Dear+ 2021年2月号付録「十二支色恋草子~千鳥の曲~」【BLCD】

eto irokoizoushi

Dear+ 2021年2月号付録「十二支色恋草子~千鳥の曲~」
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
4
評価数
1
平均
4 / 5
神率
0%
媒体
CD
作品演出・監督
蜂谷幸
音楽
9per
脚本
佐々美沙
オリジナル媒体
コミック
CD発売会社
新書館〈CD〉
シリーズ
十二支色恋草子
収録時間
11 分
枚数
1 枚
ふろく
本品が付録
フリートーク
なし
発売日

あらすじ

Dear+2021年2月号付録
「四十八手アンソロジー宝物庫」に収録された読みきり「千鳥の曲」に、書き下ろしエピソードを追加したミニドラマ。

表題作 十二支色恋草子~千鳥の曲~

干伊 正隆 → 新垣樽助

古万乃 胡太朗 → 斉藤壮馬

その他キャラ
コマ[野上翔]/ 楠[神尾晋一郎]

レビュー投稿数1

イメージぴったり(*^^*)

原作は未読なのですが、1巻の第4話、ちょうど正月三が日の誰もついていない時に胡太朗を抱きたい、と正隆が宣言した後すぐ辺りのお話。

夜中にトイレに起きた胡太朗は、戻った時、間違って正隆のお布団に潜り込んじゃう。
颯介かと思って確認したら、胡太朗が自分の股間にいることに驚く正隆。
しかもそのままスリスリとか(///∇///)
動揺しまくりの正隆と、煽る楠。
妄想の中の胡太朗のお声がエロかったです。

正隆の我慢が振りきれそうなタイミングでコマが乱入。
「おしかったなー」と清々しいくらい他人事のように呟いて去っていく楠ってばヒドイ(^_^;)))


翌日、コマの引っ掻き傷の消毒をしようとする胡太朗のものなれなさがかわいかったです。

キスの吐息だけでエロさを堪能させて頂きましたσ(≧ω≦*)

ぎゃんぎゃん騒ぐコマと、いつでも平常心って雰囲気の楠。
2人のやり取りで昨夜の真実を知った胡太朗は正隆の突き飛ばして走り去るのですが。
恥ずかしがってる胡太朗がかわいい、とデレデレの正隆。
鼻の下がのびきってる正隆のゆるみきった正隆の顔が目に浮かぶようでした( ☆∀☆)

皆さんの会話ぶりがとってもイメージにピッタリで楽しかったです(≧▽≦)

0

レビューランキング

CD