犬も秘密の恋をする

inu mo himitsu no koi wo suru

犬も秘密の恋をする
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神4
  • 萌×216
  • 萌7
  • 中立3
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
9
得点
108
評価数
30
平均
3.7 / 5
神率
13.3%
著者
夏水りつ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
芳文社
レーベル
花音コミックス
シリーズ
通り抜けできません
発売日
価格
¥600(税抜)  
ISBN
9784832287860

あらすじ

最近様子が変だった変態メガネ小説家・今井が一言も告げずパリに行ってしまった…!なんだか不安で胸がギューっとなったあっくんは!? 今井を毛嫌いする野獣系イケメン小説家・鍛治先生初登場? 山田くんと田中課長、猫喫茶に行く編も収録した、人気SM作家に愛された、きゃわわ大学院生受難物語第5弾!!

(出版社より)

表題作犬も秘密の恋をする

今井頼友 /官能SM小説家
小山篤(あっくん)/大学院生

同時収録作品K編集長の素敵なお仕事

鍛冶 /官能小説家
小早川 /担当編集

同時収録作品猫の王子さま

朝倉透(大学院生)
今井勝頼 /頼友の弟

同時収録作品山田くんと田中課長

山田くん /田中課長の部下
田中課長

その他の収録作品

  • 世界名作今井劇場 人魚姫
  • 世界名作今井劇場 シンデレラ
  • 山田くんと田中課長 眼鏡編
  • ドラマCD 「犬も夢見て恋をする」収録レポ
  • あとがき

レビュー投稿数9

切なくてグッとくる

犬恋シリーズ、ここまでまとめての感想です。

K先生シリーズを先に読みましたが、犬恋の方が好きだなと思いました。
K先生はカッコいいけど話はグッとこない。

絵柄はそんなに好みじゃないけど、お話が切なくて愛しい気持ちがあふれてて、1話目から何度も涙しました。

特に、この巻で、今井が高校卒業後にフランスに行っちゃった時の事、卒業したらこうしようああしようと言い合っていた話のところで、むっちゃ泣けました。

ただ、あっくんがフランスに行けばよかったって言ってたけど、大学生でフランスはなかなかハードル高いよね。まあ今回もまだ社会人ではなくて行ったけど。

今井の家はお金持ちって事なら、今井ならわりと簡単にその5年間の間に日本に来れたと思うんだけど、5年もの間、今井はあっくんの事どう思ってたのかな?
手紙の返事が来ないから行けなかったって事なんだろうか。

あのフランス行きの話が今回出て、今まで思ってたことを言った感じにはなったけど、もうちょっと今井があの5年間をどう思ってたのかをちゃんと知りたいって思います。
最初に思ったより楽しくなかったとは言ってたけど。

あと、あっくん、大人なのによく泣くなぁと思いました。
今井も意外と泣くし。
BL的にはかわいいからOKですけど。

朝倉&勝頼も、おもしろいです。
勝頼が子供っぽいわがまま君なわりに健気でピュアだ。

朝倉がK先生寄りの言葉が少なめで勝手な人なので、最初の頃に、もう飽きたって勝頼に言った時って、どういうつもりで言ったんだろう?って思いました。
危機一髪で、勝頼、他の男に抱かれちゃうとこだったし、絶対傷つくのわかってただろうに、反応を楽しんでたとかなのかと思うと、朝倉にムカつく。

K先生の方でその後の彼等がたまにチラッと出てきますが
あっくんが、そっちだとすごく子供っぽい容姿になってる気がしました。

0

「一緒にいる時間が増えると不安も増える。」離れた時間が愛、育てるのさ。

確か…、「犬恋」はこれにて一旦完結だった気がします…。
まだ続くとしきりに書いているけれども。番外編があるんでしたっけ??的な。
なので、付き合う事になってからこっち、ほの甘いだけの二人だったのが、急にシリアス展開に。
今井は自身の原作が、フランスで映画化するというので、仕事で一時フランスへ。
たった10日ほどの事なので、あっくんに詳しい説明をせずに旅立ちます。
ところが、あっくんには高校時代「突然」今井がフランスへ渡ってしまったというトラウマが。
高校時代の二人のエピソード、優しくて。とても好きです。自覚は無いんだけど、きっとこの時から。
二人は想い合っていて。それがとってもよく分かるんですよね。そして、二人が思い出す屋上のシーンは、いつも大らかに晴れていて。心地よい風が吹いているようで。
久しく語られていなかった、この二人の記憶のシーンがまた。多く差し込まれているというのも完結編として相応しいと思いました。
映画化⁈ 今井は「SM官能小説家」じゃ無かったっけ⁈ と、慌てましたが、最初は純愛物を書いていたらしくて。そもそもそれは、「あっくん」とのことをモデルに書いていたというから。(まぁ、後の「SM官能小説」もあっくんがモデルではありますけども‼︎)今井には「あっくん」しか居なかったんだなぁって、しみじみ分かるエピソードにもなっていて。
今井は相変わらずコスプレ好きの変態なんだけど、ホロリとさせられるストーリーでもあるのです。
コスプレは、番外編でも補充。「名作今井劇場」と称して、数いるBL作家さま達が大好きな「童話妄想劇場」が‼︎ 基本的に私は「人魚姫」をこよなく愛してるんだけど、BL妄想はした事無いので…。謎‼︎ でした。どうやって致すんだろう…。
そして透がドS王子さまな「シンデレラ」‼︎

同時収録は、もちろん「猫恋」
勝頼は、透に振り回されてると感じてるけど、翻弄されてるのは透の方っていうイチャあま♡

安定のオチ無し、萌えのみ。「山田くんと田中課長」
猫にモフる田中課長に萌える同僚の皆さま。全くもって萌えて無い山田くんとの温度差。
その温度差にももはや萌えます。

そして、そして。「K先生」シリーズの導入部がちょこっと。
この小早川の側に立っていた、話していた、というだけで今井に敵意剥き出しの鍛治先生が‼︎
定番過ぎて笑ってしまう。小早川は何故なかなか気付かないのか。

ナッツ学園も楽しみ。ラクダさんの「アイツは穀物なんですよ‼︎」と、ジャイアントコーンを差別する発言も面白く。これまた続きが楽しみな展開(⁈)です。

0

またやられた…

『犬も歩けば恋をする』の『犬』がタイトルに付いてからは5冊目になります。
表題作シリーズの2組のカップルの他に『山田くんと田中課長』と表題作とリンクした『K先生』シリーズのお話、ドラマCD『犬も夢見て恋をする』収録レポ、あとがきにはナッツを主人公にした『続・ナッツ学園』が収録されています。
ページ数としては170ページ位なのですが、隅々まで楽しめた1冊でした。

表題作カップルの今井君の妄想癖は今回控えめだと感じたのですが、別の所で不意打ちをくらい、泣けてしまいました。
ネタバレになるので詳しい事は書けないのですが、あっくんが乙女で可愛いです。
見た目からは意外に行動力があるのも魅力的。
2人がお互いを本当に大事に想っているのを見せつけられました(笑)。

『K編集長の素敵なお仕事』ではとても真面目そうな編集担当者と女性にだらしなくて不良児っぽい小説家の先生が登場。
『犬も歩けば~』のリンク作のようで、こちらも楽しみな組み合わせでした。

『山田くんと田中課長』では相変わらず可愛い田中課長が癒しを与えてくれました。
眼鏡をはずした課長や意地っ張りな課長も全部可愛いです!(笑)

0

今井、あっくんを置いて再びパリへ・・・

大好きなシリーズの1つです!!!

何と言っても今井が大好きです!!!高スペック、妄想変態ド天然キャラで、もの凄く楽しませてくれています!!!ちょっぴり切ない今回も、なんだかんだとちょいちょい笑わせてくれています。

5作目の今作では、事情があってあっくんに黙って再び渡仏してしまった今井のことを、以前今井が渡仏する際に引き止めなかった事を後悔していたあっくんが追いかけるお話になっています。

パリでの再会後の、あっくん忍者コスプレでのHがすんごくエロかった・・・なんというかメッシュが・・・
これは結構すごい破壊力でした・・・未読の方は、是非コミックスを手に取って確かめて見て欲しいです。

このコミックスには、犬シリーズの他に、猫シリーズ(今井の弟が主役)の短編、犬猫シリーズ混合(?)の世界名作今井劇場人魚姫・シンデレラ、山田くんと田中課長(このシリーズ大好きです。面白すぎてたまりません・・・)、K編集者の素敵なお仕事(今井の担当さんであり、別シリーズであるK先生シリーズの主役でもある編集さんのお話。今井とあっくんも登場。)が載っていて、どれも面白くて読み応えがあります。

0

課長にキュンキュンします

正直田中課長が見たくて購入しています

連載時より犬も猫も課長も
読んではおりましたので
新鮮さはないものの

じっくり続けて読めるのがコミックの良さだと主ました

私は今井兄が大好きです
あっくんへのコスプレ妄想かわいいです

あっくんと読んでいるのもかわいいですけど
今井弟は男であの髪ってどうなんだろと
気になりまくるのであまり好きじゃないです

朝倉も好きです
メガネは好きじゃないのですが
この二人のメガネは違和感があまりないので
受け入れられました

顔結構同じなんですが
それはそれで慣れました

0

シリーズ5作目

このシリーズも5作目になりました。
毎度毎度『山田くんと田中課長』のことばかり語ってしまってすみません。
てのひらサイズの田中課長と、リーマンものが大好きなんです……。

『山田くんと田中課長』
今回は今までで一番!というほどに萌えました。
猫とたわむれている田中課長、可愛すぎやしませんか?
ですが、前回も前々回も書きましたが、この二人は悲しいほどに進展しません…ね。
これほど可愛い課長と同居しているのに、気持ちが揺れ動くことはないのでしょうか。

『犬恋カプ』と『猫恋カプ』のダブル主役カプは、ちょっとマンネリ気味。
すれ違って痴話喧嘩をしても、なんだかんだで仲直りしてあまあまなパターンですね。

オマケのお菓子擬人化は、萌えの爆弾です。ナッツ学園なんて素敵過ぎます。
もっと長いお話で読みたい、と思っているかたも多いのではないでしょうか。
全員サービスの小冊子、応募すれば良かったなあ……。
迷っているうちに期限が過ぎてしまいました。

2

言葉にしないと伝わらない

現在嵌り中の『犬恋』シリーズ、5作目。
表紙の2人が幸せそうでいいー♪あっくん、勝頼にちまちま呼ばわりされる位だから、やっぱりこれ位の体格差があるのかしら?今井と。

★犬恋カポー
【犬も秘密の恋をする 前・中・後編】!
この3話、本当に胸にジーンと来ました。
それまでが結構今井の変態度が際立っていたり、あっくんのわちゃわちゃ具合が見れたりで楽しく面白くたまにちょっぴりグッと来る、という展開が多かったけれど、今回は今までと一味違いました。

こう、2人の気持ちの核心を突いたお話。

そもそも、今井が高校を卒業したらフランスに行く事をあっくんに屋上で伝えた時。
お互いがお互いの表情を覚えて居なかった。
言われた言葉は覚えていても、相手の表情までは掴めて居なかった。
それはきっと、二人とも、一瞬にして心が揺らいじゃってそんな余裕が無かったのかもしれないなぁと。
だってあっくんは、今井はそう伝えて実際フランスに行ってしまうと楽しそうなんだなと思ってしまったし。
今井は今井であっくんの表情を思い出せなくて、手紙を書いても音沙汰がなくて、きっと「あぁ嫌われたのかな」と思い込んで5年間会わなくても平気になってしまったんじゃないかと。

今回今井がフランスに行くのだって、自分の照れが事の発端で。
仕事とは言え、内容は恥ずかしくてあっくんに伝えられなかったし、たかだか2週間、と思っていた。
あっくんにとって今井がフランスに行く、という事自体がきっと、トラウマみたいになってしまっていたんじゃないかと。
勝手に自分を放り出して又離れてしまう。それは今井は平気なんだろう、と。

そういう思いを初めて、あっくんはしっかり口にしました。
フランスに行ってから出してくれた手紙を読み返して、その頃は汲み取ってあげられなかった今井の思いが胸に沁みて、居ても立ってもいられず自分もフランスへ行くという大胆な行動に出るけれど、それが吉と出たんです。
今井も、電話であっくんに叫ばれ、そこで初めて、高校の屋上でフランスへ行くと伝えた時のあっくんと、5年ぶりに再会して学生ごっこをした時の「フランスに行くなよ」と涙目で伝えられたあっくんの横顔が、リンクする。
高校時代に約束した事、手紙で今井が伝えてくれた事、自分が拗ねてた事、本当は初めからずっと、今井を好きだった事。
そんな思いを伝えられて、今井はこの上なく幸せだっただろうなと思うのです。

その後に、あの格好でイチャイチャしたらそりゃ今井の変態スイッチも全開になるだろうけど、もうしょうがないでしょう!(笑)

ふんわり地に足つかない感覚は、もう消え去って、目の前の幸せをお互いきちんと感じる事が出来てるんだろうなーと思うと嬉しくなります。


★猫恋カポー
今回は【猫の王子さま】というショートストーリー。
無理矢理朝倉にキスされた時の「にゃっ」が可愛い!勝頼可愛い!(ハアハア)
そして王子さま宛に渡された女性客からの手紙をしっかり読む朝倉w
しかも内容は「あんな男と別れなさい」という物w ガンバレ朝倉!売られた喧嘩は買ってしまえ!(笑)


★【K編集者の素敵なお仕事】
おっ!こちらの作品、お初にお目にかかります(コミックスも未読です)
いやー…鍛冶先生えらい逞しいですな。チャラ男満開、腹筋カブトムシじゃないですか!
夏水さんの描くココまでのチャラ男は初めて観ました。…カブトムシ腹、イケます美味しいです(ジュルリ)
これは気になりますね!コミックス買わせて頂きます(笑)


他、【世界名作今井劇場 人魚姫・シンデレラ】【山田くんと田中課長】【ドラマCDレポ】【あとがき】が収録されています。
相変わらずあとがきに描かれる『お菓子擬人化』が面白くてツボ!
これは続けて欲しいなー、ぜひぜひ♪

1

シリーズ五冊目

ついにシリーズも五冊目。まだまだ続くようです。
脇役から更にスピンオフシリーズができるらしく、この先の展開が楽しみだなって思いました。

ただまあ正直、本編の主役カップルはマンネリ&妄想成分少なめで、問題のないところに無理やり問題を作り出して悩ませて「主人公の不安はただの考えすぎでした。ラブラブでめでたしめでたし」なパターンになってて、面白みには欠けるかなァと思いました。
あれだけ好き好きと全身で言ってる相手を信頼しなさすぎで失礼じゃないかなと思わされてしまう。

でも本編以外が非常に面白くて、また分量がめちゃくちゃ多いんですよねぇ。むしろ本編がオマケみたいな扱い。
そういう意味で、私には大満足な一冊でした。

・パロディ童話シリーズ
これこれ!
攻め様のこの妄想こそがこのシリーズのキモであり、面白い部分なんだよー。

・山田くんと田中課長
猫ともふもふしてる田中課長が可愛すぎて死にました。
まったく進展のない二人ではありますが、萌えどころは山ほどあるのでok
このシリーズを読みたいなら夏水りつさんの他の作品も読み尽くさなきゃいけません!でも夏水作品はどれも面白いからok

『K編集者の素敵なお仕事』
スピンオフの新シリーズの前哨戦ともいえる短編です。
今井の編集者が主役です。夏水さんお得意のメガネ受け。本当に楽しみです。

2

あっくんと今井の過去があってこその現在

今井が仕事で忙しくなり,あんまり今井と会うことが出来なくなったあっくん。そして今井は仕事でフランスに行くことになり,あっくんは一人日本に残されることに…。そんな中,あっくんは昔今井がフランスに5年間行ってたときに来てたエアメールを見つけ…

今回は本編では妄想は少なめで,ストーリー重視って感じでしたが,とても心温まるお話でした。
あっくんと今井の高校生~現在までがあったからこそ,5年間離ればなれの期間があったからこそ,こんなにも愛が深まるんだなっと思いました。
あっくんの気持ちに感情移入してしまって空港にいる今井との電話のシーンはうるっときてしまいました。でも最後はコスプレありつつハッピーエンド♪
あっくんの「俺の方が最初から好きだっつーの。バカ」のセリフのときのシーンの描き方が印象的でとても好きです。高校生のときの二人のやりとり可愛すぎです。
おまけで「世界名作今井劇場」がついてるんですが,あっくんが色々な童話のコスプレやらされてますw
猫シリーズも短めですがキュンとくるお話で,犬シリーズの本編にも二人が登場したりしてます。
あと,「山田くんと田中課長」や今井の小説の担当編集,小早川さんのお話も入ってます。

本当に犬シリーズはすっごくいいお話だったのでドラマCD続編待ちたいと思います(^o^)/

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う