男の上手な泣かせ方

otoko no jouzu na nakasekata

男の上手な泣かせ方
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神14
  • 萌×218
  • 萌14
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
14
得点
186
評価数
48
平均
3.9 / 5
神率
29.2%
著者
 
媒体
BL漫画(コミック)
出版社
芳文社
レーベル
花音コミックス
発売日
価格
¥600(税抜)  
ISBN
9784832287341

あらすじ

「今日から俺の犬になれ」 一流企業のエリート部長・北城朝人の玩具になるため連れてこられた稜。その日から朝人の「犬」となった稜は、会社では秘書として側に置かれ、昼夜場所問わずセックスを強要される。でも「犬」の自分を愛してくれる朝人に稜の胸はきゅんと高鳴って…!? ドS上司×ドM秘書のドラマティックラブ!描き下ろしつき!!

(出版社より)

表題作男の上手な泣かせ方

会社会長の孫で開発部長 北城朝人
犬として連れて来られた兼秘書 角野稜

同時収録作品白い羊の黒い夜

佐井田 室長
紀野翼 部下

同時収録作品きみにだけダメ

清藤 高校生 委員長
山賀陸也 高校生 クラスのお荷物

その他の収録作品

  • 我に返るご主人様/描き下ろし
  • 大馬鹿正直犬/描き下ろし
  • この子の上手な隠し方
  • その日の上手な過ごし方/描き下ろし
  • 似た攻め同士
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数14

「今日から犬になれ」と言われて…。

3カプ登場します。

【男の上手な泣かせ方】
大企業の御曹司でありながらSMクラブ常連の攻め。その乱行に頭を抱えた叔父から慰み者としてあてがわれた受け。人と一緒に暮らすのは苦手だが、犬なら飼ってみてもいいという攻めが下した命令は「お前、今日から犬になれ」というものだった…。

調教モノだけど早々に甘さが伴ってくるので読んで辛くなるような類のものではないです。
冒頭は首輪をした受けに靴についてしまった精液を這いつくばって舐めさせているのでどS攻めかと思いきや、どんどんヘタレに変貌して可愛い子の泣いたところを見たい…♡程度のちょいイヂワル程度に落ち着いてます。
そして、とある目的があって近づいてきた受けなんだけど、攻めの優秀な仕事ぶりや下っ端からの信頼も厚いことを知ったり、自分に対しても優しい一面があることに気づいて段々好きになってしまい、自分の目的と攻めへの思いで揺れ動く様子が健気な犬っぽくて好きでした。
そして攻めを守るために無茶をした受けが、ご主人様を守るのは犬の仕事でしょ?と言ったのに対して、お前は愛玩用で番犬じゃない…と返すくだりがお上手だなぁと。

【この子の上手な隠し方】
表題作の続き。攻めが受けを伴って秘密の社交場へ行くと「お披露目パーティー」と称して、衆人環視での公開プレイが始まってしまい…。
宝物は飾って皆に見せびらかしたい攻めと宝物は大切にしまっておきたい受け。この両者の違いと受けの気持ちを理解した攻めが変わるところが良かった。

【白い羊の黒い夜】
上司と部下のリーマンもの。人畜無害そうな部下がまさかの襲い受け。だけどちょい悪そうな演技はすぐにバレて本心ダダ漏れで泣いちゃう受けが可愛かった。

【きみにだけダメ】
高校生もの。
勉強もスポーツもできない山賀は特進クラスの中でのお荷物的存在。だけどそんな山賀のことを密かにベタ惚れしている清藤。
クラスの仲間と山賀が大学に受かるかどうか賭けをしたところ、全員ムリだという中、清藤だけが合格するに賭けてしまい…
それから清藤はつきっきりで山賀に勉強を教えるんだけど、集中力を増すためと称しては山賀の体を触り、おしおきと称してはヤってしまう日々。

受けの山賀が可愛かったなぁ。家の都合で大学には行けないことが早々に判っていた受けが健気で「合格通知宝物にするよ。」というところにホロリ。
そして「おしおき」と称してやってたセックス。こういうのは好きなもん同士でするもんじゃないか、と最初に受けに言われて俺のこと好きじゃないんだということを実感した攻めは、好きなもん同士だとおしおきじゃなくてご褒美になっちゃうだろ…と言ってたんだけど、実は受けも攻めのことが好きだったから嬉しがってたらおしおきしてもらえないから黙ってたんだけど…とかなんかいい。

あ、巻末に【似た攻め同士】という「それは僕の愛じゃない」「指先で愛を語れ」の双子とそれぞれの攻めが登場するオマケがあるけど、これは雑誌の付録(小冊子)に掲載された見開き2ページの作品なので、このカプたち目的で読むとちょっとがっかりすると思います。


1

ギャップ萌えがつまった一冊

「男の上手な泣かせ方」「この子の上手な隠し方」
「その日の上手な過ごし方」
首輪をつけた裸の男に、スーツの男が靴に飛び散った精液を舐めろと命令するオープニング。SM変態クラブ常連の会社御曹司・朝人の乱行を控えさせるため、犬としてあてがわれた稜。SMプレイの犬生活が始まるのかと思ったら、朝人は部下からの信頼も厚く、稜にもやさしいいい奴で、ギャップ萌えするラブストーリーでした。会社の陰謀も絡みつつ、稜も朝人もお互いにハマっていく展開が自然と楽しめました。
変態SMクラブ仲間のTさんのスピンオフもあれば読んでみたいです。
「その日の上手な過ごし方」は巻末おまけの後日譚。一途になってる朝人がかわいいです。

「白い羊の黒い夜」
飲み会の後、美人の部下に拘束され犯されそうになる上司。
これも衝撃なオープニングですが、上司も部下も意外と純粋でかわいいお話でした。

「きみにだけダメ」
秀才委員長と大学は無理といわれてるバカな子。大学に入るために勉強を教え、出来が悪いとおしおきとして体を弄ぶ。でも実は二人とも想い合っていて…

「似た攻め同士」
巻末おまけ。別ストーリーのショートショート。

ギャップ萌えな話が集まった一冊です。絵も綺麗だし、展開も無理がないので、安心して楽しめました。

1

初体験

初めて乳首にピアスが空いている受けを見ました
可愛いですね〜
SMが好きなので購入。満足しております

攻め・朝人さんはSM好きのゲイ。受け・稜は、そんな朝人さんにペットとして飼われている犬なんですが…

出会った頃の描写では、お互いに「愛情」を持たず、ただヤるだけの関係だったのですが
段々、愛され受けと化する稜を見て、関係性が変わっていくのが分かりやすく捉えれて、
読んでいて幸せでした
SMというだけあって、行為の内容もSM寄りですが、あくまで愛のあるSMです。行為の描写も濃く、エロくて、思わずよだれが…
タイトルと内容の関連も、読んで納得。エロだけでなく、内容もしっかりしてて、読み応えあり!感動ありです!

SM好きな方は勿論、新しい扉開いちゃおうかな〜という方にもお勧めですっ

0

SMですが、怖くないです。

ニ冊読んだ双子物が載っているというので購入。
で、読み進めていっても一向に出てこない。
あれれ?
と思ったら、最後にちょこっと2P。おまけペーパーのような、本編に差し障りのないネタでした。

表題作は一応SM物ですが、そんな過激な物ではないです。
男性向けのSMは既に拷問だし、一般的なSMのイメージにも疑問を感じているのですが、ぬるいですけれど本来SMってそういうものかも。
後書きにあった「本格派」の人という対象が多分間違ってますが、本物な人ほどいかにもなものは好まないと思います。ボンテージって、商業SM(笑)のショー要素が強いかと。漫画家や芸術家はベレー帽被ってます、に近い気がします。
ただSM物としては、精神的な支配という点で受けがMではないのは仕方なくても、攻めはそこまでSじゃないんじゃ?と思えるくらいぬるいです。
そこらがしっかり描かれていたら、もっと良かったかなあと思いました。
でも、この話はSMメインじゃないですよね(汗)
陰謀話も交えて、面白かったです。

深井さんはレディコミ時代からのファンですが、一時期BLで過激なエロだけの話しか描かれなくなられた時があって離れたのですが、久しぶりに読んだらエロはそのままで話は戻られた感じで嬉しいです。
その当時、BLがそういう傾向だったので世間のニーズに合わせたのかもしれないですね。
勿体ないので、これからもこのままのストーリーテラーでいてください。
お願いします。

0

犬の喜び

醜聞を恐れて「今日からはこれで我慢しろ」と北城にあてがわれたのが角野稜。
初めてのくせに北城のテクニックにあれよあれよと開発されて、戸惑いと伏し目がちだった視線はあっという間に恍惚の表情と快楽に涙ぐむ可愛らしい犬として躾けられていきます。

プレイ事態はシンプルですが、尻尾がついてるおもちゃを挿れて待ての命令に、一緒に揺れちゃっているのが萌え度倍増です。
そしてシャワー後の北城の足にしがみつく姿が堪らなさを存分に訴えてくれます。
そんな体と心の変化に北城が上手なせいだと言い訳する心情がもう可愛くて可愛くて。
北城の優しさや穏やかな表情が見られれば尚、それだけでお腹いっぱいな気分になれます。

稜が甘んじて受ける仕打ちの理由や腹黒く動く人物など、先生らしい裏切りとどんでん返しが分かりやすく簡潔している分、北城の懐の深さとデレさが心ときめくラストとなりました。

そして続編。
件の趣味人が集まるサロンにて稜のお披露目編となります。
甘さからは程遠い公開プレイ。何も変わらない北城の趣味嗜好ですが、震える稜相手には覆ってしまう。
ひそやかなデレさもまた心温まりました。

他「白い羊の黒い夜」
王道的な襲い受けの展開ですが、気持ちが通じ合っていると分かってからの改めての告白に、募る羞恥に悶える姿とそれを見て更に欲情する姿が、分かっていても上手いなと唸らせてくれます。

「きみにだけダメ」
高校生ものはとても久しぶりな感じで新鮮でした。
それぞれ結果的には独りよがりだけれどもいじらしく、真っ赤になりながらも期待する可愛らしさと歯止めが効かない昂ぶり。
ちょっぴり打算的な告白が先生らしい会話の妙だなと思う分、ラストが少しクドく感じてしまいました。

書き下しにて。
犬の食器に反応し過ぎて、どんなプレイがなされていたのか。
北城のツンデレも大いに大事ですが、どうしても気になってしまいます。

0

SMは信頼関係だ

深井結己氏の作品初読みでした。
あまり精神的に痛くないものを・・・と選んだら・・SM!
全然ムリ! な方にはオススメできませんが、
それほど・・・という方には気にならない範囲かと。
SMというのは要するに 信頼関係なんですなー。

表題作メガネ氏と「白い羊と黒い夜」のメガネ氏が
似ていますね。
「きみにだけダメ」学生×学生で展開がレディコミ風ですが
頑張り屋受けが 可愛かったです。

0

か、可愛すぎる!

深井結己先生の作品はどれも面白いので、今回も届くのが楽しみでした。

基本的にドSとかツンデレとかは苦手だったのですが、この作品を読んで、なんだかハマりそうです(笑)
こんなに可愛いものなんですね!

ドSなご主人様北城は、角野に「おまえは俺の犬だ」と言い、さんざんいじめます。
一方で、角野の何気ない一言に照れたりするものだから、キュンキュンしました(*^_^*)
彼はドSというより、好きな子いじめちゃう小学生ですね(笑)
角野は北城の扱い方を覚えたら、主導権を握れるのではないか(←言い過ぎ?)と思います♪
本人たちが幸せなら、こういう愛の形も有りかもしれませんね(笑)

2

タイトルにつられて

タイトルと帯につられて購入。
「ご主人さまと犬 純愛リーマンラブ」って!!
わくわく読ませていただきました。

Sな北城は、夜にそういったクラブへの出入りをする代わりに、
自由にしていいと男(角野)を与えられてます。
角野は、北城に犬として飼われ、
昼間は、北城の秘書として働くことになります。

角野にとってみれば、自分を犬扱いをする鬼畜な嫌な奴なはずなのに、
会社では人望があったり、自分への扱い方もなんだか
やさしかったり。。。
そんな飴と鞭に心が揺れてしまいます。
北城も、ただ好きだといじめたくなるSであって、
北城なりに角野をかわいがっているんですよ。
だから、北城が照れたりすると、読んでいるこっちまで、
幸せそう!と照れてしまいます(笑)

ツンデレSな北城が最高にカッコいいし&かわいいです。

2

わん(●´∀`●)

こういう攻受の関係というか、SMの真骨頂といいますか
ハードじゃない二人の関係がすごく好きです(*´∀`*)ホケェ
何を言わなくても好きがモロだしと言いますかなんというか。
受が、自分が見られるのはいいけれども、攻が自分を見て興奮している姿を見られたくないと言ったシーン。
大事なものは奥の方に大事にしまってしまうタイプと
大事なものはみんなに見せびらかせたいタイプ
わかりやすくてトキメキも倍増でした。
んだんだこれわww
こういうな、受に夢中な攻って好きなんです。
好きなんですw好きなんです!!!

はじめは、SMクラブへの出入りを禁止するために渡されたペット
はじめは、父親の復讐をするために近づいた受。
それが変わっていく姿もすごく面白かったです
好きの気持ちが伝わる1作でした(*´∀`*)良作

というか、巻末のその後の話。
攻のツンデレ具合が可愛いのだが。なにこの子w


>>白い羊の黒い夜
いつもおとなしいクールビューティな受が無理やりに乗っかってくるとか
ものすごく萌えw
というか、深井さんの描く、クールビューティなメガネさんがクセになりつつあります。
これで嬉しそうに笑ってたり、涙ポロポロしてたらグワシっ!です。
いかんいかん
今回は、無理やりに乗っかったわりに、真実が明かされた瞬間の
あの穴でもあったら埋まりたい的なプルプル。可愛かったです

>きみにだけダメ
はじまりは、ひとつの賭け
オシオキと称して抱くほどに、想いは膨らみ~・・・
オシオキになるのか否か、むしろ集中できない気がするんだけど(笑

1

ツンデレ描くのが上手い

ツンデレ好きなのになかなかいいツンデレには巡りあえない今日このごろ。
でも深井さんの描くツンデレは総じて上手いです。
なにが上手いって、ツンの描き方が上手いんだよね。私が思うに、デレに萌えるために重要なのはデレ描写じゃない。そこに至るまでのツン描写こそが重要だと思うのですよ。そういう意味で、素晴らしいツンデレ短編集でした。

表題作はご主人様と犬です。かなり甘~いご主人様だから、こういう関係性が苦手な方でも安心して読めると思います。肉体的な痛さはないし、精神的な部分でも追い込みすぎることはないし。
しかし不思議だなァ。私、こういう中途半端というか甘ったるいSMって苦手なはずなんだけどな。深井さんの描くものは好きみたいです。キャラづくりが上手いし、ストーリーの構成の仕方も上手いからだろうなと思います。
照れたときのご主人様がたまらんね!

他の短編もツンデレキャラがいい味を出してるものばかりでした。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ