「もう1回絶交と俺に抱かれるの、どっちがいい?」

ひとりじめボーイフレンド

ひとりじめボーイフレンド
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神23
  • 萌×222
  • 萌40
  • 中立19
  • しゅみじゃない17

--

レビュー数
35
得点
342
評価数
121
平均
3.1 / 5
神率
19%
著者
 
媒体
BL漫画(コミック)
出版社
一迅社
レーベル
gateauコミックス
シリーズ
ひとりじめマイヒーロー
発売日
価格
¥657(税抜)  
ISBN
9784758071222

あらすじ

久しぶりに再会したかつての親友はすごぶる綺麗な顔をして、オレを困らせることばかり言う――。小学6年の冬、健介は親友の支倉と中学が離れてしまうのが嫌で、つい心にもない絶交宣言をしてしまった。それから3年が経ち、高校で再会した支倉は何もなかったかのように健介と接してくれる。仲直りが出来たと喜ぶ健介だったが、支倉はとんでもないことを言い出して……
ありい先生の初コミックスは独占欲の強いイケメン×やんちゃ少年、ド王道の直球ストレート!
(出版社より)

表題作ひとりじめボーイフレンド

支倉麻也,3年ぶりに再会した元親友,15歳
大柴健介,お子様な高校1年生,15歳 

その他の収録作品

  • その後のふたり
  • 理想
  • フラグ
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数35

二巻出ないかなぁ

初めて自分で購入したBL系のコミックです。

当時、絵の可愛さに惹かれて購入しましたが、それでも今とかなり絵が違うので読み返してちょっとびっくりしました。笑

支倉は終始健介に「やらせて」って言ってる気がします。笑
でもそれも、自分の好きは”こういう”好きだよって伝わっているか不安だから言ってしまう。
”同じ好き”にこだわりたい、という思いが前に前に出てしまった結果なんですよね。

対して健介は何も考えていないようで何もわかっていないようでちゃんと全部分かっているし、意外と考えています。
「ひとつだけ好きなのより、いっぱい好きなものがある中から特別の方がすげーんだぞ!」って、支倉が本当に言って欲しかった言葉だと思うし、そういうのを計算せずに言える健介がかっこよくて素敵だなって思います。

カップリングとしては支倉×健介だけど、気持ちの男前度は健介×支倉みたいなところもあるかもしれない。
そんなちょっとチグハグで、でも彼ららしい、世界に一つしかないカップルです。
ボーイフレンドの方の二巻は出ないのかなー……出て欲しいなーって思います!

1

受けがもはやショタ

 アニメ化された際に最初だけ追っていたので、原作が気になってこちらが1巻だということで読んでみました。アニメだとタイトル通り『マイヒーロー』の方で主役の2人の方が比重が大きいので落ち着いて観れたんですが、志倉健介組は少し私にはお子様過ぎました。志倉の高校生にあるまじき執着加減はとても好みでワクワクしていたんですが、それをも台無しにしてしまう健介の高校生にあるまじき子供っぽさ…。小学生が中身はそのまま図体だけ成長したかのようなキャラクターでした。アニメで冒頭を観ていただけでは分からなかったのですが、原作で1巻しっかり読み込むととにかくそこが鼻につくなぁと感じてしまいます。ストーリーもこれがもしNLだったら小学生の時に読んできゅんとくるぐらいの内容でした(さすがに小学生でBLは読まないと思うので)。志倉が大人っぽいので逆にこれぐらい天真爛漫な健介に惹かれるのかもしれませんが、せめて喋り方だけでももう少し高校生らしい感じにしてもらえたら良かったなぁと思います。

0

これでも病んでないの?

これを知ったのが『ひとりじめマイヒーロー』のアニメ化で、あぁどうせアニメ見るならその前の話は読んどこうかなーって思って読みました。
でもまぁ、続編みたいなやつだけど、アニメ化するぐらいのマンガ描いてる人だからきっと素晴らしいだろうと思いました。

で、読んでみたら かなりのこじらせBLでしたね。
それはもう病んでるレベルで。病んでないけど。
ちょっと予想外でびっくりでした。

ボーイフレンドくんには悪いですけど、せめてもうちょっと余裕を持って欲しかったですね。
あと、色々と用意してたんでしょうか?
想定してる感じがしなかったのですが心配です。
常に準備万端だったらそれはそれで引きますけど。

私はマイヒーロー派です。こじらせてないほうが好きです。
これからの二人とお兄さんに期待します。

0

続編が見たい

いつの間に「ひとりじめマイヒーロー」もう5冊に。。
個人的には「ひとりじめボーイフレンド」のほうが好きです。
CDに立花慎之介さんの素晴らしい演技のお掛けで、はらくろの支倉が大好きで、原作を読みました。とても面白い。なぜ一冊だけ?どう考えてもわかりません。
人気のせいかな?
それでも続編期待しています。

1

BLな雰囲気をお手軽に

本作のスピンオフに当たる「ひとりじめマイヒーロー」がアニメ化するということで読んでみました。

いやはや…びっくりするほど趣味じゃなかったです。BL作品に対象年齢があるとすれば、単純にこの作品は私が読むのに適さないものだったのでしょう。あ、エロの有無ではないですよ。クドさとは無縁のさっくりした絵と明るく楽しい作風でボカされていますが、これといったシナリオがなく、主人公二人の内面的・人間的な深みも描かれていないので、感情移入して読むための盛り上がりに欠けると思いました。

BLな雰囲気をお手軽に楽しむにはオススメの一冊です。

1

顔も名前も出てない攻めの姉の旦那が気になって仕方ない件。

健介が小型犬みたいで可愛い。
みんなに可愛がられてるよね(*´艸`)
勢多川なんてもはや父目線だしwww
健介と支倉に振り回されまくってる勢多川…お疲れ様でした。
労いの言葉を掛けて差し上げたい。

お兄ちゃんのブラコンっぷりも( ̄ー ̄)bグッ!
支倉について感づいた兄の牽制シーンが素敵でした。
自分の首元にトンッと手を当ててニッと笑って「なっ♪」なんて…!
(意訳:お前が健介に残したキスマークに気付いてないと思うなよ)

5話目の支倉視点良かった。
いつもとは逆に健介からこられると弱いというか…幸せ過ぎて青い鳥まみれになるところとかwww
でも幸せだけど体調つらすぎるという罠。
あの…健介さん、開放して介抱をお願いしますwww
支倉さん39℃超えておられますんでwww

もうほんっとメロメロねー!
その後の2人だって「ナニするんだ?!」と思ってたら…何この可愛い2人は(*˘︶˘*).。.:*♡

エロ描写苦手な人にも割りと大丈夫そうな作品ですねー。

それにしても支倉のお姉さんの旦那のインパクトがすさまじい。
顔とか名前とか一切出ていないのに…!
美人な支倉姉に「ブルマはいて女装した自分(旦那)と百合プレイ」を要求する旦那がものすっごい気になって仕方ない。
どんな旦那だよ!

あとクラスメイトの女の子。
1ページ漫画で支倉姉にときめいていたけども…調べたら本当に百合姫で「ひとりじめマイフェアレディ」として掲載があった模様。
え…これどうなの?どうなったの??
だ…旦那泣くんじゃ←

2

ブラコン兄ちゃんと父勢多川に会えます

長編ものではないので仕方ないのですが健介の気持ちがだんだん変わっていく過程がもう少しほしかったです。もともと大親友で絶交していたことがあったから常に気にはなっていたと思うので、その辺のところをもう少し詳しく書いてほしかったですね。
支倉の転校してしまった理由もはっきりしないし、お兄ちゃんと勢多川の細かい設定もちょっと違っていて、続けて読むと、あれ?と思ってしまいます。
支倉はいいのですが健介はマイヒーローの時の方が可愛いです。

1

本当の"好き"って何?

■プロローグ
小学生の頃、大親友だった大柴健介(おおしばけんすけ)と支倉麻也(はせくらあさや)。
ところが小学6年生のある日、健介は親の事情によって同じ中学校に通えなくなってしまうことを支倉から告げられる。
咄嗟に「お前なんか絶交だっ・・・!」と口にしてしまう健介。
そして、高校1年生の春、何の巡り合わせか健介は同じ高校で支倉と再開してしまい・・・!?
天然元気っ子の大柴健介と、やんでれ王子の支倉麻也が織りなす、友情と愛情の高校生日常物語。

■感想
私は「ひとりじめマイヒーロー」から、ありいめめこさんの作品を読み始めました。
ひとりじめマイヒーロー側で登場する健介は幼い動作や描写が多く、健介と支倉の絡みをより深く読みたかったため本作を購入しました。
しかしながら、意外にも「ひとりじめボーイフレンド」側での健介は割りとしっかりと自分の意見を持つ一面も描写されており、
期待していた「天然キャラでふわふわしてて、いやいや責められてしまう」という展開はそこまで多くありませんでした。
ただ、ありいめめこさんの独特の作風、ストーリーの完成度は自分の好みとマッチしており、評価を「萌x2」とさせて頂きました。
並行して出版されている「ひとりじめマイヒーロー」も、ありいめめこ節がしっかり効いた作風に仕上がっているので、そちらも併せてオススメの一冊です。

1

感情移入できず…

周りにこの作品を好きだと言う人が多く、掲載誌でも人気作のようでしたので読んでみましたが、個人的にはいまいちでした。

私がいまいちだと感じた理由は多分、健介にも支倉にも感情移入できなかった事。健介が流されてしまっているように感じてしまい、本当に支倉の事を好きなのか、何故好きなのかがいまいち伝わってきませんでした。

絵もこれはこれで味があって良いとは思うのですが、ちょっとざくざくしている感じがして少し読みづらかったです。ストーリーに面白みを感じていたら気にならなかったかもしれませんが。
表紙は可愛くて好きです。読む前は表紙を見て読みたくなった部分もありました。

マイヒーローも読んでみましたが、私はマイヒーローの方が好きです。
でもマイヒーローから読み始めていたとしてもやっぱり気になってボーイフレンドも買ってしまったような気はします。

0

めめこ先生にはまった原点です

めめこさん初コミックスにして
私の一番好きなめめこさんの作品です。
「ひとりじめマイヒーロー」の方が評価が高く
巻数も出ているんですが。私は断然こちら派であり、
このカップリングありのこのシリーズだと思っています。

美形×元気という大好きな設定だけにとどまらず、
再会ネタと来ると胸が弾みました。
それに加えて、攻めに執着、ヤンデレ属性がついているとなると
怖い位に好みに一致していて、これは読まないとならない!と
途中からは義務感のようなものさえ生まれていました。
受けの鈍感っぷりが可愛いです。
攻めがこんなにも執着していて、友達にさえも嫉妬して
ひどい行動をしているというのに、直接的に迫られて行動に移されないと
気づかないというのは萌えるポイントでもありますが
鈍感すぎて心配にもなりました。
階段の踊り場のところでキスする場面が好きです。
「全然足りない」から畳み掛けるようにいうシーンが
病んでいて非常に萌えました。受けの怯えた表情もいいですね。
元気っ子がこういう攻めに段々と浸食されて、判断力が損なわれていく
展開は非常に美味しく感じます。
「こんな乱暴が気持ちが友情なわけ・・・あるもんか・・・」
受けにしがみつき、泣きながらこういうシーンには
切なさに胸が締め付けられて、苦しくなりました。
ずうっと好きだったけれど、友達としてみられていて
その友達から脱却したくてたまらなかったんですよね。
途中から受けではなく、攻め視点で見ていたため、
報われた時には心の底からおめでとう!と
拍手を送ってあげたくなりました。

台詞から展開まで、ぜんぶが全部すばらしく私の萌えるところを
突きまくって、何回も何回も進んでは戻って、
戻っては進んで、その動作を繰り返していました。
先に進みたいんですが、終わるのが勿体無い、
終わってほしくない、まだふたりの恋愛が終わってほしくない、
そう切実に思った、久しぶりの神作品でした。
発売当初に手に入れることが出来なくて、
五回刷られた一年後に手に取ることができました。
めめこさんの存在を知ることができ、本当に良かったです。
キャラクターもみんな大好きなので、これからも登場人物たちの
行く末をひっそりと見守り続けていきたいと思います。
様々な方たちがレビューされている中、特に書かなくても
評価はされているのですが、この熱いパッションを伝えたいがためだけに
こうやって長々と書かせていただきました。

本当に大好きです!読んだことがない方は是非読んでみてください!
特に、高校生、同級生、個性的なキャラが沢山出てくる、
ヤンデレ、執着、シリアス、コメディ、など
好きな方にはものすごくおすすめです!
展開も面白く、王道なんですが、王道すぎない、ちょっと違う
そういう感覚を味わうことができますよ!

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ