リバーシブルスカイ

リバーシブルスカイ
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神2
  • 萌×27
  • 萌10
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
4
得点
69
評価数
21
平均
3.4 / 5
神率
9.5%
著者
沙野風結子 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
和鐵屋匠 
媒体
小説
出版社
幻冬舎コミックス
レーベル
リンクスロマンス
発売日
価格
¥855(税抜)  
ISBN
9784344820944

あらすじ

今から汚されるのは、私じゃなくて、君だ

絶望に陥った弟の親友・陸(くが)を救おうと、蒼一は陸とともに住もうとするが…。
リバもの登場‼︎

高校時代、クライマーを目指していた医者の蒼一は、弟の親友・陸に夢を託し、活躍を密かに見守っていた。しかし、登山中に弟が死亡し、陸が重傷を負ってしまう。彼を救いたい一心で、ともに暮らし面倒をみるが、肉体は回復しても、陸の心はズタズタなままだった。毎晩悪夢にうなされる陸を起こしていた蒼一は、ある夜夢うつつの彼に、突然襲われ…。
相手への想いに葛藤しながらも、頂上を目指す二人の運命はーーー。
禁断のリバものが遂に、登場‼︎

表題作リバーシブルスカイ

クライマー 陸豪士(くがたけし)27歳 +中井蒼一
外科医 中井蒼一(なかいそういち)30歳 +陸豪士

同時収録作品リバーシブルスカイ

中井蒼一、外科医
陸豪士、クライマー、弟の親友

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数4

こんなにBLと親和性が高いとは…

ちるちるユーザーさんのレビューを見て気になり、手に取りました。たまたまレビューをチェックしていて良かったです。このきっかけがなければ、購入するのがずっと後になっていたかもしれません。

先日NHKで若い登山家が無防な挑戦をして命を喪ってしまうという心苦しいドキュメンタリー番組を視聴していただけに、こみ上げてくるものがありました。この作品も壮絶な内容で、展開もよく考えつかれたものだなーと感心させられるものでした。

あとがきに先生がこの作品を執筆するにあたり、自らに課したクエストの内容を知って驚きました。そのクエストを達成する為にこれだけの作品が生み出された…という所がホント読者冥利につきますね。人によっては、大変高いハードルになるかもしれませんが、お陰様で心の中はK2クラスの高みに登れましたww
クライミングがここまで、BLと親和性が高いものだとは…。完全にヤラレましたよ。特に昇と陸が思い出を積み重ねた空間は二人だけの侵せない聖域で…。「極限状態」、「二人っきり」のキーワードに目からウロコです。

孤高の人達が命懸けで山に挑む理由は千差万別ですが、少しは理解に近づける足がかりとなる一冊でした。ダークな面も匂わせるビジネスサイドの話も触れられていて、綺麗事にされず、リアリティーがあった所が良かったです。タイトルの意味の深さに泣けました。この作品からクライミングというこの世の高み(自然界の極限)への挑戦の光と闇の側面の表裏一体感を肌で感じ取れたところが感慨深かったです。

キャラクターが魅力的なので、カップリングも非常に萌えました。男同士のリアリティーのあるBLがとても良かったです。いい夢見させてもらいました。こういうBLを求めているんです。男同士でないと到達出来ないような精神的な高みを味わいたくって。文章の美しさ、物語りの深みに絶対的信頼感のある作家さんですが、BLに対する感度も鋭いですね〜!地雷のある方も、そちらはあくまでプライベートな側面にしかすぎませんので、壮絶な三人の生き様を知って欲しいです。地雷に尻込みされるのは勿体無いです。自分にとって特別な一冊になりました。また読み返そうと思います。

2

珍しいリバーシブル小説

冒頭、登場人物たちのの高校時代から始まります。
クライミング部の副部長・3年の中井蒼一と、蒼一の弟で1年の中井昇(しょう)、そして昇のクラスに転校してきた陸豪士(くが たけし)。
医者になるか迷っていた蒼一が、陸のボルダリング姿を見て、すっぱりとクライミングをやめて医学部に進む決心をする…
それから10年が経ち、蒼一は外科医となり、昇は天才アルピニストとしてヒマラヤの山々を無酸素で登攀していた。そしてそのザイルパートナーが陸。
だが、2人で挑んだK2で登頂成功後の下山中に雪崩に遭い、昇が還らぬ人となる。大怪我をして帰国した陸は、精神的にも大きなダメージを受けていて…
肉体的には回復してくるが生きる意志を失い、昇の幻を見ているような陸。1人にしたら食事も摂らなそうな陸を、蒼一は自分の部屋に住まわせる。
蒼一は元々陸の素晴らしい身体の動きやクライミング姿に惹かれる気持ちを持っていたのだけれど、最初の2人の「接触」は、陸の夢うつつの中での行動で、多分自分では性交とも思ってなかっただろうし、まして相手が蒼一だとも思ってなかったのでしょう。
蒼一の方も激痛と少しの快感とともに、これは陸の好意・欲望から来る行為ではない事も分かっていて、お互い忘れようと言う。
しかしそのあと蒼一は、同性との関係性に踏み込む勇気もないまま陸への感情が高まっていきます。
一方陸の方もその行為の後、目が覚めたようにリハビリに励むようになり、蒼一へも微妙な感情を抱いていきます。
この作品の一つのポイントとして、今はもうここにいない「昇」の存在があります。
陸と昇は決して恋愛関係ではなくもちろん肉体関係も一切無いのですが、陸には昇が全てのようなところがあり、昇がいたから自分も登山家になり、昇がいたから山で極限状態になっても必ず生きて帰ってきた。なのに昇が死んだ。
蒼一は陸に惹かれるけれど陸の目には昇しか映っていないと感じ、自分が昇の代わりのような気持ちにもなり、そして昇の代わりになどなれないと絶望し、いつでももういない昇を挟んだトライアングルのよう。
途中から陸にとっての昇は「山での死」と同義語になり、「生」に繋ぎとめてくれる蒼一から引き離された後はズルズルと死の誘惑に引き摺られていきます。
そんな危うい陸を現実に引き戻す方法として、蒼一は陸を貫くのです。

蒼一の勤める病院での院長選挙や、上司の娘との交際、陸に異常に執着する理学療法士・野木、野木に監禁されて強要される恐ろしいトレーニングなどが絡んで、後半スリリングに展開します。

リバーシブルという観点から言うと、一度「蒼一x陸」があるけれど、基本は「陸x蒼一」だと思います。
ラストの2人のHシーンは、陸が蒼一を「蒼一を登攀したい。色んなバリエーションで極めたい」と言って登山に例えているのが面白いけれど、かなりエロくて官能的でした。蒼一に挿れながら、蒼一に指を入れられて喘ぎながら攻める陸が良かった。
山の恐ろしさを知りながら山に登らずにはいられないクライマーのメンタリティ、鍛えられた肉体のムーブの描写なども非常に読み応えがありました。
極限の崖で空を見上げる時、空に登っていくのか空に降りていくのか、上下が反転を繰り返す…
それが美しいリバーシブルスカイ。

5

タイトルも、帯も、あらすじも、「リバ注意!」

沙野さん、とうとうやってくれました。リバものです。
それにしても絶対にアンチリバの方が手に取らないように(?)、配慮のココロがすごいです。タイトルがズバリだからうっかりする人もいないでしょうが・・・。

とりあえずリバは置いといて今回の沙野さんのお話は、とてもさわやかでした!
ひねくれた人や鬱々とする人がそんなにでてきません。というか、主人公二人がかなり自分の気持ちに正直でした。基本的に体育会系のぶつかり合い恋愛でした。(ああ、だからリバか・・・)

高校時代に蒼一と、蒼一の弟・昇の同級生の陸はクライミング部で出会います。この弟の存在が後々まで二人を振り回します。
クライマーとしてずば抜けた才能を見せつける昇に、己のクライミングの限界を感じて医師としての道を歩む兄と、昇のザイルパートナーとしてついていく陸。
出会いから数年後、昇と陸は登山中に遭難。昇は死亡、陸だけが生還します。おそらく昇に対して恋愛感情も抱いていた陸は、ハンパなくダメージを受け、それを治療していく蒼一も陸に対する気持ちに気付き・・・。

一人はもういないとはいえ、私の大好物「三角関係」です!
なのですが、なんとなくいつもの沙野さんのドロドロとは一風変わって、とてもさっぱりした、直球な感じです。そう感じるのは私だけかもしれませんが。
ちょっと病んでる人も出てきたりはするのですが、最初からややおかしい人だったのでそんなに気になりません。

そして沙野さんといったら毎回注目のエロ描写です!今回はとりあえず「リバ」がテーマらしいので、一つ一つのプレイはそこまで濃厚でもなく(いつもよりは、ですが)進みました。
実はリバがどうこうよりも、私は沙野さんの書く「あえぐ攻め」が大・大・大好物なのですが、今回も期待を裏切らず、とてもあえいでくれました!どっちが受けてんだ、というぐらい。最後のエチの「攻めながら指入れられて恥じらう攻め」(もうなにがなんだか)には感動しました。
ただ、主人公二人ともクライマーと元クライマーなので、とにかく山大好き!エロを通り越して笑ってしまいました。ち○こと尻を、山になぞらえるそのセンス・・・エロすぎて笑っちゃうという。やっぱり沙野さんステキです。ラスト近くの監禁脱出アクションも、とてもドラマチック過ぎてニコニコしてしまいました。

でもアレですね。私は全くリバには抵抗ないのですが、世の中的にはかなり厳しいみたいですね。出版社サイドも様子を見ながらなんでしょうか。意外と昔のJUNE系統の小説なんかにはよく見かけた描写な気も。もっといっぱい出てきてほしい。

個人的には1回のエチの中で交互に・・・というのも希望なのですが。やはり許されない夢なのでしょうか(笑)

6

必然のリバ

何気に沙野作品の攻めはヘタレが見られ、リバいいよねーあってもさ♪って思ってたので、初に拝めてドキワクいたしましたv
あとがきに「リバが苦手な人でもOKなリバを目指す」って書いてあって、しかもうっかり間違えないように題名に入れてるところ、心憎い配慮に、そんなに苦手な人多いのか~と思いましたが、BL的にまだタブー視なんでしょうか?(自分的には男同志なんだし、全然OKで推奨派なんですがw)
しかも”やらせろよ”的ガチンコじゃなくて、精神的リハビリといいますか、必然としての登場であったので、気持ちがいいリバなんですよね。
っていっても一回だけなんで、ちょっと物足りなさは・・・

このお話、リバでもあるけれど精神的3角関係なんですね。
蒼一は、自分にクライミングの才能があまりないと感じていて、高校時代に陸の登りを見て、彼にそれを託すことでクライミングを諦めて外科医の道をまい進する決心ができた。
最初の陸との出会いから、彼に惹かれていた部分があります。
蒼一の弟・昇は、明るくて蒼一と正反対の性格で、兄にもずけずけとヒドイ事を言ってしまうような、でも、物語の回想の部分で本当は兄を愛していたことがわかる。
陸は、昇のザイルパートナーとして幾多の山を制覇してきたけれど、登ったまま地上に帰りたくないと思う自分を地上に戻してくれる、精神的に一心同体と、魂の片われとさえ思っていた、そんな愛だったみたいです。
陸と昇には身体の関係はなかったみたい、、昇が求めなかったのかな?

K2からの下山途中の雪崩事故で昇がなくなり、重傷を負いながらも無事生還した陸は、片われを亡くした事で、抜け殻になってしまう。
それを蒼一が、実にうまい距離感で、誠実に彼を見守り面倒を見ていくある晩、悪夢にうなされた陸に犯されてしまって。
でも蒼一は、すごく冷静でした。
・・・と思いきや、陸がそれがきっかけで立ち直り始めると、今度は蒼一が悩みだして、悶々として、陸を遠ざけ始めて。
そんなすれ違いが起きるのです。

蒼一が攻めに転じるのは、蒼一と離れて再び昇に囚われ始めてしまった陸を覚醒させ、現実に引き戻す時。
これぞ必然のリバですね~。
陸を再び山に登らせようと、執着する怖い人なんかも出てきますが、それもホラーめいて(ミザリー?ww)面白かったです。
ラストエチは再び陸が蒼一を責めるのですが・・・
いや~ん!攻め喘ぎが見られて、おっ、醍醐味♪♪
残念だったのが、一度の行為の中でのリバがあって欲しかったんですが~
それっぽい流れはあったんですがね、、、(カックシ)

クライマーらしく、エチを山に例えて、お前の身体を登撃したいとか、いろんな部位を山に例える比喩が、おかしくて笑っちゃいました!!
ま、そうなんだけど・・・
結構真摯で、シリアスで、でも楽しめて、お得な本でした。

3

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ