最果ての空

saihate no osra

最果ての空
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神44
  • 萌×216
  • 萌8
  • 中立3
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
23
得点
311
評価数
72
平均
4.4 / 5
神率
61.1%
著者
英田サキ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
奈良千春 
媒体
小説
出版社
大洋図書
レーベル
SHYノベルス
シリーズ
エス
発売日
ISBN
9784813012061

あらすじ

警視庁公安部外事第一課第四係の刑事であり、ウラに属する江波郁彦は、ある日、秘匿追尾していた男に尾行を見破られるという失敗をおかしてしまう。そしてその日、上司に呼び出された江波は、そこで警視正、篠塚秀之からある事件の班員に指名される。篠塚は若くして公安部部長に次ぐ地位にあり、一見穏和だが常に冷静で、なにを考えているのかわからない男だ。江波はある事実から篠塚に反抗にも似た感情を持っており……!? 事件にはできない事件を追う、男たちの静かな闘いの物語!
(出版社より)

表題作最果ての空

江波郁彦,28歳,公安部外事一課4係
篠塚英之,41歳,公安部参事官

レビュー投稿数23

評価に困る

エス・デコイのキャラクター達が出てくるシリーズの最終巻。ストーリーは文句なしの面白さなので神です。間違いない。英田さんの小説は導入部分で読者を惹きつけ、文章は簡潔で複雑な事件もわかりやすく最後まで読ませてくれる。BL部分も切なくてモダモダさせられ絶対に裏切らない。

しかし!しかしですよ。今作は誰も死なないのでバッドエンドとは言わないけど、ハッピーエンドでもない。江波はつっぱってて強がってるけど誰かに愛してほしくて仕方がない可愛い受けって感じだけどここの表示だとなんと攻めだった。元彼との関係だと受けも攻めも両方やってたみたいです。

江波は健気に篠塚を思い続け切なくて涙が出たけど、普通は最後に報われてスッキリ!のはずなんだけどこの話は英田先生のこだわりで違うラストです。篠塚は先生お気に入りのキャラみたいですね。たしかにハッピーエンドは幸せだけどそれだと陳腐になってしまったかも、と思います。

しかし篠塚は義弟も部下(デコイに出てた人)もゲイで、周りにゲイを引き寄せる魔性の男だなあ。あと篠塚の同期で江波の兄でもある神津がイイ。「俺が女だったらお前に惚れてる」って何度も篠塚に言ってたけど男でもちょっと惚れてたよね。きっと。短髪黒髪の警察官僚はすぐ受けにしたくなってしまいます。

今回の評価は小説の面白さは神だけど片想いが報われないラブストーリーはうーん……という感じなので一つ下げました。

0

「篠塚!正しい事をしたければえらくなれ」byワクさん

エスシリーズ最終章!余韻、余韻、余韻…
その一言です。
もうこれ以上何もいらないです。

いつもなら「シノピーかわいそう」なんておちゃらけレビューしている私ですが、本作でシリーズ中の篠塚の達観した強さというのかな?それが本当によくわかって泣けてきました。

篠塚参事官、このままなんですか! とその肩を揺さぶりたい!
江波くんみたいなカワイコちゃんじゃないからアレヤコレヤしちゃうψ(`∇´)ψことも出来ないけど、なんとか参事官の決意を覆したい!
いつかは横に並ぶ人くらいは見つけて!ってまだまだ時間はかかるんだろうなーあ。

そこら辺を英田先生書いて下さい!になるとこのシリーズのリアリティからするとBLではなくなっちゃいますかね?
でも本作のラストはこれでいい、これしかないけど、でも一生このまんまなんてオバちゃん心配しちゃうわ!なんて思わずお堀の中心から警察庁(最後は警視庁?お隣だからいーか)に叫ぶ、したかったです。

しかし篠塚義兄さんのこの難しい心理?真理?の理由をつまびらかに、そして際立たせるために江波くんを配した英田先生の手腕に脱帽(`_´)ゞ
江波くんの泣き顔見てみたいな。私だったら5秒で完落ちだよ。
ただちょっと忍の字あたりは金八先生入ってて集中出来ませんでしたがψ(`∇´)ψ。

神津兄ちゃんもただの傲慢な奴だと思ってたらこういう風に関わってきたかい!ラストスパートしやがって!コンチクショイ!
加えて篠塚に短い電話を入れてたというのと晴れた日にダンボールに荷物をサバサバと入れてたという対比に萌えました。シトラス系の香りのニヤニヤ笑いの神津兄ちゃん、結構好きになっちゃいました!

しかし本来ならエロ妖怪の私ですが、エスシリーズの中でエロが2行くらいしかない本作が1番好き。
レビューを見るとわりと「デコイ」読んでませーんなどの記述がありますが、これからの方は是非とも順番通りにお読み下さることをオススメします!
椎葉が、そして安見も通り過ぎて行った後の篠塚あっての本作なんですもの!
これが味わえないなんてもったいないです。

シリーズ6冊読み終えたら本作、そしてシリーズ後日談の「エス still recall」をお読み下さい。限定版でファン必読です。
あまあまな雰囲気満点です。

あと世間知らずで申し訳ないけど神津兄ちゃんみたいな退職理由って実際にあるのかしら?
北海道の拳銃摘発を自作自演して捕まっちゃった刑事さんのお話は映画にもなりましたよね?
英田先生は「DEADROCK」シリーズなども書かれてるからキチンと資料があっての事なんでしょうね。

でも、最後にやっぱりおちゃらけレビュー書いちゃう。
シノピーに一言いいたいの!
「正しい事をしたかったらえらくなれ」
by踊る大捜査線 ワクさん…なんてな。

でもこれって
篠塚義兄さんがこれからも目指し、
神津兄ちゃんも目指してた
「最果ての空」と同義語だと思うんですよね。そこから下を見て感想を聞かせてやって下さい、篠塚義兄さん!

しかし踊る~も20年も前のドラマなんですね。もうそろそろ全く知らない世代の腐少女がBLデビューしてるとしですねー。
わだやだ。

1

このさびしさに君は耐ふるや

「エス」シリーズ最終章。(私は「デコイ」2作は未読です)
先にレビューを読んでから挑んだので、篠塚さんが孤独のままであることははじめから分かっていました。
しかし、ただストーリーを知っている事と、実際に読んで作品世界に入り込んでみるのはわけが違う。
ひとが根源的に抱えているであろう孤独感。そして篠塚個人の資質からきている孤独感。それは愛する人と死別したとか結婚していないとかそういう事とは関係なく。人は自分の横をただ通り過ぎて行く。『寂しくない人生など果たしてあるのだろうか』と自問する乾いた心…
そこに若くて『全身でぶつかってきてくれる相手』江波が現れる。
この作品が素晴らしいのは、ここで篠塚に恋をさせないところです。
そう、この作品の主人公篠塚は誰とも恋をしない。BLにあるまじき掟破りなのかもしれない。
ただし、もう1人の主役江波はゲイ(しかもリバ男、美味しすぎる…!)で、彼の恋人とのラブシーン(挿絵あり!)もあるし、篠塚に恋をした彼の心情の揺れなど、非常に丁寧に描写されています。
BLとしての枠というものがあるのだとしたら、この作品はそこからはみ出ているのでしょう。しかし、私が感じたのはもっとそれ以上、「小説」そのものすら超えて文字の縛りも超えて。篠塚や江波の心情を直に追体験するようなそんな錯覚すら抱いたのです。
篠塚に会いたくて、マンションの近くまで行ってしまった、でも部屋を尋ねることもできない江波の気持ち。
椎葉と宗近の間にはもう入り込めない事を実感する瞬間の篠塚。寂しいと感じながら何も求める気にならない篠塚。江波を恋愛ではなく可愛いとしか思えない篠塚。由佳里のためと言うだけでなく、自分の矜持、また憎い組織への当てつけの感情のために孤独を選ぶ篠塚。多分今更自分を変えることも怖いのかもしれない篠塚…
篠塚の立っている、明るくも暗くもない乾いた場所に自分も立っている…そんな感覚。
ラストのクライマックス、寂しいという本心、それでも何も感じまいとする自分をさらけ出す篠塚、彼を想って涙する江波、2人の心情が私自身の心になだれ込んでくるようだった。
彼の立とうとしている頂き、その景色はおそらく灰色で、強い風だけが吹いているのでしょう。眼下には緑も花もあるのに。『このさびしさに君は耐ふるや』
そこが最果ての空なのでしょう。私には辛すぎる場所だけど。

10

孤独と共に

エスから派生した椎葉の兄、篠塚のお話。

篠塚はいつも凜としていて、仕事に対しても真面目で厳しく、お偉い立場も加わって周りの人間にとっては近寄りがたい雰囲気があります。
でもそんな彼が見せる優しい微笑みだったり、寂しげに遠くを見つめる姿には哀愁が漂っていて心を奪われます。

江波が篠塚に惹かれていったのも当然な気がします。
篠塚も自分に対し素直すぎるくらい真直ぐ接してくる江波を可愛く思っています。
だけど江波の気持ちをしっても篠塚は一線を越えません。

死んだ妻と子供への償い、義理の弟以上(でも恋人にはなれない)の特別な存在である椎葉を見守る責任。
いろんな感情をすべて受け止めたまま、篠塚は孤独を選びます。

孤独と共に歩む義理兄さまが、男らしくて素敵です。
幸せになってもらいたい!!
けど、今のままでもいてほしい!!!

1

お義兄さん萌えだったけど。。。

念願のお義兄さんの巻。ラブはなかった。。。
ひたすらストイックな、強い篠塚。そこが素敵、それも素敵、安易にくっついたりしないのがいい。

でも!やっぱり、どこか人との繋がりに心の平安を得られるような、そんな人間らしさがあってもよかったんじゃないだろうか。

スパイ絡みの事件を軸にしたサスペンス仕立てで、相変わらず面白い。しかし、せつない一方通行の愛に終始したラブストーリーの方は不完全燃焼。どこまでも孤高、キャリアトップを目指すシノ、執念の人。だけど現場の気持ちも組み、さりげなく所轄を立てる優しい参事官。しかしここまでくると逆にそんな人いないよなぁと思ってしまう。
どこまでの神のようなお義兄さんでした。

2

清々しい孤高

「エス」と「デコイ」で大人の魅力を醸し出していた、篠塚のお兄さんがメインにして、シリーズの最後となります「最果ての空」です。
これを買う前に幾つかの素晴らしいレビューで情報を仕入れましたが、それらによりますと「お兄さんのエッチはありませんよ」ということでした。
エスから一気に読んできて、篠塚のお兄さんには是非とも幸せになってもらいたいものだと思っていた私は少し、がっかりしました。
(攻めでも受けでも、篠塚のお兄さんのエロいとこがみたいなァ…)
何とアホいことを考えたものでしょう、これは無いからこそいいのですね。安易なセックスがないからこそ、品格あるラストなのです。
情に流されはしないけど薄情な人ではなく、孤高であっても孤独ではない、篠塚のお兄さんは本当に素敵な大人です。
最果ての空の高みからは何が見えるのか、この方ならきっといつかたどり着くでしょう。

3

一生の孤独

エスシリーズの完結で、篠塚の哀愁たっぷりの作品。絶妙なスタンスで、秀作だと思う。BLとしての甘さはほとんど無いし、緊迫感ただようハードボイルドでもない。が、篠塚の漢気あふれる生き方と、重荷を一人で背負う孤独さに胸がふるえました。これから一人、高みを目指す篠塚の姿をおもうとせつない。ちょっと重すぎる孤独感を江波がほどよく緩和させてくれます。本当に面白いシリーズだ!

0

エスから派生

全編が、エスに出てきた椎葉の義理のお兄さんである篠塚さんのお話。

エスではひたすら寡黙という勝手なイメージだったのですが
それが変わりました!
そりゃぁ、警察のエラ~イエラ~イ人だったら、
ただ頭良くて寡黙・・・ではやってられませんよねw
椎葉さん以外の人にでも、おちゃめなところを見せたりして、
意外な一面を見られたのが楽しかったです。

そして、過去にあった椎葉への気持ちなんかも語られていて、
エス番外編としてもとっても良かったです。

0

篠塚はこのままでいてほしい

椎葉のスーパー義兄は最後までスーパーマンでした。
英田さん、妥協しないでくれてありがと~~♪
読んでいる間、篠塚の声は三木さんで脳内再生されていました。
江波もなかなかにいい男でしたが相手が悪すぎるよ。
いつか素敵な恋をするようにと願います。
浅川ベビーのエピソードは、ちょっとうるっときました。
最後に椎葉はまたやらかしましたね。
こんなだから、篠塚も宗近も安心できない。
意外とこっそり仲良しさんなのでは?まるで小姑と嫁(笑)
親友というか戦友であった神津との別れのシーンが印象的でした。

1

義兄さんへの愛

義兄さーーーーーーーーーーーーーーん!!
大好きだああああああああ。
俺の愛を受け取ってくれええええええ!!
孤独を選ぶ男。
きゅうううううううううううううん。
俺は最初から義兄さんが本気で
好きだったんだあああああああああああ!!
あっちの人達はうまくいっちゃったから。
義兄さん 寂しいよね。
でもこの終わりがやっぱりベストだったと思う。
皆が去っていって一人残る。
孤高の気高さがあなたには合っている。
出世してください!!

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う