…死ねよ、俺に喰われて死ね。

K先生の秘密の熱情

Ksensei no himitsu no netsujo

K先生の秘密の熱情
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神24
  • 萌×219
  • 萌12
  • 中立1
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
12
得点
233
評価数
58
平均
4.1 / 5
神率
41.4%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
BL漫画(コミック)
出版社
芳文社
レーベル
花音コミックス
シリーズ
通り抜けできません
発売日
価格
¥639(税抜)  
ISBN
9784832290051

あらすじ

ゴーマン人気官能小説家×堅物編集者ラブ。「K先生」シリーズ第4弾、ファン大注目の新展開!!官能小説家・鍛治隆生(かじりゅうせい)に押し切られるようにお付き合いをスタートさせたマジメ編集者・小早川翠(こばやかわみどり)。鍛治先生に会いたい気持ちは募るが、恋人は多忙を極めるため、なかなか会えない日が続く。そんなある日、小早川の幼なじみ・昭ちゃんが上京。先生と引き合わせたことが鍛治の逆鱗に触れることとなり二人の関係に最大の転機が訪れる!?大人気「犬恋」シリーズ、今井×あっくん、弟の勝頼の登場からも目が離せない!描き下ろしあり。

表題作K先生の秘密の熱情

鍛冶隆生先生(K先生)・小説家
小早川翠・編集者

同時収録作品Kの詫び状

同時収録作品あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数12

「なんだかだらしない。というか、はしたない。」ことになっていて。

完結編「K先生の恋愛な日常」も読了したので、読み返し。
思えば今作品がシリーズでは一番はしたないことになっていました。編集長の「なんだか だらしない。」「じゃあ、はしたない。」「と、いうか少しゆるんだのか…まぁ、うまくいっているなら なにより。」と、この人は何だか全てを見透かしているのですが、翠のエロさは無自覚にも程がある、ダダ漏れっぷりで、その事で鍛治先生をイライラ(ムラムラとも言う。)させます。この人の獣欲はほぼお仕置きなので、翠、よく壊れないなぁ、とも思うのですが。そうやって、ちょっと激しいくらいが好きなんだろうとも思います。要は翠も充分変態ってことで。淫乱かな。
お互いに想いあってたとしても、行動がすれ違い過ぎて。翠は全然解っていない。いくら鍛治先生が酷くても、これでは同情すら覚えます。鈍感にも程があるよ、翠。でもそんなとこも引っくるめて好きなんだから仕方ないよね。って感じもします。
激しいエチシーンが殆どで、(翠はほぼ泣いています。)ストーリーはそんなに無いかも。。。

0

Hしかしてない印象ではありますが…

『K先生』シリーズ4冊目です。
裏表紙の作品紹介に「ファン大注目の新展開!!」とありますが、個人的にはそれ程ではなかったような…?
このシリーズは夏水さんの作品としてはH多めのシリーズだと思いますが、今回もHシーン多かったです。
相変わらず言葉少ないK先生の強引なリードてんこ盛りでした(笑)。
でもそれを煽っているのがいつも小早川君なのに本人は全く気付いていない天然ブリも萌。
もう既に2人の気持ちはお互いに伝わっている感があるので、K先生の俺様な態度も多少のすれ違いがあっても大丈夫!と安心して読めました。
小早川君が段々素直に気持ちを言うようになってきて可愛いです。普段から色めき立ってきてちょっと心配ですが(笑)。
K先生は相変わらずですが、今回は決め台詞がいちいちカッコ良くて男前でした。
小説家なのに普段はほとんど話さなくて、言ってる言葉の数の半分くらい決め台詞じゃないんだろうか?と思うくらいでした。
普通のキャラなら「なんてキザ」なんて思うんでしょうが、K先生だからカッコ良く決まるんでしょうね。

冒頭の仮装パーティでは受け様3人の仮装が見もの。
K先生もピッタリな仮装で決めてくれています。

0

壁ドンならぬ昭ドン

ずっと鍛治先生の勢いに押されていたものの、前回は弱り切った先生と愛の逃避行までした翠。
さて今回はどんなあまあまが見られるだろうと期待して開いた本作。

最初がハロウィンパーティでちょっと拍子抜けしました。
あっくんの今井しかべた褒めしなさそうなダイアナと勝頼の完璧なアリス、相変わらずなふたりの関係(勝頼トラブル→あっくん助ける→勝頼ツンデレ)も見られたし、鍛治先生のイケメンすぎる登場も嬉しかったのですが、特別編よりも早く本編を!と気が急いてしまって…。
集中できなかったので全部読んでから、また読み返しました。素敵でした。

前回出てきた昭ちゃん絡みでついに病みバージョンの鍛治先生が…。
昭ちゃんに翠を押し付けて熱烈なキスをするシーンはもう、鍛治先生の独占欲が丸出しというか剥き出しで圧倒されてしまいました。もはや獣。
そんな鍛治先生の獣性に当てられた、3話の翠のモノローグが夏水節全開で切なかった。この切なさを味わうために夏水作品を読んでいると言っても過言ではない切なさの巨匠っぷりでした。

翠は勝頼より美人!と思っているので前々から翠の評価が「地味」だったのが不満だったのですが、今回はとうとう何かがだだ漏れ始めたのでそこも満足です。
でも「だらしない」「はしたない」とは…、表現の仕方に笑いました。
だらしなく、はしたない空気を漂わせても、ばか真面目な翠が大好き。
次巻も期待してます。

2

番って言われたい!!

4冊目となり、やっと翠ちゃんが自分からキスしてって言えるようになりましたね。いやぁ、一巻から比べると物凄い進歩です。

今回は幼馴染みの昭ちゃんが登場し、翠の事を心配するあまり先生のところにまで突撃しますが「ガルルぅ~っ」って敢えなく返り討ちにあっちゃいます。

先生と付き合うことで端から見ても色気が増している翠とそれを心配して独占欲丸出しで翠に近づくヤツを威嚇する先生がいつもながら素敵でした。上半身裸のセクシーショット、もう少しほしかったけど。

今回、少し残念なのが同時収録から『山田くんと田中課長』が外れてしまったこと。たぶん、これより少し前にコミック化されたからでしょうね。今井先生とあっくん、勝頼は最初の方に出てきます。後書きは今回は芋王国!次から次へとよく思い付きますよね!キノコについても少し触れてるし、次はキノコ王国なのか?

3

小雨降って地固まる

 相変わらずのK先生の執着ぶりと、そんなK先生に気を遣い過ぎて逆に苛立たせてしまう翠でしたが、K先生が我慢できるようになっているところと、翠が「先生に会いたかったんです」とすんなり言えたところは、二人ともちゃんと成長しているようです。
 今回、マンネリ解消のためか、しょっぱなコスプレだったり、幼馴染の昭ちゃんが登場してました。昭ちゃんは、見せ場がほとんどなかったに等しいですが、地(二人の仲)を固まらせる小雨くらいの役割はしていました。エチは、いつもよりエロめだったような気がします。
 この巻だけでもだいたい話は通じるので、あまり感情を動かさずに短時間でサラッと読むのによい作品。

1

舌先だけのキッス♡

前作から時間が空いていたため、ストーリーの流れ少し忘れてました…
このK先生の怖すぎる目付きと、小早川に対する強すぎる執着。あ〜そうだったそうだった。
本作でも小早川はまだ天然というか激ニブで、鍛治の余りにも強い感情や乱暴さを一見のらりくらりと?いや、訳も分からず?受けていて、アノ鍛治を結果的に翻弄しているんですよ。
まあ、鍛治が俺様なのはともかく、小早川も先生に迷惑かけたくないから、という錦の御旗ですぐ「帰ります」とか。鍛治が何を考えているのかをはなから考えずに、結局は自分の早合点で突っ走ってるんです。激しく求められて一晩中Hした後も3週間電話もしないとか。どっちもどっちだ。
田舎から幼馴染の昭ちゃんが来て余計な事言うから、鍛治が怒りの抱き潰しH。
その後やっと、お互いの気持ちが添うような感じになりましたね。甘さが出てきた。
そして、私が本作で好きなポイントは「キスシーンが多い」という所ですね。
【キスをしないセフレはいても、キスをしない恋人はいない!】
キスシーンには、あの怖い顔の鍛治の恋心が詰まってるんです。そこが最高。

「あとがき」
農林1号さんの男前度が……!

5

K先生が小早川に振り回されている

夏水先生の作品で一番好きなシリーズです。

今回幼馴染みの昭ちゃんがかき回してくれました(*´ω`*)
小早川はただK先生の仕事の邪魔はしたくないと遠慮ぎみなんだけどK先生はもっと小早川の方からぐいぐい来てほしんだろうなぁ
中盤のK先生がケータイコツコツやってるシーンはK先生の我慢が感じられて新鮮(/▽\)♪
K先生も会いたいの我慢してんだねv
会ったときの野獣さは半端ないけども
小早川も素直になって色気が増してきてる…さらにK先生の独占欲と心配が激しくなりそうな…

編集長は相変わらず読者の代弁者のように小早川をいじってる。あの人あのキャラずっと続けてほしいなぁ(笑)
お互いの熱量がやっと同じくらいになってこれからの二人も不定期だけどどうなるのか楽しみ♪
本好きの二人だから仕方ないかもだけど願わくば外で普通にラブラブしてる二人も見てみたいな

5

ドロ甘い展開がまちどおしい

表紙のパンチ力がいいですな(*´▽`*)

小早川さんのうさちゃんコスプレからスタートな本作。
なんだろうね、全体的にK先生は優しくないのだけれど、
愛はぎゅうぎゅうに詰まってるといいますか、
解りやすくもっと小早川がグイグイにこないのが面白くないんだろうなと
思う場面が多々多々ございまして。
ある意味、これもK先生をもてあそんでいると思えば面白いのか否かと。。

おいといて

強姦まがいから始まったこの関係も
徐々に甘く甘くなっていくわけで、
お互い両想いは確実なのだけれど
どうにもK先生の顔色をうかがいすぎるがあまりに
結局暴走ぎみのK先生にぐちゃぐちゃに喰われるという展開でしたね。

自分の番だとか
だれにも触れさせるなとか
繋いどきたいとか

かなり独占欲むき出しのK先生が好き。
トロトロの小早川も可愛い。
幼馴染の前でトロトロにされるプレイも個人的にはツボでした。
もっとやれ(n*´ω`*n)
次回も楽しみです。

6

K先生のオスフェロモン(∩´///`∩)

表紙は、野性味溢れる鍛治先生。
帯には、『………死ねよ、俺に喰われて死ね』の一文。

メーーーーーーッッチャカッコいいっ(///Д///)=333

本来なら揶揄でも使うべき言葉じゃないですが
鍛治先生が言うと愛がたっぷり含まれてる言葉にしか聞こえないからトキメキますv

実際、情事の最中の睦言ってやつなのですが、
肉食獣さながらのギラついた鍛治先生だからこのセリフが絵になるんですよね(^//^)
今巻も狂おしいほど小早川を貪る鍛治先生がとってもカッコ良かったです♪

一応、晴れて両思いが成立したはずなのに、鍛治先生の荒々しさは増してたような…?
小早川の体にかぶりつく様が今まで以上に激しい気がする。

表情にも態度にも言葉にも出さないけれど
小早川にもっと会いたい、小早川のほうから連絡が欲しい、小早川から求められたい
というのが端々に感じて萌え転がりました(∩´///`∩)
傲慢な俺様がみせる狂おしいほどの愛情という萌えパワーは4巻になっても衰えませんね!

んで、ようやく小早川がきた思ったら、まさかの男連れww
鍛治先生の心情を考えると不憫だけど、そこまで考えが及ばない鈍チン・小早川も可愛い。
その後の"抱き潰す"と形容したくなる嫉妬エッチはとっても美味!

ちょっぴり乱暴に攻め立てる鍛治先生がカッコいい。
グッタリしながら応えようとする小早川が健気キュン。
嫉妬エッチは最高ですな+゚。*(*´∀`*)*。゚+

小早川も良かったですねぇ。
一度認めてしまえば素直に鍛治先生を想う姿が好印象でした◎
恋愛慣れしてないせいか、鍛治先生との距離を図りかねてモダモダしてるのが可愛いです♪

全くタイプの違う2人で微妙な行き違いがあるけれど、
これから徐々に恋人らしくなっていくのかな?
まだまだ不定期連載で続くようなので嬉しい!続刊が楽しみです(﹡´◡`﹡ )

2

シリーズ4作目

K先生と編集者シリーズ、久々の新刊です。
夏水先生は名前買いの作家さんですが、個人的に一番好きなシリーズなのでうれしいです。

傲慢で鬼畜ドSな人気小説家の攻め、ポヤポヤニブニブな編集者の受け。身体先行だったのがようやく心が通じ合ったのですが、遠慮がちで職域を超えてはいけないと思っている受けは、なかなか会いたくても会いに行けず、いつも呼び出すのは攻めのほうから。攻めは攻めで忙しく、受けを呼び出してマンションの玄関先で10分くらいチュッチュして充電するとか、そんな日々。
受けも、10分でも会えるのがうれしく、ホイホイ呼び出されてはむさぼられ、無自覚にエロい顔になっては攻めをヤキモキ、周囲をそわそわさせています。

想いが通じ合っていなかった頃を思えば雲泥の萌えです。すれ違い的な事件はあるけれど嫉妬や恋心を煽るくらいのレベルで、ラブラブを堪能できました。
体格差のあるカプなので、体格差萌えのある身には大変眼福です。受けが細っこいので、騎乗位で腰を下から掴まれているカットなんかは指が回ってしまいそうだし、お尻をこねくり回される感じや、小顔だから片手で頭を簡単に掴まれてしまう感じもカワイソ萌えます。それで種付けされてピクンピクンしてるのがエロくてたまりません。
ひたすら独占欲と愛情が強い攻めなので、受けが上手く甘えてあげれば簡単に手玉に取れそうなのに、間違った方向に遠慮しちゃう受けに焦れ焦れしてしまいますが、それでもちょっとずつ甘えられるようになってきて、微笑ましいしうれしい。1日甘々ラブラブしているだけの番外編とか読んでみたい気がします。

7

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ