• 電子書籍【PR】
  • 紙書籍【PR】

表題作媚笑の閨に侍る夜

上杉 見世の弁護士
玉芙蓉 男娼

同時収録作品媚笑の閨に侍る夜

禿 綺蝶
禿 蜻蛉

その他の収録作品

  • あとがき

あらすじ

売春が公認化され、遊里として復活した吉原でも屈指の大見世・男の廓「花降楼」。
女王のように驕慢な美貌を持つ玉芙蓉は、お職を張るほどの売れっ妓でありながら、なぜかろくでなしの客に貢いでは捨てられる日々だった。
借金が嵩み、ついに見世の顧問弁護士・上杉の執務室へ呼び出される。
「どうしてあなたはそんなに男の趣味が悪いんですか」「もっとましな男って、たとえばあんたみたいのかよ」眼鏡の奥で皮肉に微笑む彼を、意趣返しに誘惑しようとする玉芙蓉だが…。
大人気・花降楼シリーズ第六弾。


作品情報

作品名
媚笑の閨に侍る夜
著者
鈴木あみ 
イラスト
樹要 
媒体
小説
出版社
白泉社
レーベル
花丸文庫
シリーズ
君も知らない邪恋の果てに
発売日
ISBN
9784592875093
3.8

(37)

(11)

萌々

(14)

(10)

中立

(1)

趣味じゃない

(1)

レビュー数
14
得点
142
評価数
37
平均
3.8 / 5
神率
29.7%

レビュー投稿数14

シリーズ6作目

誰もがうらやむ美貌で、傾城をたもちつづける男娼・玉芙蓉。
しかし、彼はいつもろくでもない男にばかり惚れ、貢ぎ続けていた。
そんなとき、現れた見世の顧問弁護士・上杉は・・・・!?

というお話。
女王様受…((*゚Д゚*))ハァハァWW
蜻蛉編のときにも現れておりますね。
蜻蛉がカムロのときについていた男娼がこの人なんですけど。
そんな人が、まさかこんなかわいい場面を見せてくれるとはおもってもなかったWWW
他のキャラクターはどうしてもショタ色が隠せないのが現状なんですが、今回はなんといってもオトナ受W
オトナなお兄さんがグチャグチャにされて感じまくってるのは激しく興奮をあおります。
エロさも割り増し。
それとは反対に、あうために通ってみたりとか、膝枕とか指きりとか。かわいい場面もモリモリ。
弁護士先生が敬語攻なのも萌。
最後、「挿れさせてください、って言えよ」とかWW
かわいいのに、行動かわいいのに言葉が男前な受って最強(ノ′∀`*)

ある意味、その後の話があるとしたら、綺蝶さんたちとどっちがエロいだろWWWW←結局そこかよ

4

意地悪で自己中で傲慢女王様の泣き所

花降楼シリーズ!第6弾!!!
年季明け間近のお職・玉芙蓉のお話。

玉芙蓉は、蜻蛉と綺蝶編にもでてきた意地悪ぅ~な先輩ですw
美貌と性悪を武器に長い間、花降楼でトップを張ってきた玉芙蓉さんですが
どーしょーもない男に、身揚がりさせてしまう。
身体を張って稼いでも稼いでも、借金を重ねてしまうという
いわゆる“だめんず”好きなんですよねw
でも、なぜ“だめんず”を放っておけない性質なのかの理由が
きちんと書かれているので、すごく納得した。

玉芙蓉の相手は、花降楼の顧問弁護士の上杉。
四角四面なストイックな弁護士かと思ったら
頭のキレる男なんですよねぇ・・・
しかし、玉芙蓉に負けず劣らず
上杉も相当趣味が悪いよなぁと思いましたwww

大人同士の恋。
綿密に狙った獲物を手に入れた上杉にゾクゾクします。
絡みもシリーズの中では、かなりエロエロでしたv

とはいえ、花降楼シリーズの色子はみんな最終的には
恋におぼこい純情派なんですよねv
身体をすり減らし男を幾人も知ってはいても
恋する気持ちはいつでもまっさらv

4

お気に入りカップル誕生!!

花降楼シリーズでは勿論綺蝶と蜻蛉カップルが一番好きなのですが、彼らに匹敵するぐらい大好きなカップル誕生です!!!
綺蝶と蜻蛉の禿時代のお話では、かなり嫌な人として登場していた玉芙蓉・・・その時は正直大嫌いなキャラでした。
なので、そんな玉芙蓉が主人公のお話なんて・・・と思って実はしばらく避けていたのですが、思い切って読んでみて本当に良かったです。

玉芙蓉がこうなってしまった過去はやはりかわいそうで辛い物がありましたが、花降楼シリーズは遊郭が舞台なだけに、どうしても切ない、辛い、壮絶・・・な背景はつきもの・・・(分かってはいるけれども毎回辛い所・・・)
過去の出来事から玉芙蓉が心が優しいからこそなんだ・・・というのも分かりました。

超健気、儚げ系が多い花降楼シリーズの中で、超ツンデレな玉芙蓉キャラは却って新鮮で気持ちが良かったです。
でも、実は健気で可愛げがあったりもするのですが、丈夫そうな感じが凄く良かったです。

何よりも、上杉の超執着攻めだったという展開が、すっごくすっごく良かった!!!上杉のキャラもツボだったし、客じゃない・・・というのも対等な感じて良かったです。

3

ダメおとな、バンザイ、バンザイ

花降楼シリーズ、玉芙蓉編
貴蝶、蜻蛉が禿だった頃に傾城だった玉芙蓉姉さんのお話。
玉芙蓉姉さん、気の強い負けず嫌いのクセに、どうしてもダメ男に弱くって、身請けされないまま、もうじき年季が明ける所まできちゃってる。
で、年季明けの身の振り方を相談しろと引き合わされたのが、見世の顧問弁護士・上杉。

この上杉って言うのが実は、、、、

年嵩で、売れっ子だから偉そうにしているけど、ほんとはグラグラな玉芙蓉。
それをじっくり絡め取っていく上杉が怖い。
でも、玉芙蓉みたいなグダグダは、雁字搦めに捕まえられちゃった方がいいのかな。

これのCD、玉芙蓉=遊佐、上杉=三木とおとなの手練れの魅力たっぷり。
蓮っ葉な啖呵きる玉芙蓉を敬語攻めする上杉
ゆっちーの啖呵に、三木眞の敬語攻め
メチャメチャ萌えまっせ

2

シリーズ中 一番好きな作品vv

CDも コミックも出ている花降楼シリーズvv そのなかでこの第6弾 弁護士上杉×傾城の玉芙蓉 このCPが一番好きvvv 先にCDを聴いていてやっと文字で読むことができましたvvv やっぱりいいですね!文字はvvv コミック・CDそれぞれの良さはあるけど やっぱり文字を追って読むことによって脳で理解しながら想像力が膨らむvvその上CDを先に聴いているので 上杉役の三木眞一郎さんの声と玉芙蓉役の 遊佐さんの声が文字でセリフを読む語とに脳で囁くwwwwww 花降楼シリーズの中で今作が一番大人な雰囲気をかもし出していて こがまたイイvv 玉芙蓉の乳首好きvv たまらん(><)朱赤の絹襦袢に浮かぶ乳首vvv 舐ってvvvと胸を突き出す玉芙蓉 舐る!!上杉vvvv 想像するだけで 朱赤の絹襦袢が濡れて色が黒く見えるWWWWWWW もう 大人でしれっとしていて一見冷めてそうな弁護士上杉先生vv 玉芙蓉でなくても 夢中になるって!! 上杉の 玉芙蓉に対して一歩退いた感じ・ちょっと他人行儀です・ます調なしゃべりが時にいやらしく感じるvvvv そして時に強引に 最後の濡れ場での『早く・・・あなたの中に挿れさせなさい』wwwwwwwwwもう全てがゆるみっぱなしで こっちが溶けてしまいそうでしたvv 弁護士上杉先生に完敗です!!

2

この作品が収納されている本棚

マンスリーレビューランキング(小説)一覧を見る>>

PAGE TOP