十二支色恋草子~蜜月の章~(2)

eto irokoizoushi

十二支色恋草子~蜜月の章~(2)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神16
  • 萌×220
  • 萌5
  • 中立2
  • しゅみじゃない1

242

レビュー数
7
得点
177
評価数
44
平均
4.1 / 5
神率
36.4%
著者
待緒イサミ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
BL漫画(コミック)
出版社
新書館
レーベル
Dear+コミックス
シリーズ
十二支色恋草子
発売日
価格
¥630(税抜)  ¥680(税込)
ISBN
9784403666704

あらすじ

十二支憑き宮司×猫憑きヨメ♡大人気和風ラブファンタジー新章第二巻!
猫神のコマは、犬の神使・颯助とキスをしてから心が落ち着かず……!?

表題作十二支色恋草子~蜜月の章~(2)

干伊 正隆(神使のお休み処宮司)
古万乃 胡太朗(猫の御祭神憑き,古万乃神社跡取り)

その他の収録作品

  • お腹いっぱい胸いっぱい

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数7

ヒトは家族として絆を深め、ツンデレ猫は恋を自覚しはじめて…

動物の神使が休息するお休み処を舞台にした『十二支色恋草子』シリーズも5冊目になりました。
最初の全3巻は、お休み処宮司・正隆と、コマ(猫)に憑かれてるコタの二人が中心でしたが、続編にあたる『~蜜月の章~』はお休み処にやってくる神使にスポットが当たり、シリーズの世界観がどんどん広がってます。

本巻は、小熊を預かることになった話と、烏兄弟の心の呵責を解いてあげる話の二本立てです。

※動物は十二支漢字ではなく、常用漢字で書いてます。


●小熊預かり編
お休み処は大晦日、コタとコマ(猫)は猫神社への里帰りに浮かれていたけれど、正隆が結界の中で一人で正月を過ごすと知ると、正隆と一緒にいることを選ぶ。
だんだん家族らしくなっていてホッコリします♪

そこに仲能(鼠)が小熊の面倒を見てほしいとやってきた!
ヤンチャな小熊の面倒を見るのは大変なりに、ほのぼのっと楽しんでいたのに、母熊に惚れている雄熊が子熊を渡せと襲撃してきて…

自然の摂理で血が繋がらない子熊を淘汰する気なのかと、シリアスな空気が流れますが、雄熊は愛情深く男気があり、家族は血の繋がりではなく心で結ばれるものなんだっていうのを見せてくれます。

鼠はずる賢く擬人化されることが多いけど、仲能(鼠)は大将としての責任感が強く、謙虚で物腰柔らかなところが好きです♪

コタは、十二支が憑いてない正隆の生気を奪ったら大変だから我慢してるのに、正隆は十二支が憑いてない自分は価値がないって勘違いしちゃってねぇ…
軽くすれ違っちゃいますが、後ろから抱きついて甘えるコタがかわいいんだ♪
「何度も射精しなければいいんですよね?」と言いつつ、濃いエッチをするのが正隆って奴ですよね!(なにげにドS…)

そして颯助(犬)とコマ(猫)。
1巻でコマ(猫)は生気をもらうために颯助(犬)の口(舌)を舐めて以来、颯助(犬)のことを意識しちゃって、緊張でぎこちなくなってます…
十二支は子供ができるとお仕えに支障がでるから世代交代になるそうで、当面は繁殖禁止のようです。
それを聞いたコマ(猫)は、颯助(犬)にそんな気はないって安心しかけたのに、またチューしてきやがってよぉ。

フラグは立っていたけど、可愛いコマ(猫)の相手は颯助(犬)なのか…
大人の魅力がある善博(虎)とくっついて欲しかったぁぁぁ。
イタチのお姫様も可哀想じゃんかー。
いつも温和な颯助(犬)もコマ(猫)がピンチになると、怒りをむき出しにするのが凛々しいと思うんだけどさ、犬の素直すぎる感じが逆にあざとく感じちゃって私は苦手なんですよね。


●烏兄弟編
雄熊に壊されたのでお休み処は改築、正隆は大きなベッドを入れるも、コマ(猫)は颯助(犬)と一緒に寝るのが恥ずかしくて、コタとも一緒に寝ない宣言を…

そんな時、黒烏の兄・青星と、白烏の弟・赤星がお休み処にやってきた。
青星は天寿を全うした後も弟と一緒に居られることが嬉しいのに、赤星は生前だけでなく今も兄を巻き込んでいることが心苦しく、兄を解放したいと思っている。

そして赤星は、コマ(猫)を利用して、コマ(猫)からは颯助(犬)を、自分からは青星を引き離そうとするけれど…

これも兄弟がお互いを大事に想っている、それを理解し合う、ジーンとする良いお話でした。


一緒に寝てくれないコマ(猫)に、「正隆との交尾も我慢する。コマと一緒にいたい」ってお願いするコタのかわいさったら!
「交尾しない」って言われてるのに、正隆も二人の百合的なかわいさに泣いてますw

そして颯助(犬)は、自分が居なければコマ(猫)はコタと一緒に寝られるし、猫神社に帰ることもないから、「大将月以外はお休み処に来ない」と言い出して、、、
コマ(猫)は超ド級のデレをします…
颯助(犬)の背中に頭をグリグリしちゃうコマ(猫)がかわいすぎてクッラクラします。

あぁ、このデレを受け止めてくれるのが素敵な善博(虎)であったなら…
かくなる上は、善博(虎)も素敵な彼氏と出会って欲しいです。
コマ(猫)よりかわいいのは難しいと思うけど、コマ(猫)とは雰囲気違う健気美人タイプとか?
推しの善博(虎)のキュン話が読みたい!

エロシーンは今までと比べると少なめな気もしますが、描き下ろしの舐め合いっこがかなりエロいです♥


お休み処にやってきた神使にスポットが当たっていますが、それを通して、正隆とコタは家族としての絆を深めていく、そして颯助(犬)とコマ(猫)のくすぐったい恋模様も発展していく、巧みな構成になっています。

いろんな神使が登場するのも楽しいけど、私は十二支の萌えストーリーが読みたいなぁ。
男同士なら繁殖に関係ないからやりたい放題みたいだし。←楠(猪)談。

8

コマと颯助から目が離せない(∩´///`∩)

『3巻に続く』ってあったー!歓喜!

今巻のメイン出番の大将は仲能(子)・楓(丑)となっています。
ちょうど年末年始で普段はあまり顔を見せない十二支もおりました
そして虹悦自身は登場しなくともいつもの鱗が大活躍ヾ(*´∀`*)ノ
胡太郎曰くチートな鱗ですw

メインCPである正隆×胡太朗は盤石も超盤石、
例え天地がひっくり返っても2人が別れることはないであろうなカップル。
ゆえにニヨニヨと安心して見てられるけれどいまいち刺激が足りないわと思う方…!
コマと颯助のモダモダが少しずつ広がってますので大注目ですよ~(∩´///`∩)

そんなこんなで今巻もとても面白かったです♪


◆亥→子憑き

神様のところへ行く前にお休み処にあつまっている十二支はこたつでぬくぬく♡
でっかい動物から小さい動物までモフモフがぬくぬくしてて可愛い~!
こたつの魔力には十二支と言えど勝てないようですw

そんなこんなで始まる年末年始。
三が日は昔々に子が猫を騙した罰が与えられる日…ですね。
正隆は十二支が誰も憑いておらず、仲能も神の加護から外れているいわば危険な状態。
そんな中、熊の神使が誤解をしてお休み処へ乗り込んでくるお話になっています。

今回初めて雄熊の生態を知り愕然としました。
誤解とは言え、胡太郎達が小熊を守ろうと過敏に反応しちゃったのは仕方ないのかも;

十二支が憑いていない正隆は普通の人間の状態。
いつもは守られる側に立つことが多い胡太郎ですが、
コマが憑いてる胡太郎は実はけっこう強いのでは…???
片手に小熊、片手に正隆抱えて、身軽に熊の攻撃から逃げてて胡太郎がスゴイ。
(そして抱えられているのが「攻め」というのも新鮮w)

そしてそしてピンチに現われた善博と颯助の頼もしさ…!!!
が~~~~!かっこいい~~~~~~!!!
ホッとしてるコマが可愛いぃぃ(∩´///`∩)
はぁこれはトキメクわ。うんうん。

事件が去って、自覚があるのか無自覚なのか、
前にも増して颯助からコマへの気持ちが目に見えるようになってキュンキュン。
コマは変に意識しまくっててこれがもぅ…!めっちゃ萌えた…!!!

で、憑いている十二支によってエッチが変わる正隆ですが、
今回は誰も憑いていない生身の正隆…!
なんですが、誰かが憑いてるときよりねちっこいwww
いつもねちっこいのは十二支憑きは関係なく正隆本来だったのね////

◆丑憑き

ゲスト動物は真っ白な烏と、真っ黒な烏。
熊野へ向かう途中にお休み処へ立ち寄った兄弟烏です。

兄弟の間にある行き違いと、颯助とコマの間に起こり始めた違和感。
それらが交錯してお話が展開していきます。

う…うぐぅ……(;ω;)
コマに避けられちゃってニコニコしてない颯助が切ないわ…;;
コマも悪気はないけれど処理しきれない感情にどうしていいかわかんなくなっちゃってて。
コマの様子がおかしいから胡太郎まで不安になっちゃってるし…;;

そんな中で楓の安心感はハンパない。
ずっしり構えてのほほ~んとした空気が非常に頼もしい…!

描き下ろしでは丑憑きのエッチなんですが、
大食らいの楓が満足するほどの精気摂取でお腹いっぱいになったそうなw
さすが正隆強いわ~…。
(コマはその精気を365日摂取してるということになりますね♪)

5

恋未満の彼らにも、くすぐったくも、はじまりの章。

「ディアプラス」で、追っかけてたので。纏まって読めて嬉しい。
やっぱり、コマは、モテモテの颯助が気になるんですねー♡
このツンデレめっ!颯助、文字通りのワンコ攻め。

物語はまたお正月からスタートなので。
子の仲能のエピソードから。
十二支は、子供が出来ると次世代に神使を譲るという、世襲制?の様なしきたりがあるという。
己の種を優先したいという、私欲に囚われてはならないから。
仲能は言う。それは選択の自由なので。何を優先したいかは、自分次第だと。
自分にとって、大切にしたいこととは何か。
問いかける様な、少し重いかもしれないけれど、優しいテーマを持っていて。
コマや、周りを取り巻く人々、そして、読み手側にも考えさせる様な。
時事問題的な要素もあって。仲能が護ろうとした子熊たちを取り返そうと襲いかかって来る雄熊は、
さながらシェルターに匿われた子供たちと、虐待ストーカー父かと思われたのですが、
実はそうでは無くて。誤解もあって。
子熊を引き取りに現れた、母が今時のバリバリのキャリア母ちゃんっていう。
ほのぼのしいラストを迎え、新しい家族の在り方を一つ、見せてくれるのです。

一方で、お正月の三ヶ日、何にも憑かれず、「ただの正隆」になって、精気の弱まった正隆を弱らせるまいと遠慮するコタに、「ただの正隆」では、魅力が無いのか⁈ と誤解して、怒って、拗ねる正隆。
もちろん、ちょっ早で仲直りエチ‼︎ 通常運転で、この二人はエッロエロ♡ です。

子の次はもちろん丑。私の一番好きな、楓の物語。
ただし、楓はやはり良きバイプレイヤー。この男はいつも。主役としてしゃしゃって来ることは無い。
そういうところも好きだなぁ。「十二支色恋草子」2巻でもそうだったように。
「撫で牛」といって、傷や心を癒してくれる温かい楓。
その精神的負債の為に、傷付いた心を持って訪れたカラスの兄弟。青星、赤星。
互いに互いを想い合うが為に、すれ違い、傷付いている。
その心をつまびらかにして、愛情を認めた時、温かく包み込み、邪気を祓う楓。

最初の、子熊騒動で、住処の一部が壊れて、改築したのをキッカケに、正隆はベッドを買うのですが、
もちろんそれはコタとエッチする為のもの。
正隆がすぐすぐサカるので、畳の上でコトに及び、コタに畳跡を付けてしまうから…。
と、身も蓋も無い事を皆の前でしゃあしゃあと言ってのける正隆。
コタは勿論、大赤面ですが。この後。めちゃくちゃ積極的にエッロエロです♡

意識し過ぎて、何となく颯助を避けていたコマでしたが、寂しくなった颯助が、お休み処を出て行こうとして。初めて。その背中を抱きしめて「行くな…!」と言うコマ。
この二人はもぅ、秒読みです♡

皆さまお待ちかね、楠と清忠の絡みが無くて残念〜。次巻では見る事が出来るでしょうか。
この既成事実ありありの二人の今後も気になります♡

4

なかなかの蜜月ぶりに、お腹いっぱいになります。

大好きなシリーズの最新刊です!『蜜月の章』という題名に偽りなく、今回も甘々を堪能させてもらいました。

2巻でも、熊の子供たちを預かったり、カラスの兄弟が泊まりに来たりと、お休み処は大忙しです。

そんな中で、実家に帰ったのにすぐに戻ってきたり、おしおきと称してHを仕掛けたり、正隆を守ろうと奮闘したりと、胡太郎の愛が確実に深くなっててニヤケまくりです。

まぁ、この2人はケンカしてても、もはやイチャイチャにしか見えないところまできてるので、安心して見ていられます。

反対にドキドキしたのがコマと颯助の2人で、コマの照れ具合が可愛くて悶えました。
あんなに意識してるなんて、くっつくのも時間の問題ですかね?

なんにしても、続きがまたまた楽しみです。

1

颯助推し!

颯助大好き。以前バカ犬とレビューしてしまったのですが、ちょっとカッコよくなってきて、ますます好き♡裏表ない子大好き♡決定打がないので萌2でお願いします。ディアプラス掲載5話分+描きおろし11P(うち10P肌色シーン)。

今回は1月から始まって、仲能(子)、楓(丑)、颯助(戌)がご活躍。善博(寅)、幸青(午)も少々といったところかな。熊さんのカプ(♂♀)+お子様、烏(兄弟)などの新キャラも登場でした。
(今回、清忠は出番なし、しょぼん)

今回の個人的目玉は颯助がコタにより接近していくところ!!!!!!(ただし颯助の自覚度不明)
ああーもう颯助ったら、あの愛くるしい黒い真ん丸のお目目でニカっと笑われたら腰くだけっどーです、ほんと。コタもドキドキしつつ、なんとなくすり寄っていってるし、たまりませーーーん。

あと、七話の扉絵がめちゃくちゃ可愛い!ベビー用ヘッドドレスを付けたコマと仲能(子の姿)がま、じ、でめちゃくちゃ可愛いです!!!!注目~!!!仲能、今回リアルもぐらたたきもしてくれるし、可愛さ炸裂してますので、げっ歯類スキの方、悶絶必死です。

恋愛直前のきゅうきゅう楽しい感じを颯助+コタで楽しみ、色っぽい部分はメインカプのふたりでずっぽりぬっちり楽しみと、1冊で二度美味しい仕上がりになっております♡十二支楽しい♡

0

相変わらず神使に癒されました

シリーズ5冊目。今回は正月三が日の”年籠り”からの子熊事件と、カラスの兄弟のお話。
どちらもウルウル。

年籠りのお話では、胡太朗と出会う前の”十二支たちが神様の元へ行ってる間の正隆”を想像してめちゃくちゃ切なくなっちゃいました。
子熊事件での「寅」「戌」の登場はキュンってなる程にかっこよかった///

カラスの兄弟の話では、もぉただただ颯助とコマがかわいかったぁー!
颯助の天真爛漫さと真面目モードのギャップはたまらんかったです!!!

0

ん?わかりづらい。

十二支色恋草子のシリーズです。
一応の十二支の大将たちのお話は終わって、前作からはお休み処にやってくる動物神たちのエピソードとなっているわけですが。
今回は、子(ネ)の仲能(なかよし)が連れてきたクマの子供達の顛末と、神使になったカラスの兄弟のお話が骨子となっています。
いつもながら、胡太朗と正隆、コマ、そして大将たちの優しさが際立っています。
しかし。
ここから少々辛口。

絵柄の描きわけが甘く、誰が誰だか分かりづらい。
また、ネコの神使であるコマと戌の大将である颯助をくっつけたいなら、あれこれまどろっこしい展開をひねらずに、もっとストレートでいいと思う。
そもそもコマまでBL展開にするのか…って思う。人型になったところでそうなるのかなぁと思ってはいたけれど…
周りもみんな同性カップルのBLあるあるにしなくてもいいんだけど。
この、「十二支色恋草子」は全編優しい空気が漂っていて、この世界観はとても心地よい。
だから、
もはやエロシーンもいらないような。
前半のほのぼのしい世界観と正隆x胡太朗の激しめセックスが合わないような。
特に本作では精気の交歓の必要性もなかったようですし。好き同士だからHするんだけど、イチャイチャくらいでいいかも。
次はコマと颯助の関係性を掘り下げる展開と予想されますが、とにかく必然性のある展開を望みます。

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ