2014 summer

2014 summer

2014 summer
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
10
評価数
2
平均
5 / 5
神率
100%
著者
 
媒体
小説(同人)
サークル
MICHI HOUSE〈サークル〉
ジャンル
オリジナル(ジャンル)
発売日
ISBN
ページ数
8ページ
版型
A5

あらすじ

『ワンダーリング』番外SS『今宵の月のように』、
2014年夏コミ無料配布本。

まだ若き日の李令輝(レンフイ)がルーレットを回している。
そこに現れた50前後の日本人ビジネスマン。
名前も交わさずに別れる二人の、一夜の出来事。

表題作2014 summer

評価・レビューする

レビュー投稿数1

14番目の月……の思い出

『今宵の月のように』。
時はおそらくは1990年代半ば、
ところはラスベガスだろうか……

まだ令輝(レンフイ)も若く、
現役でルーレットを回していた時代のある日、
出会った日本人ビジネスマン。

『ワンダーリング』を読んだ時に気になって、
次なるスピンオフはありやなしや?思った藤堂の兄・令輝だが
淡く美しく洒落た、そしてもの悲しいSSの主人公となって登場。
ステノグラフィカのじじい達の昔話もそうだったが、
こういう掌編の上手さときたら!

一夜限りの刹那の恋。
いや、これを恋と読んでいいのか分からないのだが、
何かが通じあって、そして何かを心の中に持ち続けるような一夜の逢瀬。

その時代の社会的な出来事の断片、
ドフトエフスキーの「賭博者」のエピソード、
(「罪と罰」と同じ時期に僅か27日間で書き上げられたという、
ルーレットで身を滅ぼす男の物語)
それらが浮かび上がらせるビジネスマンと令輝の人となりと関係、
そして思い。


そして時は流れ、今や老齢になっているだろうビジネスマンが
かつて一夜を共にした男とよく似たスタイルのディ続きーラーを前に
ルーレットをしている。
今夜賭けるのは……

  次の夜から欠ける満月より、
     14番目の月が一番好き。




※あ、作者の後書きによると……令輝は「受け」だそうです!

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ