スイートビターキャンディ

sweet bitter candy

スイートビターキャンディ
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神17
  • 萌×222
  • 萌20
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
21
得点
234
評価数
60
平均
3.9 / 5
神率
28.3%
著者
麻生ミツ晃 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
大洋図書
レーベル
ミリオンコミックス HertZ Series
発売日
価格
¥600(税抜)  
ISBN
9784813051619

あらすじ

「初めて本気で変わりたいと思ったんだ」
チビでデブだから「チデブ」。高校時代、そんなあだなで呼ばれていた川口崇史には、憧れの人がいた。なにかと目立つ存在の同級生・金谷佳紀だ。だが、卒業式の日、川口は金谷の言葉にひどく傷つけられてしまう。その後、金谷を見返したい一心で見違えるほどに痩せた川口は、同窓会で金谷に再会したのだが……
出版社より

表題作スイートビターキャンディ

なにかと目立つ存在の同級生 金谷佳紀
チデブと呼ばれていて痩せた 川口嵩史

同時収録作品もう少し待って / 目も合わさずに

二宮万也 高1
刀根 生徒会長

同時収録作品神様のいうとおり

恋人
よっちゃん

同時収録作品左側

清水 出版社社員
漫画家

その他の収録作品

  • クイックスローリズム
  • スイートスイートキャンディ

レビュー投稿数21

デビュー作

2008年発表の作者様デビュー作。短編集です。
私の「麻生ミツ晃先生」のイメージは、イタくて繊細なストーリー展開。
その通りのちょっとヒリヒリするお話たちでした。


「スイート ビター キャンディ」
「クイック スロー リズム」
「スイート スイート キャンディ」
自由奔放な不良・金谷と、あだ名がチデブ(チビでデブ)の川口の物語。
川口が金谷に惹かれるのはわかるとして金谷側の事情/感情が分かりづらい!
BLとして2人の恋愛ありきで読む必要がある、のが残念…
川口には良かったね〜と一応思うんだけど、金谷はかなりのオレ様だししばらくはカップル格差が激しいでしょうね。でもその後金谷はデロ甘のカレシになりそうな気もする。

「もう少し待って」
「目も合わさずに」
若い、自意識過剰の、痛い青春の。
視点は、告白される側の優等生。
年下にただ翻弄されるだけのように思えて、自分の軸が揺らぐ。その揺れが何とも痛々しくて、読んでてこちらも気が焦ったり身の置き所のない感覚を味わう。その意味ですごい作品。息を詰めて読んだよ。

「神様のいうとおり」
この世界で生きるために、自分を、自分の恋をねじ曲げなければならない。
その残酷さ。
でも2人は運命だもの。涙の後、何とかなる事を私も祈る!

「左側」
漫画家と編集者は秘密の恋人…編集者はイケメンで、漫画家は心配でたまらない。
編集者は漫画家の感じてる心配を軽んじてるみたいだけど、真面目に受け取ってあげてほしいなぁ。


2008年発表ですが、すでに絵は完成してますね。
作風も、ちょっと暗いような、シリアスで健気で不器用で、の雰囲気あり。

0

あとがきが謙虚でいらっしゃる!エロ絵がいいですね

先生のデビュー作なんですね。
私も麻生先生作品、初読みです、
短編4本。

あとがきに、
「絵も話作りも 私は、漫画が本当に下手で〜コミックスを出して頂いたりお仕事を頂けるレベルでは到底ないので…申し訳ない気持ちで一杯です」
とあり、謙虚な方だなぁと。

確かに、線が繊細で絵はきれいだけど、少し不安定さを感じ(偉そうにすみません)でもデビュー作ならこれくらいはあることなのでは?と思ったりしました。
ど素人の意見ですけれど。

話も4話とも似た感じというか、4CPとも攻受のタイプが似ていて、こういうのがお好きなのかなぁと。

攻めが長身でかっこよくて、受けのことが好き。
受けは身長低くて、恋愛に縁がなくて自信がない。

攻めがかっこよすぎて…見た目も言動もかっこよすぎて…私はかっこよすぎるだけのキャラはこっぱずかしくなってしまうのでw そこは好みの違いかなと思いました。


あとがきの続きに
「チャンスが頂けるうちは 次、次こその気持ちで勉強したいと思います」
とあり、後に人気作を生み出されたようなので、言葉通り実行されたんだなぁ、すばらしいなと。

その人気作は未読なので、読むのがより楽しみになりました。

本作はどのお話も、エロいシーンがエロくて、その辺はとてもいいと思いました。

0

体格差と一途な思いに

他の御本を読んで、購入しました。こちらがデビュー作なんですね!体格差に激萌えしてしまいました。ツンツンしている金谷(攻め)の一途な思いと可愛い川口くん(受け)がとってもよかったです。チビでデブだった川口くんが、痩せて可愛くなっているけどチビでデブだったあの頃から好きだったって・・・健気な金谷!
遠回りしてやっとの思いで通じあった2人ですが、グイグイくる金谷くんに圧倒。そんな自分を変えようといじらしい川口くん。
金谷くんにつり合うようになりたいって思っちゃうんだ・・・
そして、好きだって気持ちがハッキリしていれば何でもいいって言い切っちゃう金谷くん。
我慢したから遠回りしたんだって事で、グイグイくるけどみんなが金谷のように強いわけじゃないと諭され・・・付き合っているのに、少しずつ通わせる2人の距離が尊いです。

0

麻生先生デビュー単行本

◾︎表題
◾︎金谷(地元では目立つ存在のオープンゲイ)×川口(かつてのあだ名はチデブ)
「ティアドロップ」と立て続けになつかしの麻生先生作品を読んでます。王道平凡受けで、ティアドロップの感想同じくキャラクターは2人とも好きになれないのに、お話は引き込まれる。ストーリーもとても個性があるとは言い難いのですが、絵柄と空気感が心地良くて、麻生先生にしか出せない雰囲気。

◾︎もう少し待って
◾︎二宮(高校1年)×刀根(生徒会長→引退)
一方こちらの刀根先輩はキャラクターが大好き!生きづらそうな人が好きで、まさに。意地っ張りで、飄々とした攻めに振り回されるのも可愛い。こういう真面目な人がついハメ外しちゃうというか、後先考えない行動をしてしまうのも好きです。青春ね。
しかし攻め、なぜその名前にしたのか…一度気になったらもう脱却できない。

◾︎神様のいうとおり
◾︎左側
どちらも短いからこそ、好きだなぁ。

萌〜萌2

0

引け目を感じる受けも程々じゃないとキツイ

感想を。

チデブくん改め川口くん。高校一年からずっと憧れてた金谷に卒業式で酷いことを言われ、ダイエットして2年後同窓会で再会して…。

うーん。ちょっとどちらも説得力に欠けますね。川口くんは金谷に再会して頑張って変われたねって言って欲しくて好きなんだと自覚して。

金谷は煙草体に悪いよって言われただけで?いや他にもあるんだろうけど、それで実は好きだったって動機が説得力ないなあ。5年間ずっと好きだったって。卒業式でちゃんと川口くんが好きって言ってれば付き合ってたって。

そして無事にお付き合い始まるも遠距離で。
川口は金谷に釣り合うようになりたいけど、スマートに行かなくて謝ってばかりで。
金谷が男前ですね。
しかし付き合い甲斐あるのかな?謝ってばかりで。
うーん。書いてないだけで良いことあったのかな?だからお付き合いも続いて金谷が東京まで会いに来てくれたのかな?

1

体格差が・・・

麻生ミツ晃先生が好きなので作者買いです。

スイートビターキャンディ シリーズ

チビでデブだったのでチデブと呼ばれていた川口(受け)と金谷(攻め)が同窓会で再会するお話です。

金谷はかっこいいですね。外見なんてまったく眼中にない。
見た目が中身を決めるとは思っていない、そんな人です。
しかも5年も川口に片思いだったなんて・・・!!
二人は晴れて両思いになります。

しかし、予想もしていなかった地雷がありました。
体格差です。
体格差は好きなのですが、あまりにも体格差があって、しかも川口が童顔なので
二人の絡みは小・中学生を相手にしているように見えてしまうのです。
そこがどうしてもダメでした。そこのコマになると飛ばすしかない・・・・。


一番良かったのは「神様のいうとおり」
短いお話でしたが、二人の10年にわたる付き合いがぎゅっと詰まっていました。

0

何度も読みたくなる

 既刊作品をすべて大人買いしてしまった麻生先生。デビューコミックスのこれだけが電子版になってしまいました。

・『スイートビターキャンディ』シリーズ
 憧れの自由人、金谷に卒業のボタンを「デブ」と断わられたチビでデブな川口。ひどい男なんだけど金谷がとっても魅力的なんです。川口が憧れる気持ちがよくわかってしまう。さりげなく川口を助けたり、「ホモ」「汚ねぇ」と言われても堂々としていたり、実は見た目なんか関係ないと思っていたり、めちゃくちゃカッコいいのです( ´艸`)クフ
 同窓会で川口はすっかり痩せて可愛い男の子になっているのですが、小さいままなので身長差にも萌えですよ!!壁ドンからの身をかがめてのキスはよかったなぁ。
 あの日「思い出に」と言われて自分も傷ついたから「慰めて」という金谷に、そっと不器用なキスをして「合ってる?」という川口はめっちゃ可愛かった。
 晴れて両思いになった訳ですが、強引な金谷が初めてのことに戸惑う川口にちゃんと止まれる男と言うのもポイントが高かった。しかも金谷は5年も川口に片想いだったと言う健気さにギャップ萌えですヾ(≧∇≦)ノ"
 Hシーンもとても綺麗です。自分にできるせめてものことをと「名前を呼んだ」というモノローグや、ベッドでの金谷が饒舌で素直なのにもキュンとしました。

・『もう少し待って 』『 目も合わさずに』前後編
 「一目惚れなんです」と初対面で告白してきた後輩と生徒会長。人を好きになったことのない会長は後輩の恋する気持ちが理解できなくて…。
 冷静な後輩の態度にいら立つ会長が、いつの間にかなりふり構わず追いかけていたのは自分の方だと気づくまでの変化がとても丁寧に描写されています。
 後輩はわりと冷静で包容力があるタイプなんです。それが両思いだとわかった途端に、年下の可愛さが前面に出た待ちきれないワンコっぷりがすっごく良かったです!!麻生先生はこう言うギャップ描くのも上手いな~。 

・『神様のいうとおり』
 10年付き合ったカップルの一人が、母が倒れたのをきっかけに結婚するから別れようと言い出して…。
 短いお話なんですがとてもリアルで泣けました。運命のカップルのお話。ほっとします。

・『左側』
 漫画家先生と担当編集は秘密の恋人同士で、もらった指輪はモテる編集を心配した先生がアシスタント女性を牽制するためだった。そのことに気がついた編集はアシ女性のいるドア越しに先生を抱いて…。
 とってもエロいお話でした~(//∇//) アシさんがいることで俄然燃えてしまう二人。麻生先生のエロはとびっきりエロいな。編集は落ち着いたイケメンで、終始丁寧な言葉づかいが素敵でした。敬語攻め好きだなぁ。

 あっさり風味の様でいて何度も読みたくなる。そんな作品集でした。

2

チデブくんの恋

bl歴がまだ浅い私は、麻生ミツ晃先生を木原先生の「cold」シリーズで知りました。とても雰囲気のある画風のお方だな、と語彙が貧弱で申し訳ないですが、ふとした機会にこのコミックを手にしたときも、まず表紙に見入ってしまいました。
表題作、「sweet bitter candy」と関連作二話の他、短編四編が収録されてます。
sweet〜の主人公、チデブくんこと、川口は高校時代にチビでデブだからチデブと呼ばれていました。しかし!憧れの男金谷の言葉に傷つき、本気で変わります。
二十歳の同窓会での彼は、小柄な童顔男子になっているのです。金谷との再開からストーリーが展開していきます。
結果は、高校時代からどちらも意識していたんですね。
最後はどちらかといえば金谷の方がかつてのチデブくんの魅力にやられてる感じです。
麻生先生の画風が堪能できる一冊でした。ストーリーも良かったです。後輩から先輩ラブの「もう少し待って」には萌えました。

0

甘くて苦い


チビでデブだから、チデブと呼ばれる川口。
特に酷いいじめもなかったようで愛されキャラな川口ですが、ちょっと不良っぽい?金谷くんを好きになってしまい、最後だから卒業式に綺麗な思い出としてボタンが欲しいと伝えるが…「てめぇが綺麗な面かよ デブ」と言われて泣いてしまう。
それから、見返そうとダイエット。
チビはチビだけど痩せた川口は二十歳の同窓会で女の子たちに可愛いと言われてる。

再開した金谷くんとちょっと口論になり勢いで好きなんだと告白。
金谷くんが「遅ぇよ」と一言。
そして、キス。

なんだか、少女漫画にはよくあるような展開。
てことは金谷は川口をチデブの頃から好きだったって事で…ぽっちゃりやデブ専はまだ自分の中では受け付けない設定なだけにちょっと衝撃。
一種のシンデレラストーリー的な展開だなと思いました。
金谷はかっこいいし、変身した川口は可愛いですけれども。

漫画でも、この金谷みたいな外見には拘らず中身重視な広い心を持ちたい。
それくらい、金谷がかっこいい。

で、金谷元カレの三村が素敵。
で、コンプレックスを捨てきれない川口の心情を思うと心が痛い。
で、やっぱり金谷がかっこいい。

そして、「左側」というタイトルの作品。
これは、半レイプ物?
12ページと少ないですが、作家(先生)×編集者(清水)+アシスタント(女)の三角関係。
アシスタントは先生が清水を好きだとは知らなく清水はフリーだと思っていて気があるが、清水の指に指輪を見付ける。
清水は先生にここに来るときだけ指輪をつけて欲しいと言われていてそれの意味を知る。(清水は愛の告白だと思っていた)
そこで、怒った清水はアシスタントがまだいるなかで別室に連れ込み先生を半レイプ。
出血もしてるようですが、先生も清水を求めてる。
先生はグズグズ泣いてるけど、清水が指輪をもらったその日に注文したという、指輪の代わりのピアスを先生にプレゼント。
先生はおれたち新婚さん?と言っていて可愛い。
半レイプ物でしたが愛があってハッピーエンドで良かった。

2

さなぎから蝶にうまれかわる

なにかしら身体的にコンプレックスを持っている
受けというのに興味がわきました。
馬鹿にされたことが悔しくて
見返そうと痩せた受けは
同窓会で昔好きだったひと・・・
自分を痩せさせようとした原因と出会います。

攻めは自由人で結構俺様で、再会した受けにも
傍若無人に振り回すも、実は当時すきだったことが発覚して
別に外見には興味がなく、好きな物は好き、という
ある意味まっすぐな性格がわかります。

カラダに悪いから煙草をやめた方がいい。
昔の言葉を気にして、禁煙して
今は飴を常備しているというのも可愛いです。
最後お酒の席で、キスをする場面などキュンとしました。

強引で俺様だと思わせておきながら、
その実、受けのことを大事に思っていて
不器用に愛そうとする良い人な攻めと、
流されやすいが、云わなくてはいけないことは
きちんと伝え、意外と男前な受け。
いっぱい萌えさせてもらいました。
ごちそうさまです。

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う