憂鬱な朝(8)

yuutsu na asa

憂鬱な朝(8)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神297
  • 萌×219
  • 萌7
  • 中立2
  • しゅみじゃない3

211

レビュー数
33
得点
1584
評価数
328
平均
4.8 / 5
神率
90.5%
著者
日高ショーコ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
徳間書店
レーベル
Charaコミックス
シリーズ
憂鬱な朝
発売日
価格
¥720(税抜)  
ISBN
9784199607714

あらすじ

亡き先代の面影が残る鎌倉の地で、思い出す確執と擦れ違いの日々──暁人の渡英が迫る中、過去と向き合った桂木は「二年間は長すぎます」と本音を吐露してしまう。そんな真摯な桂木に、暁人は「一緒に英国へ行かないか?」と旅券を渡して…!?久世家を守り、未来を繋げるために、二人が歩んだ恋の軌跡、ついに感動の最終巻!!

表題作憂鬱な朝(8)

久世 暁人(久世家当主・子爵)
桂木 智之(久世家元家令、29→31)

その他の収録作品

  • Last scene
  • あとがき
  • epilogue「Life is just biginning」

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数33

物凄い漫画に出会ってしまった

「花は咲くか」を読み、おもしろかったし絵の雰囲気が好きだったので同じ作者である日高ショーコ先生の話題作を読みました。

結論から言うと、これは神です。いや神以上。なんと言葉に表せればいいのか…いろんな名作を読んできて、素晴らしい漫画にたくさん出会いましたが、それを悠々超えるおそろしさ…(汗)
絵のタッチ、どちらも美青年で計算高く品行方正、だけど恋愛に関してはお互い執着しているところ、そしてたまに出てくるエロシーン…私のツボばかりを集めた漫画…!!と思っていたのですが、私と同じ意見の方はたくさんいらっしゃるようで、やっぱり…神ですね。
桂木が久世家を出ていき、2人とも忙しくてあまり会えないけどちゃんとお互いを思い合っているところ…特に桂木は普段クールで無表情なのに、暁人様の事になると感情的になるところが一番好きです。あと攻められてる時の顔!!あの恋愛している桂木の顔!!!とにかく良き!!!!!!
エロの度合いであれば多くはありません。というか、ずっと一緒にいるわけじゃないですからね、でもたまーに出てくる好き好きの感じが堪らないです。とにかく全部ドツボなんです…イチオシです…もっと早くこの作品と出会いたかった!!!これから良いblに出会うことはたくさんあっても、この作品以上に好きになる作品はないと思います…たぶん。今読み終わって何日も経っているのですが、ひたすら余韻に浸っています。

最高これを見るために生まれてきたと言っても過言じゃないでしょう。

2

感謝感激

もう二人には憂鬱な朝じゃないなぁ…
幸せな朝だね。良かった…ㅠㅅㅠ

ついに完結ですね…
嬉しいような寂しいような…
BL作品で一番大好きな作品です。
最高の作品。
憂鬱な朝って作品で、日本のBLに今までもハマってます。
ストーリーは終わりましたが、これらかもずっと二人を
応援して続きます。
私の心の中にはいつまでもingです!

先生。今までありがとうございました。

0

不朽の名作といったら、本作品!

読後の幸福感が尋常じゃありません。終わるのが寂しくもありましたが、これ以上に素敵な終わり方はなかったかと思います。暁人様も桂木も幸せになれて良かった・・!

桂木と共にあることを絶対に諦めなかった暁人様は強くて格好いいし、暁人様を好きだと自覚して弱さを隠せなくなった桂木はとても可愛いし・・・これが11歳差のふたりで、桂木が暁人様を育ててきたというのが個人的な萌えポイントです。

壮大で素晴らしい物語を最後まで素敵なままで描き上げてくださった先生方に、最大級の感謝です!

1

これ以上ない最高のストーリーでした。

最高のストーリーでした!タイトルの憂鬱な朝が嫌で重たいものから、甘い意味に変わってくるなんて!凄すぎます。最終回まで、自分の思いも桂木の思いも、家の事も未来も諦めなかった暁人さまに私もやられました!ここまで来るのに、全然ご都合主義ではなく自分の力で切り開いていきます。このシリーズは暁人さまの成長物語だったと言ってもいいほどです。

1

すべては、

1~8巻まで読み返しても、どの感想を書いたら良いものか‥‥。

終わってしまって悲しいと思うのと、読み終えることが出来た満足感がせめぎ合っています。

お互い自分の道を進む(一緒にいるために)と留学しないことを決めた桂木を見て、夢でも良いから一緒にいたいと言って欲しいと暁人が言っていたのを思い出して、ただただ現実でふたりが同じ道(というか肩を並べて歩ける関係)を歩むことが出来たことが嬉しいです。

素敵な作品との出逢いをありがとうございました。

1

史诗一般的长篇作品欢庆完结

历时多年的长篇作品、波澜壮阔、新旧变革时代曲折反复、激动人心的故事,令人依依不舍、却又功德圆满。作为肩负起家族责任的久世晓人和桂木智之,二人一方面想要拥抱新时代,另一方面却又难以与过去彻底一刀两断。因为家族责任心、彼此之间的关心,在错综复杂的环境变化中,自觉或不自觉地被卷入时代洪流。完结卷让人如释重负,给这个故事画上了圆满的结局。哪怕思想有分歧、前路也有所不同,但是想要携手并进的心,却不会改变。无论为自己还是为对方,都想变成更好的人。这样互相支持体谅的爱情理念,永远都难能可贵。无论是爱情、友情还是工厂、个人前途、爵位继承人,全都各得其所、得偿所愿。日系故事中主人公身为社会人超强的责任感、主角人道主义的善良理念、除旧迎新、革除旧弊的创新精神,都让人耳目一新。以明治、大正间的历史时期为背景,日高老师认真细致的考据工作,呈现出大气庄重而又含蓄内敛的写实风格,这样别具一格的作品,不光是爱情,对于了解过去、风俗、经济等历史画卷,也是很好的科普作品

1

彼らに出会えて良かった

書きたいことは7巻のレビューに全て詰め込んでいるのでひとつだけ。憂鬱な朝に、彼らに出会えて本当に良かったです。この本に出会わなければBL漫画を読まない人生を送っていたでしょうし、私の人生はもっと味気ないものになっていたでしょう。全8巻を通してふたりには幾度もの憂鬱な朝が訪れたわけですが、その中に潜むたくさんの感情の機微に私はいつも胸を躍らせていました。
今や年間とてつもない冊数のBL漫画を読むようになった私ですが、やはり憂鬱な朝は他のBLとは一線を画す存在です。これほどのスケールでふたりの人間の人生の分岐点を描く作品はそう現れないでしょう。シリーズは完結してしまいましたが、これからも定期的に盛り上げて新たなBLファンがこの作品と出会ってくれることを願っています。

2

わたしのベストBL作品

暁人が変わらずに桂木のことを思い続けた結果、桂木があんなに甘く可愛くなるなんて、想像していませんでした。
途中はツライ話が続くけれど、最後まで読めばとても幸せな気持ちになれる素晴らしい作品です

1

憂鬱な朝に出会えて、終わりに立ち会えて良かった。

こんなにステキな終わり方になるなんて一巻読んだ時には思わなかったし、今までの大きなことから小さなことまで全部が詰まってて最高に幸せだった。
桂木が暁人様のことを思っておおいう顔をするようになるなんてもう…
桂木が暁直様に出自を知らされた時に「なぜ、驚かない?」って言われたところで胸が締め付けられた。桂木を縛ってきたのは今まで明かされてきた言葉だけじゃなかったんだね。
暁人様が桂木の寝顔を見て驚いていたけど、それだけ出会ってからの長い間ずっと隙を見せずにいたっていうのがすごいし、今はそんなこともせずただ一緒に居るっていうのが幸せだった。
桂木の幼少期に心も体も縛りつけた先代の呪いが暁人様の言葉によって溶けていくのが見えた。
最後の直矢様を久世家に迎える準備をするところで最初の二人の出会いを回収するなんて思わなかったし、暁人様が久世本家に入られた時とは全然違う暖かな空気が漂っていてすごく素敵だった。
直矢様を迎えるときに暁人様が屈んだのを見て、昔とは違うんだなってハッとした。しかもそれを桂木と暁人様2人で迎えるなんて。この時代に2人で恋人として一緒になることは出来ないけれど彼らのなかの一番の姿なんだろうなって思った。

2

お見事です

読めば読むほど理解が深まる。感情の変化や揺らぎ、愛目の芽生えや痛いほどの思慕が手に取るように。ラストまで読んで、再読最初から読み進めると、様々な伏線や布石の見事さ、描かれていた表情や言葉の本当の意味につい唸りたくなる。間違いなく傑作。評価は、ぜひ最後まで読んでからに。

3

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ