10DANCE (1)

10dance

10DANCE (1)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神259
  • 萌×256
  • 萌15
  • 中立4
  • しゅみじゃない11

--

レビュー数
56
得点
1568
評価数
345
平均
4.6 / 5
神率
75.1%
著者
井上佐藤 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
BL漫画(コミック)
出版社
竹書房
レーベル
バンブーコミックス 麗人セレクション
シリーズ
10DANCE
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784812481035

あらすじ

鈴木信也と杉木信也は、それぞれラテンダンスとスタンダードの日本チャンピオン。杉木からの提案で二人は互いの専門ダンスを教え合い、10種類のダンスで競う「10ダンス」に挑戦することになった。
しかし似ているのは名前だけ、性格も気質も正反対の二人は、反発しつつもそれだけじゃなく…!?

躍動する肉体と飛び散る視線の火花から目が離せない! 著者の新境地・本格ダンスBL、待望の第1巻!!

表題作10DANCE (1)

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数56

もういたさなくてもいい…。

井上佐藤さんの作品は、今まで買おうか買うまいか迷って先延ばし…にしていたのです。
色気と雄気(造語作ってみました…オスのにおい満載、的な意)、どちらかなあと悩んでいたためです。

雄気が嫌いなのではなく、そっちに偏り過ぎて繊細さにかけていたら残念だな、という程度のことでした。
で、購入したのですが、なにこれめちゃくちゃ可愛い…!
シリアスな顔してギャグテイストも醸す絶妙さ。肉体もイかしています。
このまま二人よ、セクロスしなくてもいい…脳内で絡んでるくらいでもハアハアできる。

…というのも…。
エロなし(ないんですよ)でここまで読ませてくれた本作、受け攻め決まっちゃうのが怖いのです…。
やんちゃ(ラテン元気君)受けなの?やんちゃがかわいこちゃんなの?
そう思うとドキドキしてしまう…そんな私は帝王(黒髪紳士様)受けを望んでいる…。

BL本?睦み合ってないとね。やっぱり一冊の中で最低一回はパコパコしてくださらない?
という方ですと、「どっちが上なの!下なの?!」でやきもきしてお預けになってしまうので、次巻で上下確定してから購入する方がいいのかも。
でも、表紙を見て「良い男萌え~」と思ったら、信頼できるエロスな本と共に、こちらの「10DANCE/笑いとエロスな肉体×2人、燕尾服!ラテンの腰つき!目の保養!」をあわせて購入すると、エロスとクォリティの面、満たされるのではないかなあ、と。

帝王に萌えすぎて2巻が怖いです。リバでもいい…。

14

漫画作品として面白い

雑誌掲載時から単行本化を心待ちにしていました。
とにかく、まずBL抜きにしても「漫画作品」としてすごく面白いんです。
一冊でシリアスもギャグも両方楽しめます。
鈴木、杉木の主役二人のキャラ以外に、ダンスパートナーの女性たち(アキと房ちゃん)や大先生、ダンス雑誌編集部をはじめとする周囲の脇役キャラがしっかり立っていて、物語に厚みを付けています。
単行本まるまる一冊分使っていまだに具体的なBL展開にすらなっていないのにもかかわらず、読者をぐいぐい惹き付けてやまないという恐ろしい作品です。
それはひとえに「漫画作品」としての基本的なクオリティが高いからだと思います。

具体的なBL展開は無いけれど、ダンスシーンだけで充分萌えられます。エロいです。
個人的にはエロ可愛カッコいラテン王子攻め×クールでストイックな帝王受けが萌えますが、この二人ならリバOKです。
いっそのこと、このままずっとフィジカルBLシーン無しで、そこはかとなく妖しいメンタルBLだけでラストまで押し通したら…一般の(?)漫画作品として、何かの漫画大賞にノミネートされちゃったりして…などと、らちもなく壮大な事まで夢見てしまいました。←さすがにそれは無いでしょうけれど(笑)

某書店でこの本の発売記念サイン会が行われた時、その予約券付き限定百冊を求めて朝から並びましたが、開店前からすでに長蛇の列が出来ていてゲット出来ませんでした。きっと皆さん、もっと早朝から並んでいたのでしょうね。
悔しいけれど、「10DANCE」にハマっている読者の皆様方の熱気を体感した次第です。

14

待ってました~!井上佐藤さんの新刊、それも続きもの

この殿方同志でソシアルダンスな表紙!美しいけどかなり滑稽。
もう表紙からしてワクワクします。期待を裏切らないですよね~さすがでございます。
音楽やダンスを扱った作品って、当たり前ですがこちら側に曲は聴こえてこないので、どうしてもちょっと冷めてしまうんですよねえ。
どんなにダンスがうまい人なんだって説明があっても、絵でそれを表現するのって難しいはずなのに、井上佐藤さんのこの作品ったらなんだ。
動いてる。それも情熱的に。躍動感に溢れてる。スピードまでわかる。どこまでも官能的で情熱的。
…いやあ、参りました。アメイジング!

ラテンダンスの日本チャンピオン鈴木信也と、スタンダードの日本チャンピオンの杉木信也が、10種類のダンスで競う「10ダンス」に挑戦するために、お互いの専門ダンスを教え合うというお話。
名前も似ていれば年齢も同じで帰国子女、共通点は濃いのにまったく正反対の二人が織りなす、ダンス中心の、ほんとにダンスばっかりの1巻でした。
帯にも「本書は本格ダンスコミックスではありません。本格BLコミック(予定)です。」なんていう注意書きまであって、どこまでも人を喰った感じのこの作品。
まさか最後までBLにならないってことはないだろうけど、鈴木のほうがまったく恋愛に移行しそうにないんだほんとに。
でも、井上さんの作風なら、どこかでガクッと堕ちるときが絶対にあるはず!それが今からものすごく楽しみです。
嫌い嫌いも好きのうちってやつですよ。うひひ。

13

躍動する肉体、飛び散る火花、そして爽快感!

井上佐藤先生の作品で(1)が付いている時点でもう泣いて喜んだ作品でした(笑)
タイトルといい内容といい、素晴らしいとしか言い様がないです。
お話はラテンとスタンダードのチャンピオン同士で10ダンスを目指すため、好敵手同士反発しあいながらも夜にこっそり男同士で秘密のダンスレッスンをするというのがとっても面白い!!

思わず笑ってしまうようなギャグ部分や、肉体の躍動がエロくて目が離せないところ、
なんちゃってダンスものではなくしっかりとダンスの競技内容や技術につても触れているところなど、
さまざまなところに魅力を感じる作品でした。

多分なんちゃってモノだったとしもBLとしてはそれなりに楽しいのだろうと思うのですが、
でもこの作品は実はナンチャッテものではない!!そこがすごいところです。

帯には「―注意―本書は本格ダンスコミックスではありません。本格BLコミック(予定)です。」
とあり、本格的なダンスコミックスとして厳しい目で見ないでね、という前置きがあるのもニクイし、本格BLになる予定なのか!わくわく♪とBLファンとしては安心の文言でもあります(笑)結局のところ本格ダンスコミックではないと前置きしたために逆に本格的なダンスコミックの部分を感じられるように仕向けているこのキャッチは最高だと思いました!

そしてこの1ではまだ恋愛っぽくはなっていないです。
二人の精神的な結びつきは随分進んだようにも見えますが、ハイ、じゃあ寝ちゃおっか!みたいなノリではないです。
そこがまたじれったい好きにはたまらん!!!キスにも意味がないところがいい。
それがどう変化するのか、今後がとても楽しみです。
また、それぞれが別の競技でのチャンピオンということで、それぞれに主導権を取れる面があり、
「リバ」っても美味しい、この状況がたまりませんね~!!!

真面目にレビューしなきゃ~と思いながらももうね、一切人にお勧めしようとかいう気がない。
人気作だからとか人気作じゃないからとかそんな話ではなく。
私にとっては別格の作家さんでも、人の感じ方は千差万別だから結局のところ読んで己がどう感じるか、究極にはそれしかないと思うんです。
絵が嫌いだという人もいるだろうし、内容が合わなかったという人もいるだろう。
でも、それも読んでみないと分からないことです。
…だから、やっぱり一度は読んでみよう!!って勧めてるじゃないか!(笑)

久々の爽快感と胸の高鳴りを感じた作品でした。
私的には神メーター5じゃ足りないんですが!もう突き抜けてる!気持ち的に(笑)
続きを中途半端に知ってしまったのでますます飢餓状態になってしまっています。
次巻が出る日を首を長くして待ってます!!

12

薔薇を見た…

女性ホルモン向上BLヽ(*´∀`)ノ

燕尾服の男ふたりが踊る表紙のファースト・インパクトで【神】ボタン押してしまいそうに!なんて素敵!!

リアルな体躯を描く画力のある井上佐藤さんの魅力満載ですー!
迫力だけじゃなく色気もエ口気も満載!

ラブシーンがないのに、こんなにワクワクしてしまう作品、私史上かつてあっただろうかー(@∀@;)

どちらが攻めなのか、リバもありなのかわからない状態なのに期待に胸が膨らみますww

少数意見かもしれませぬが帝王の悩ましげに苦痛と快感に喘ぐ顔が見てみたい~!
女王受けならぬ帝王受け希望(キッパリ)

ふたりの信也は同じ世界に生きていて、それぞれスタンダード、ラテンという違うカテゴリーで君臨しています。

杉木信也にスタンダードとラテンの両方を踊る大会『10ダンス』に誘われた鈴木信也はやる気なく断ったものの巧みに挑発され『やる』と言わされてしまいます。

負けず嫌い同士で正反対な気質なのに、とてもよく似ている部分も多いふたり。

名前も年も、身長が同じならコンタクト(接触位置)も同じ。

…ふたりのチン●ンタクト爆笑!

互いに一目置いているのに最初っから激しく反発(笑)
でも反発しながらも…というシチュが男同士だからこその惹かれ方!って感じで大好物です。

帯に『本書はダンスコミックスではありません。本格BLコミック(予定)です』なる注意書きがあるんですが、ダンスコミックスでも通用すると思います。

ダンスについての解説も丁寧だし、ここ数年のスポーツマンガの傾向もそうなんですが、インナーマッスルの重要性や骨格等のカラダの成り立ちを読み手に教えてくれます。

でも、その解説が堅苦しくなくていいんです。

文字を読むより絵で魅せる…体躯のラインと台詞で、ヤマシタトモコさんの【BUTTER!】や【ウリ●リ社交ダンス部】でしかダンスを知らなかった私ですら百聞は一見にしかず!みたい納得しちゃうのですから。

『帝王ホールド』でのダンスシーンは読んでいる私にも薔薇が見えましたw

次巻は高揚する気持ちとスピードだけではない部分も出てくるハズだから彼らが何を考えてるかもう少し寄り添えるかな。

BがLな場面はないですが海外大会に旅立った杉木が忙しい合間、鈴木に電話したり、それを喜ぶ鈴木が何気に恋人っぽくて可愛かった!

迷いすら繋いだ箇所から伝わってしまうふたりの次巻が楽しみー!



11

惚れ惚れするカラダ♪

初・井上佐藤先生!
いやー、ハマりました!!
発売日から繰り返し10回以上読んでるぐらい好き!!!

スタンダードダンスの杉木もラテンダンスの鈴木も、いいカラダしてるんですよね。
エロシーン無しなのに、踊っているシーンを見るだけでこっちの女性ホルモンも大量分泌!鼻血が出そうなほど艶っぽいです(^^)

キャラクター正反対だし、最初は反発しあっている二人ですが、それでも社会人ですからお互いを「鈴木先生」「杉木先生」と呼んでます。
男の意地をみせながら、対抗心を燃やしながらの「先生」呼びに密かに萌えました。
ダンスを通じて二人がこれからどう距離を縮めてラブになっていくのか非常に気になります♪続編が待ちきれません!

二人の攻守が気になりますが、個人的には鈴木先生が悶えて赤面するところが見たいので、杉木×鈴木かな?
あ、いや、でも、鈴木攻めも捨てがたい・・・。

結論:できればリバでお願いします♪♪

11

汗とお花の世界

待ってました!!
そうそう、こういうBLを求めておりました!

ダンス漫画としても非常に面白いと思います。
青年漫画に紛れ込んでいてもおかしくないくらいのスポコンぶり。

表紙を見て、まさか男同士のダンスものなのか?と思ってしまったのですが、違いました(笑)
競技ダンスの世界で活躍する者と、国内から世界へ出ていこうとする者の本格ダンスものです。
スタンダードのストイックさと華やかさ。ラテンのエロス。
それぞれの魅力が画面に炸裂してます。

ジャンルは違えど同じダンスのプロとしてのプライドのぶつかり合い。
反発しながらもお互いを認め合い、徐々にお互いの存在が大きくなっていく過程にぞくぞくします。
BL要素はまだ無いといっていいほど抑えてるのに、躯が触れあってるところから相手の感情まるわかりだなんて、非常にエロチック。
それでいて当人同士はまだ理解していないけれど、惹かれ合い始めているのが見て取れるのです。
それ故、二次創作的萌えを刺激されまくりw

これは簡単には終わらせて欲しくない。
彼等が沢山の挫折や苦悩を経験し、世界を席巻するまでの一部始終を描ききって欲しいと願います。
そしてBL作品にあって、BL愛読者以外にもアピールする作品となって欲しいと期待しています。

いちBLファンとしては、彼等はリバでもいいなぁ、、なんて思うのでしたw

11

ゴージャス!優雅!そして躍動感あふれる絵に感動!

震えるほど待っていた井上佐藤先生の新作です♪
まず表紙が神!
表装自体はそんなにゴテゴテしていない、いやむしろ色は抑え気味でシンプルなのにゴージャスかつ優雅な印象です。しかも男二人が燕尾服で手を取り合って踊っている画面がインパクト大!!二人とも、絵になる~(#^.^#)
その反対に裏表紙のラテン衣装の二人がまた笑えますwなんだろう、派手衣装ってオネェのかたがよく着ているから、二人がゲイゲイしく見えます^^;いや、いいですよ、杉木先生の違った色気が出ててw

この作品はスタンダードトップの杉木とラテンダンスのトップの鈴木がお互いのダンスを教え合って10ダンスに出場しようというお話です。
ダンスに興味がない、あるいは専門的なことが分からないという人でも、読むのには全く問題ありません。
細かいことはあとにして、画面から感じる躍動感や二人の交流を目で追って楽しむだけで十分だと思います。気になる部分がある人は何度か読み返せば頭に入ってくると思います。

二つのダンスにはそれぞれの魅力があって、
杉木の専門の「スタンダード」は皆さんが頭に描く社交ダンス(Ballroom dance)のことですね。映画シャルウィーダンスなど有名なものもあるので、イメージしやすいと思います。とても優雅かつ甘美な雰囲気のダンスです。女性の衣装がふわふわかつ流れるような作りになっていて、男性の衣装も尾っぽの部分がすぅっと流れて、映像で見ると本当に綺麗です(うっとり
まさに王子様とお姫様が踊るようなダンスという感じ。

それに比べて鈴木の専門の「ラテンダンス」は躍動感とエロスがメインですよ~!
見つめあって激しく絡み合う感じです。スタンダードにはない雄々しさもありますよね。とにかくパッションを感じて下さい!ラテン系のダンスって腰つきがエロイのが多いです。私もちょっとダンスしていましたけど、鈴木が言うように、やにさがった雰囲気は確かに重要です(・ω・*)

また、杉木はいかにもスタンダードな性格で、鈴木もいかにもラテンな性格で分かりやすくて良いです。そんな全然ベクトルが違う方向に向いた二人がダンスをすると、何故かコネクションが合ってしまうという。要するにボディの相性が良い(その表現どうなんだ)ということのようなんですね。一体感を出すために重要な要素なんですけど。BL的に萌える所です♪

ダンスの種類は全然違いますがジョニー○ィアー選手とラン○エール選手がお遊びで女役と男役になって遊んでいる動画がありますが、ああいうノリを本気でやるとこうなるのか。と。
そういえば彼らもどっちかと言うとスタンダードとラテンって感じですね(笑)性格がw

今回はHはありませんが、ダンスのペアものって基本的にエロいと思うんですよね。なので、エッチしていなくても画面がとてもエロく感じます。

というかこの人たちの体力すごい!無限体力ですよ。どんだけ踊り続けているんだろう。ランナーズハイならぬダンサーズハイです。
あぁ、でも分かります。踊りだしたら止まらないんです。面白くてしょうがないんです。体の負担は大きいのに、何かを習得出来た時の喜びが大きくてどんどん踊り続けちゃうんです。特に一体感が手に入りそうで入らない時がまた燃えます(萌えます?)
プロの選手ならフロアーの照明や歓声を思い出して、その時の興奮が忘れられなくて、というのもあると思います。

しかし無限体力のダンサー同士でHしたら無限Hですかしらん(/ω\*)一体どんなアクロバティックな以下略!!
嫌でも次への期待が高まってしまいます♪
久々に私的神降臨作品です。

10

これはすごい!

面白すぎてびっくりしました。
(失礼ながら)こんなに本格的なダンス漫画だと思っていませんでした。
躍動する身体がエロく美しく描かれていてストーリーも作りこまれている感じがします。
女性キャラもかわいいです。

バレエ漫画や音楽漫画などで(私は習ったことないですが)
「流石にこれはないんじゃないの」という箇所があったりするものですが
これは何の疑問もなく読み進められて、むしろ社交ダンスの知識が得られました。
昔の漫画で、「パートナー」が社交ダンスを題材にしていた大作でしたが
その時の興奮がよみがえりました。

エロがまだないのでストーリーと画力を褒めるしかできないのですが
今後は、その反動でがっつり愛(憎)がありそうな予感がしてます。
海外が舞台になるということで、外国人マッチョとのLove駆け引きなども
きたいしちゃいます。

とにかく妄想が膨らむ、(2次創作欲!) 第1巻。
次巻も絶対買います。
どなたかもコメントしていらっしゃいましたが、二人のエロは先送りでもいいですので
ダンスシーンや二人の関係をじっくり描いて名作にしてほしいです。

9

面白かった〜〜〜っ!!

評価の高さに遅ればせながら手を出してみたところ、これほど大粒とは!
井上先生の作品は「SMOKER」既読で、それは面白くはありながら
それほど夢中になるという感じでもなかったのだけれど、
これは、おおおっ!!と思いました。

帯に「本書は本格ダンスコミックスではありません。本格BLコミック(予定)です。」
とあるが、別にこのままHなしでいっても構わないと思ってしまう。
エロなしでも十分エロく、男同士の意地やダンスを通じて少しずつ近づいていく様に
ほんとうにドキドキしてしまう!

今まで皆さん沢山書いていらっしゃるので、内容に関しては割愛しますが、
キャラもいい。
敬語で話し貴公子然としていながら、ラテン男の下ねたにも少しも動ぜず、
どうも随分前から鈴木(=ラテン男)に執着していたらしい杉木が面白い。
主役の迫力に押されてちっこい印象ですが、それぞれのパートナー達や親、
ダンス雑誌の記者、など脇役もさりげなくいい。

ダンスという色っぽいが実はストイックな世界の話に相応しく、
シリアスなんだけれど匂い立つ色気、そして時々散りばめられたギャグもいい。
ああ、続きがものすごく楽しみです!!

9

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ