ACID TOWN 2

ACID TOWN 2
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神9
  • 萌×22
  • 萌2
  • 中立1
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
3
得点
60
評価数
16
平均
3.9 / 5
神率
56.3%
著者
九號 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

作画
九號 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
幻冬舎コミックス
レーベル
ルチルコレクション
シリーズ
ACID TOWN
発売日
価格
¥619(税抜)  
ISBN
9784344819320

あらすじ

虐待され、「売り」をやらされていたユキの凄惨な過去を知らされたテツは、思わずユキにキスし想いを告げるが…!?
(出版社より)

表題作ACID TOWN 2

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数3

父との対決

ユキが幼い弟を連れて家を出、今のところに落ち着いた経緯が語られます。

一方で、刑務所から出てきたユキの父が、ユキを執拗に探す。ユキを大切に思うテツは直談判に行くが、ユキのつらい過去を知らされる。
テツはユキに迫ってしまいますが、そんな状況ではうまくいくはずもなく、テツは自分の無力さを痛感する。そんなテツを亮が慰めてくれます。

2巻は、ほぼユキとその父の対決になります。
父は王に使われてユキを呼び出す。王はユキに殺させようとするが、結局ユキは思いとどまる。けれど王に捕らわれてしまいます。

これまでなんとか安寧に暮らしていた亮のところを出て、ユキのストーリーが動き出します。

0

ユキ!どうなっちゃうのー!胸が痛いよー!!

近未来の日本(?)
病気の弟を思いやりヤクザ兵頭の庇護を受けるユキ。
ユキを守りたいと思うテツ。
そんな二人の少年の前に現れたユキの過去に深く関わる父親という不気味な阿成という男。
ゾクゾクさせながら展開した1巻の続きがでました!
今回は、ユキの過去が少し明らかになり、また運命が動き始めました。

どうして阿成はユキに執着していたのか、それがわかりました。
ユキの母親・椿に激しく執着し拒まれさらにユキに殺されかけたからのようです。
それが、ユキを凌辱し売りをさせていた悲惨な過去だったとは・・・
でもきっとまだそれも一部のみですべてではないのです。
一体どこまで奥が深いの?
そしてユキの悲しみも一体どれだけ深くて、どうすれば救われて心から笑えるんだろう?
もうそう思うと切なくて悲しくて!
それを知ってしまった時、抑えきれなくなったテツの衝動と逃げるユキが悲しくて、、
テツは守りたいって思ってたんですが、下宿の亮二に諭された一言は、彼はただの良い隣人だけじゃないなって、すごく説得力があるんです。
守りたいというのは、結局自己満足で、それぞれがそれぞれによって救わる対象は違うから。でも、気持ちが変わらないならあがけばいいって。。。

阿成の密告で、どうも過去に関係ある中国マフィアも出てきました。
ユキの運命が大きく変わりだします。
兵頭とユキの関係もおぼろげながら見えてきました。
テツのユキへの気持ちは通じるのだろうか?
まだまだ目が離せません。
少年達の幸せになりたい、ただそんなごく普通の小さな願いも叶わないこの世界から、早く彼らが羽ばたける日がくるまで見守ります!

2

心理の隙間をついた傑作だと思う

同人誌界でもかなり有名な「九號」の魅力はといいますと、
「眼」が異様にきれいなこと、だとオレは思うんだが。

だいたいは社会のブラックな底辺にいる人びとを描きながら
そのコアな部分はすごく透明感があって、灰の中のダイヤモンドさながら。
このギャップにヤラれるわけです。
で、アシッドタウン2の最強の見せ場は何かといったら、
かねてから恋心を感じていた「ユキ」の壮絶な過去を聞き、「テツ」が
思わずキスをしてしまうというくだり。
わざわざネタバレすんなよって話だが、それをネタバレしたところで揺るがないぐらいの複雑な心理の揺れが見事描かれているんですなー。
それは見てのお楽しみ(・∀・)ニヤニヤ

ここらあたりから、感情移入しすぎて困る。
惚れている、とは「欺瞞」なのか?
「同情」なのか?
恋愛に理由なんかあるはずがないにもかかわらず、理由をぐーるぐーる考えさせられる。
心理の暗黒面が次から次にひきずりだされる作品ゆえ、
ちょいとBL離れした重いのが苦手な方は要注意。
テンション下がります。

作品自体のペースも遅めなので、せっかちな方にも…おすすめしがたい。
しかし、ぐるぐるしたい人には大推奨。

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ