黒い獣に幸せのキス

kuroi kemono ni shiawase no kiss

  • 黒い獣に幸せのキス
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神15
  • 萌×222
  • 萌4
  • 中立6
  • しゅみじゃない6

55

レビュー数
6
得点
181
評価数
53
平均
3.6 / 5
神率
28.3%
著者
伊達きよ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
hagi 
媒体
小説
出版社
KADOKAWA
レーベル
Ruby collection
発売日
電子発売日
ISBN
9784041125212

あらすじ

獣に変身してしまう軍人×下級文官の、もふもふ変身ファンタジー!

港町で文官として働くライナスは、ある事がきっかけで職場に居づらくなった上、過労で倒れてしまい休職することに。そんなライナスのもとに、幼馴染で有望な軍人であるクライヴが帰ってきた。クライヴは戦功を立てた結果、「獣軍人」になる誉を得たという。「獣軍人」は獣の力を宿し、一騎当千の力を発揮するが、力が馴染むまでの間、完全に獣の姿になってしまうため、ライナスに面倒を見てほしいそうだ。ふさふさの尻尾に三角形のお耳、そしてライナスに撫でられるのを好む姿は、犬そのもの。犬クライヴの世話を焼きながら、二人の生活が始まるが…?

表題作黒い獣に幸せのキス

クライヴ・ベネット 軍人 幼馴染
ライナス・ヘイヴァーズ 下級文官 23歳 幼馴染

レビュー投稿数6

幸せの在り処

伊達きよさんのお話は、その後の二人の人生は続くって感じで終わりますよね。
余韻を残してくれるのはとても嬉しいのですが…。

まさかあらすじからこんなお話だとは思いませんでした。
発売日のレビューなので詳しく書くのは控えますが、クレイグの覚悟や、姿や態度の変化やその意味を知ると…。

再会後一ヶ月も何も告げずにのんびり二人で過ごすのも必要でしたし、そのおかげでライナスも回復できたのでしょうが…。
クレイグのことをもっと早くわかってれば!言ってくれてたら!

最後の数十ページはこちらも本当に胸が苦しくて。でももし幸せならそれでいいかも、でもやっぱり!って。

後から後から小出しにされる事実に(勝手に)翻弄されました。普段ならこのやり方は好みじゃないのですが、このお話は効果的にいかされてたのかな?えーそうだったの?が多かったです。

相手の幸せを願い続けて無事を祈り続けて。

9

すごく読みやすいのに切なくて幸せになれる一冊

作家買いです。毎回楽しませてくださる伊達先生今回も間違いなかったです!


『幼馴染の軍人がもふもふワンコになって帰ってきた⁉︎』帯の煽りに可愛い話かな?と読み始めたのですが、受けちゃんの風に飛ばされて消えてしまいたい風な状況に心を掴まれ、攻めとの再会と彼の事情と変化したモフモフワンコの姿とのギャップと彼との生活と不穏な空気を感じドキドキしながら読み進めるうちに訪れる暗転。
もう先生の物語の進行のうまさ、読者の感情を揺さぶる一人称表現のうまさ、波瀾の持ってくるポイントと二人の関係の変化をうまくシンクロさせる所など読んでる時はどっぷりと浸かれて気付かないくらい夢中にさせられるうまさに今回も唸らせられました。
今回は変化がテーマだったとのことですが、どんなに変化しても変わらない思いが素敵でした。
攻めの強いひたむきな愛に心が揺さぶられ、見上げる瞳にキュンキュンし、無骨な、でも大きく見守る優しさと一点突破しそうな熱量を併せ持つ愛情に萌え萌えし、訪れた試練に死ぬかと思いました。うっかり涙が滲んでしまいました。
どんな姿になっても何をするにも受への愛だけで細胞が動いている攻、素晴らしい意外の言葉はないです!
しかも溺愛と執着の境界線に立っている!つまりどちらもできる色んな意味でデュアルタスクな男!
大きすぎる愛ゆえに切ないなんてこんな切なさは凄く好きです!
最後に二人が呼び合う名称が好きすぎます!
続編希望!

6

黒わんこ

先生買い。良かった!圧倒的な何かがあった訳じゃないので萌2にしましたけど、良かった!先生、ついていきます!という気持ちです。犬好きな方でしたらめちゃおすすめしたい本編200P+後日談14P+あとがき。伊達先生のお話、読みやすいですので小説初めて!って方でもおすすめです!

職場で上手くいかなくなってお休み中のライナス。両親もすでに亡く、ちょっと自堕落になってしまう時も出てきたある日の真夜中、双子のように育てられたクライブが久しぶりに帰ってきて・・・と続きます。

攻め受け以外に登場人物は
ミヒャエル(軍医)、トノイ(元部下)、元同僚(♀)、同じ町に住む方々ぐらいかな。

++好きなところ

攻めが「適性ある」ということで獣軍人になろうとするんです。そのために受け入れた「核」が黒わんこ。黒わんこで過ごしたり、人間になったりと最初は不安定なので、安定するまで一緒にいさせて、と帰ってきたのが事の始まり。

その黒わんこが猛烈に可愛いんですよねえ・・・・犬好きには堪らん。「首の後ろあたりを撫でてほしい」だの、膝に頭をのっけてくつろいだりだの、お座りして後ろ足で耳の後ろあたりを掻いたりだの、ああ犬のいる生活じゃん・・大好き。先生、犬飼っておられたんですかね?犬好きのツボ突く描写が多い印象です。

犬は可愛いうえにお話がこれまたきゅうきゅう来るものがありまして、良かったのです。受けは最初メンタルダウンしてて?でしたが、幼馴染のわんこと共にいるうちに元気になって包容力ある様子になりましたしねえ。黒わんこは甘えまくっていて良いのです。

お話全体がきゅうきゅうせつなめモードなんだけど、わんこ要素でふわっと丸められるところもあり、もちろんハピエンだし、伊達先生のお話好きだわーと改めて思った一冊でした。今まで読んだことないという方にも、ぜひ先生のお話、読んでいただきたいです!

6

流石の伊達きよ先生でした

間違いなく読ませてくれます。流石としか言いようがありませんでした。
でも大好きな「ゲテモノゲゲと呪いの魔法」ほどには萌えられなかったので、萌2にさせて頂きました。

ライナスが職場に居づらくなった理由が本当に腹が立って仕方がないんです。でも兄弟同然の幼馴染みのクライヴが同居して、世話をするうちにライナスの心が健康になって行く過程はとても癒されました。

読者はクライヴの気持ちは早々に気が付くと思いますが、読み進めて行くと同時に「獣軍人」に関する不穏な秘密を知ることになって、ハラハラして胃がキュウっと痛むのです。
思わずちるちるさんのレビューを読んで確認してしまいました。

終盤は切なくて切なくて涙と心臓の動悸が止まりませんでした。

最後にライナスが自分の望みを伝えられるようになった事に感動しました。これもクライヴと一緒に過ごす期間があったからだと思いました。

ライナスが職場に居づらくなった原因にはそれ相応の罰が下ったし、ライナスが元の自分を取り戻して幸せそうな様子にこちらまで幸せな気持ちになれる作品でした。

後半の盛り上げ方は流石だとしか思えませんでした。ただ心臓には悪いです。www

5

幸せの場所

作家様買いです。

タイトルだけではどういうお話かわからなく、
あえてあらすじを読まずに買いましたがすごく良かったです…!!!!

もふもふファンタジーです。
文官で働いているライナスと、軍人であるクライヴのお話。
ライナスは過労で倒れ休職することに。
そんなある日一緒に兄弟のように育ったクライヴが帰ってきてー…。

ライナスが倒れたのは、過労だけではなく心労もあるのですが、
その理由にとてつもなく腹が立ちました。

モヤモヤする気持ちで読み進めていくと
心労の原因のトノイとライナスに告白した女性が出てきます。
地団駄踏みそうなくらい腹立たしいのですが
その後のクライヴの対応ですっきりしました。
でもやっぱり、誠実に対応したライナスにこの仕打ちはひどいなぁって思いましたけどね…。
でも、ライナスの辛い気持ちをクライヴが救ってくれるんですよ。


お話の中で結構辛い部分が多くて、
クライヴの過去のお話とかも辛かったです。
クライヴにとってライナスだけが光だったんだなぁって…。

ちゃんとハッピーエンドになるのかハラハラしたし、
途中は涙が止まらなくてティッシュ必須だったのですが、
辛かった分幸せがやってきてよかったです…!!!


結婚してからのクライヴの独占欲の強さにニヤニヤしました(*´ω`*)
辛い部分が多かった分、ここで糖分を摂取させてくれるきよ先生…さすがです!(*´ω`*)
素敵なお話を読めてよかったです♪

5

誰よりも貴方の幸せを願う

今回は獣軍人となる栄誉を受けた軍人と
港町の役所で働く下級文官のお話です。 

受様が攻様の世話をする日々で新しい道を選ぶまでと
結婚後の短編後日談を収録。

受様は王都から遠く離れた港町で文官をしています。

受様は教師だった両親の教えで責任感が強く、
上司の仕事の依頼や部下の仕事を手伝いも断らず
朝から晩までに働き尽くめです。

その上、受様に関する噂で職場での風当たりが強く、
嫌がらせのように仕事を押し付けられてもいました。

ある日受様はいきなり倒れるのですが
王都の役人が視察にきた式典の最中だったため
失態は受様のせいだと長期休職を言い渡されるのです。

受様は昨年両親を相次いで亡くして以来
家でもゆっくりする事もなく動き回っていのに
今の受様は惰性で生きているようになります。

そんな受様の日々を変えたのは
突然王都から戻ってきた攻様でした。

攻様は7才の時に両親が引き取った戦争孤児で
2人は本当の兄弟のように、一番の友達のように
近しい存在として育ちます。

攻様は15才で軍人になると王都に向かい、
3年前の戦で大活躍して若くして中佐となった
立身出世の人なのです。

攻様は「『獣軍人』になることになった」から
「ここでお前に面倒を見てもらってもいいかな?」
と言ってきて!?

獣軍人になるために戻ってきた攻様と
休職している地方文官の受様の
もふもふファンタジーになります。

『獣軍人』とは獣の力をその身に宿して
一騎当千の力を得る戦士であり、国の誉とされます。

獣軍人は将校級で大軍を率いて戦場を駆け巡る
人知を超えた生き物ですが
一般人には実態を知る術は有りません。

受様には攻様が獣軍人になる事と
その間受様が面倒を見ることが繋がりませんが

攻様は完全に獣軍人になるまでは
獣の核が不安定なため不定期に獣の姿になると
獣姿になりますが、見た目は黒犬です (ӦvӦ。)

受様に撫でられて鼻を鳴らしたり
尻尾をふさふさする姿はまさに犬になのですが
獣軍人化の方法は国家秘密だそうで
軍が認めた身内以外には口外できないような
魔法まで掛けられていたのです。

受様は攻様の面倒を見る事を了解しますので
ほのぼの系のコミカルな展開かなと思っていたら

ここから受様が不調をきたしていた訳や
攻様が獣軍人になろうと決意した理由が語られ
想像していた展開とは全く違う様相を呈してきまして

攻様が軍人を目指して王都に出た理由
受様が職場内で辛くあたられるようになった訳
獣軍人になれなかった軍人たちの存在が知れるにつれ
どんどんシリアス味が増してきて

攻様の未来が陰っていくようでハラハラ
ハピエンの最後は信じてましたがドキドキ続きで
大団円までとっても楽しく読ませて頂きました。

誰かを大切に想う事が自分の幸せに繋がらなくても
自分に出来る事を信じて進む、進もうとする姿に
胸が絞めつけられました ๐·°(৹˃ᗝ˂৹)°·๐

ワンコ化した攻様にもツボを押されまくりでした♡

4

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う