あんたに関しては、俺は独占欲の塊だ

  • 電子書籍【PR】
  • 紙書籍【PR】

表題作共鳴熱情 オメガバース 下

ゼロ、首藤零騎、29歳、野良オメガシェルター「レア」の運営、会員制サロン「NIGHT SAFARI」オーナー
遠峰一紗、レムール、30歳、元整形外科医

その他の収録作品

  • あとがき

あらすじ

野良オメガの庇護者であるゼロのラウンジで、
キャストとして働くようになった一紗。
ヒートに呑み込まれて関係を持ったこと、
ゼロに特別扱いされていることを反省した一紗は、
距離を置くことをみずから提案する。
それなのに、ゼロに素っ気ない態度をとられれば
寂しくなり、彼に恋していることを自覚してしまう。
初めて抱き合ったときは名前さえ知らなかったのに…
距離を保とうとする一紗とゼロ。
けれど、そんな二人を邪魔する者が現れて──

α×Ω、魂のつがいの運命の恋!

作品情報

作品名
共鳴熱情 オメガバース 下
著者
岩本薫 
イラスト
蓮川愛 
媒体
小説
出版社
大洋図書
レーベル
SHYノベルス
シリーズ
共鳴シリーズ
発売日
電子発売日
ISBN
9784813013327
4.5

(34)

(22)

萌々

(7)

(5)

中立

(0)

趣味じゃない

(0)

レビュー数
6
得点
153
評価数
34
平均
4.5 / 5
神率
64.7%

レビュー投稿数6

もっとシリーズの続きを!

もう!もう!驚きと嬉しさで大興奮しました。
そんなオチが待っていたとは驚愕でした。

「共鳴発情 オメガバース」「共鳴劣情 オメガバース」「αの花嫁 ─共鳴恋情─」と同じ世界観だと上巻のレビューで書きましたが、最後の最後の思わぬ展開にビックリです。

上巻でミステリアスなゼロは一紗には自分の過去を話していましたが、それはゼロのほんの一部だったんです。

会員制サロンのキャストであるレムールとして一紗にアルファの太客がつくのですが、それをキッカケにゼロばかりか野良オメガのシェルターである「レア」の存続の危機にまで発展してしまうのです。

サロンではやる気の無いキャストであるクロウがその危機に立ち上がって、クロウが何者であるかが分かるとグッとお話が引き締まって面白くなりました。もうシリーズのオールスター大集合って感じでした。

個人的にはあの方がやっぱり良い人だと再確認しました。連載中の漫画がもっと楽しみになりました。

そしてあの方によってゼロと一紗は「魂のつがい」だとやっと判明してました。

ゼロと一紗が番になったと報告した時も「レア」のメンバーに暖かく迎えられて、「レア」を飛び出したリカオンの問題も綺麗に収まっていました。

それから一紗の両親にゼロが挨拶に行くと言ってたので、是非そのシーンも読みたいと思ってしまいました。野良オメガのシェルターという新しい展開にこのシリーズがグッと面白くなったので、是非これからもシリーズを続けて欲しいと思いました。

7

普通が普通ではない環境で生きることになった一紗

野良オメガの庇護者であるゼロのラウンジで、キャストとして働くようになった一紗。
真面目な一紗は、一般社会(ベータの社会)では普通でも、教育を受けない劣悪な環境で育った野良オメガから観たら、妬ましい存在。
ラウンジのキャスト、リカオンたちスラム育ちのオメガ三人組から執拗な虐めを受ける。
でもゼロに、出だししないで任せて欲しい、特別扱いをしないで、と断りを入れた所で、上巻は終わり。

下巻は、医師として培った経験を活かして、一紗がラウンジの中で生きる場所を作っていく様子が描かれている。
元々仕事以外の経験値が低い一紗は、恋愛も超下手くそ。
ゼロの好意を無碍にする、傷つける断り方をしていることに気付かない。
ゼロもトラウマ持ちなので、愛情カウンセリングが必要なのに、気の毒。

共鳴オメガの設定無しで、隠れオメガの主人公の物語であっても面白かったかもしれない。
・・と内心思いながら読み進むと、須藤家3男の登場が有って「兄さん!」と呟く場面。
伏線回収の場面まできたら、そうなのか、と帰着に納得。

※首藤家は、アルファ至上主義ではなかった、次男の母親はオメガ。
優しくて苦労性の長男・圭騎さんの運命の番=高校生のオメガ・理玖君が、(アルファの花嫁)で正式に婚姻入籍する可能性を知り、読んだ甲斐がありました。
長男以外、次男、三男の運命の番=Ωが年上というのも、面白い設定。

4

安心して読める

『Ωがキャストを務める会員制のラウンジ-Ωだけどエッチ系のサービスはなし』というのは、古の腐女子の姐さま方の夢の職場なんじゃないかと思ったりしたんだけど違うかな?
この職場模様が楽しい楽しい。
一生懸命働いて自立しようとする遠峰を好ましく思いつつ、自分以外に尽くそうとすることに不快感を表すゼロ……あたし、こういうの今まで何度も何度も読みましたっ!

あ、誤解されると困るのですが、ディスっている訳じゃないんですよ。
このお話、腐女子が安心して遊べる『夢の国』になっていることを言いたいだけなんです。
流石、ベテラン作家さんだよね。
遠峰やゼロにどんな危機が訪れようとも、安心して読める。
受けの危機は間一髪のところで颯爽と現れた攻めによって回避されるし、攻めの絶体絶命を健気な受けが機転を利かせて救う。←ここで今までのお話と何をもって繋がっているかが解ります。うん、そこに行く前に予測できちゃうんですけれどもね。
その「予測できちゃう」という所も含めて、もう、すごく安心して読める。

ただちょっとだけ思ったのは「私は面白いけど、ちょっとばかり懐古趣味っぽくない?」ってこと。
いや、むしろ「いまこそ」なのかしらね。

5

シリーズの中で一番現実的で読みやすい

「共鳴発情 オメガバース」「共鳴劣情 オメガバース」と、コミカライズされた「αの花嫁 ─共鳴恋情─」の首藤兄弟のシリーズです。

今作は首藤兄弟の2番目がメインカプのひとりです。
兄弟ですが、母親が違って幼い頃から首藤家から離れて暮らしているので、αの名家やアルファ至上主義者などが出てきません。
その分、ファンタジー色が薄く、現実的で読みやすかったです。

受けの一紗は、女性にモテないし恋愛に時間をかけられなかったので経験がないβとして生きてきたβの整形外科医。30歳にして「隠れΩ」と判明。
攻めのゼロは褐色の肌をした謎の多い野良Ωの保護をしている「夜の帝王」。
触れただけで共鳴し合う「魂の番」だけど、ふたりとも理解していません。

互いに気になるのに、自分の気持ちも状況も理解できずにいるので、なかなか恋愛に発展しません。
誰にも言えないことを話したり、嫉妬したりしているのに。
ふたりの仲を嫉妬して嫌がらせをするΩや、無理やり番にしようとするαなどが出てきますが、そんな当て馬によってふたりの仲は深くなっていきます。


このシリーズはクラッシックオメガバースっぽくて、ファンタジー過ぎると言うか、あまりにも現実離れしすぎていたのですが、この作品は一般的なふたりのオメガバっぽくてわたしは大好きです。
でも、もっとラグジュアリーなαとΩの恋愛物語を読みたい方には物足りないかもしれませんね。

2

つがい

上巻は沁みたんだけど、下巻は王道で展開がなんとなく読めたからか、あまり盛り上がらなかったでした。ただ、あまねちゃんや長兄、三男坊が出てきて嬉しかったので、萌にしました。本編230Pほど+あとがき。

上巻で「特別扱いはやめて」と距離を置くような発言をした一紗。その通りになってちょっと寂しさを感じていたのですが、ラウンジで初めて固定客が付き・・と続きます。

下巻でご活躍な登場人物は
クロウ(Ω、情報屋)、犬養(一紗の太客)、煌騎と天音(1作目のカプ)、圭騎(コミカライズの攻め、長兄)ぐらいかな。

++

煌騎はしっかり三男坊やなあという感じだし、圭騎はああ長兄!って感じがとってもして、そしてゼロは複雑次男坊!!!うまい!ってめっちゃ思いました。うっとりキラキラ三兄弟、目福。先生、三兄弟書かれるのがうますぎると思ったのは私だけでしょうか。

そこに彩りを添えるのが、あの天音ちゃん。やあお元気でした?とお声かけしたくなる、相変わらずのやんちゃそうなご様子でした。この方は妊娠コースはちょっと難しいだろうなあと思うのですが、今回の一紗はいける。これは産んでくれるでしょ、とめちゃくちゃ思います!ふふ、目の中入れても痛くありません、てな天使ベイビーを6人で取り合う図を再び見たいものです。

お話は王道で恋話にはあんまり盛り上がらなかったのですが、3兄弟そろったところで「おお、きた!」と思ってとっても嬉しかったお話でした!

2

この作品が収納されている本棚

マンスリーレビューランキング(小説)一覧を見る>>

PAGE TOP