媚笑の閨に侍る夜

bishou no yoru ni haberu yoru

媚笑の閨に侍る夜
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神10
  • 萌×211
  • 萌10
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
14
得点
124
評価数
31
平均
4 / 5
神率
32.3%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
白泉社
シリーズ
花丸文庫(小説・白泉社)
発売日
価格
¥552(税抜)  ¥596(税込)
ISBN
9784592875093

あらすじ

売春が公認化され、遊里として復活した吉原でも屈指の大見世・男の廓「花降楼」。
女王のように驕慢な美貌を持つ玉芙蓉は、お職を張るほどの売れっ妓でありながら、なぜかろくでなしの客に貢いでは捨てられる日々だった。
借金が嵩み、ついに見世の顧問弁護士・上杉の執務室へ呼び出される。
「どうしてあなたはそんなに男の趣味が悪いんですか」「もっとましな男って、たとえばあんたみたいのかよ」眼鏡の奥で皮肉に微笑む彼を、意趣返しに誘惑しようとする玉芙蓉だが…。
大人気・花降楼シリーズ第六弾。


表題作媚笑の閨に侍る夜

上杉 見世の弁護士
玉芙蓉 男娼

同時収録作品媚笑の閨に侍る夜

禿 綺蝶
禿 蜻蛉

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数14

女王様受け

遊郭もの花降楼シリーズ第六作

絢爛豪華な吉原赤線が復活して男版ができたという
架空の世界のファンタジー
男が身を売ります、当然買うのも男。

愛で痴れる夜の純情に出てきた
ダメ男に貢いでしまって
ナンバーワンの売り上げを誇りつつも
借金まみれの玉芙蓉。

貢いでも貢いでも幸せになれない
見返りがない。
ついいらいらしてお付きのかむろにいらいらしてあたったりと
意地悪です。

玉芙蓉はとある宴会で攻めの上杉とで会って軽く誘ってみたけど
あっさりかわされます。
後日、花降楼の顧問弁護士として再開
あと、1年ぐらいで年季があけるのにこの借金をどうするんじゃいと
つめられます。
あげくに「あなたはどうしてそんなに男の趣味が悪いんですか?」
と聞かれるしまつ。
でも、なんだか気になったから
貢いでいた男と切れて、ひょんなきっかけから
肉体関係に陥ります。

ダメ男に貢いでしまうのは、過去の悲しい出来事があったからなのですが
それが解るまでは、悲しすぎて目をそらしていました。

玉芙蓉はツンツン女王様なんだけれど、照れたり、意地をはったり
意外と可愛い。

楽しめる作品でした。

2

玉芙蓉の幸せ願い隊!

購入動機:
ドラマCDをもっていたので、原作も気になり購入。

★玉芙蓉に幸せになって欲しい!
受けの玉芙蓉、傾城にもかかわらずとにかく男運が悪い……! 途中で出て来る元カレの話を聞いてもダメ男ばかり。でも、そんなダメ男に縋り付く玉芙蓉もかわいく見えてきてしまうので、おいしいです。
上杉先生を可愛く思うようになってきたあたり、心に余裕がでてきたのかなぁ、と今後の玉芙蓉がとても気になりました。カツ丼食べてる玉芙蓉はかわいい♡

★上杉先生のポーカーフェイス!
攻めの上杉先生、玉芙蓉に惚れている素振りをちっとも見せません。でも、実は玉芙蓉が惚れるよりも先に、上杉先生の方が惚れていたってのが、ベタですけど、萌えましたね。あと、最中が結構ねちっこい笑。痛いのが好きな玉芙蓉に関して、冷静に分析しつつ、そんな玉芙蓉を思いやる上杉先生とのシーンに萌えました♡

★ ♡×5
短いのを含めて5回。一番好きなのは、4回目の♡のお仕置き♡。だんだん乱れていく玉芙蓉に対して、ねちっこく言葉でも攻めていく上杉先生との対比が堪らない! 快楽に従順になる玉芙蓉もこれまたかわいい♡

0

お職と弁護士

表紙に惹かれて買った本です。
先生の作品は、とても文が読みやすく
小説初心者にもオススメです。

全員辛い状況の中で、個性がありいいと思います。
キャラ1人1人がきちんと出来上がっているので
シリーズを通して読んでいただくと面白みがまします。

この作品にも出ている蜻蛉は、他の作品では立派になっています。

お職の受けで、経験豊富なのですが
敬語攻めの弁護士に色々とやられています。

経験豊富なのに受けでやられるのが好物なので、
とても好きな作品です

0

お気に入りカップル誕生!!

花降楼シリーズでは勿論綺蝶と蜻蛉カップルが一番好きなのですが、彼らに匹敵するぐらい大好きなカップル誕生です!!!
綺蝶と蜻蛉の禿時代のお話では、かなり嫌な人として登場していた玉芙蓉・・・その時は正直大嫌いなキャラでした。
なので、そんな玉芙蓉が主人公のお話なんて・・・と思って実はしばらく避けていたのですが、思い切って読んでみて本当に良かったです。

玉芙蓉がこうなってしまった過去はやはりかわいそうで辛い物がありましたが、花降楼シリーズは遊郭が舞台なだけに、どうしても切ない、辛い、壮絶・・・な背景はつきもの・・・(分かってはいるけれども毎回辛い所・・・)
過去の出来事から玉芙蓉が心が優しいからこそなんだ・・・というのも分かりました。

超健気、儚げ系が多い花降楼シリーズの中で、超ツンデレな玉芙蓉キャラは却って新鮮で気持ちが良かったです。
でも、実は健気で可愛げがあったりもするのですが、丈夫そうな感じが凄く良かったです。

何よりも、上杉の超執着攻めだったという展開が、すっごくすっごく良かった!!!上杉のキャラもツボだったし、客じゃない・・・というのも対等な感じて良かったです。

2

花降楼シリーズで一番色気のあるカップル

花降楼シリーズ第六弾には、第二弾にも登場した玉芙蓉のお話。
こちらにも禿の頃の綺蝶と蜻蛉がちょこちょこ出てきます。
ですが、お話としてはシリーズの中でもわりと独立しているので、この一冊だけで読んでも大丈夫だとは思います。

第二弾で出てきた玉芙蓉は、蜻蛉を理不尽にいじめていてあまり好感が持てませんでした。
ですが今回のお話を読んで、かなり印象が変わりました。

玉芙蓉は花降楼でお職を張るような売れっ妓なんですが、ダメな男に入れ込み、貢ぎ、お金を貸したりもしてしまい借金が増えるばかり。
年季明けもあと1年と迫り、このままでは花降楼を出ても店を移して身売りを続けなければならないような状況です。
花降楼は吉原で男が身売りをする店としては最高級なので、店を移るとそのだけ環境は悪くなりますし、そもそも今の玉芙蓉では同じことを繰り返してボロボロになるのが目に見えているんですね。

そこで花降楼の顧問弁護士、上杉に呼び出されることになります。

この玉芙蓉がダメな男に入れ込んでしまう理由が、きちんと書かれているのが良かった。
玉芙蓉自身も相手のことが好きだからだと思い込んでいるのですが、本当はそうではなく、過去のトラウマが原因なんです。
それに上杉がいち早く気付き指摘するのですが、言葉だけでは納得せず、間夫と上杉を比べてみて初めて気持ちの違いに気付く、という流れもとても好きでした。

個人的には花降楼シリーズで一番色気のある二人のように思います。
単純に今までのメインカップルより年齢が高めだというのもあるのですが、玉芙蓉は華やかで色子らしく、まさに城が傾くと書いて傾城という呼び名がふさわしい感じですし、上杉も上杉で、実は玉芙蓉に一目惚れしたから花降楼の顧問弁護士を引き受け、虎視眈々と機会を伺っていた…という執着攻めっぽさが良かったです。

ぜひ、この二人のその後も見てみたいなと思いました。
上杉はシリーズの他の攻め達のように大金持ちではないので、他とはちょっと違ったその後になりそうで楽しそう。

0

初花降楼シリーズ!

タイトルにも書きましたが、私にとって初花降楼シリーズです。今までの作品を読んでいなかったので理解できるか不安だったのですが、この1冊で楽しめる作品になっていたので、大丈夫でした!

読み終わった感想としては…
玉芙蓉、今度こそやっと幸せになれて良かったね(>_<)
と、すごく思いました。今までろくな男と付き合ってこなかった玉芙蓉。騙されて貢いでは捨てられ借金が増え…の繰り返し。そんな生活に救いの手を差しのべてくれたのが、上杉先生!!
男を誘惑したりするのは得意のくせに、純粋な自分の恋心にはなかなか気づけない玉芙蓉の様が、もどかしいやら愛おしいやらで…。やっと上杉先生を好きだと気付いてからも、好きな男に貢いでもらうことにドキドキしてときめいている玉芙蓉が、とても可愛かったです。そして、その玉芙蓉の可愛さがひしひしと伝わってくるような文章が読んでいて、とても心地よかった!

ふだん読むのはほとんどマンガで、小説はあまり読まないけど、これを機にこのシリーズを全部読んでみようかと思います!(^O^)/

0

ベタかな?

 売春が公認化され、遊里として復活した吉原でも屈指の大見世・男の廓「花降楼」。
 そこでお職を張る玉芙蓉は、女王のように驕慢な美貌を放っていた。
 ところが、そんな玉芙蓉はなぜかろくでなしの客に貢いでは捨てられる日々だった。
 どれだけ稼いでも、間夫と呼ばれる自身の恋人を身上がりさせ、返ってこない金を貸し、全てを男につぎ込んでしまう。
 そろそろ年季が明けるというのに、ちっとも借金が減っていない玉芙蓉はついに、見世の顧問弁護士・上杉の執務室へ呼び出される。
「どうしてあなたはそんなに男の趣味が悪いんですか」
「もっとましな男って、たとえばあんたみたいなのかよ」
 眼鏡の奥で皮肉に微笑む彼に聞かれて、意趣返しに誘惑する玉芙蓉だが……というお話。

 どうしようもなくダメ男が好きな傾城と冷静沈着な顧問弁護士……というお話でした。

 玉芙蓉は、金にだらしのない男ばかりを好きになり、最初にお金を貸したのが始まりで、そのまま何度も金を無心してきて、挙句の果てにそのまま逢いにこなくなるような男ばかりを好きになる。
 玉芙蓉もどうしてだかわからないけれど、どうしてだか、そんな男ばかりを好きになってしまうのだ。

 そんな最中、間夫と諍いを起こし、留置所へと放り込まれた玉芙蓉を迎えに来たのは、上杉だった。
 見世に戻ってからも、玉芙蓉に「どうしてあなたはそんなに男の趣味が悪いのですか?」と責める上杉に、玉芙蓉はつい売り言葉に買い言葉で、「もっとましな男って、たとえばあんたみたいなのかよ」と上杉を挑発してしまう。

 そしてそのまま上杉と関係を持ち、もう馬鹿なことはしないと約束した玉芙蓉だったが……
 玉芙蓉が実はその行為を繰り返してしまうのには、理由があって……

 とまぁ、そんな感じで、物語は進んでいきます。

 何というか、今までのこのシリーズでは、この話が一番、ベタだったかなー……と、思わなくもないです。
 登場人物の性格とか……が、そう思わせるのか、その辺りはよくわかりませんが。

0

シリーズ中、一番好きかな

とってもきれいなアホの子受がたまりません。
ダメ男好きというか、本人がダメなんだろ、と突っ込みながら、それを放っておけない、でも本人には気づかせないという攻めを楽しめる人にはお勧めします。わたしは楽しみました!

0

シリーズ中 一番好きな作品vv

CDも コミックも出ている花降楼シリーズvv そのなかでこの第6弾 弁護士上杉×傾城の玉芙蓉 このCPが一番好きvvv 先にCDを聴いていてやっと文字で読むことができましたvvv やっぱりいいですね!文字はvvv コミック・CDそれぞれの良さはあるけど やっぱり文字を追って読むことによって脳で理解しながら想像力が膨らむvvその上CDを先に聴いているので 上杉役の三木眞一郎さんの声と玉芙蓉役の 遊佐さんの声が文字でセリフを読む語とに脳で囁くwwwwww 花降楼シリーズの中で今作が一番大人な雰囲気をかもし出していて こがまたイイvv 玉芙蓉の乳首好きvv たまらん(><)朱赤の絹襦袢に浮かぶ乳首vvv 舐ってvvvと胸を突き出す玉芙蓉 舐る!!上杉vvvv 想像するだけで 朱赤の絹襦袢が濡れて色が黒く見えるWWWWWWW もう 大人でしれっとしていて一見冷めてそうな弁護士上杉先生vv 玉芙蓉でなくても 夢中になるって!! 上杉の 玉芙蓉に対して一歩退いた感じ・ちょっと他人行儀です・ます調なしゃべりが時にいやらしく感じるvvvv そして時に強引に 最後の濡れ場での『早く・・・あなたの中に挿れさせなさい』wwwwwwwwwもう全てがゆるみっぱなしで こっちが溶けてしまいそうでしたvv 弁護士上杉先生に完敗です!!

1

もう、すっごく好きです

男娼の中の男娼。まさに女王様といえる玉芙蓉。当然、意地悪です。
蜻蛉編でもちょっと出てきて、思いっきり蜻蛉苛めてます。
大体、こういうやな奴は不幸になるんですが・・・さすが鈴木あみさま!
ばっちり幸せにしてくれてます。
実は過去にかなりなトラウマを抱えていて、そのせいで、ど~でもいいような男にばかり入れ込んで貢いで、挙句の果てに捨てられる・・・
こういう玉芙蓉をちょっぴり可愛い男にしてしまうのが顧問弁護士の上杉。こいつがまた顔に似合わず超エロいんです。
女王様玉芙蓉もメロメロにされちゃってます。挿絵もエロい!

6作目の玉芙蓉編が私はもう、すっごく好きです。

1

妖婦・ブロンドの女王様は、ダメ男がことのほかお好き?

「花降桜」シリーズ・第6作目です。
さて今回の美妓は、輝くブロンドに100万ドル(?)のおみ脚、
仲間には性悪・お客には妖婦、どういうわけかダメ男がお好きな…
口元のホクロも妖艶なお職…玉芙蓉にございます。
見た目・完璧な女王様で、中身はさらにどぎつい女王様…
そんな傾城に、すげない一言をくれる男がいました。
「どうしてあなたはそんなに男の趣味が悪いんですか?」
その男・上杉は花降桜の顧問弁護士で…かなり悪趣味で老獪な男!
白皙の美貌で嫌みな言葉、慇懃無礼な敬語攻め…
切れる頭とかけひきで、恋の相手をがんじがらめにして微笑む…
敵にだけはしたくない、実に危険な男です。
意趣返しに誘惑など試みたのが、玉芙蓉の運のつき…
…いや恋の始まりでありました。
貢いでは別れの…過去のダメ男達とは大違いの、
カラダだけの気楽な(ある意味、まっとうに爛れた)関係は、いつしか恋に☆
そこでネックになるのは…やっぱり玉芙蓉のダメ男中毒!
そう、この傾城はもう長い間、中毒なんです。ダメな男が止められない…。
生い立ちと…その他もろもろの過去が重なって、どうしても止められません。
「もう止める」と…上杉と約束しても、やっぱりダメ男にほだされてしまう!
ところがこういう場合に、世間&同僚はとても厳しいのです。
そう、世間というものは厳しくて…ことに「止める宣言」を守れない者は、
あっと言う間に、つまはじきにされてしまいます。
(↑「始める宣言」には割と甘いのよね、世間って…。)
娼妓仲間はもちろん、遣り手・鷹村も、これには厳しい!
ともかく「止める宣言」を世間様は、しっかり聞いています。
そして…それ以上に「止める宣言」の結果を、
世間様はもっとしっかり見ています(汗...)
上杉もついに愛想を付かすか…と思ったのですがね、
愛の方が強かったのですよ(残念!)
彼はクールに女王様を観察し、分析し、それでも愛し、
見事更生させ、落籍してしまった☆
例外的な愛のなせるワザですよ、これは! それも相当の愛!!
(これはやっぱり…桜の下で西行の歌を詠んだ玉芙蓉の美貌が大きいかも☆)
ごく普通の恋人の場合は…世間の例にもれず、「止める宣言」を裏切れば、
少なからずヒビが入りますから要注意です、恋人だって世間の一部だから…
愛があろうと失いますよ、残念ながら…。
さて褥での二人は…ああ、失礼しました…執務室のデスクでしたね、彼らの場合は!
惜しげもなく100万ドル(?)の脚をさらす女王様は、
さながらディートリッヒのようでありました、ああ眼福☆

2

意地悪で自己中で傲慢女王様の泣き所

花降楼シリーズ!第6弾!!!
年季明け間近のお職・玉芙蓉のお話。

玉芙蓉は、蜻蛉と綺蝶編にもでてきた意地悪ぅ~な先輩ですw
美貌と性悪を武器に長い間、花降楼でトップを張ってきた玉芙蓉さんですが
どーしょーもない男に、身揚がりさせてしまう。
身体を張って稼いでも稼いでも、借金を重ねてしまうという
いわゆる“だめんず”好きなんですよねw
でも、なぜ“だめんず”を放っておけない性質なのかの理由が
きちんと書かれているので、すごく納得した。

玉芙蓉の相手は、花降楼の顧問弁護士の上杉。
四角四面なストイックな弁護士かと思ったら
頭のキレる男なんですよねぇ・・・
しかし、玉芙蓉に負けず劣らず
上杉も相当趣味が悪いよなぁと思いましたwww

大人同士の恋。
綿密に狙った獲物を手に入れた上杉にゾクゾクします。
絡みもシリーズの中では、かなりエロエロでしたv

とはいえ、花降楼シリーズの色子はみんな最終的には
恋におぼこい純情派なんですよねv
身体をすり減らし男を幾人も知ってはいても
恋する気持ちはいつでもまっさらv

2

ダメおとな、バンザイ、バンザイ

花降楼シリーズ、玉芙蓉編
貴蝶、蜻蛉が禿だった頃に傾城だった玉芙蓉姉さんのお話。
玉芙蓉姉さん、気の強い負けず嫌いのクセに、どうしてもダメ男に弱くって、身請けされないまま、もうじき年季が明ける所まできちゃってる。
で、年季明けの身の振り方を相談しろと引き合わされたのが、見世の顧問弁護士・上杉。

この上杉って言うのが実は、、、、

年嵩で、売れっ子だから偉そうにしているけど、ほんとはグラグラな玉芙蓉。
それをじっくり絡め取っていく上杉が怖い。
でも、玉芙蓉みたいなグダグダは、雁字搦めに捕まえられちゃった方がいいのかな。

これのCD、玉芙蓉=遊佐、上杉=三木とおとなの手練れの魅力たっぷり。
蓮っ葉な啖呵きる玉芙蓉を敬語攻めする上杉
ゆっちーの啖呵に、三木眞の敬語攻め
メチャメチャ萌えまっせ

1

シリーズ6作目

誰もがうらやむ美貌で、傾城をたもちつづける男娼・玉芙蓉。
しかし、彼はいつもろくでもない男にばかり惚れ、貢ぎ続けていた。
そんなとき、現れた見世の顧問弁護士・上杉は・・・・!?

というお話。
女王様受…((*゚Д゚*))ハァハァWW
蜻蛉編のときにも現れておりますね。
蜻蛉がカムロのときについていた男娼がこの人なんですけど。
そんな人が、まさかこんなかわいい場面を見せてくれるとはおもってもなかったWWW
他のキャラクターはどうしてもショタ色が隠せないのが現状なんですが、今回はなんといってもオトナ受W
オトナなお兄さんがグチャグチャにされて感じまくってるのは激しく興奮をあおります。
エロさも割り増し。
それとは反対に、あうために通ってみたりとか、膝枕とか指きりとか。かわいい場面もモリモリ。
弁護士先生が敬語攻なのも萌。
最後、「挿れさせてください、って言えよ」とかWW
かわいいのに、行動かわいいのに言葉が男前な受って最強(ノ′∀`*)

ある意味、その後の話があるとしたら、綺蝶さんたちとどっちがエロいだろWWWW←結局そこかよ

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ