WEED(新装版)

wewd

WEED(新装版)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神6
  • 萌×27
  • 萌6
  • 中立2
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
8
得点
78
評価数
22
平均
3.7 / 5
神率
27.3%
著者
 
イラスト
 
媒体
BL小説
出版社
リブレ
レーベル
ビーボーイノベルズ
発売日
価格
¥900(税抜)  
ISBN
9784862631848

あらすじ

エリート医師の若宮と悪友・谷脇はある雨の夜、一人の男を拾う。一夜限りの刺激的な遊びと、男を無理やり弄んだ若宮たちだったが、一週間後その男・岡田と偶然自宅で再会してしまう。さらに、あの夜以前にも若宮は岡田に出会っていたと告げられ…。こんなに求めたことはないから、どうしていいかがわからない。そんな恋に出会ってしまった―。

表題作WEED(新装版)

岡田 運送業者
若宮 医師

評価・レビューする

レビュー投稿数8

雑草男の清廉さと芯の強さに脱帽

肌色の表紙と強姦に気後れして、木原さんの作品の中で読むのを後回しにしていました。平手打ちを食らったような衝撃的な作品でした。恋って、こういう面もあり得るのだと。

金も地位もある自己中心的なエリート医師・若宮が、性悪セフレの谷脇と一緒に強姦した男・岡田と恋に落ちるというすごい設定。しかも、岡田の妻子は交通事故死しており、若宮の患者でした。
何より驚いたのは、奔放に性関係を楽しんできた若宮にとって、これが初めての恋であり、自覚した途端に築いてきたプライドも信条も吹き飛んでしまうという展開。心の奥底に隠れていたのは、寂しさと愛される自信の無さ。傲慢だった若宮が、「何でもするから、お願いだから…僕のこと、捨てないで」と懇願する場面では、恋の狂気を感じて、言葉にならない興奮を覚えてしまいました。

若宮をここまでにしたのは、岡田の清廉さと芯の強さではないかと思いました。
引っ越し業者に勤める岡田と偶然再会した若宮は、とにかく自分の失態を金で始末しようとしますが、岡田は受け取りません。若宮が土足でアパートに上がり込んだ時も、「畳を拭いて帰ってもらう方がよほど誠意がある」と言い放ちます。若宮は岡田に自分にない清廉さを感じ取ったのでしょう。理由をつけて訪ねるうちに、どんどん岡田に惹かれていきます。
不思議なことに、岡田も若宮を好きになり、タチだった若宮を抱くのです。二人で雨宿りしているとき、岡田が強姦された日のことを思い出して、若宮に話す場面に答えがありました。強姦された後、眠った若宮をどれだけ殴ってやろうと思ったか。けれど、子供みたいにしがみついて離れないから、「きっとあなたも寂しい人なんだろうって、そう思った」と。自身は、妻子を交通事故で失って、その悲しみを振り切るために土砂降りの中走っていて、強姦されたのに。自分の寂しさに手いっぱいになることなく、相手の寂しさも感じ取る。谷脇に「雑草」と評される岡田の、その芯の強さ、優しさに、脱帽しました。若宮が完全敗北して、自分の恋心を自覚するのも納得です。

同時収録の「EVER」では、岡田が実業団マラソンに参加するのをきっかけに、若宮が嫉妬したり、当てつけに谷脇と浮気したりするのですが、岡田の気持ちはぶれません。岡田の走りに重ねて、芯の強さを描くのがメインのように感じました。
岡田に惚れ直し、大けがをした岡田と病室で愛し合い、若宮はやっと嫉妬の病から解放されたようです。でも、どんなに抱かれても寂しい気持ちはなくならない…。どうしようもない寂しがり屋さんです。でも、その寂しい気持ちがある限り、岡田を欲しがる気持ちはなくならないのですから、ずっと一緒にいるのでしょうね。

書下ろしの「Passed by~scene 1」で、岡田が若宮を可哀そうに思っていると明かされています。愛されても寂しい若宮のことをよく分かっているのだと、ホッとしました。
岡田は、遺品整理の仕事で、数年前、自分と一緒に交通事故に居合わせた医学生が亡くなったことを知ります。明日のことは分からない。今は目の前にいる人を愛するだけだ。そんな岡田の潔さが胸に沁みて、心地よく物語の着地点を示しているような気がしました。

2

すれ違いまくりだけど

衝撃。悪友と強姦した男に最終的には抱かれてる。初回とそれ以降が変わったからリバと言っていいのかわからないけど、リバがだめならやめたほうがいいかも?
二人が恋人になるまでは、同じ作者の他の作品と比べるのもなんだけど、いつも1冊かける話が1冊にも満たず、でも凝縮された感じ?もう恋に落ちたのか!と思ったんだけど、その分恋人になってからの話があってラブラブ好きとしては嬉しくもありました。
恋人になってから、恋愛体質な攻めと嫉妬深い?受けなんだけど、若宮は元々恋人クールというか束縛し合わないようなそんな関係を好んでいたのに、それが岡田に初めての恋をしてから岡田のことが気になって気になって、恋人になっても不安を感じてばかりで些細なことで一人で(重要事項)怒ったり喚いたりとんでもないことしたり。そんな若宮に対してべったりな岡田は「悪いところは直すから……」って、あ〜〜いじらしい〜〜と、たまらなくなる。
最悪な出会いから始まった恋で少しずつ変わってゆく若宮。読み終えて、あらすじのそんな恋にであってしまった、と言う言葉がしっくりきました。ハッピーエンドで良かった!
新装版から読み始めたのですが、三部作ということで、他の二冊も早く読みたい。あの谷脇のお話!攻めと受けの名前やあらすじを軽く読んでしまってすでにもう胸が痛い(笑)でも絶対すぐ読むだろうなあ。

3

リバもの…っぽくはない

「WEED」「FLOWER」「POLLINATION」三部作を連続して読んだので、続刊も踏まえてのレビューになります。

三部作の第一作にあたる本作は、医師の若宮(主人公)と彼が出会った平凡な青年・岡田の物語です。若宮はものすごく自分勝手な理由で、偶然「拾った」岡田を同僚の医師・竹脇と一緒になってレイプします。その後、岡田が妻子を事故で亡くした孤独な男で、以前に病院内で患者の親と医師として擦れ違っていたことを知った若宮は、岡田が自分への復讐を企んでいると思い込んで自分らしくない行動に出てしまうのですが、このことが切欠で若宮は岡田に執着していきます。やがて岡田も若宮に想いを寄せるようになり――…という、少々強引な展開のお話です。

そう、強引…なんですよね。木原音瀬さんの作品は新旧問わずいくつか読んできましたが、ここまで評価が難しいシリーズは初めてです。シリーズとしての評価は「萌」、この第一作は辛うじて「萌x2」かなぁ。私は第二作(に収録されている兄弟モノ)が一番好きでした。

ちなみに若宮×岡田なのは最初のレイプシーンだけでそれ以降はずっと岡田×若宮なので、あまりリバものという印象はありませんでした。

理屈抜きで岡田に惹かれていく若宮の心情の変化にはさすが木原作品という感じの強い切なさを覚えましたが、岡田が若宮を抱きたいと思うほどに彼に夢中になる理由がちょっと腑に落ちなかったなぁ。後半は両想いの二人がヤキモキする甘い展開だったので、まあ大事なのは出会い方より暮らし方なのかな…と思いました。二人が幸せならいいです、うん。

5

クソで可愛い年上受け、ただそれだけだけどそれが神

新装版、私的には特に意味なし。なので新装版じゃない方と同じレビューします。
ちなみにちるちるさんの受け攻め表記間違ってますよー。メインCPは、年下マラソン選手攻め×年上医師受けですのでお間違いなく。
さてさすがの木原様節。ストーリー導入部のくだり、クソさが酷い。
気をつけてください。
リバが、ぜっっったいに許せない方。
そのクソ部分では、ストーリー中核となるCPの受け攻めは逆です。
ストーリー冒頭、攻めは、受けに、レイプされます。
レイプって辺り、もうクソですよね。
それでも、それが、木原節。
その後の受け医師の、可愛いこと可愛いこと…………
彼の、攻めが好きすぎて自分のアイデンティティまで変えちゃうくらいってのがヤバイ。
受け医師は相変わらずクソで、 あり得ないくらい狭量でヤキモチ焼きでひとりよがりで自分勝手で意地っ張りで妄想癖で、ことあるごとに(勝手に思い込んでコトを創り出す、イタいヒト)ダメな選択で浮気しちゃうっつーとこ、もう可愛すぎて可愛すぎて。いや、バカだなあと思いながらも可愛い。恋の魔法をかけられちゃうと、セックスを軽く楽しむただの行為なんだとストイックに思ってる人間も(その辺がすでに病んでる)、挨拶1つにヤキモチを妬くくらいバカになってしまうということですね。あーー、バカすぎて一途過ぎて可愛いったらないっ!
攻めが、こんなバカでどうしょもない恋人に一途に付き合って愛してる辺りが、また木原節!
カッコイイ受けが築き上げたアイデンティティを曲げてまで自分をかっこ悪くしちゃって(自意識だけね)、攻めがそんなにかっこよくないのに、受けを一途に思っているってところが、私的にぐにゃぐにゃしちゃうくらい萌えるところです。
レイプネタは、許せませんが。

4

表紙が買いにくいシリーズ

裸ん坊3部作の中で、このWEEDが一番好きです。
傍若無人でプライドはエベレスト級。
嫌なことがあればすぐに人に当たり散らし、後輩相手に嫌味をたれる、超我儘男、若宮。
人としてどうかと思うような、兎に角いちいち腹の立つ男なんですが、こいつが何だか憎めない……。
注いでも注いでも満杯にならないコップみたいな若宮相手に、岡田は本当に懸命に愛を注ぎます。
でも、岡田も若宮と一緒で、やっぱり愛に飢えてる感じがたまらなかったです。嫉妬深くて、愛がないと生きていけないタイプなのが身悶えするほど萌える。

2作目を示唆する内容の書き下ろしが、とてつもなく良かったです。
読んでてすぐに松本の事だなと思ったんですが、先を知ってるだけに涙でそうになる……。

3

初めガツンで中はハラハラ、最後は…(笑)

裸んぼシリーズ三部作のうち一作目。
強姦した相手と恋愛関係になるという
今まで読んだ木原さんの作品の中でも、トンデモ展開が際立ってましたw

主人公は30歳のゲイの外科医。
セフレ関係にある同僚(タチ同士なので挿入無し)とホテルに行く途中、
気まぐれで、道を歩いていた男を騙してホテルに連れ込み、
二人掛かりで強姦します。
実は男は以前、主人公が助けられなかった交通事故犠牲者(子供)の親です。
しかも強姦事件の後、主人公が引っ越す際に、
客と引っ越し業者として再会してしまいます。

初めは保身のため男に謝罪していた主人公ですが、
そのうち男を好きになってしまって友人を経て恋人になります。
主人公はネコ未経験だったのですが、男の希望に沿うために受けに回ります。
強姦の夜から考えたらリバですね。

男は主人公より5つ年下で、恋愛体質とのことで主人公にべったりです。
主人公も今まで遊びまくっていたくせに、攻めに本気で惚れてしまい、
過去の恋人には合鍵すら渡さなかったくせに
男とは少しでも一緒にいたいとすぐに同棲するようになります。

両思いでラブラブに見える二人ですが、主人公の視点でのみ語られるので、
主人公にべた惚れのはずの男が、無断外泊をしたりすると
不安に駆られる主人公と一緒になって、
『これは攻めによる、壮大な復讐なのでは?』
と読者もビクビクしてしまうのは木原作品だから・・・(^_^;)

主人公は男を好きすぎて、全てを独占したくなり、
些細な事でも不安になります。
でも、それを素直に男に伝えられず、
理由も言わずに無視をしたり距離を置いたりして
それでいて、男が傍にいないことで寂しくなって泣きじゃくったり。。
終いには、男が女と話してるだけで嫉妬と誤解をこじらせて、
耐え切れずに、セフレと浮気までします。

行きずりの男を強姦するような人でなしで、
社会的地位もあり、見た目も良く、プライドの高い主人公が
これといった取り柄も無い男に、心底惚れてしまい、
自分でもコントロールできない恋心に翻弄される様子には
愛おしみを覚えます。

結局、攻めの復讐なんてことはなく、男の愛情は本物だったのですが
こんなに気難しくて我が儘で素直じゃない主人公を
変わらず愛し続けてくれる優しい男で良かったね、と思うべきなのか、
真摯な愛情を注いでくれるけれど、恋愛の機微に疎く
恋人の不安に気付かないような男に惚れてしまった主人公を
気の毒だと思うべきなのか、迷うところですw
でも、ツンデレな主人公がボロボロになりながら
必死に恋人の愛を求める姿は間違いなく萌えます (〃∇〃)

木原さんの既読作の中では、
普通の恋人同士としての濡れ場が沢山あって、エロかった。

3

最後はあまあまw

木原作品は好きで、気になった作品をこれまでちょこちょこ集めてきました。最終的には手に入れることが出来たら全部集めようと思っていたんです。で、木原作品に出合った当初「裸ん坊シリーズ」には手を出せないなと避けてたんですよ。当時の私はブラックすぎる展開や痛い系が苦手だったので『男を道で拾って3P強姦』とか無理!と思ってました。

しかし、今ではたくさんの作品に触れてきて、いろんなシチュエーションに対して免疫がついてきたため、これを機会に裸ん坊シリーズに手出してみるかと決心がついてきたわけです。

私の話はさて置き、「WEED」のレビューを…やはり表題作はすごく痛くて、痛くて、木原さんらしいブラックさや鬼畜感がたっぷりで身震いしました。

かなりの高いプライドの持ち主の医者・若宮が悪友の谷脇に誘われて、雨の日に傘をささずに道端に立っていた男・岡田にどんどんハマっていく感じがたまらなく好きでした。あれだけプライドが高いのに何故か平凡な岡田に惚れて、今まで抱く側だったのに抱かれる側に転身したのもびっくり。恋に溺れて行き自身のプライドもすべて捨てて、最後には“捨てないでくれ”とまで行くとは…ここまで豹変するスリルを存分に楽しむことができました。

「EVER」ではとにかく若宮が嫉妬しまくっています。どんだけ嫉妬するんだってくらい嫉妬しています。あの男がこんなに岡田に執着して恋に狂うとは思わなかったな…どんなに若宮が勘違いして嫉妬しても優しく諭してあげられるのは岡田だけだろうなw
嫉妬し過ぎて浮気現場を作りだした若宮を許しちゃうわけですから。2人の恋愛に巻き込まれ痛手を負った谷脇がちょっと不憫でした。

なんだかんだ言って岡田の優しさと若宮への愛があるからこの2人はずっと繋がっていられるんでしょうね。若宮が本気で心の底から岡田のことを信じてあげれるようになるのはもうちょっと時間がかかりそうです(笑)

2

とんでも展開も悪くない

読み返すのは三度目……かな。
今では木原作品に慣れっこなのでこのくらい何でもないですが、かなり変わった設定のような気がします。
もちろん、友人と二人でやってしまった^^; しかもそのあと好きになって付き合うっていうのも変な展開だし、襲ったときは攻めだったのに、その相手に抱きたいって言われる犯人若宮。
一応社会的地のある医者が簡単に人を襲うって言うのも実は首をかしげるんだけど、そんなとんでも展開も、襲われた岡田が襲った若宮を抱きたい。。。とか言う展開に「はぁ?」と思いつつ、この二人どうなるんだろう? てなぜか目が離せない。
ほんと、BLってファンタジーだなぁと思う瞬間。
悪くないです、そうきたか……って予想外は好きだ。

しかもかなりの執着型。
襲った若宮が執着ならわかるけど、襲われた方が執着って。
この予想外もかなり好き。

でもこの衝撃展開も、これに続く襲った片割れ谷脇の人でなし人格には蹴飛ばされるのでした(三部作「FLOWER」以降に続く)

木原さんに脱帽する瞬間です。。。。。


3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ