把握してからもう一度、1話から読み直すと、直斗との遭遇シーンの一舞の目元のコマや直斗が名乗ったシーンの笑顔などが、感慨深く感じます。よかったね、ちゃーんと直斗の意思で選ばれて。途中にものすっごい策があったけど。

岸辺先生(一舞)がカズマだと、どのようしてに分かるのだろうか…拗れるのかな…??と不安もありましたが、拗れません。それほどまでに、カズマは計画的です。(笑)
落とす行程まで完璧です(笑)
「~それとも なんか みちゃったのかな?」…言葉だけ聞くとホラーですが、…ねぇ(笑)

拗れないのは、快楽弱い生物な直斗が"真面目"だからということもあるとも思います。

一舞の執着の方に作品全体の印象がもっていかれそうですが、ヒーリングパラドックスをこれから読まれる方は、直斗の素敵さも忘れずに読み進めていってほしいです。

あと、序盤ですが、25分で天国見せてくる一舞のかわいい顔と天国見せられたトロットロの直斗のシーン(r .18ではない)が好きです。

胸のアレや穴が、ぷっくりとした描かれ方です。穴はローズっぽいです。一応、ご報告まで。

4

一言で言えば神

これがこの作者さんの初コミックとか信じられないクオリティ。一言でいえばやばかったし、凄かった。なんかすごくおなかいっぱいになりました。

本屋さんで見つけて買いましたが、クオリティの高さに絵の隅々まで魅入ってしまいました。
絵もうまいしストーリーも濃いし(主に執着が) あと何よりエロも内容も濃い。

こいつはやべぇw って本気で思わせる執着変態策士攻めが見れて満足しました。
あと受けが程よく流されやすくて見ていて癒されました。これはかわいい。こんなかわいかったら執着されるに決まってる!!
受けは180cmはある男前さんでしたが、まぁエロい。お胸が特に最高でした。


この作者さんは今後期待大ですね!

3

隅々まで…

イケメン柔道整復師の岸辺の整体マッサージで天国並みの極上体験をして身も心もとろとろにされちゃう社畜リーマンの黒岩。

癒されながら整体の範疇を超えちゃうめくるめくエロマッサージを楽しむ感じかな〜、なんて読み進めましたが、岸辺が想像とは違う性癖拗らせ腹黒執着策士攻めで、まあまあえげつない。

離れていってしまった黒岩を黒岩から自分を求めるようになるように身体から懐柔して心もじわじわと侵すように攻めていく。
長年の執着、重たい想い、大好物なのですが、
岸辺のそれは愛しい人に向けるものとはちょっと思えないくらいの感情で、純粋すぎたがために黒岩のことを癒して支えたいという気持ちがだいぶと拗れてしまっている感じでした。
そんな歪んだ岸辺の手によって黒岩の硬い身体が解されていき、時間をかけて焦らされて快楽に抗えなくなって性的に開かれて翻弄されて、心までその手中に落ちていく。
もう、どっぷりとずぶずぶでどちらも抜け出せないし離れられないだろうなあ…。

エッチシーンがこれまた濃密。
黒岩の身体を隅々まで知り尽くしている岸辺のねっとりとした愛撫からの独占欲と執着丸出しの抱き方が激しくてエロかったです。
電子(Renta)は白線斜線修正、おしりはフリーダムで作者様の丁寧な絵で描かれるエロみが損なわれずよかったです。

3

ほだされBLの至高♡

甘々整体BL♡
…だと思っていたので面食らいました。

甘〜いマスクの優しい(ちょっと妖しげ)整体師さんはトンデモ変態拗らせ男だったなんて…

受けに対して徐々に(途中からは遠慮なく)本性を出していく様を見るのがほんとに楽しかったです。
自身に陥落していく受けを見る、悦に浸ったワルイ顔すらもセクシー!

そしてなにより身体をトロッッットロにされる受けが可愛い。ジェットコースターの如く攻めの手中に堕ちている癖に認めたがらないそのプライドすらも愛おしい。
文字通り、身も心もほぐされほだされる一部始終に目が離せない〜〜〜!!!

2

落ちて堕とされて。流されて。散らされる。

用意周到、虎視眈々。

社蓄が過ぎて、身体が強張ってしまった黒岩は、同僚から勧められて整体院に行く。そこは、やたらキラキラとしたイケメンが施術してくれる危ない整体院だった⁈ なんてね。とにかくこの岸辺院長が危ない&怪し過ぎる‼︎ でもその技術だけは本物で、黒岩はトロットロに癒されて。徹夜続きも祟って熟睡してしまう。眠っている黒岩を前にして興奮してソロプレイをおっ始める岸辺院長。BLに登場するイケメンマッサージ店とは、危ないところ多過ぎてもはや笑ってしまいます。黒岩は、今は広告代理店で働いているけども。プロを目指していた野球少年。肩を痛めた為、断念したという、精神的負債がある。どうやらそれも知っている様子の岸辺院長は、一体何者か。という記憶を辿る、ちょっとだけミステリー。そうは言っても、会えば抗えず。エッチな事まで致してしまう黒岩は、そもそも岸辺院長の手の内に。文字通り、その手に堕ちている。乱されて気持ち良くて。
からかわれていると思いながらも、岸辺院長の事ばかり考えてしまっていて。そりゃそうなのだ、岸辺院長側からは20年もの積年の重い想いがあって。ここまで想い募らせたのだから。用意周到に。黒岩が自らその手に落ちて来るように。
この男の執念たるや。物凄いんですが、それをさらりと明るく。怖がらせない様に。いや、充分怖いけども。そこはイケメンの顔面力で。お虜仕掛け。
幼ない頃の約束を果たす為、黒岩の側で支える為。実は健気さんだったりもする、岸辺院長に、惚れないわけは無いのだ。

岸辺院長の渾身の昂りは、黒岩を貫く。修正も甘くて、トーンに白線シャーッ。これはエロい。エッチ過ぎる‼︎

3

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う