十二支色恋草子(2)

eto irokoizoushi

十二支色恋草子(2)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神84
  • 萌×214
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
11
得点
485
評価数
104
平均
4.7 / 5
神率
80.8%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
BL漫画(コミック)
出版社
新書館
レーベル
シア・コミックス
シリーズ
十二支色恋草子
発売日
価格
¥679(税抜)  ¥734(税込)
ISBN
9784403665578

あらすじ

「胡太朗くんと共に在る事をお許し下さい」。
月代わりで十二支に憑かれる〝お休み処〟の宮司・正隆は、
恋人である胡太朗の父親に両手をついて頭を下げた。
晴れて親公認になったふたりのイチャラブ度グレードアップの第2弾!
 
干支たちと一緒に育む和風ファンタジーラブ♥

表題作十二支色恋草子(2)

干伊正隆,十二支憑き,神使お休み処宮司
古万乃 胡太郎,猫憑き,古万乃神社跡取り

その他の収録作品

  • 本当に反省してるんです!!

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数11

紆余曲折、ついに初夜を迎える。

十二支憑き×猫憑きの異色ラブ2巻!

1巻で心を通わせ合った十二支憑き・正隆と猫憑き・胡太郎。
胡太郎がお休み処を訪れるきっかけとなった実家の社の再建が始まり、正隆と共に実家へ赴くことになる。そこで初めて顔を合わせた胡太郎の父に、正隆は胡太郎と共に在ることへの許しを乞う。



2巻では丑、寅、卯、辰が登場。
正隆が胡太郎の父に許しをもらい部屋でいちゃついているころ、共に胡太郎の実家へ出向いていた丑の楓は、切り株となった大木を見つけ「撫で牛」の力でまだその木が生きていることを証明しコマを喜ばせます。
そして迎えた寅の月。猫にとっては同じ猫科の大将となるとどうしてもソワソワしてしまう。意を決し、1日になったことを確認して正隆の部屋へ向かった二人は冷たくも感じる視線と態度で追い返されてしまう。子の時とはまた違った正隆の様子に戸惑う胡太郎だったが、狐狸の悪戯をきっかけに正隆と和解(?)し無事初夜を迎える。これによりコマは元の姿(人間サイズ)を取り戻す。

遂に初夜を迎えました!挿入無しでもあれだけエロクオリティが高かったのでどうなるのやらと思いましたが、夜の方でもしっかりその動物の特性が出ていてよかったです。
卯の回で「繁殖目的ではない性行為を行うニンゲンって素敵」ということが語られるシーンがあるのですが、ここ、本当に素敵だなと思いました。言われてみればそうなんですよね。動物にとっての性行為は主に繁殖のためだけれど、人間にとってもそれはそうなのですが、それとは別に愛情表現や確認のためにその行為を行う。人間特有の感覚を称賛し、だから人型になるの大好き!という卯は寂しがり屋らしい性格が良く出ていると思いつつとてもこのキャラクターを好きになりました。
また、この巻を締める胡太郎たちの社が燃えるきっかけを作った辰の虹悦のお話は悪気がなかったとはいえ気持ちの整理がつかない胡太郎たちの気持ちがとても理解でき苦しかったです。

次は第3巻。個人的に自分の干支がついに登場するのでこれまで以上の期待を抱いて読んだ感想をまた投稿できたらと思います。

0

どのタイプが好き?

続きまして、丑、寅、卯、辰の登場です。
いずれもそのキャラの特徴を捉えて、魅力的です。
特にやはり寅は寅だけに王者の風格。コマもコタもゾクゾクするのもうなづけます。ネコ科だし。マタタビ酒にヤラレちゃうし。
その獰猛さは性衝動に現れ、めっちゃセクシーで、エロ♡これって可愛いお話しじゃ無かったの⁈って言う、エチ増量となっております。
牛だけに牛歩。気は優しくて力持ち。大きな身体で、ノッソリと。うーん、私は楓が好きかも♡
なんて、お気に入りが見つかるのも楽しいですね。
1巻で乃木と同意なくまぐわった楠(亥)は、何だかんだで付き合ってる様子も笑えます。
そして目出度く番となった(性的)エネルギーにより、コマも人間化。そのツンデレ具合もそのままに、可愛い男の子になってます。
そもそもコタとコマが正隆のところに身を寄せる事になった元凶が明らかになったり。
どんどん増えていくキャラクターと共にエピソードが描かれて行きます。
お気に入りを見つけて追っていくのも楽しいですよ。

1

十二支憑きのエッチのヴァリエーションが…♥

神様にお仕えする動物(神使)たちのお休み処を舞台に、毎月代わる代わる十二支に憑かれる宮司の正隆と、訳あってお休み処でお世話になってる猫憑きのコタのお話。

2巻は丑寅卯辰の巻です。

丑の巻では、焼けてしまったコタの神社に繰り出し、正隆はコタの父に結婚のご挨拶!
お許しをもらえて、二人はとーっても幸せそうです。
そして牛の楓が、ご神木だった切り株を撫でると、新しい枝が芽吹いて、コマが瞳をキラキラさせて喜んでるのがかわいかった!
”撫牛”のような民間伝承を盛り込んでるのもこの話のおもしろいところ。

寅の巻で登場する善博が凛々しくて素敵^^
猫にとっては大型猛獣の虎なんて憧れずにはいられない。
コタとコマも善博に近づきたいのに、善博は冷たい…
でも善博はどう接していいかわからないだけみたいで、いったん受入れると、優しくて頼りになるのがやっぱり素敵。
善博にマタタビで酔って甘えてるコマがかわいいんだ。(そのモフモフを善博が愛しく思ってるのもイイ!)

そして正隆は虎の肉食獣の気質を憑依させちゃってます。
コタが近づくと喰ってしまいそうで危険だから、近づかないようにしていたのに、コタもマタタビに酔っていて誘い受けを…もう正隆も止まりません!

正隆はずっと”鼓太朗くん”って呼んでたのに、この時は”コタ”と初めての呼び捨て、しかも肉食獣の暴走にまかせた激しめエッチです!
この時が二人のはじめてのしっかりエッチ。
先っぽだけでコマは人間の子供に変化できるようになって、この時から成体になれて、正隆とコタがしっかり結合したのが十二支たちにバレちゃってるのがおかしい。

卯の巻では、性欲強いウサギの気質を宿しちゃってる正隆が…絶倫ですw
コタのはじめてのご奉仕がかわいい。

辰の巻は、コマの社が焼けてしまった原因が龍の虹悦だったことが判明。
十二支で代替わりせずに初代なのは虹悦だけで、十二支のなかでいちばん神々しい感じなのに、コタとコマに許してもらおうと人間に混じってテキヤのお手伝いなんかしちゃうのがイイ!
そして悠久の時を生きてる虹悦にとって、人間の一生なんてほんの一瞬。
でも短いからこそそれを大切にしようとしてるのにジーンとしてしまった。

恒例のエッチな描きおろしは、コタのご奉仕かと思いきや、やっぱり正隆の責めに転じちゃいます。言葉責めです!
十二支の気質全開で、エッチのヴァリエーションが広がった2巻です。

2

言葉攻めが素晴らしすぎた

一巻を読んで、世界観にちょっと入りずらかったりもしたんですが、日を空けて続きを読みました。

読んでビックリ、すんなり世界観に引き込まれて行きました。というか、よく1話1話で十二支達のエピソードを絡ませつつ、エッチシーンもあり、萌えポイントを納めつつ、そしてもふもふ。

うーん、やっぱりこれはBLで良かった設定でした!男同士でも非常にナチュラル?ですんなり受け入れられます。

後、攻めの言葉攻めが素晴らしい。正隆が多重人格っぽいとか疑っててスンマセンでした!ほんと大変だよ…色んな意味で愛ある青年ですよほんとに。

憑く動物によって発情の仕方も違うのも美味しすぎるね…。とにかく、このシリーズは攻めの言葉攻めと、煽る受けの台詞が素晴らしいので、ずっと見守っていたいね…。

1

可愛くてエロくて甘くって。

1巻は酉・戌・亥・子でしたが、2巻は丑・寅・卯・辰です。
丑でようやく合体です!
でも先っぽだけで、正隆辛抱強い…(笑)

寅で全部(?)合体となりますが、寅憑きの正隆は凛々しく「男!」といった感じでとても格好良かった!
普段温厚だから、そのギャップは胡太朗じゃなくてもクラクラします。
2人がHしたからコマも完全な人型になれましたが、コマの心中はさぞ複雑かと(笑)

卯ではよその池トラブルを解決し、辰では胡太朗のうちの神社が火事になった原因の虹悦との和解が描かれてました。

正隆は憑いた十二支によりHも少し変わる(寅は変化大)けど、胡太朗は毎回トロットロになるのがなんとも可愛いです。
毎話エロがあり、エロ目当てでも満足な巻です(笑)

1

どの話も全てオススメできる!

(1)に引き続き、各月に干支が憑くという世界観。12の大将たちを3冊に分けて、1冊に4つのエピソードとなっております。
第2巻の本作は、丑・寅・卯・辰、のターンです。

丑の楓(かえで)は、正に「気が優しくて力持ち」。体が大きく力がとっても強くて、乃木の神社(コタの分家)で神社再建用の丸太を何本もヒョイッと。
また、不思議な力で焼けて切られたご神木から新芽を…それを見たコマの嬉しそうな顔!
そしてこの「丑の巻」では新たな発展!
コタに性的エネルギー?が注がれると、コマが人型になれる!
というのも、エロ宮司正隆による先っちょだけの「ハンパな中出し」(コマいわく)で、コマが10才くらい?の男の子に変身しましたよ!

「寅の巻」
寅憑きになった正隆は、いつも怒っているようで近寄りがたい。
寅の善博は、自分の獰猛さを小さきものにぶつけてはいけないという自制が強いのか、必要以上に周りを寄せ付けないようにしています。
十二支の動物たちの作ったマタタビ入りの酒を飲んだコタがエロくおねだり。ついに正隆は!
コマは完全に人型になるのはいいけど、みんなに『やっとヤッたのか』なんてバレるのは可哀想。

「卯の巻」
ウサギとカメ。主になっている池が潰されるということで怨霊になりそうな亀の霊をみんなでお助けするお話。

「辰の巻」
コマのお社が火事になったのは実は……!
辰の虹悦は、一番の年長者で見目も麗しく天翔ける神でもあるのに、きちんと人の話が聞ける存在。
怒りの感情を持て余し気味のコマ&コタに何と土下座!その上鱗を一枚下さって、生涯の守りを約束してくださる素敵大将です!

「本当に反省してるんです‼︎」
正隆の天然エロ発言に引くコタ。虹悦が天然だっていう事なんですかね…?

各話エロ宮司正隆と純真受けコタの愛あるHシーンあり。
(3)に続きます。

2

出てくる動物はかわいいし、みんな魅力あふれてました

 キャラが魅力的で毎月毎月いろんな楽しみがありました。

丑の巻では、楓の撫牛のおかげで御神木に新芽が出てほっこり暖かな気持ちでページをめくれば2人のえちシーン。
「だめぇ」ってぐずぐずになってる胡太郎がエロくてかわいい。

 寅の巻での正隆はかっこよかった。
あごをつかむように強引にキスしてからのえちシーンはまさに肉食獣さながらのオスっぷりが、余裕のなさがよかった。
んでも、人型の善博はけっこう照れ屋で不器用でかわいい。
コマに懐かれて困惑気味に抱っこしてる姿とか、ゴロゴロ言ってるコマとあわせてかわいかったです。

 卯の巻でのえちシーンの、正隆のとろけるような甘いあまーい笑顔が、本当にとても幸せそうできゅんきゅんでした。
うさぎがかわいいー。

 辰の巻での、人型の虹悦がカッコイイ。
最年長らしい大人の魅力があって、長い年月を生きてきていくつもの世代交代を見てきた初代らしい言葉はじんわり沁みました。

 十二支の姿もかわいくて、それぞれの人型もなんかそんな感じーって感じで見た目も性格も魅力的で大変おもしろく楽しく読ませて頂きました。
もちろんコマちゃんもかわいい。
もちろんもちろん、正隆と胡太郎の2人も大好きです。

3

どうしようレビューなのかな、これレビューかな

待ちに待った2巻です!!

胡太朗のお父様登場回ありましたね!優しそうで大事な人を本当に大事にしてくれるいいお父さんって雰囲気です。
正隆がお父様に頭を下げた時の表情がすごく硬かったので、これはお許しをいただけない雰囲気??と思いましたが、胡太朗の意思を尊重する風で素敵だなぁと思いました。お許しいただけてよかったです!!

6話の善博が憑いてる話は、いつものヘタレワンコ系正隆が凛々しくかっこ良く男前に(なんか同じ意味)なっている話で、正隆も男なんだなぁと改めて思わせてくれる素敵な話です。
ここで出てくるたぬきの肉球がとにかく可愛い!!!!ずっと触っていたくなるプニプニプニプニかわいいです!!!
善博は人型がすごくかっこいいですね!!!髪の色が2種類なのは虎の模様からなんだなと…コマを抱っこしてる善博かわいすぎます!!

7話飛んで8話ですが、虹悦かっこよすぎませんか!?私の大好きな銀長髪でした!言葉遣いもお祭りのお手伝いのときも人型じゃない時もかっこいいです。ただ爬虫類がダメなのでトカゲ姿の時は愛せません。ごめんなさい。


待緒さんの絵が素敵で綺麗なこともあるのでしょうが、このシリーズは本当に大好きです。本当に神作品だと思います!!

虹悦のお話はもっと読んでいたいです!!

3

動物の表情豊か度、№1!

二日遅れ?ながら 出してくれましたレ〇タさん!!!有難う!!!!!
でもなぜ2巻だけなのーーーーーーーーーーー
絶対紙同様2,3出ると思ってたバカな私。2巻しかないと知った時
思わず「なんでーーーーーーーーーーー」と絶叫。
ぐっすん。
もう一回最初から読み直して我慢。評価は丑さんに泣かされたから神。

2巻1話目 丑さん。GO TO 受けさんの実家。
鳥居、社殿のみならず 神木まで焼けてました。うるうるうる。。。
丑さん=楓さんが優しく優しく労わってくれて、
希望の灯を見せてくれたシーンが最後にありました。
その時のコマ(受けさんの神社の神様 猫)の表情がまた愛おしく、落涙。
そういうの弱いの、おばさん。再生っていいよね。

大好きだった猪突猛進 楠も出番あり(笑)相変わらずやりたい放題。
大変だね と受けさんに同情されてました(爆)

2巻2話目 寅さん=善博の月。すげーりりしい。
寅さん、人型になると超カッコいい!不器用、不愛想さん、いいわー。
寅に憑かれてちょっと狂暴気味になってた攻めさんと受けさんのエチシーンが濃い月でした。
そうそう、この話で1巻で出てきた 曙(酉)、颯助(戌)が出てきました~
嬉しいー相変わらず超可愛いっ

2巻3話目 卯さん=詔(みこと)。亀爺さんがゲスト出演。
卯さんも性欲ありありで 今月も受けさん大変。
卯さん、人型になった時は軽ーい兄ちゃん風。
でも、よい悩み事の相談窓口の模様です。1件落着に活躍してました。
この話の後の、ネコさん被り物の図が、激可愛いー
猫のウサミミって最高!

2巻4話目。きた!辰!(虹悦(こうえつ)) 最年長らしいです。
でも出会うなり、受けさん&猫ちゃん、怒る怒る。。。超こわい。
どうやら実家焼失事件の原因だったようで。あえなく家出。
楠(=亥)が押しかけてるところへ、居候。
すったもんだで仲直りしますが、最後に一山きます!
辰以外にもう一つ化けます!!!!リアルだと私はだめですが
こーれーはかわいいーーーーーーーー!合格!

どのお話も本当に可愛かったですが、1巻より エロ度UPでした。
戌もいいですが、泣かされた丑さんに 2巻は★3つ! な気分です!

しかし、動物の表情を描かれるのが本当に上手い気がするー

2

甘いしエロいです☆

『十二支色恋草子』の2巻。表紙がちょびっとエロエロしいですが、内容はほっこり可愛らしいです。でも、ラブラブな恋人同士になった正隆×胡太郎のエチシーンはエロくて甘かった…☆


2巻は正隆が胡太郎の実家に赴くところから始まります。
1巻で胡太郎が正隆のもとに行くことになった事故の後始末も兼ねて。

で、胡太郎のオトウサマにご挨拶することになった正隆が、めっちゃ可愛かった。「息子さんをください」のあいさつをするためにドキドキハラハラ状態なんです。
で、無事お父様の許可も得て、そこから始まる二人のエチシーンがエロい。
先っぽだけ、で我慢した正隆あっぱれでしたwww

で、今巻の萌えどころは、虎に憑かれちゃった正隆でした。
まっさらさんだった胡太郎の身体を慮って今までなるべく負担をかけないよう配慮してきた(の割には結構な無体を働くときもあったような気もするが)正隆ですが、虎に憑かれちゃったときはがっつり襲っちゃう。
自分でもわかってるので胡太郎に近づかないようにしていた正隆ですが、胡太郎に許されたとたんにがっつく正隆がめっちゃカッコいいんです。普段穏やかなだけにそのギャップに痺れました。

胡太郎の実家の神社の火事の件も片が付き、名実ともに夫婦になろうとしていく正隆と胡太郎の二人が可愛らしい1冊でした。

8

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ