憂鬱な朝(1)

yuuutsu na asa

忧郁的早晨

憂鬱な朝(1)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神212
  • 萌×249
  • 萌56
  • 中立17
  • しゅみじゃない13

194

レビュー数
56
得点
1441
評価数
347
平均
4.2 / 5
神率
61.1%
著者
日高ショーコ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
徳間書店
レーベル
Charaコミックス
シリーズ
憂鬱な朝
発売日
価格
¥571(税抜)  
ISBN
9784199604027

あらすじ

父の死後、十歳にして子爵家当主の
座を継いだ久世暁人(くぜあきひと)。
教育係を務めるのは、怜悧な美貌の家令・
桂木智之(かつらぎともゆき)だ。
けれど、社交界でも一目置かれる
有能な桂木は、暁人になぜか冷たい。
もしや僕は、憎まれているのか──!? 
桂木に惹かれる暁人は、拒絶の理由が知りたくて…!?
若き子爵と家令の恋を紡ぐ、クラシカルロマン。
出版社より

表題作憂鬱な朝(1)

久世暁人(久世家当主・子爵)
桂木智之(久世家家令)

その他の収録作品

  • conversation(描き下ろし 番外編)

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数56

貴族めんどくせーーーーーっ(; ̄д ̄)ハァ↓↓
先日「パブリックスクール」を読んだばかりだからか、
加えて貴族ってなんてめんどくさい。
家、地位、周囲との確執。
捨てられないものが多すぎて自らの首を絞める。
それがひどく苦しい。

10歳にして父が亡くなり、当主として屋敷に引き取られた攻。
そこで出会ったのは美しい男。
教育係として厳しく冷たく。
しかし、彼だけを見て、認められたくて。
いつしかその気持ちは恋慕の情に変わる。
年月が経ち、10歳だった少年も青年のそれに成長する。
認められたいと努力しても態度は変わらず。
感情に任せて取引を持ち掛け、強引に身体を開かせる。
ふたりの関係はどう変化していくのか。。というところですね。

自分が受を好きだと気づくこと。
それが決してかなわないということ。
それでも愛したもののために・・・・
ラストが切なすぎていかん(ノД`)・゜・。

完結してから読もうと思っていたこのシリーズ
結局手を付けてしまったわけですが。
面白いです。
関係がどう転ぶのか。楽しみ

6

表紙の二人が1巻の内容

表紙から分かるように明るいお話ではありません。
泥沼にはまるのが分かっているのに、自分の気持ちを止められないのが
なんとなく表紙からも感じることができます。

大きな椅子に深く座っている暁人は、まさに子爵家当主といった感じです。
その隣に立つ美しい男性が家令の桂木。
遠くから見ればこの二人は当主と家令にしか見えないと思います。
しかし、よく見ると二人は手と手が触れ合っている。
しかも明らかに暁人から手をとり、それを黙って触らせている桂木といった感じ。
まさにここが1巻の内容を示している気がしました。
手を取ったであろう暁人の目はじっと握っている手と手を見ています。
一方桂木は、遠くを見ており手を握られた時でさえ目を動かさなかった雰囲気です。

桂木しか見えていない暁人と、暁人が見えない後ろを見ている桂木。
2巻では、一体どうなるのか気になります。

5

ルネ

一枚の表紙でココまで語れてしまうのはすごいですね。

続きが本当に楽しみです。

丁寧な漫画です

主従関係が成り立って始まるのではなく、主従の信頼を築く過程を描いくお話です。

最終的には恋人になってゆくのでしょうが、その前である信頼関係からじっくり紡いでゆくという丁寧さに魅力がある漫画だと思います。
華族社会の背景だけでなく、家同士の人間関係もきちんと描かれてあって読み応えがありました。
長台詞も気にならないほどのめり込んで読んでしまいました。

上流階級ものは何はなくとも、ドロ沼、お家騒動を期待してしまいますので、久しぶりの真骨頂なシリアス漫画にわくわくしています。
次巻でもおおいに傷つけ合い、すれ違い、苦悩していただきたいです。
それを乗り越えて結ばれるのがシリアスの醍醐味だと思うので…。

日高さんの絵もとても時代背景にあった上品さで似合ってると思いました。
洋装、和装、どちらも目の保養です。

あと、幼少の暁人様の可愛さに受だと思い込み、途中で「あれ?」っと本を閉じ、表紙を見返して
「あっ…反対だった…」
と呟いたのは内緒ということで…(苦笑)

完結して一気に読みたい気持ちもありますが、二巻が出たらイソイソと買って読んでしまいそうです。

5

大人に翻弄された子供たち

​ 新刊が発売になるので、何度も読んだ作品ですが再び読み直してレビューします。

 時代背景や華族制度が少しはわかっていないと、さらりとは読めない作品ですね。自分の好奇心のままにとことん詳しく調べてみるのもいいし、階級について触れる程度でもいいと思います。私は階級の並びを知っている程度でしたが、丁寧に描かれた人物や衣装と綿密な背景、そして重厚なストーリーに惹き込まれて世界観が楽しめました。そして、もっとこの世界のことを知りたいなと思いました。

 たった10歳で母を見送り、半年後には父も見送ったひとりぼっちの暁人は、家令の桂木のことを「父のように思ってもいい」のか?と聞いたり、想像していたよりもずっと若くて美しい桂木に「すべては暁人さまのため」と言われて顔を輝かせたり、とても素直で可愛い子供です。「桂木に従うこと」という父親の遺言のままに、桂木を信じ、桂木だけを見て努力してきた暁人。厳しく冷たい目を向ける桂木は、いつも目の前にいて目標にして来た美しい人。桂木の自分への視線に憎しみすら感じているのに、彼に焦がれる暁人が切なくて悲しくなってしまいました。

 桂木の過去がとても謎めいていて、はっきりとは明かされていませんが、それらは桂木の意思とは関係なく、大人たちに翻弄された故のことだというのは確かです。先代と桂木の関係。先代と桂木家の約束。
 9歳で久世家に入った桂木と10歳で本家にやってきた暁人は、二人とも一人ぽっちの子供だでした。桂木は先代の言うことを聞いて、暁人は桂木の言うことを聞いて同じように精進してきたのです。その桂木を先代に似ていると人々は言い、同じように厳しく育ては暁人は「先代とは全く似ていない」と桂木は言います。暁人にとって軽蔑されたように感じるその言葉ですが、桂木が何度もその台詞を口にするので「似ていない」事が桂木にとって本当は好ましいことなのかな?と感じます。

 取引を持ちかけて強引に桂木を抱いた後に「全然優しく出来なかった」と悔やむ暁人と、「もっと優しく接すればよかったのかな」とつぶやく桂木。子供のころを思い出して「世の中にはどうにもならないことが多い」という桂木の言葉は、これまで生きてきたすべてを表しているのかなと思うと、途方もなく悲しい気持ちになりました。
 感情を殺して先代が望んだままに久世家の陞爵を目指す桂木も、森山夫人の前では暁人のことを楽しそうに話して色んな顔を見せると言います。同じように育てたのに、先代に似ていない暁人に揺れ動いているのを感じます。
 今度は桂木から暁人に「必ず陞爵を」そして見返りとして「一生涯あなたに仕えます」と取引を持ちかけてきます。感情ではなくただの取引きとして。暁人が欲しいのは桂木の気持ち。それでもそばにいたい暁人は取引に応じます。「せめて一緒にいてくれるなら、僕はきっとなんだってできる」と桂木にしがみつく暁人が、一途で未だ子供の頃のように純粋で、本当に切ないです。
 
 甘さの一切ない本編なので、描き下ろしでテーブルマナーを褒められた暁人の喜ぶ顔が見られて良かったです。こんな1日も二人にはあったってことですよね。まるで飴と鞭、桂木LOVEになっても仕方がないですね。桂木は自分の魅力をわかってないなー。
 

5

もっと早く読めば良かった!!

ジャンル問わずレトロが大好きなんですが、BLのレトロは正直駄目なものが多かったので、人気のあるこの話が自分が一番好きな明治の話だとわかっていたのですが、何となく手が出ませんでした。

早く読めば良かった!!

何ですか!このしっかりした話。
作画はさる事ながら、話もしっかりしていて素晴らしいです!
自分はレトロ好きとはいえ、華族の相続関係はさほど詳しくありません。
本当に正しい話なのかそういった事は分かりませんが、多少のズレがあったとしてもそれを感じさせない説得力のある話です。
あと、執事はかくあるべき。
秋葉原のメイドさんと共に何だか間違った執事が溢れている気がしますが、年齢は足らずとも執事はこうでなくては!
背景や小物、服装も丁寧に描かれていてたまらないです!
着物が間違ってないBLって貴重です(感涙)

主人公と桂木さんの年の差は10歳ちょっとでしょうか。
暁人さんが育ったら、何故かいきなり桂木さんが前髪を下ろし始めて(何か意味があるんでしょうか??)若返ってしまったので、あまり年の差のある二人に見えなくなってしまいました。
いいところで終わりましたが、後から転んだ利点は続きを待たなくていいところです。良かった(笑)

4

丁寧な作品

この作品は、わたしがBLに目覚めて最初の方に読んだものです。すごくストーリーが緻密で、キャラクター1人ひとりに寄り添うような形で進んでいき、過激なシーンもほとんどないので、BLという感じを受けずに、一つの作品として楽しめました。なので、BL初心者の方にとてもオススメです!!
主人公の暁人さまの桂木に対する激しい思いが伝わってきて、切なかったです。
また、絵がとてもきれいで、作品の雰囲気に合っていると思います。桂木は本当に美人ですよ!!

4

これからどうなっていくんだろう…

読み終えた後、どうしてもっと早く読まなかったのだろうと自分自身に対して怒りを覚えてしまった作品です笑 本当に面白かった!!
舞台はまだ華族制度があった頃の日本。もうこの時点でクラシカルな雰囲気が充ち満ちていますが、日本史にそれほど詳しくない私でもすんなり物語に入り込むことが出来ました。時代設定的には朝ドラによくある感じのような…しかし内容は昼ドラチックだと思います。子爵家の若き当主暁人と彼の教育係にして家令の桂木が、それぞれ複雑な事情や心の葛藤を抱えながらも障害を乗り越え次第に愛を育んでいく……というお話なのでしょうか?まだ1巻しか読んでいないのでこれからの展開はわかりかねますが、今のところ私の想像するようなハッピーエンドにはまだ程遠いような2人ですね…恋愛というよりも互いの損得で動く駆け引きといった感じで、これからこの2人の関係がどのように変化していくのか不安でもあり楽しみでもあります!読み応えのある長いシリーズの作品と久々に出会ったのでとてもうれしいですね〜今後の期待を込めて「神」評価を付けさせていただきます。

3

漆黒の闇。夜はまだ明けない。

もうすぐ完結してしまうのですね。とても寂しい気がしています。確か、4巻あたりが最も評価が高かったかと思いますが、私はこの1巻がとても好きです。何度読み返したか分からない程。
幼い暁人さまの何とお可愛いらしかったことか。とても情報量の多い、この1巻ですが、ものの4分の1弱程度で、ページをめくると暁人さまはもう17歳。あっと言う間に成長していらっしゃる。もっと幼少期を見ていたかった気がします。なので、描き下ろし番外編『conversation』は嬉しかったです。暁人さま、可愛い。
表紙が、たまたま偶然にも。ヨネダコウ先生の『囀る鳥は羽ばたかない』と同様に、暗闇を思わせる漆黒から、巻を追うごとに夜が明けていく様に明るくなっていく。全然違う物語ですが、両方追っている読者のひとりとしては、何だかこの物語の共通したテーマを感ぜずにはいられません。そう、必ずや夜は明ける。明るい結末を迎えられる様になるのだと。それは希望。それが期待。
…と、言うことで混迷の期、夜の第1巻。暁人さまの成長するのに反比例するかの様に、桂木は若くなっている様な気がしていたのですが、そう、思えばこの1巻の桂木が一番老けている。振り返って思うに、幼い暁人さまから見て、とても大人に見えたのでしょう。きっちりとまとめたそのオールバックもそうですが、小さな暁人さまが見上げる桂木は不遜なまでに大人だったのです。常に見下ろしている桂木のその目の冷たいこと。この時、桂木は20歳そこそこ。9歳の年で久世家に引き取られ、おそらく後継者となるべく、厳しく先代に教育を叩き込まれた桂木と。身体の弱い妻をいたわって、ただ可愛がる為に別邸で育てられた暁人。先代が亡くなり、直系の男子に家を継がせたかった先代の遺言により、暁人は10歳になる年に、久世家本邸へ迎え入れられる。暁人さまが生まれたことで、桂木が後継者になる事は無くなったんだな、と後半で私たちも暁人さまも知ることになる。桂木の、暁人さまに対する仕打ちが冷たかったのはこの為か?その拗れた感情のねじれはそんなシンプルでは無い事を私たちはこの後、知ることになる。

「背が高くて洋装が似合うひとだな。」と、暁人さまが感じていた頃から。両親を亡くして、拠るべのないこの小さな子供はただ、桂木に認められたいと願うようになるまで。ご学友の石崎をして、「おまえは桂木に執着し過ぎている。」と指摘されるほどに。最初から、桂木を愛していたのだと思います。桂木しか愛せなかった。それを思うと目頭が熱くなります。
文明の激動期、身分制度の崩壊など、時代に突き動かされる人々を描いていく、大河ロマンと言ってもいい程の物語ですが、この1巻が最もシンプルで易しく、美しく、とても好きです。

3

とにかく受が美しすぎる

人を魅了する若き子爵と眉目秀麗な家令…お互いを傷つけながらも惹かれ合い、やがて最高の二人になっていく、二人の関係性と受の過去の受容が物語ととともに進んで行きます。背景にある話も練られてて至極の作品だと思います。完結したので一気読みをオススメします!

1

不朽の名作~プロローグ~

 この作品を読まずして、BLを語ることなかれ。
 唯一無二の珠玉の名作、全8巻の記念すべき第1巻。
 明治時代、両親亡き後、家督を継承した若き子爵、久世暁人(10歳)と、眉目秀麗な家令、桂木智之(21歳)の出会いから始まる、愛と葛藤のスペクタクル・ロマン。壮大な人間ドラマが、圧倒的力量で、丁寧に描かれていきます。
 桂木への思慕を、こじらせ続ける、一途な暁人に対し、あくまでもバリ塩対応を貫き倒す、桂木のドSっぷりが秀逸。(本格的にラブくなるのは、もう少し先のお楽しみ☆)
 時代設定ゆえの見なれない単語etc.には、「良いお勉強になるな~♪」などのポジティブ・シンキングでのクリアをオススメ。その先に待ち受ける、比類無き至上の愛と感動に包まれた、圧巻のラスト(8巻)は、もはや神の領域!!☆!!
 特筆すべきは、ケタはずれに魅力的なキャラクター。どの登場人物も、見事にキャラが立っていて、グイグイ引き込まれます。あらゆる方向から《萌え》のツボを撃ち抜いて下さいます。目がクギづけになる名シーンや、心臓をワシづかみにされる名ゼリフに、ノックアウトされまくりです!眼福としか言いようのない、(両想い後は)《ラブがすぎる》至高のカップル☆は必見の価値あり♪
 第1巻では、暁人の桂木への、ブレーキがきかなくなった愛が炸裂し、ついに一線を越えちゃいます☆破壊力満点の、桂木のダダ漏れの色気ときたら、もうっっ!マジ☆ハンパないです!時代の波に翻弄されながらも、家柄や身分にとらわれず、自由に生きたい暁人と、お家至上主義で、手段を選ばない桂木の、ままならない二人の関係性が、もどかしすぎて、せつなくって…キュン死寸前必至です!現在も、無限ループで再読中です♪
 本作品は、10年に及ぶ長期連載終了と共に、8巻完結済みです。睡眠時間をキッチリ確保して、(イッキ読みは休日に♪)タオルを準備(涙なしには読めない~☆)してからの精読をオススメ。『憂鬱な朝』は、2018年12月、朝日新聞『好書好日』で、「BLマイスターたちが指南:年末年始にイッキ読みしたいシリーズもの」3作品のうちの1つとして、ご紹介されています。おスミつきです♪
 百聞は一見にしかず。現在あまたの読者を嵐の様な「『憂鬱な朝』ロス」におとし入れている、本作品をご自身で、(できれば、紙媒体で☆)ぜひ味わってみて下さい。『憂鬱な朝』は、深い人間愛にあふれた、本当に素晴らしい必読の名著です!
 本作品を生み出して下さった、日高ショーコ先生(作画)、タキエ先生(原作)、ご担当者Y様に、心より厚く感謝申し上げます。

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ