犬も歩けば恋をする

inu mo arukeba koi wo suru

狗狗也在异国恋爱

犬も歩けば恋をする
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神12
  • 萌×224
  • 萌26
  • 中立5
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
25
得点
239
評価数
67
平均
3.6 / 5
神率
17.9%
著者
夏水りつ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
芳文社
レーベル
花音コミックス
シリーズ
通り抜けできません
発売日
価格
¥619(税抜)  
ISBN
9784832285644

あらすじ

「この縄? あっくんを縛る縄だよv」
突然、元同級生の今井から、小説のモデルになって欲しいと連絡が来た。二つ返事でOKしたものの、オイッ小説は小説でも…SMじゃないか! かっこよくて万能で……超変態メガネ☆な人気SM官能小説家の甘~いラブアタックに悶えちゃう、きゃわわ大学院生受難物語vvv描き下ろし&激しめ妄想劇場もモチ収録v
出版社より

表題作犬も歩けば恋をする

SM官能小説家 今井
大学院生 あっくん

同時収録作品お手やわらかに仔猫ちゃん!

先生 /静也の元家庭教師・リーマン・28才
静也 /高校生・18才

同時収録作品ビター・スウィート・ストロベリー・ハニー

美村 /カフェ店長
宇木 /探偵事務所勤務

同時収録作品山田くんと田中課長

山田くん /田中課長の部下
田中課長

同時収録作品ブルボン貴族物語

ローリー /ブルボン家三男
ルウ /ブルボン家次男

その他の収録作品

  • 嘘つきは愛のはじまり
  • 恋は一日にして成らず
  • あとがき
  • ブルボン暦 2008年 初夏
  • 百円菓子奇譚

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数25

妄想変態攻め万歳!

妄想変態攻めをお探しの方は、是非是非!
絵も綺麗だし、ストーリー展開もいいし、100点満点をあげたいです。
『15センチメートル未満の恋』を思い出すようなちびっこい田中課長も、ミニお勧めです。

SM官能小説家・今井 変態妄想メガネ攻め×大学院生・あっくん 強気受け
5年振りに会う今井に、小説のモデルを頼まれる。
指示されてセーラー服を着ると、今井はSM官能小説家という事で、更に縛られる羽目に。
変態スイッチが入った今井に襲われるが、間一髪で逃れる。
フランスに行く彼氏とつきあっている恋人って設定で話をしてと言われて、高校生の今井を思い出している内に気持ちが再現されて。

攻めの妄想変態振りが、たまらなく癖になります!
今井の頭の中では、あっくんがセーラー服を着ていたり、保健室でお注射してと言ったり、テニスのスコートを履いたりと、とんでもないことに。
それがイケメンで頭もいい今井だからこそ、不思議なギャップとして萌えるのかも。
初告白もあっくんがセーラー服に女装してで、初Hは、あっくんが高校生の時の制服を着ている時で、特殊な状況ばかりです。
あっくんが、とにかく可愛い!
女装した姿も女の子って感じじゃなく、男の子が女装しているって雰囲気が残っているのが凄くいいのです。膝小僧が四角いのが好きです。
スク水はアレですが、もっとチャレンジして欲しいです。
顔はいいけど変態な今井に惚れちゃっているものだから、拒めなくて。それでいて、強気で。
でも、惚れちゃっているから、お願いされると弱くて。
変わり者の今井を変態と罵りながらも、あっくんだけが自然体で理解しているって所がツボでした。

『山田くんと田中課長』
掌より小さい位の背だと、田中課長がツンツンしていても、すごく可愛く見えます。
消しゴムを抱えるのもよろよろで、ペンを持つのも大変。
田中課長をずっと観察していたいですが、クールで意地悪な部下の山田くんとの進展も気になる所。
短編でちょっとづつなのでまだ恋にはなっていないのですが、続きがとても気になる話です。

『ブルボン貴族物語』
お菓子の国で、まさかの配役。
擬人化で楽しいですが、実際にお菓子を食べる時に罪悪感を抱きそう(笑)

『お手やわらかに仔猫ちゃん!』
家庭教師×生徒(高校生)
18歳になったら抱いてくれるって言ったのに手を出してくれなくて、あの手この手で迫る生徒の話。
若さ+天然故の受けの暴走がおかしくて、可愛かったです。

『ビター・スィート・ストロベリー・ハニー』
カフェ店長×探偵事務所所長
大人同士なんだけど、こっちが恥ずかしくなるような初々しい恋でした。

えび満月で素晴らしい妄想をする夏水さんが大好きです。
続編で『犬も走って恋をする』も出ています!

7

犬も歩けば恋をする

何であたしは今までこの作家さんを見落としていたんだろう…
あほー!!自分のあほー!!
おもしろかった…
高校で別れた友達と再会してみたら相手はSM小説家になっていて…?
ていう話。これだけ三話入ってます!
あとは前回もあったブルボ○の擬人化(ルマンドは受け)とか!!
これは友達に借りて読んだのですが、明日たぶん自分用に買っちゃうよあたし…。

3

グランドピアノは縛るとエロイのか(笑)

もうとにかく、イケメンインテリSM官能小説家@変態の、今井につきます。

この今井、高校時代からモテモテだったにもかかわらず、クランドピアノ縛りたがったり、雲を見ても入れるモノにしか見えなかったり、でも豆腐は食べ物だから思いとどまったりと、変態っぷりは大炸裂。

それをなぜかいつも聞かされていた同級生のあっくん。
高校卒業と同時に両親と共にフランスへ行ってしまうという今井を、行ってほしくないと思いつつ、止めもせず、手紙に返事も書かず(置いてかれて傷ついてたんだね)

5年後に呼び出されていそいそ会いに行っちゃうあたり、ホンモノの子羊ちゃんです(笑)
モデルと言われて5年ぶりに会った同級生に、イキナリセーラー服着せられて。
今井はお茶入れに行って縄!とともに戻ってくるし。

でも二人の告白シーンは変態要素全く?なく??(羊基準では。)
ほんとに胸キュン(死語)です。

夏水さんの中では胸キュン(死語)と変態は全くなんの矛盾もなく融合するのですね。
羊と一緒です!(胸張るな)

このコミックスには、羊激萌えの、「山田君と田中課長」も収録されておりまして・・・
ある日身長20センチ(推定)になってしまった、ツンデレ眼鏡の田中課長が
部下の山田君の胸ポケットに収まっている姿を愛でることができます。(笑)

あと、変態要素正真正銘全くなしのカワイイ短編も入っております。

お勧めです。

3

萌え萌えキュン

官能小説家×大学院生です。
ある日突然受けのところに
攻めから連絡があって、何年かぶりに
再会して・・・。
そういうあらすじです。

特に切ないわけでも、笑えるわけでもなく
ひたすら悶えつづけられる作品です。
キャラクターがそれほど魅力的なのかといえば
失礼ですが、そこまで思い入れはありませんし、
攻めの変態性にもちょっと引いてしまうんですが、
設定やキャラクターというよりも
夏水さんの構成、ストーリー性で全部持っていかれました。

高校生学園もので、ふたりはカップルで・・・という
配役でなぜか演じることになったくだりで、
過去のやりとりを思い返すシーンがあるんですが、
「いくなよ、フランスなんていくなよ」と
受けが涙まじりにつぶやくんですよ。
その場面がすっごく印象的で、
直接的にお互いのことを好きだとか
なんだとか愛をささやきあわないんですが、
その言葉で通じ合うふたりがほほえましくて
良かったね、とあったかい気持ちになりました。

山田君と田中課長というショートストーリーも
とんでも設定で、BLといえるのかどうかって
レベルのからみしかないんですが
ほのぼのしてて、なんか良いんですよね。

特筆すべき驚きがあるわけでもないのに、
いつのまにか持っていかれている、それがこの作品の
魅力そのものなのだろうと感じます。
夏水さんにはめずらしくリーマンものじゃないんですが
ぜひぜひ読んでいただきたい一作です。

今井の編集が好きです。
このときはまさかあんなことになろうだとは
思っても見ませんでしたが・・・w

1

今井最高~!!!!

高スペック妄想変態ド天然な攻め様今井と、恋人のあっくんが繰り広げる、エロくて大爆笑で甘々なラブストーリーが展開される犬シリーズの第一作目です。

いあや~、本当に面白いです。
夏水先生ならではの、面白さが詰まっています。
いちいち爆笑です。
凄く大爆笑なのに、Hシーンは物凄くエロくて、そして素敵!!!
一見、あっくんがあんな感じだし、女装とかさせられたりするので、女の子っぽい受けになっちゃいそう・・・なところなのですが、そこは何故かそう見えず、とってもエロくてひたすら萌えます。
今井の妄想の中でのあっくんの姿も物凄く萌えるんです。
恐いぐらい・・・

このコミックスには、犬シリーズの他に、ブルボン貴族物語(この擬人化シリーズも大好きです。)、元家庭教師で今はサラリーマンの攻め様と恋人になった高校三年生の受け様が、攻め様とHがしたくて奮闘するお話、何気に面白くって目が離せない「山田くんと田中課長」、探偵(受け様)と、行きつけのカフェの店長さんとの恋物語が収録されています。
それも楽しい作品でした。

1

「……バカ」

いやもうバカは私です、ぶっ飛んだ事しか書けそうにありません。

夏水さん、購入は初めてです。
受け彼が少女漫画チックというか、睫毛バッサーで気になるけど可愛いからいっか♪って思って居た画風。
真新しさは感じられない絵柄だけれど、何せ攻め彼が男前!
ガタイも私好みだし、やはりシュッとしてていいわーと読後感メロメロパターンを繰り返しております。

表題作の他、【嘘つきは愛の始まり】【恋は一日にして成らず】【お手やわらかに仔猫ちゃん!】【ビター・スウィート・ストロベリー・ハニー】、短編として【山田くんと田中課長】【ブルボン貴族物語】、そしてあとがきです。
とってもボリューミィですが、やはり何と言ってもイチオシは【ブルボン~】だったりするんですけど(笑)、やっぱり表題作関連作品!


★【犬も歩けば恋をする】【嘘つきは愛の始まり】【恋は一日にして成らず】★
いや、もうこれは今井の一人勝ちではないだろうか(笑)
変態大好物なんですけど、こう、優しい変態って言うのかな、ご飯3杯はイケます。
そして勝手なイメージ的に、変態さんって眼鏡着用率高いから尚オイシイ。
……とまぁ私の変態語りはいいとし、て。
高校時代の同級生、現在SM官能小説を書いている売れっ子作家の今井と、大学院在学のあっくんのお話。
元々は、今井が小説の中の登場人物のイメージを沸かせる為にあっくんを呼びつけてコスプレさせるんですけど、まぁいいですよ!(ハアハア)
セーラー服・ブレザー(女子用)・ナース服なんかもお好みのようですが、しまいにはテニススコートやら弓道着まで想像しちゃいます。
……弓道着は特に素晴らしい妄想だったよ今井君(ハアハア) 喪服だなんて目の付け所が素晴らしいね今井君(ハアハア)
あの隙間からね、隙間ってイヤラシイ感じがするよね…
すっかり私の心は今井を見てデジャヴかと思う位共鳴してしまいました。
「…バカ」「…変態」
あっくんのその言葉の数々は、既に今井と私を褒めているとしか思えない程トチ狂いました〃
Tシャツ引き下げての赤面は既に罪です(悶々)


★【お手やわらかに仔猫ちゃん!】★
元家庭教師の28歳と、高校生18歳のお話。
王道って言えば王道ですが、そこはやはり夏水さん。とっても可愛く面白かった。
18歳になったらスるって言ったのに、卒業後まで引き延ばされた。
じゃぁ色仕掛けで…と色々やるんだけれど、そこは先生大人としての対応、スルーする。
もういっぱいいっぱいになって無理矢理先生にキスをすると、実は先生はその先が止まらなくなるから我慢してた――というお話。
何故にこうも夏水さんが描く受け彼は、狂おしく淫乱に見えてしまうのでしょうか…こちらがドキリとしてしまう魅力がダダ漏れです。


★【ビター・スウィート・ストロベリー・ハニー】★
カフェ店長・美村と、隣の探偵事務所のクールそうで実は苺好き・宇木のお話。
この宇木、凄い冷たそうなのに実は苺好きで苺のメモ帳持ってるとか可愛過ぎて参ります(笑)
そんな意外性を見る度に惹かれていく美村。
男同士の痴話喧嘩から宇木を助けて以来、何かと宇木に関わっていくんだけれど、自分の中の思いもどんどん形が変わって行って…進んでいきます。
やっぱりいいですね!眼鏡スーツ!最強すぎて言葉が出ない(笑)
読んでいて「あぁ絶対くっつくんだろうなー」って分かっていても読まずには居られない、引き込まれ感がある夏水さん。
うーん、素敵過ぎて鼻血が出そう…


やっぱり幸せ甘々なお話はいい!
あったかい気持ちとホクホク感を味わえます♪

1

__モコ__

>御影さま

コメント有難う御座いますっ!
【ブルボン貴族物語】、面白いですよねー…夏水さん、素敵な所を突いて来たなと笑ってしまいました!(弟攻めという所も又素敵…)
擬人化モノって多分私自身はそんなに多く触れて居ない筈なのですが、この【ブルボン~】で俄然興味が湧いてきた感じがします(笑)

御影

 こんにちは。私も『ブルボン貴族物語』好きです。BLで擬人化というのがあるのは知っていましたが、見事にはまっているところが何とも言えません。

面白かった~^^

このシリーズ、評価がよくてドラマCDにもなっているのでずっと気になっていたのですが、やっと読めました。
この評価の良さも納得!という作品でしたね。
表題作シリーズも面白かったし、他の収録作品もキュンが一杯詰まっていてどれもよかったなという一冊でした。

表題作はやはり攻めの今井の変態さがもう面白い。
実際にあっくんにしている時よりも妄想している時の方が面白いんですよね(笑)。
突っ走っている最中にハッと理性を取り戻すタイミングとか、一人漫才してるみたいです(笑)。
あっくんもイヤイヤと言いながら結局はコスプレしてあげちゃうところとか、ラブラブだな~とニヤニヤしながら読んでしまいました。^^
この今井とか、お菓子で妄想しちゃうところとか、小さくなっちゃう課長とか、夏水さんって発想が個性的でほんと面白いなと思います。

同時収録作品は一途で健気な高校生が可愛いお話と、ちょっと切ない大人の片想いのお話で、どちらのお話もキュンキュンしました。

0

短編集の様でふしぎ、あっくん可愛さの起


あっくんん…!
本当りつ先生の描かれる受ちゃんは可愛い。
泣き顔が特にでしょうか…見るとわああ泣かないでっておろおろしそう。

とはいってもまだまだ短編集のようですがグランドピアノの件が気になるのに分からない…笑 縛る?笑

一番鷲掴みされたのはお手やわらかに〜の静也が、やっぱり先生はあしらってただけで〜の場面。
ああいう引き、堪らないです。

あっくん変換常習犯な今井くんへのツッコミが彼だと思うとニヤけが止まらない。今井くんにはツッコミできるんだね…ふふ…あ、でも彼もどちらかというとボケ…笑

意外過ぎる編集さん。

やまたなも今、最終回間近寂しいけれど、当然の様に胸ポケット入ってる課長と山田くんが可愛くておかしくて…大好きですね。
そういう当たり前さにときめいたら、もう二人に落ちている証拠でしょうか。


0

二人のモノローグは、ちょっと抒情詩の様にも読めてしまうんだなぁ。

最初は、よく分からなかったんです。
「グランドピアノもけっこういけるなって。」
どういう事なんだろうと。

5年ぶりに再会した今井とあっくんは、二人が学校の屋上で過ごした時の事を思い出しながら、物語は展開していく。その頃は、それが恋だと気付いていなかった二人。
現在、今井はSM官能小説家なんてものになっていて。イメージを膨らませる為にあっくんに女装コスプレをさせて縛ってみたりと、コミカルなトーンで進んでいくんだけど。
差し込まれる記憶の、屋上のシーンと台詞は、まるで抒情詩の様な気もしてくる。
その頃の気持ちを確かめ合う様に。5年前気付かなくて、あの頃からリスタートする様に。
いつもそのカッコいい顔が近い今井にドギマギさせられながら、心も体も近付いていく。
グランドピアノや雲や豆腐。それを見て、おそらくイケナイ妄想を膨らませる今井は、そのまま。
夏水先生のお菓子やナッツに愛情を注ぐ妄想癖の源泉と同じものなのだと思う。

同時収録の「山田くんと田中課長」もそんな感じだ。ちょっと口うるさい田中課長が小さくなってしまったので、会社では慌てる事無く、山田くんをお世話係に任命する。
低温男子系の山田くんは、シレーッとお世話するのだが、周りの人たちは浮ついている。
オチらしいオチは無い。ただ萌えて、愛でるのみ。それが絶大な癒し効果になっている。

「お手柔らかに仔猫ちゃん!」は、王道中の王道。
大人ぶって手を出せない、元家庭教師の先生に手を出して貰おうとベタな方法で迫りまくる高校生。
結局その甘やかな可愛さに陥落してしまう。

「ビター・スィート・ストロベリー・ハニー」
夏水先生定番の黒髪ツンデレメガネが、イケメンにほだされるまで。
ちょっと面倒くさい可愛いモノ好きな宇木さんに、心惹かれてしまう美村。
ショートストーリーなので。パパッとまとまってしまうのがちょっぴり残念なんだけど。
恋に落ちる瞬間なんて、きっと一瞬なんだよね、なんて。

「犬も〜」シリーズは、そこからドンドンスピンオフ化して、私は「K先生」シリーズが一番好きだと思ってたんだけど。久々に読むと、やっぱり今井のカッコよさと変態ぶりも好きだなぁって、再確認したよ。
あと、あっくんがラナンキュラスという花の名を知っていたというのにも。
今井が心掴まれた瞬間と同じ様に、ぎゅんとしました♡ これはニクいよね。

0

変態と妄想に溺れろ!

最近、夏水りつが気になっている。
爽やかで甘酸っぱいラブストーリーを描く人だと思い込んでいたので、実はこれまで射程範囲内ではなかったんだけども、今回読んでみて・・・もしかしたらそれだけじゃないのかも?と感じてしまった。
どうやらキラキラした絵柄に騙されていたようで、よく読めばこの作者、非常に妄想&変態率が高くてイイ!ということに気がついた。
そういえば『通り抜けできません』に収録されていた「ブルボン貴族物語」や、雑誌でミニ連載中の「山田くんと田中課長」なども、そう言えば面白かった。

表題作はイケメンのSM官能小説家・今井と、チビで平凡な大学院生・小山のお話。
今井は小山に高校生の頃からベタ惚れで、彼のことを「あっくん」と呼んでいた。
その今井しか使わない特別な呼び名に小山はある種の優越感を抱いていたんだけども、それを恋心に昇華するにはまだ彼には早すぎたようで、今井のフランス留学を境に疎遠になってしまっていたという関係。
しかしどうしても彼を諦め切れなかった今井が、自分の小説のモデルに・・・と5年振りにあっくんへ接触を図ってくるのがイントロダクション。

とにかくこの今井がヘンタイでいけない(笑)
何も解っていないあっくんに、セーラー服を着せてハァハァ。
そのまま縛り上げてハァハァ。
そうして身動き取れなくしたあっくんに触れてハァハア。
そう・・・完全に変態であった。
きっとフランス留学中はあっくんの代わりに、何十人ものフランス男子を縛っていたんだろうなあ、と思わせる、その縛りっぷりには密かに注目(*`▽´*)

しかし違いすぎる恋愛スキル(変態スキル?)の差は埋められず、またダメになりそうな2人にハラハラ・・・。
ところがそんな時に飛び出したのが、あっくんの高校生時代の制服姿だ。
これは・・・・・・良い!
涙を浮かべながら恥を忍んで体当たりしてくるあっくんには、今井でなくとも嗜虐心が湧いてくる。
あっくんとしてはこれを着ることで、その頃に言えなかった気持ちを素直に伝え、また新たなスタートを・・・などというキレイな事を思っていたんだろうけども、これで針が振り切れた今井にこれでもかというくらいに激しく(しかし相当丁寧に気持ち良く)抱かれてしまうところは、お気の毒というかなんというか(笑)、まあお幸せにと言ったところか。

そして今回もブルボン&田中課長の妄想劇場もちゃんと収録されている。
あとがきにはかりんとう×えび満月のヒトコマもあり、その作者の妄想っぷりにはたいそう楽しませていただいた(゚∀゚)ノ
ちなみにブルボンのルゥ兄さんだが、髪の色はもちろん薄紫だそうだ。

続編も発売が決定している今井×あっくんシリーズ。
変態と妄想をキーワードに、次作も楽しませてほしい。
いや絶対に楽しいはずだ。

6

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ