ジュリアが首ったけ(6)

julia ga kubittake

树里亚为我神魂颠倒

ジュリアが首ったけ(6)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神21
  • 萌×210
  • 萌6
  • 中立3
  • しゅみじゃない5

126

レビュー数
10
得点
166
評価数
45
平均
3.9 / 5
神率
46.7%
著者
扇ゆずは 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
リブレ
レーベル
ビーボーイコミックス~BE×BOYCOMICS~
シリーズ
ジュリアが首ったけ
発売日
電子発売日
ISBN
9784799753378

あらすじ

遂に再会!二度目の初恋は大波乱!!

「そんなにキレイな瞳なのに何も見えてないんだな」
紗良に関する記憶を失ったジュリアは、耐えようのない空虚感を抱えていた。
自信を喪失し、ハリウッドスターの仕事をこなす日々は限界を迎える。
ルシアンに雇われた紗良はジュリアのもとに。
周囲を省みず自分の殻に閉じこもるジュリアに紗良は喝を入れ…!?
ジュリアが淫夢を見る描き下ろしあり。

表題作ジュリアが首ったけ(6)

山田樹里亜(ジュリア),26歳,世界的大スター
紗良みきお,営業から事務職に移動したリーマン

その他の収録作品

  • lewd dream
  • あとがき

レビュー投稿数10

まさしく、2度目の初恋。

記憶喪失になり、みきおの記憶だけ無くしたジュリア。
前巻でオーバードーズをして倒れる衝撃的な終わり方をしてからずっと6巻が出るのを楽しみにしていました。

6巻もまだまだ記憶喪失継続中ですが、メンタル不安定なジュリアを支えるために定時退勤できる部署へ転勤したみきお。
ジュリアを影ながら支えることを決めます。

今のジュリアは大学時代、みきおに出会っていなかったジュリアであり、その様子を見ていて「みきおに出会ってよかったね(;_;)」と思わずにはいられません。

まだラブラブな2人は見られませんが、少しずつ2人の距離が近づいてきているので、その日が来るまで見届けたいと思います。

アニメイト特典は仙台サイドのお話。
まさか、シーツを洗っていないとは・・・
ジュリアに通じる部分を仙台に感じました(笑)

1

じわりじわり

長かった。いつまでも思い出さないジュリアにしびれを切らし、五巻では仙台を応援しかけていた私ですが作者様の予告どおり、ちょっと良い感じに動き出してるんじゃないか?!
前半は仙台とのエピソードもまだ続いていて、やっぱり仙台は仙台でスパダリだわーとうっとりしつつ、紗良くんのジュリアに対する健気な態度を見ているとやっぱりなんとしてもジュリアに目覚めて欲しい!と思わずにはいられないですね。もしかして、このまま思い出さないかもしれないけど、帯にあるように又しても紗良くんに恋をしてしまうのならそれはそれで展開としては萌えますね。
ジュリアの記憶がなくなっても、紗良くんの本質は変わっていないので何度でも惹かれてしまうのね。早く二人に幸せになって欲しい。

1

帯の「初恋」にノックダウンです

本シリーズはハリウッドスターなトップモデルと
広告代理店勤務の会社員のお話です。

受様が攻様の傍に居る決意をする本編に
攻様の夢を描いた番外編を収録。

攻様はデビュー5年目となるモデル兼俳優です。

2年前、乖離性健忘となる事故に遭遇、
幸いにも仕事に関する記憶は攻様の中に留まり
一見滞りなく日々は過ぎていきますが

攻様の中から失われた記憶はなかなか戻らず
徐々に内側から壊れ始めていた攻様は
とうとう自殺未遂を起こすのです。

それから1カ月、
攻様は適度な処置と投薬、生活習慣の改善により
復調していくのですが

その復調には
営業から庶務に異動してまで
攻様の傍に居ようと決意した受様という存在が
影響している事をまだ知りません。

受様の存在は攻様をどう変えていくのでしょうか!?

WEB雑誌連載作に描き下ろしSSを収録した6巻は、
攻様を忘れられなかった受様が新たな動きをする、
または受様との再会で攻様の記憶が揺さぶられ始め
2人の関係が再始動する巻です♪

帯の「二度目の初恋」のキャッチが良いですね♡

前巻で自分という存在を忘れられても
受様は攻様を忘れられないという結論に達し
攻様のピンチに駆け付ける受様が描かれましたが
今回は攻様側の気持ちの変化が描かれています。

受様と言う存在をまるっと忘れてることで
胸の中にぽっかりとした穴を抱えてしまった攻様ですが
その穴にすっぽりハマるのは受様しかいないのです。

受様が攻様に隠れて動いたとしても
攻様が受様の存在を無視した(※ここ重要)としても

攻様は無意識(※ここも重要!!)下で
自身に空いた穴を埋めうる存在を探し求めているので
受様が近づけば本来の自分に戻っしまいます。

そんな攻様の言動が楽しくでたまらなかったです ヾ(≧▽≦)ノ

個人的にはもう少し進展するかなと思っていたのですが
そもそもが思い込みの激しい攻様なので
今の受様を受け入れないと記憶も戻らないのかな!?

次巻も楽しみにしています。

0

よく言えば、原点に帰る。

(5)巻に酷評的レビューを書いた者です。
この(6)は正直読もうかどうしようか迷って、でもこれで終わりだろうから、と買ったわけですが。
終わってない!これには驚きました。

短絡的に記憶喪失にして、どうせまた頭打ってそしたら都合良く記憶戻って…
そんでみきおと激エロHしてハイ終わり…

そんなだったらホントに失望してたところだけど。
この展開はいい方に裏切られた。
2年も記憶喪失が続いてることにも驚いたけど、みきおが「元に戻そう」という気がないところが良かったんだと思う。
恋人だったことなんて盾にせず、ただ見守りたい。
何の裏表も無く真っ直ぐに行動するみきおがいい。
ジュリアは…
完全一番初めのネガティブ男に戻ってるし。
うなだれて座ってる…ポーズまでおんなじじゃん。
ここが「よく言えば」原点回帰。悪く言えばループ。又はデジャヴ。
結局はみきおに救われるわけですからね。
まあそこはいいとして。
そうなると今度は「仙台」が意味無しになっちゃった。
一番ミジメな当て馬パターン。仙台の無駄遣い。
あとがきを読むと…
まだ記憶喪失は続き、でも次はラブラブらしい。
また頭打って急に治りました、だけはやってほしくないYO!

6

絵が....

デビュー時からずっと大好きな作家さんで、コミックスも全部買い続けています。
でも、デジタル化されてからの絵が、どうしても気になって、ストーリーが素直に入って来ないんです。
ヌルッとした服の皺、開いた口の形が奇妙、ジュリアの顔はすごく美しくて見惚れてしまうほどなのに体のバランスがおかしかったり。
アナログであんなに上手な絵を描いていらっしゃったのに。
ジュリア1巻と比べて見たら辛い。
インスタを見ても扇さんはデジタルに没頭されていて、なるほどその素晴らしさ美しさ至便性は納得できます。
でも、絵の変化についていけないのは私だけではないみたいで、a○○○onのレビューを見ても同じように感じている方がいらっしゃる。
でも好きな作家さんだからこれからも買い続けると思いますけど。

8

早く続きを〜

今巻こそジュリアの記憶が戻るのではと待ち望んでましたが、先にレビューを読んでしまってまだだと知りました。泣

でもジュリアが全ての他人に無関心だったのが、ある時からみきおの顔が見え始めて来る演出にゾクゾクしてしまいました。

みきおのワンチャン狙って無い、吹っ切れた気持ちでジュリアに接していたのも良かったのかもしれません。吹っ切れた途端に物事が良い方に進むのは良くある事だと私は思ってます。

私はずっとルシアンの存在が諸悪の根源だと思ってます。ジュリアの記憶が戻ったら彼とは距離を置いてみきおがマネになって欲しいと思ってます。

それと仙台は素敵ですが逆転HRは無いからね!と腹が立ちました。
みきおは自分と出会って無かったら、本来のジュリアはこうだったと思っていたようですが、みきおと居るジュリアが本来の姿だと思ってます。

あ〜早く続きが読みたくてしょうがありません。

2

待った甲斐があった

本っっっ当に待ってた!待ってました!
二度目の初恋。もう最高です。
予想以上に面白くて「くっはぁ!」とか「かっはぁ!」とか気持ち悪い声を出しながら読ませて頂きました。

えー、まずみきおと出会わなかったジュリア。これがもう、良き。とてもいい。
いえ、甘さ的には全然良くないですが、記憶を失う前のジュリアを知っている身としては、もうなんか新鮮で楽しくて。
再会後ジュリアがすぐみきおに惹かれて、恋をして、微妙に葛藤があって、なんやかんや記憶取り戻して、ハピエン。そんな安易な展開に進まなくて(私は)心底喜んでいます。
記憶喪失の醍醐味ですよね!執着攻めが受けに辛く当たる展開!すいません、大好物です!

ジュリアが色んなことに無関心なことと、みきおがそのことで苦しんでないのも、楽しめるポイントでした。
もしみきおに無関心な状態のジュリアが他に目を向けてたらちょっとあれな目に遭わせたくなりますが、そういうことはない。というか日に日にみきおを無視できなくなってる。
みきおはみきおでスタァの現場を楽しんで、ジュリアの美貌と才能を世界に返還できて良かったと喜んでるし、言う時はガツン!と言うみきおらしさが失われてなくてとっても良かった。
本当に、最初から最後まで楽しめました。
特に「なのでワンチャンは」「絶対にない…‼」ここがめちゃくちゃ好きです。みきおの表情と握りこぶしがもう…!
紙グシャッ!されて傷ついたり、悲しい表情をしないのがみきおなんですよね。彼のそういうとこ大好きです。

仙台もまだまだ見せ場があるのかな!?っていうか逆転ホームランの数はいくつなの!?ここでそれ持ち出すのずるいね!好き!!
ほんとみきおが言う通りカッコイイなあ…完全に同意…。
そんで年収40%減はシンプルにやばい。ふつー無理。みきおしゅごい。

七巻も楽しみです!

6

もう最高すぎる

発売日を楽しみにしててやっと読めると思ってすぐ買いました!!!
ジュリアがもう美し過ぎて…

2

まだ試練は続く

待ちに待った『ジュリアが首ったけ』の6巻。
記憶喪失になったジュリアは、みきおを思い出すのか―。

そろそろぼちぼち、ジュリアはみきおのことを思い出すんじゃなかなー、とか思っていたわけですが。んー、そうきたか!

今作品はみきお視点で描かれることが多くって、それゆえでしょうか、どうしても読者はみきおの心情に寄り添いがち。みきおを忘れ、辛らつな態度を取るジュリアに憤る読者も多いんじゃないかな。

かくいう私もジュリアのほっぺを引っ叩きたい。そろそろ思い出せよー!って。
でも、この作品は、みきおの恋のお話、ではありますがジュリアの恋の成就のお話なんだと思うんですよね。孤独だったジュリアに寄り添い、愛を教えてくれたみきおとの。

何度でも、みきおに恋をする。
ジュリアが求めるのは、みきおだけ。
思い出しても、あるいは思い出さなくても。
そんなジュリアの想いの深さを描くために、記憶喪失というツールが必要だったんじゃないかと、そう思うのです。

自分の意識に関わらず、みきおを失ったことでジュリアは少しずつ壊れていく。
そして、そんなジュリアを支えるために、自分のことよりもジュリアを一番に考えるみきお。

みきおの心情を慮るとどうしてもね、ジュリアに対して色々思うのですが。

もうさ、仙台くんにしなよ。
そう思う。でも、みきおにとってはジュリアが、ジュリアだけが希望の光なんだよね。愛されたから、じゃなくて、愛したから。ジュリアだけを、愛しているから。

みきお…、アンタカッコいいよ。

良くも悪くもジュリアのことを一番理解できるのはみきお。
そろそろ戻ってきて欲しいな、とかジュリアには思いつつ、そして仙台くんのスパダリにも悶絶しつつ、次巻を待ちたいと思います。

7

俺と出会わなかったジュリアはどうなる?

ずっと続きが出るのを待っていました。
記憶喪失のジュリアとみきおが切なくて、ジュリア早く思い出してーー!と思って祈ってました。
次巻こそ!と。

しかし6巻を読んでみると…。

みきおはジュリアをまだ愛していて、思い出さなくていい俺のいない世界を生きてほしいって。
俺と出会わなかったジュリアを見守っていくつもりのようで。

ジュリアは記憶喪失になって2年、虚無感に耐えられなくなり…。

ジュリアがみきおを全然見てなかったのがだんだん視界にくっきり写ってくのが良いですね。

思い出せなくてもまた恋をすればいいのかも。
もう一度恋に落ちるのを読むのもいいのかも。
みきおはみきおだから、きっとジュリアは何か感じるはず。
ちょっとヘタレジュリアに戻ってきてるし。

一回読んでみて、すぐ読み終わっちゃって、あれ?と思いもう一回読みました。
細かいところを見逃してました。でもやっぱりすぐ終わっちゃうと思ったら、コマ割りが大きいというのかな?絵で魅せるみたいな。

あと気になったのがやたら姿勢がよくて、胸を張りお尻が出てる?みたいな。気になっちゃうと止まらなくなり。

8

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う