花鳥風月 (10)

kachoufuugetsu

花鳥風月 (10)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神43
  • 萌×222
  • 萌5
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

137

レビュー数
15
得点
318
評価数
70
平均
4.5 / 5
神率
61.4%
著者
志水ゆき 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
新書館
レーベル
Dear+コミックス
シリーズ
花鳥風月
発売日
電子発売日
ISBN
9784403668296

あらすじ

長い時間をかけ想いが通じた吉利谷と財前が、恋人同士として過ごす温泉での甘い時間と、一見と糸の元にある客人が訪れて巻き起こる事件&濃密なプライベートタイムを描く糖度高めな最新巻!

表題作花鳥風月 (10)

吉利谷瞬,平岡組組長
財前真澄,平岡組の顧問弁護士

同時収録作品花鳥風月 (10)

一見雅貴,外科医
糸川一人,一見の恋人

レビュー投稿数15

吉利谷と財前が好きです

10巻を読む前に9巻を再読しまして、吉利谷と財前の盛り上がりはやはりいいなと堪能しました。

で、10巻、ご褒美のような温泉旅行回。
うれしいです。

美形な上、中身が男前でツンデレな財前が好みのタイプの受けなんですけれども。
今回は更に、無表情無自覚羞恥心ゼロな煽り炸裂で吉利谷が興奮のあまり敬語になってしまうところは声出して笑いましたw
他にも、普段は決して見られないような吉利谷のリアクションがたくさん見られて楽しかったです。

浮気は絶対許さないと言う財前がいいし。
そのための対策をしっかり練ろうとするのが彼らしいなとw
それに対する吉利谷の返答もまた良くて。
このカップルほんと好きだわ〜と萌えました。
これからももっと見たいです。

曜明と火弦も好きでして、ちょこちょこ登場してくれたのもうれしかったです。
彼らももっと見たい。

一見と一人のお話もありました。
こちらは個人的には、ざっくり大味な印象。

このシリーズは良くも悪くも深く考えず、ただ楽しめるのがいいですね。
時々挟まれる脇エピソードがヘビーなことがあり、ぎょっとすることがありますが。
それもリアリティ感じることなくフィクションとして見られるので、ある意味助かりますw

0

ようやく

新刊が出るたびに萌えてきゅんきゅんして、1巻から通しでじっっくり再読してしまいます。
気になっていた一見と糸くんの「初めて」がきちんと描かれていて、ジタバタしてしまいました。
思ったよりちゃんと甘かった笑

今シリーズのそれぞれの「初めて」は「やっと…」という執着を伴っている特徴が共通しており、本当に読み応えがありますし、自分の感覚では一冊で通常の10倍くらい見せ場があり、ときめかせていただいてる印象。

そういった意味では大輝と沢斗の「初めて」は痛々し過ぎたので、事故後改めて意思疎通した二人が見せてくれるもう一つの「初めて」をどんなふうに魅せてくださるのか、次巻が楽しみで仕方ないです。

3

大っぴらに愛。大いに激あま。

志水先生のお気に入りなんだろうな、と諦めている。吉利谷と財前、どこまで続くのかと。表紙を見ていて、やっと一見と糸くんの初夜に戻るのか、と期待したのに。
めでたく成就した吉利谷と財前は、描き下ろしおまけ的な激甘後日談をこれでもかと見せつけて来る。というか、わざわざ一見に見せ付けに来る。丸っと一見 × 糸くんで読みたかったのに。そんなワケで、一見 × 糸くんの話は物語後半で。ワケあり風の一見の背景は、これまでも一見の記憶として描かれても来たが、私の予想とは少し違っていた。
私は、ただれた生活をしていた一見が、ドM嗜好の院長と関係を持っていたのが、バレて病院に居られなくなったのかと思っていたのだけど、事実はもっと酷な話で。
外科医として優秀な一見より、婿養子を取った姉が親の病院の後継者となり。その婿養子がSM好きの変態で、院長室で事に及んだりしていた。一見は確かにドSメガネだが、SMを愉しむ性癖では無かった。そして子供の頃に話は遡る。一見の母は我が子よりも双子の弟を愛していた。その叔父が亡くなった事で、母は自殺を図り、そのまま寝たきりの状態になる。一見は、実家の病院で母の手厚い看護を受けさせる代わりに、義兄の変態趣味を姉に言い付けないばかりか、頻繁に付き合わされていた。一見が他人の要望に屈するのが意外だ。叔母の藍子さんの病院で診てもらえば良かったのに…。とにかく。一見は、この義兄の性癖なんぞの為に、母の死に目に会えなかったばかりか、四十九日にもSMに興じていた義兄に苛立ち、姉に暴露してしまう。その事で色々誤解したままであろう姉に、病院から追い出される様にして山王町に来たのだ。とっても優秀な外科医であったのに。
と、ここまでが実に駆け足で語られる。それも触りは糸くんへの語りと。深い真実は一見の独り語りというモノローグにて。
しかも。一見と糸くんの「初めて」は、糸くんの「回想シーン」なのだ。えええ⁈
とっても楽しみにしてたのに。いや、事実、しっかりめに描いては下さってると思うのだけれど、回想だけに、臨場感が無い気がして。ええ。自分でも変な事言ってるとは思うんですけども!どういうわけか、曜明さんと火弦の初めて、とか。それこそ吉利谷と財前とか。に比べて何だか軽過ぎませんか‼︎ という。
大体、一見の母が双子の弟を愛している風なところでもぅ。結構ディープなのに。それもサラリと足早に終わらせてしまう。切ない。一見自身、家族の温かさに触れずに育っていたけれど、それを殊更不幸だとも思っていない、だからと言って。そりゃ無いよ、志水先生〜!と、ボヤきたくなるのでした。
けれど。一見はここ山王町で、糸くんという真っさらな善意の恋人を見つけて本物の幸せを噛みしめている。それより幸せな事はないだろう、という甘やかな雰囲気で締め括っている。皆んな幸せになるがいい。

あとがきにはいよいよ大輝 × サバト編に戻って頂けるとの事でホッとする。ずいぶん待ったと思う。忘れてしまわれたかと思ってたよ。大輝 × サバト様の周りにはまた、彼等を取り巻く人達がいる。取りこぼす事なく描いて頂きたいと願って待っています。

曜明さんと火弦の後日談も欲しい!火弦は、「抱いてくれるだけでいい。」なんて。まだ卑屈にも思ってるみたいだから、恋人の自覚が出来る様に、曜明さんにはうんと甘やかして欲しい〜。

9

so what?

だから何?
とは挑発的に過ぎますか?

今思えば、7巻あたりから感じてた違和感。
8巻のレビューにて「何を描こうとしている?」と言語化したわけだけど。
その時に「吉利谷x財前」はスピンオフでいいのでは?と書きましたが、さてこの10巻まできて。
急に「一見x糸川」が帰結した。
そこでやっと合点。花鳥風月は「4つの」恋模様という意味?
今頃わかったのかよ、というご批判があるのなら甘受いたします。

10巻冒頭は「月」の吉利谷x財前のラブラブ。
後半「花」の一見x糸川のラブラブ。
次巻予告でサバトが来るらしい。という事は、「鳥」たる大輝x沢斗が記憶喪失を克服して多分ラブラブになって一件落着なんだろう。
「風」の曜明x火弦は既に成立してるし。
だがその花と鳥と風と月に何の関係性があるのか。テーマがあるのか。主張があるのか。4つの話を長々と並べ立ててるだけに見える。

なんだかとっても…気が抜けた気分。
忖度抜きではっきり言うけど、長かった、ここまで。長すぎた。なのに特に言いたいテーマとかは無かったんだね。
期待「はずれ」とまでは言わない。
次の巻も買うつもりはあります。けどストーリーを読み込みたいという熱量は…もはや半減している。

4

あっっっま!!!!

甘い!!甘すぎる!!
どっちのカップルも甘すぎるよ!!

特に財前の破壊力……なんなんですか………???

ただ、甘いと甘いの間に挟まる義兄のとんでもない性癖に笑ってしまったw
ついにMになっていたのはびっくりしすぎて5度見くらいしたwwなんでそうなったwww

その衝撃シーンを抜いてもマジで甘い巻でした。
たまらぬな……

巻数重ねてきましたが、中弛みしないのが本当に凄いなと思います。毎回面白いんだもの。

本誌読んでないから分からないけど、次はどこのカップルかな。楽しみにしてます。

0

花鳥風月だけあればいい

最高でした。BLファンが読みたいものだけしか描かれていない!美しくドラマチックで大満足!欲しい栄養の全てがこのシリーズだけでいや10巻だけでも摂取できる、神シリーズ!

吉利谷さんと財前さんの両思い温泉旅行の迫力たるや!もう溶けそう!財前さんのあけすけな物言いに、もう吉利谷さんと一緒に頭くらくらしました。イケメン二人が睦あう姿の尊さがぎゅ!

一見さんと糸くんも上記二人に負けない甘々トロトロ、二人の辛い過去が溶け合って幸せな未来へと昇華される様子にもう溶けそう!一見さんの過去を優しく受け止める糸くんが尊い。もう来世は糸くんを嫁に迎えたいと思わずにはいられない(けど来世も一見さんの糸くんでしょうね)一見さんの本気、もっともっと、なトロトロメロメロ糸くんが見れて本当感無量でございました。

既に11巻を楽しみにしております。最高です。花鳥風月最高です!

5

甘々でした、

平岡組組長:吉利谷瞬×平岡組顧問弁護士:財前真澄です。
前巻でやっと結ばれて、今回は親友の一見に報告からの旅館デートをしていました!
吉利谷も財前も一見も良い親友ですよね!出来れば糸くんと火弦も良い友達関係ですし、火弦は仕事のことは詳しく言えないと思うけど、お互い何でも言い合えたら良いなと思いました。
あと財前がびっくりするくらいにムッツリすけべでしたww

外科医:一見雅貴×復興課役員:糸川一人です。
久しぶりの一見×糸くんペアです!そしてやっと初Hを10巻にして拝むことが出来ました!ありがたや…!もう、糸くんが可愛くて!!
あと、1巻でちょっとだけ出てきていたSMの謎が解けましたね。というか、義兄ヤバい奴…。

前巻での吉利谷×財前ペアは、あまり甘くなかった(後半は甘々でしたが)ですが、今回は全体的に甘くて甘くて、良かったです。次はどのCPか楽しみですし、早く読みたいです。出来れば大輝×サバト様のCPを久しぶりに出していただきたいですね!

1

遂に

遂に10巻まで来ましたね。「是」に迫る勢いです。1巻を読んだ時はまさかここまで複雑なお話で、こんなに長く続くとは思っていませんでした。メインCPが変わる度に違う作品を読んでるような新鮮な気持ちになる作品だと思います。

さて今巻では9巻で漸く恋人同士になった、吉利谷と財前の甘々な温泉旅行を堪能させていただきました。吉利谷が財前にタジタジなのが読んでて微笑ましくて、今まで苦しんで来た2人の幸せな様子に感無量でした。

そして2人が一見に報告に向かうのが上手いと思いました。ここで一見と糸君CPに話を繋げて、更に次巻で大輝とサバトに繋げるとか、志水ゆき先生天才じゃないですか!脱帽です。これからもついていきます。

一見の過去が糸くんに語られて、あの場所に来ることになった経緯も癇癪持ちのお姉さんもかなりのインパクトでした。

ただどちらのCPも幸せそうで良かったんですが、ドラマティックな展開が少なかったので限りなく神寄りの萌2とさせて頂きました。

個人的に大輝とサバトCPが1番気になっていたので、漸くという気持ちでいっぱいです。次巻を楽しみに待ちたいと思います。

3

吉利谷×財前&一見×一人のほのぼのイチャイチャ編

〈前半〉吉利谷×財前のイチャイチャ編
財前の貴重なデレが全面に出て、スリルもドンパチもない終始甘くラブリーな展開でした。
吉利谷と財前が付き合うことになったと知った一見が、お前たちが付き合ったからと言って俺との付き合いが変わるわけじゃないのだから興味ないと言い、二人が破局しても友人として付き合うのだから変わらないと言うのが一見らしくてよかった。
友人同士が付き合うのはともかく別れた後で微妙になってしまうのはよくあることですがなるほどと思いました。

吉利谷のセリフにほろりときました。
「最後は、お前の腕の中に抱かれたい」
遠い未来に吉利谷を抱きしめる財前が描かれています。
吉利谷の職業柄厳しいこともありそうですが、望みが叶ったらいいと思います。

〈後半〉一見×一人のイチャイチャ編
相変わらずの溺愛な一見さんと
大好きな人にもっともっと奉仕したい可愛い一人くんです。
根っからのドS外科医かと思ったけれどいろいろあったんだってことがようやくわかりました。
なぜ都会からこの田舎町に来たのか、しまわれていた秘密のお道具セットは何?など気になっていたあれこれが解明されて1巻に続くのだということがわかって再読したくなります。
どのカップルもお幸せに。
そして11巻でまた会いたいです。
大輝とサバト、耀明と火弦も含めて次巻以降も楽しみです。

3

え?、そこ??急ぐといえども風呂場じゃなくてそこ???!(笑)


吉利谷×財前と一見×糸くんの、かなり甘い 一巻でした。5巻以降かなりシリアスな展開が続いていたので、天使と花のエフェクトが出たときは その甘さに驚きました。

貪欲で積極的な財前の、吉利谷にひっくり返された後の恥ずかしそうな顔がとても可愛かったです。
吉利谷の最後の望みが出てきたときはドキリとしましたが、終始甘い二人が見れ、嬉しかったです。

一見×糸くんが進展したところを数巻ぶりに (しっかりと)読め、すごく良かったです。
一見が過去を思い出すときのSM描写がどういった事だったのかも分かりましたし、二人の初めてがようやく読め、すっきりしました。

ただ、一見のお姉さんの生育環境や現状の方に同情してしまい、お姉さんに対して一見の当たりが少しきつすぎないかとは思いました。
お姉さんが癇癪持ちで 母と関連するマフラーを駄目にしたりしたのは分かりましたが、家族関係について高校時代には既に割り切っていた一見が
そこまで嫌悪する程の人とは思えませんでした。糸くんがお姉さんを良い人枠に入れたのも分かります。

一見の義兄に対する怒りの発現の仕方には、一見のサディスティックさを感じ、読み終わってから思い返して 少し笑ってしまいました。さすが一見だなと思いました。
あと、気性が荒い方のお姉さんと義兄はそういった面では確かに全く合わなそうだとも思いました。


一見・財前・吉利谷の3人の現在の関係性が素敵でした。過去から変わらず、取り巻く環境が変われどもそれぞれ得難い存在である様が感じ取れ、とても素敵でした。


あとがきに大輝とサバトの仲…と書かれていたので、次巻以降も楽しみです。
また、糸くんと火弦が恋愛トークや恋愛だけじゃない色んな話をもっとできるところを見たいなと強く思いました。

3

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う