そして今夜も眠れない

soshite konya mo nemurenai

今夜又失眠

そして今夜も眠れない
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神4
  • 萌×26
  • 萌17
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
5
得点
97
評価数
29
平均
3.4 / 5
神率
13.8%
著者
上田にく 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
徳間書店
レーベル
Charaコミックス
発売日
ISBN
9784199606960

あらすじ

「俺と一緒に寝てくんない?」
会社の同僚の広瀬(ひろせ)に、そんな頼みごとをされた岡田(おかだ)。
一人暮らしを始めたばかりで夜眠れないというので、一緒に寝るハメに…
ところが仕方なく一緒に寝ていたら、広瀬を抱く夢を見てしまった!!
意識する岡田をよそに、広瀬はよく眠れたから明日からも頼むと超無邪気。
夢の中では、俺にあんあん言わされてるくせに――
抱き枕がわりの添い寝のハズが、夢の中で抱いた感触が頭から離れなくて…!?

表題作そして今夜も眠れない

岡田・デザイン事務所勤務
広瀬稔・攻めの同期で同僚

同時収録作品ふたしかなヴィジョン

(攻め受け未定)明里 祐介(高校3年生)
(攻め受け未定)三隈 由貴(高校3年生)

同時収録作品愛してると言え

(攻め受け未定)角倉 広大(高校3年生)
(攻め受け未定)相川 悠介(高校3年生)

同時収録作品魔法をかけて

(攻め受け未定)大高 晴生(高校生・オタク)
(攻め受け未定)二木 千昭(高校生)

その他の収録作品

  • 描き下ろし「そして今夜も眠れない」番外編
  • 電子限定描き下ろし「少し前の話」

レビュー投稿数5

夢の中で・・・

会社の同僚モノ・・・という点に惹かれて購入。
初読み作者様です。

表題作と、高校生同士のお話種類との4編が収録されていました。

高校生同士のお話はライトな感じで、可愛いお話。読みやすいお話でした。

会社の同僚モノは、もうピンポイント萌えで、攻め様が夢の中で受け様と、ちょっぴり嗜虐的(といっても言葉攻めとか・・・)なHをしているシーンと、描き下ろしの、初めて本当にHするシーンが好きです。(愛があるのが前提で・・・)ちょっぴり嗜虐的なHシーンが私は萌えツボだったりするので・・・
そのれらのシーンだけで、もう大満足です。受け様の反応がとてもかわいらしくて、萌えます!!!

1

「ツンデレハート」を聴いてみたい

素晴らしき当て馬ゼロの世界!
もしくは不特定多数の当て馬風な存在がほんのりいるだけの世界とでも言いましょうか。
どきどきしつつも、無駄にハラハラまではしたくないという方にはおすすめです。

4組のCPが出てきます。
表題作は同じデザイン会社に勤める同僚が隣に引っ越してきた!という話。
「実家では犬と寝てたから眠れない」という理由で一緒に寝るようになるも、今度は主人公が淫夢で眠れない!という展開でした。
概ねさらっと読めますが、同僚が過剰に頬を赤らめていた社長への思いは単なる憧れだけでしたという件がないので、そこだけ引っかかりました。

2つ目のCPは友人最高か!という短編。
入学してすぐに助けた亀ならぬ助けた同級生に告白されて「気持ち悪い」とフったものの、その後仲良くなって3年。今度は自分が好きになってしまったけど、素直になれなくて…というツンデレ男子の話でした。
水田くんにすべて持っていかれます。作詞作曲、自主制作でCDまで作る友人、最高です。

3つ目はリアルスネオヘアな幼馴染が好きな子のためにイメチェンしたら、あらイケメンという話。
スネオヘアーがスネ夫ヘアだったインディーズ時代にライブに行ったのを思い出しました。そんな彼も今はともさかりえの夫。それはいいのですが、最初から展開は読めているものの、内田さんの挟んでくる小ネタにいちいちクスっと出来るので楽しめます。よさこい節w

4つ目は視力だだ下がり男子がとうとう眼鏡を作ったら、好きな人もできたよという話。
DKらしい暴走やもじもじした感じ、片思いしているという気持ちだけで充実できたあの頃を思い出せる瑞々しい短編でした。

やはり好きな人が自分を好きという設定、さらに余計なことをしてくる当て馬がいないという作品は気持ち良く読めるなあと再確認できた短編集でした。
既に現実社会でもやもやしまくっているので、これ以上もやもやしたくない!というときにおすすめです。

0

イラストは可愛かった

表題作『そして今夜も眠れない』。
会社の同僚がアパートの隣に引っ越してきたけれど、実家の飼い犬と離れてしまってよく眠れない、一緒に寝てくれと頼まれて…。

元々アパートに住んでいた方が攻め、引っ越してきて一緒に寝てくれと頼んできた方が受けです。
攻めは、男同士だし別に問題ないと思ってオーケーしたものの、なぜか隣で受けが寝ていると、受けとエッチするエロい夢ばかり見てしまうように。そのせいで、今度は自分が寝不足に。

最初はまったくどちらにも恋愛感情がないのに、なぜ受けの淫夢を見るのかいまいち不明でした。一度夢を見てしまって意識するように…とかなら分かるんですが、連日連夜受けとセックスする夢ばかり見るのは何で?
しかもそこからくっつくまでもなかなか早い展開で、お互いのどこがよくてそういうことになるのか不思議でした。
可愛らしく、エロい(夢の中だけですが)話でしたが、あまり萌えもキュンも感じられなかった。


あとはあっさり目の短編がいくつか入っていました。
『愛してると言え』
高校の入学式で、突然攻めに告白され「気持ち悪い」と言ってしまった受け。その後「忘れてくれ」と言われたので普通に友人になったけれど、攻めはやたらと惚れっぽく、別の女の子を好きになってばかり。実は「自分も好きになった」と受けはなかなか言い出せなくて…。

エッチなしなので受け攻めは暫定です。
これはよく分からない展開でした。急に告られ、その後「なかったことに」と言われ、他の女子に告っては振られている男をなぜ好きになるのか理解できなかった。鈍いし惚れっぽいしおバカなキャラなのに…。

あとは、オタクな幼なじみが「好きな人がいる」と言うのでイメチェンを手伝ってやる受け(暫定)の話や、教師に片想いしている同級生を好きになってしまう攻め(暫定)の話など、高校生もののエロなしの話ばかり入っていました。
イラストは可愛らしいんですが、どれも感情の変化が無理やりすぎるというか、なぜそうなる? という展開が多かったです。短編ではなく、せめて中編くらいなら自然な気持ちの変化とかキャラクターの魅力とかが描けたんじゃないかなぁ、と思います。

2

あっさりめです。

『片思い×片思い』が好みだったので購入しました。こちらは面白いのですが、全部アッサリという感じで、あまり印象には残らなかったです。それぞれ短編なので仕方がないのかも…。表題作が一番好みだったので、これで一冊書いて欲しかったです。

表題作+描き下ろしの番外編、他短編が三作です。

『そして今夜も眠れない』
一人暮らしを始めたばかりの受けが、ずっとペットと一緒に寝ていたから一人じゃ眠れないので、同僚でお隣さんの攻めに一緒に寝てくれるように頼みます。この時点では攻めは受けの事を友人としか思って無かったのに、一緒に寝るようになると何故か受けを抱く夢を見てしまい…という展開です。
そもそも攻めはゲイという訳では無さそうですし、男友達と寝ただけでそんな夢を見るというのが不自然な気もしますが、隣で無防備に眠る受けにムラムラしている攻めというのが萌えます。当然そんな状態では攻めは寝不足になり、フラフラな所を運悪く開いたドアにぶつかって昏倒してしまいます。そして介抱してくれていた受けに、寝ぼけたまま夢と勘違いして襲ってしまう。その後の受けが男前ですが、最後が駆け足気味で終了で残念。描き下ろしで二人の初エッチを読めますが、お互い上になるつもりだったので揉めて、結局ジャンケンで攻守決定という内容です。エロは少な目。

『愛してると言え』
受けは高校の入学式で、攻めから「付き合って下さい」と告白され、動揺して「気持ち悪い」と言ってしまいます。その後友達として付き合ううちに攻めを好きになってしまいますが、意地っぱりの為素直に告白出来きずにジタバタするという内容です。二人の友人でチャラ男っぽいのが居ますが、彼がいい味を出してます。軽い感じなのですが友人思いで、二人の背中を押してくれます。そして攻めに再び告白されたのに、受けが「嬉しくもなんともないから!」とテンパって言ってしまうのが可愛い。さらに攻めが、受けが天の邪鬼という事を知っていて、嬉しくない=嬉しいという事が分かってるためほっぺにチュッとするのがホンワカします。

『魔法をかけて』
ダサダサでオタクな攻めを受けがイメチェンする話。かなりなイケメンになった攻めは皆の人気者になり、今までずっとベッタリだったのにと受けが寂しさを感じるという内容です。受けがかっこいいといってくれればそれで良かったとボロボロ泣く攻めが素直でキュンときます。

『ふたしかなビジョン』
目の悪い攻めが、ぼやけた視界で歩いている時に受けとぶつかりますが、彼が泣いていたのが気になり…。
最後の攻めの「君が好きだ」のモノローグが印象的です。

面白いけど、可も無く不可も無くって感じでしょうか。全編、結ばれてからの甘々が足りないのが残念です。

1

激甘に煮詰まった脳内。不埒な妄想。ロマンスの予感。

睡眠不足に悩んでいた広瀬から、安眠の為に添い寝して欲しいと、頼まれた岡田は、一緒に寝る様になってから不埒な夢を見る。この、岡田の「夢」は、実は現実で…。っていう話かと思った。夢遊病的な?もしくは、広瀬の想いが夢枕に立つのか。あるいは、作中、岡田も訝しんでいる様に、自身の願望なのか…?気持ちも恋も。無意識下では芽生えていたのか。
物語は、明確な答えを出さないまま、二人の関係が変化していくところを描いていく。
とにかく、職場では普通の友達なのに、夢の中で抱かれている広瀬が可愛くて、ヤバい。電子限定のおまけを読んで、この一見不思議な物語の答えを見つけた様な気がした。それは本編の前日譚。広瀬の方も、岡田を気にしていたのだ。さりげなく優しくて、人たらしなところがある岡田を素直にいいな、って想う気持ち。添い寝を申し出たのは、岡田に近づく為だったのかどうか…?は判らないままだけど、もしそうだったら、そんな大胆なアプローチを選択した広瀬がやっぱり可愛いと思ってしまう。

同時収録は、ツンデレが過ぎる相川の、気持ちと真逆の可愛げの無さにちゃんと気づいてあげられる角倉。「愛していると言え」。友人の真澄作詞・作曲「ツンデレハート」が相川の気持ちを表して、キューピッド♡ しっかし、相川の気持ちを思うと、これは恥ずか死ぬ。若さ故の…って事でいいのかな。

オタクの晴生に頼まれて、イメチェンをしてあげた幼馴染の千昭。「魔法をかけて」。クラス中の皆んなが驚く程のイケメンに変身した晴生の一念発起の目的は…、もちろん千昭への恋心ゆえ。よくある設定だけど、予想の斜め上に行動する晴生には驚かされます。

視力が落ちてしまい、眼鏡をかける事になった明里と教師に淡い想いを寄せる三隈とのショートストーリー「ふたしかなヴィジョン」。眼鏡をかける前の日に、ぼんやりとした視界で三隈の泣き顔を見てしまう、明里。短かすぎて、この二人の間には何かが始まる予感だけ残して終わる。

短編はいずれも可愛いけど、やっぱり表題作の不思議な夢の物語が一番好き♡ 描き下ろしも可愛くて。夢より現実の広瀬がエロくて可愛いよ、っていうあまあま後日談です♡ そうでなくっちゃね!

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う