なぁ、お姫様。あんたのために、最高の器を焼いてやるよ――。

花鳥風月(3) 初回限定版小冊子付

kachou fuugetsu

花鸟风月 3

花鳥風月(3) 初回限定版小冊子付
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神92
  • 萌×241
  • 萌13
  • 中立2
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
17
得点
665
評価数
149
平均
4.5 / 5
神率
61.7%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
BL漫画(コミック)
出版社
新書館
レーベル
Dear+コミックス
シリーズ
花鳥風月
発売日
価格
¥850(税抜)  ¥918(税込)
ISBN
9784403664328

あらすじ

覚悟しろよ。帰って来たらお前を抱くーーー

なぁ、お姫様。
あんたのために、最高の器を焼いてやるよーーー。

亡き祖母の跡を継いで、町長になった沢斗。力不足を痛感し、悩む沢斗の唯一の憩いの場・露天温泉に、都会からやってきた陶芸家・大輝が踏み込んできた。
軽薄で図々しい大輝だが、なぜか憎めない。
ある日、沢斗の弟・円馬が倒れ――!?

自然豊かな山間で育まれる恋を描く、志水ゆきのストレートラブストーリー、こじれにこじれた大輝×沢斗のなれそめ篇を収録!

表題作花鳥風月(3) 初回限定版小冊子付

観世大輝,陶芸家
黒井沢斗(サバト),町役場の地域振興課課長,町長

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数17

穏やかでゆっくりと進んでいた頃の。

7巻まで読了して読み返してみてみれば。
この後の4巻の前までは、なんとゆっくりと穏やかな時間が過ぎていたことよ。と、それはそれで目頭が熱くなります。丸っと 大輝 × 沢斗 編です。気短な子猫ちゃんがシャーシャー言うように、逆毛を立てて 引いていた沢斗。弟の伸び過ぎた髪を切ってくれたり。手伝いのヨシさんが倒れた時には一緒に病院へ運んでくれたり。そのヨシさんの代わりに 美味しい食事を作ってくれたり。
「最初に掴まれたのは胃袋。優しい笑顔に目を奪われ、そうして 今、心を奪われた。」
二人が重ねてきた日常と心が近づいていく様をとても丁寧に描かれていて。この後の展開を知ってしまってからは、より一層この時間の大切さを想い、切ないです。たった3ヶ月、されど3ヶ月。

少しだけ過去なんだけど、本編ではまだ一見さんは都心の病院に居て、やたらと院長室に呼ばれている。不穏な空気。院長室でSM的なプレイを強要されてるんだよね?「仕事させろよ、ジジイ。」と舌打ちして独り言。一見さんが色々あって、山王町に来ることになった詳しい経緯もいつか描かれるでしょうか。そういえば、一見、吉利谷、財前の3人は幼馴染だけど、一見さんは大輝とも知己の様なんですよね。1巻では一見さんが糸くんのことを大輝にのろけ、本編では大輝が沢斗のことを惚気ていて。仲良しじゃないか‼︎
また、この後しばらく出なくて心配になるほどですが、幹久→おそらく 博巳さん→おそらく沢斗、というのも やんわりと匂わせているのが気になっています。

美しい沢斗とようやく気持ちを通わせた大輝。この後、二人がまた優しい時間を共有するのはずっともっと後になりそうです。

1

大輝とサバトの仲が進む

腕枕して後ろ抱きの刑、キャー!

博己さんとサバト兄とサバトと大輝、複雑な関係ですね。
メジャーデビュー直前で地元の町長だった祖母が亡くなりみんなで地元に戻ったんですね。
美容師のサバト兄は来年村に美容室を開く予定。サバト兄が切ないです。

そして大輝とサバトが甘々で悶える~!
目の前に乳首があったらの三択面白い!

サバトがどんどん大輝にひかれていくところ、サバトが素直になってくところ、大輝がサバトをどんどん好きになってサバトなら男女関係ないと言ってくれたところ。自然にキスするところ。みんな萌えます!祖母の代わりなんかじゃないよ!

だからこそサバトの出張と大雨土砂崩れに嫌な予感が的中。
この事故で大輝が記憶を無くすのかな。せっかくやっとサバトも大輝を好きって思えて伝えられたのに。次こそ抱くって約束したのに!

おまけペーパーはサバトが自分でアソコを練習して、健気で天然でもうっ!サバト可愛すぎる!
そして大輝は、それは俺の役目だ!!って。その日1日もめましたとさ。

あぁ、大輝とサバトに大きな試練が。4巻を読むのが心の準備がいる~。

0

大輝x沢斗編

第3巻。
この巻は、大輝x沢斗・過去編。
沢斗が、いつも衝突ばかりしている大輝に恋してしまう過程が描かれます。
沢斗は美しかった祖母に似た容姿を「お姫様」と茶化す大輝が大嫌い。というよりかんしゃくを起こす子供のよう。
そんな沢斗が可愛くてついからかう大輝。大輝は元々バイなのかな…からかい方はキスを仕掛けたり、見ようによってはかなりタチが悪い。
女扱いするなと反発しつつも意識しまくっている最中にお手伝いさんが倒れてしまい、病院などに付き添ってくれた大輝にころっと……ていうわけじゃないけど、頼れるところを見てマイナスがプラスに変化していく沢斗。
この巻は、やはり何と言っても2人の初めてのエロシーンに尽きると思うのです。
年齢的にも、経験値的にも、体力腕力的にも上位のオス・大輝が、本気でその「性」を奪おうとするのなら。
決して「女」ではないけれど、沢斗は「獲物」。
強姦ではないけれど、オスの圧倒性に震えるだけの沢斗は、やはり「姫」ですね…挿入は確かにありません。ですが「蹂躙」はある。
強引に高められ、精を吐き出し、オスの精液を浴びて、しるしを付けられる…正にマーキング。
沢斗は大輝に「モノにされた」のです。
「素股」だけど非常に生々しい。最後まで、なんていう段階にこだわる事が無意味に思えるほど、これはセックスそのものだと感じる。
さて、結ばれた(とあえて言います)2人に悲劇が。
1・2巻で仄めかされている「何か」。それは大輝の陶芸窯を襲った土砂崩れ…
…というところで第4巻へ!

1

沢斗が笑ってくれたね

今回は大輝と沢斗のターン。
沢斗の気持ちの変化が丁寧に描かれていましたね。もちろん、二人の距離が縮まって、思いが重なる本編のお話も気になるところではあるのですが、その他にも、幹久や、博己、円馬(←ここまで入れちゃう)と言った、これからもしかして物語が広がるかもしれない予備軍がこの中にいるかも…とか期待しちゃいました。

そして、一気に読んでるから良かったけど、気になるラスト!大輝ーっ!!今度こそ最後までじゃなかったの~?!

3

柔らかくなる2人の空気

2巻に続き、今巻も「大輝 × 沢斗」の過去編になります。
まるまる一巻過去編です。


前巻に続き、だんだんとゆっくり距離を縮めていく大輝と沢斗。
大輝に対しては、ツンデレの「ツン」の割合の方が
高かったのですが、だんだんと「デレ」が出てきます。
ちょっとしたところで、微笑んでくれたり、
「ありがとう」と言ってくれたり……
とにかく表情が柔らかくなってくるんです。
この威力が大輝に対しては、如何なく発揮!
読み手である私もヤラれます。
うわー、かわえええ!
沢斗、良いよー!><

そんなとき、大輝は沢斗に
「女扱いはしてない。特別扱いはしてるけど」との言葉を…。
ああ、もう大輝は完全に沢斗に落ちたね。
惚れちゃってるよ、これは。

キスされても嫌ではなくなってしまった沢斗。
「嫌ではなかったことが、嫌なんだ」と。
流されてもいいと思った、と。
大輝は、もうたまらなく沢斗を可愛いと思い、強引にキス。
ううう、ドキドキします。
萌えます。心臓バクバクですよ><

そこからエロシーンへ。
畳の上に大輝は、沢斗を押し倒します。
兜合わせからのスマタ。
次から次のエロに、息を殺して読み進めます。
そして、大輝の台詞…
「くそ、すっげー入れてえ」
うわー!
うわあぁぁぁ!
大輝の我慢の限界が見えて!
でも、沢斗の体を気遣っているのが見えて!
萌える、萌えます!! ひどく萌えるシーンです!!><

そして、ラストの台詞。
これがキーの台詞になろうとは、ここでは考えもしませんでした…。
「あんたが帰ってきたら、今度こそ最後まで抱くから」

最後のシーン。
登り窯で大皿を沢斗に渡し、いいムードだった2人。
それを一瞬に崩したのは、土砂崩れでした。
登り窯ごと、全てが壊れ、大輝がその中に埋もれたのです。
大皿と沢斗を残して……。

ああ、いつもなんでこんなに気になるシーンで
次巻に続くんでしょうかね。

大輝は助かる!
絶対助かる!
それは分かっている。

でも、一抹の不安…。
それが現実になってしまうなんて、ここのシーンでは
考えもしませんでした。

待て、次巻!

2

恋をして髪を切り

大輝と沢斗の過去編継続中

まだ一見が大きな病院にいて田舎暮らしをする前の姿がちらりと登場

沢斗が喧嘩しながらも徐々に大輝に惹かれていく感情の変化がよく描かれています。
はじめに胃袋を掴まれ、次に目を奪われ、その次に心を奪われたわけですね。

話し合っても言葉も心も通じないと思う相手は犬だと思えというかアドバイスに納得。
3歳児並みの頭脳で言葉が通じなくても仕方がないと思えるからですって。
いいこと言いますね。
実行してみようと思いました。

サラサラストレートの長髪をバッサリ切ってしまった沢斗。
幕末の志士みたいでかっこよくて好きだったのに残念。
また伸ばしほしいです。

2

まさにお姫様

まるごと大輝×沢斗のお話。
沢斗さんツンツンだったのにこの巻ではツンデレになってる・・・
可愛い。。。
大輝にほだされちゃってもう・・・(笑)
照れてる顔が可愛い・・・

エロシーンも入れてないけどごちそうさまって感じです。
沢斗さんの言葉が大輝を煽っちゃうのわかるなぁ~ホント逆効果!!

幸せになって来た矢先に不幸が起こるなんて・・・
しかも不幸が起こって次巻へ続くとか拷問過ぎるでしょ(苦笑)
それでも続きが気になるから買っちゃうんだろうな~と
私の行動が目に見えてます(笑)
そしてあとの2つのカップルも気になります。
今後に期待です!!

1

1ページ目からすごく萌えます

この巻は丸々一冊大輝と沢斗の過去編です。
沢斗が田舎の町長として実力が伴わず悩むなか、強引に絡んでくる大輝に惹かれていく過程がすごく良かった。
そして1、2巻と劣らず、この3巻もものすごく萌えます。前回、大輝に言われた2択から「キスをする」を選ぶ沢斗なのですが、自分から顔を寄せてキスの体勢になる姿がとても可愛いんです。どの角度からしようかな…と大輝の顔の周りをウロウロするんですよ!もうこの可愛いさを上手に表せない自分がもどかしいですw
記憶をなくす前の大輝は本当に沢斗のことが好きだったみたいで一見に沢斗との惚気話を聞かせてて1、2巻の記憶をなくしてしまった大輝と比べると切ない。
4巻でなくした記憶を取り戻してまた沢斗と想い合える仲に戻ってほしいです。次巻も期待☆

3

あああ~気になるっ!

陶芸家:観世大輝×町長:黒井沢斗(サバト)です。
今回は過去編です。過去なので大輝が記憶喪失になるのは知っていますけど
まぁ~気になる終わり方をして!!早く続きが読みたいです!!

しかもせっかく両想いになってサバトさまをこれから開発しようというときになんてこった!!しかも、次巻の発売日が来年の春とかまた長い!!
早く記憶が戻ってサバトさまを、あれよこれよと開発してほしいですね!

大輝とサバトさまも気になりますが、博巳と幹久も気になるし!
今回は大輝とサバトさまCPのみでしたが、ちょっとだけ一見が出てきます。
早く山王町のDr.○トーになってもらいたいですね((´∀`))

あと、ヤクザチーム(?)の辻本曜明×佐野火弦CPも気になりますし!
続き物でレビューがめっちゃしにくいですけど、本当に続きが気になりますね!

5

いい雰囲気になってきたかと思ったら…

またまた新しいキャラ登場かっ!!

今巻はほとんどが大輝×サバトのカップルですね。
お祖母さまの若かりし頃に瓜二つの自分。
大輝がそのお祖母さまと自分が瓜二つだから
ちょっかい出してくると思ってる。
会えばいつも口喧嘩で、なかなか素直になれないサバトが可愛い。
そんなサバトがお祖母さまと比べられたくないために
あれだけ長かった髪をバッサリ!!
なんだかんだで大輝を意識しまくりです。
でもってやっと想いも通じ合ってってところで、まさかの展開!!
違う意味で焦らされますね。

そして今回はヤクザキャラは出番なし。
こちらも少しは進展して欲しかったな。

だけど一見の裏の顔がチラリと…
そうかこの医院長相手にドSを発揮するんですね(^^;)

そして新しく出てきたお姉キャラの幹久と、き真面目そうな博己。
なんだかこの2人もありそうですよ。

取りあえずは4巻を待つしかないか…

5

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ