十二支色恋草子~蜜月の章~(1)

eto irokoizoushi

十二支色恋草子~蜜月の章~(1)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神33
  • 萌×216
  • 萌4
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

14

レビュー数
7
得点
241
評価数
53
平均
4.5 / 5
神率
62.3%
著者
 
媒体
BL漫画(コミック)
出版社
新書館
レーベル
Dear+コミックス
発売日
価格
¥650(税抜)  ¥702(税込)
ISBN
9784403666285

あらすじ

神様に仕える神使たちのお休み処の宮司で十二支憑きの正隆と、
猫憑きの胡太朗は新婚夫婦。
ラブラブな二人の周囲で神獣の影が見え隠れし……!?

表題作十二支色恋草子~蜜月の章~(1)

干伊正隆,十二支憑き,神使お休み処宮司
古万乃 胡太郎,猫憑き,古万乃神社跡取り

その他の収録作品

  • 何事もほどほどに

評価・レビューする

レビュー投稿数7

猫好き待望の続編!!

待望の続編!!猫!神様!!和風!!ファンタジー!!いちゃいちゃの甘々!!!
前作引き続き、最高です(>_<)
登場人物が多いので、前作未読の方は、
十二支色恋草子【全3巻】を先にオススメいたします。
十二支のキャラも、動物たちも皆可愛いです!!
この可愛らしい感じで、しっかりエロいのは素晴らしいです。
続編ですが、間延びする事なく、次々と巻き起こるエピソードにわくわくしました。
ずっと続いて欲しい、お気に入り作品です!!

3

楠!清忠!

続編ですが、電子で前作の一巻が無料だったので、そこからの全作買いです!
十二支、その他もふもふ、みんな可愛いい〜〜〜〜\(//∇//)\
自分は、間男が受けになるパターンが超絶大好きなので清忠兄さん推しです!もちろん、楠と!
数コマでも少しでも、二人並んだ姿が見れて幸せ!なんですが、まさかの!清兄が楠にデレを…!!!可愛いすぎて胸が苦しかったです〜きゅんきゅん!清兄、確実に若返ってますし、母性目覚めたのかな、すごく優しいというか性格の丸みが目に見えるようで…可愛いです!

正隆が清兄に歩み寄っているところも思わず涙!でした。

数コマでも清兄が見られるのなら!次巻も楽しみです

4

ちんすこう

chikakumaco 様
コメントありがとうございます!!私も同じくです〜、短くても楠×清忠の一作を欲して待ち望んでおります〜♡
今だと一巻無料になっているRenta!さんで特典の楠×清忠の情事を拝めるので心と目に焼き付けているのですが、後日購入に至りそうです(*´꒳`*)

chikakumaco

解ります〜♡楠×清忠良いですよね〜!
私もついつい探してしまいます♡
ショートショートでも良いので、一作このCPで描いて欲しいなぁ〜って待ち望んでます♡

十二支にスポットを当ててほしい!

前シリーズ全3巻の続編です。
完成度が高いシリーズだったから続きが読めるのは素直に嬉しいです♪

動物の神使たちのお休み処の宮司・正隆と、猫憑きの鼓太朗(コタ)は、前シリーズで花嫁行列も済ませ、”番”と認められているのだけれど、二人の関係を快く思わないイタチによってコタと猫のコマはさらわれ、それを正隆とその月の大将・犬の颯助が追いかけると、イタチのお姫様に迎えられて…

性欲強い十二支たちの影響で、正隆はコタに無理させてきたのを反省し、我慢のきく酉(鳥)憑きの間は自重しようと擦るだけにしてたら、それはそれでコタには欲求不満だったようで…w
そんな二人の新婚生活を楽しみつつ、物語のメインはイタチのお話へ。

イタチは十二支決定の方法を知らされていなくて、神様に文句を言ったら、毎月つ”いたち”はイタチの日として、その日だけは十二支と同等の力を持てるようになったそうです。
最初、このエピソードは待緒先生のオリジナルかと思ったら、民間伝承として語られているんですね。
そうゆうエピソードが盛り込まれているのも、この話が大好きな理由のひとつです。

そしてイタチの家の長男として生まれた柊は、一族を誇りに思っていたのに、逞しく成長する弟たちと違って体は大きくならず、劣った自分の子孫を残すのは申し訳なくて、自分自身を疎ましく感じていた。
柊は、十二支憑きの正隆と猫憑きのコタのお披露目祝宴に呼ばれた時、犬の颯助に女の子と間違えられて親切にしてもらったことがキッカケで、「女であればあの方をお慕いしてもいいのだろうか」と男であることをやめる。
柊が自分自身を呪って消してしまおうとしてるのが悲しくて、消える方法に恋心を託してるのが切なかった…

颯助はこんなに想ってくれてるかわいい子の気持ちに応えてやれよって思うんですが、コマがさらわれた時、颯助のぶち切れ顔はすさまじかったし、ヒト型のときはコマのことしか舐めない宣言してるから、颯助とコマがくっついちゃう流れなのかな?
私自身が猫派というのもありますが、コマが虎の善博のモフモフに埋もれてるところが好きなので、コマは善博に嫁いで欲しかった…
(まだ確定じゃないので、今後の展開にわずかな望みをかけます!)


イタチ編解決後、捨てられた仔猫の面倒を見る話も収録されています。
境内に捨てられた猫の面倒を見てきたコタ、そして猫を捨てる人間に猫憑きの姿を見せて畏れさせる。
猫憑きなこと、生殖能力が無いこと、コタは人間の中で暮らしながら自分を異質だと思っていたのかもしれない。
正隆はお休み処でコタを独占してるのを反省して「会いたい人も居るでしょう?」と聞くと、コタは「居ないよ。そんなの」と答える…
そして正隆も「人が平安を保つには他人と関わらなければいいんです」と…
正隆の過去は前シリーズの3巻で語られていますが、二人とも能力ゆえの異質さで寂しい思いをしてきたんだろうな。
これからはお休み処で十二支や神使たちに囲まれて幸せに暮らしていけたらいい。

そしてシリーズは2巻へと続きます。
かわいかったり凛々しかったりな十二支たちが大好きなので、彼らの恋愛面にもスポットがあたることを願っています。

3

ぐるっと一巡りして、彼等が帰って来たよ♬

神使お休み処の宮司、正隆と猫憑きの胡太郎が目出度く夫婦、番になって、皆に認められ、幸せに暮らすその後。続編スタートです!
順に酉憑きからスタートしていましたが、ここに来て一巡りしてまた酉からです。
巻を追うごとにエロスが増量していましたが、〜蜜月の章〜と言うだけに、惜しみなくのっけからエロス!「ヤリ過ぎ!」を反省した正隆は妙に遠慮がちになり、その事自体が胡太郎を不安にさせてしまいます。
これまでは1巻の内にいくつかの干支のエピソードが盛り込まれていましたが、この巻はほぼ丸っと「颯助編」と言っても良い位。颯助ファンにはたまらないと思います。(もちろん他の神使も出てはいるんですが。)無邪気ワンコ、紳士的。神獣を惚れさせるだけの事はあります♡
じわじわとファンが居ると思われ、楠×乃木のカプも変わらず致しており、何より。←ここ、もっと見たいよね‼︎1巻では、当て馬くんだった筈の乃木さんが、胡太郎にとって大事な従兄弟だったという事も再確認出来、心温まるいいお話でした♬
私は楓(丑)が好きなんだよな。またそれぞれの神使にスポットが当たる事を期待して、続きを待ちます♬

1

えっ続編?とびっくりしたけどやっぱり面白い!

前作、十二支一回りできっちり着地、すっぱり終わって「おお、潔し!」と思っていたのに、おわ続きかい!とびっくりした今作。どうしようかなと思いつつ、とりあえず購入してみたら、やっぱり面白い&色っぽい&可愛らしい、やめられない。 orz・・・
これ単品でも読めなくはないですが、勿体なさすぎるので是非前作からどうぞ。一回手を出すともれなく前作3冊と当巻を購入することになるので、財布とご相談の上ですがw
ディアプラス2017年10月~2018年2月掲載分と描き下ろし4Pです。

今回は紙で購入したので、うきうきカバー下チェック♡本編の流れを汲んだものだったので、本編読了後にチェックください。虹悦の笑い話が表紙裏、コタ、颯助、蜜勝のもふ話(猛烈に好き!!)が裏表紙裏にありました。

今回も前作同様、酉憑きから始まりました。前作1話目では人型を見なかったのですが、当作では人型でのご活躍多し。おお、イケメンじゃん♡と改めて目の保養~そして、みなさん前作で紹介済だから、順番関係なくご登場。多分大人気だろう楠も一話目からご登場ですw(清忠は遅れて5話目から登場)
個人的一押しはやっぱり颯助♡可愛すぎるーーーーーー颯助も活躍するので、颯助ファンの方は是非チェックを~♡
ああ楽しい。先生、有難うございましたーーーー!!!

1

続編、待ってました~!ヾ(*´∀`*)ノ

『1巻』の表記がされていますが、
こちらは続編にあたる作品ですのでご注意下さい(﹡´◡`﹡ )

十二支~(無印)は非常にキレイにまとまった終わりでした。
続編はどんなお話になるのだろうとワクワクします。

正隆×胡太朗のラブラブっぷりと情事のエロさは非常に安定感ありますv
12神使を始めとする沢山の神様が見守ってて最強のカップルといえるのかも( ´艸`) ♪


さて。前作で花嫁行列を執り行い、
晴れて夫婦となった十二支憑きの正隆と、猫憑きの胡太朗。
しかしそのことをよく思わない神獣のいたちが登場します。

話がすすむにつれ、矛先は「正隆と胡太朗の結婚」だけではないことが発覚し、
本当の狙いは?というお話でした。


このお話では【酉憑き・戌憑き】が楽しめます。

正隆と胡太朗のエッチは憑いてる神使にとって滋養強壮効果有り。
1年前はまだ正隆と胡太朗が番う前だったので、曙や颯助にとっては今回がお初♪
エッチしてるときにパワーがみなぎってる曙を見て笑ってしまったw

ちなみに酉のエッチは挿入にはこだわらないそうな。
酉憑きぐらいは胡太朗の負担を減らそうとして挿入を控えたら、
結果焦らしプレイになって胡太朗モジモジが可愛かった~(∩´///`∩)

戌憑きは言わずもがなw我慢などせずガツガツw
十二支はエロの仕方まで変わるから堪らん///

そしてそして!
一番萌えたのは颯助&コマの舌ペロペロ!!!!
力を回復するための行為なんですが、
キスじゃなくて舌を伸ばして舌同士ペロペロするのですよ∑(゚◇゚///)ドキュ-ン
何コレ…キスシーンより変にドキドキするやつやん…。

今回も颯助はすごくカッコよく活躍してましたね~。
ニコニコ笑顔で実はかなり怒ってるのが怖いけどカッコイイ。
いたち視点の颯助の人たらしっぷりがすごかったですw
ジェントルマン颯助は目の保養だわ(^///^)

ただ、いたちのお兄ちゃんが最後まで女の子にしか見えなかったのは残念でした。

【亥憑き】は古万乃神社と捨て猫のお話。
胡太朗の昔に少し触れる内容でした。

亥といえば楠に惚れられている乃木♪
乃木は人の良い正隆が唯一(?)嫌うある意味貴重なお人。
2人の口喧嘩は面白くて好きです。
楠の影響を得て少しほだされてる正隆に笑いましたw


正隆×胡太朗は盤石なので今後どんな展開を見せるのか楽しみです。
1巻となってるのがすごく嬉しい!
とりあえずコマの相手は颯助でFAなのかな…?
十二支同士でLOVE展開は無理かな?あるかな?(ドキドキ)

4

十二支の彼ら、再び。

『十二支色恋草子』がめっちゃツボだったので、彼らの続編が読めると聞いて発売を心待ちにしていました。『十二支色恋草子』は全3巻で完結していますが、こちらが未読だとこの新章も理解できないと思うので、前シリーズを未読の方はそちらから読むことをお勧めします。

新章である今巻はタイトルに「蜜月の章」と付いているので、甘々な彼らのお話かな?と思いつつ読み始めました。

ネタバレ含んでいます。ご注意を。




前シリーズの最後に式を挙げ夫婦となった正隆と胡太朗。
宮司で十二支憑き(月によって憑く干支が変わる)の正隆と、猫憑きのコタ。という事で、もちろん新章も「干支」にちなんだお話。

正隆×コタのラブラブな濡れ場から始まります。前章の時は二人の間に波乱もありましたが、新婚さんという事でこの二人には甘~い空気が漂う。

のですが、そんな中「泥棒猫め」とつぶやく不審な影が現れ…?

『十二支色恋草子~蜜月の章~』の1巻は前半と終盤に短いお話の二つのお話が収録されていますが、前半は干支に加われなかった動物が登場。

その動物は?
そして、コタを敵対視している様子のその動物の、本当の狙いと真意は?

という所を軸に進んでいきます。

その動物とは、

イタチ。

干支を決めるときにお手紙が届かずレースに参戦できなかった、という過去がある。イタチの交渉によって、神さまが特別に配慮してくれたルールがあり、毎月の一日(ついたち)を、イタチの日にする、というもの。

待緒さん、干支を題材に色々なアイデアが思いつくなあ、とちょっと関心。

イタチがコタを狙う理由が、イタチの過去とともに描かれ、少しずつ見えてくる。

このストーリーは戌の颯介がメイン。
カッコええ…。
めっちゃカッコええ…。
人間の時のビジュアルもカッコいいですが、犬の姿も良い!
そして何より、中身も男前。

正隆と颯介のコンビがカッコよくて悶絶しました。

後半は猫憑きのコタがメインのお話。

可哀想な目にあう猫を必死に救おうと奮闘するコタ。
こんなに可愛がってくれるコタと出会えた猫たちは等しく幸せだなあ、と気持ちがほっこり。

もっふもふな子猫たちの可愛さに癒されます。

『十二支色恋草子』の大きな魅力の一つが、登場人物たちの間に流れる愛情と信頼関係。
どんな試練が彼らの前に立ちはだかっても、協力し、助け合い、困難を盛越えていく。

さらに正隆×コタの間にある、甘く、そしてエロい空気感も健在。その空気感もふんだんに盛り込まれていて、読後、温かい気持ちになりました。何より濡れ場がエロい!

新しいキャラ(イタチ)も登場しましたし、タイトルに(1)と付いているので、まだまだしばらくは彼らのお話を楽しめそうで嬉しいです。

次巻も楽しみです。

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ