媚の凶刃 ~X side´~

bi no kyoujin

媚の凶刃 ~X side´~
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神28
  • 萌×213
  • 萌5
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
8
得点
208
評価数
47
平均
4.4 / 5
神率
59.6%
著者
池玲文 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
リブレ
レーベル
ビーボーイコミックスDX
シリーズ
媚の凶刃
発売日
価格
¥628(税抜)  ¥679(税込)
ISBN
9784799731963

あらすじ

若頭・加賦への常軌を逸した執着を持てあまし自慰にふける韮沢。
「何もいらない。貴方の側にいられるだけでいい…」
そんな可愛い事ばかり言う韮沢を、
大切に思い始めてしまった自分を戒めるべく、独立話を持ちかける加賦。
すがりつく韮沢を切り捨てるように冷たく言い放つ。
「しゃぶれ。これっきりだ」
餞別代りの濃密なsexが始まる…!!
大人気「媚シリーズ」番外編集に、「≠」単行本未収録作品、
傑作短編を加えて待望のコミックス化。

【注意】こちらは電子書籍「媚の凶刃~Xside~」の内容を一部修正のうえコミックス化したものです。

表題作媚の凶刃 ~X side´~

加賦,梅崎組若頭
韮沢,加賦の部下

同時収録作品≠ ノットイコール

芦塚 凉,息子,サラリーマン
末続 果,父,版画家

同時収録作品媚の凶刃〜KOUKI side〜

コウキ(薬の売人仲間)
韮沢(ヤクザ・加賦の部下)

同時収録作品理科室

佐巻 房良,生徒
館内 福三,先生

同時収録作品赤縄

本田,家老
刀賀総次郎

その他の収録作品

  • 韮沢は反省出来ない(描き下ろし)
  • 媚シリーズ年表

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数8

話題の電子書籍がコミックス化しました

個人的に紙媒体のコミックスが好きで、電子書籍はあまり手に取りません。なので電子書籍版の『媚の凶刃 ~X side~』が発売になったときに購入しようかどうしようか悩んで結局購入を見送りました。

で、ですよ!
その作品がコミックス化されて発売されると聞いて、発売を心待ちにしていました。

特筆すべきは表紙でしょう。『媚の凶刃』なのに、このポップさ。可愛すぎやしませんか。
電子書籍版はR18だったのに対し、コミックス版は全年齢対象だからかな。それで表紙を可愛らしくしたのかなあ、なんて思ったりしましたが、実情はどうなんでしょうか。

電子書籍版のほうは未読なので確認はできませんが、おそらく内容は電子書籍版のものと同じではないかと思われます。

PGに収録されているものもあったので、そちらと比較するとPGは二本線での修正だったのに対し、このコミック版は白抜き。残念!
電子書籍版のレビューを拝見するとR18に恥じないガッツリ具合っぽいので、無粋な白抜きの修正がお嫌いな方にはお勧めできないです。18歳以上で電子書籍を購入できる環境の方は電子書籍版をお勧めしたい。

が、私は別に白抜きの修正は別に嫌いじゃないので、特に気にならなかったです。
それよりも「あの」加賦さんのデレっぷりが拝めて幸せでした。

PGに収録されていた作品や、『≠』の番外編が収録されていたのも良かった。
池さんて、絵柄がすごくきれいで丁寧でエロさもがっつりあって素晴らしいですが、こういう作品に垣間見れるようにストーリーが常に攻めの姿勢なのもすごい。

最後に、たぶん電子書籍版ではカラーだったんじゃないかと思われる漫画が収録されていましたが、値段が上がってもこれだけはカラーで見たかったな、というのが正直な感想。さぞかし美しいんじゃないかと思うので。

他の作家さんでもR18のコミックスが発売になり話題になりましたが、池さんもぜひとも同じ手法で紙媒体のR18作品を出していただきたいなと思ったりしました。

残念な修正だったりしますが、それでも電子書籍やR18作品は手に取らない・取れない方もいらっしゃると思うので、こうしてコミックス化してくださって感謝感謝です。とっても眼福でした。

8

レーベルが「BBC DX」です!!

 電子版を読んですぐに「修正ありでもいいから是非紙でも揃えたい」と思い、編集部へのアンケートに書いたり、作品への感想に書いたりしていたのですが、同じように思ったファンが多かったのでしょう。こうして紙版が出ることになりました。やっぱりファンの声は大切なのだなと思います。
 電子版『媚の凶刃 ~X side~』との変更点は
・カラー口絵が2ページ(水で体が見えないバージョンと透けているバージョン)が見えないバージョンだけになっている。
・修正(白抜き)されている。
・カラーだった『韮沢は反省出来ない』がモノクロになっている。
の3点です。

 内容については電子版にレビュー済みなので、そちらを見て頂けたらと思います。修正はまるっと白抜きです。電子版は18禁と言うことで池先生の美麗な絵柄で、迫力あるペ○スもかなり大きく描かれていたので、その分白抜きも大きいものになっていますので、大人の方は電子版で心行くまで楽しまれることをお勧めします。
 修正があることをわかった上で買っても、やはり修正がある分評価はちょっと下がってしまうのですが、今回、レーベルが「BBC DX」だったことで神を付けたくなりました。これまでの『媚』シリーズは全て「SBBC」レーベルで、SBBCは表紙にテンプレがあるので、表紙デザインの自由度が低く、どの先生の作品でも、どうにもイケてない雰囲気になりがちなのです。なんていうかちょっと古臭い。それをいつも残念に思っていたので、今回、自由度の高い「BBC DX」になると先生のツイッターで見かけてとても楽しみにしていました。
 『媚』シリーズなので、すごい硬派でバイオレンスを感じる表紙になるのか?それとも色気を前面に推し出してくるのか?と想像していたら、まさかのアメコミ風ポップですよ!コミカルな二人にコミカルなタイトルフォント。まさに『X side´』にピッタリではないですか!意外なところを突かれてとても面白いと思いました。デザイナー様のお名前を奥付まで探したのですが見つかりません。先生ご自身のデザインなのでしょうか!?
 
 池先生は現在、続編の『媚の凶刃 SMOKE』を連載中ですが、新刊も「BBC DX」になるといいなと思います。もしくは「SBBC」の古臭いテンプレをやめてくれないかな。編集部さん、ご一考をお願いします。

5

良きエロ!!

表題の「媚の~」シリーズ、最近になって読み始めました。
わたしとしては、韮沢のコウキに対する態度が好きなので(もちろんコウキも好きです)、KOUKI Side含め、コウキの登場が多くて嬉しかったです。
韮沢が男の娘のマユラちゃんに性技を学んで、加賦さんに実践はエロエロで面白かった~。本編がかなりシリアスでバイオレンスなので、こういうふっと気が抜けるお話がより楽しめました。
巻末の年表は、わたしのような新参者には大変ありがたかった!

その他の短編では、時代物の「赤縄」は雰囲気もあって美麗な絵柄がさらに際立っていると思いましたし、とても大満足な一冊でした。

0

エロと修正にアップダウン

電子書籍に迷っているうちに紙媒体の発行となりました。
それほど修正を気にすることはありませんが、時々現れる白抜きにはせっかくの集中を削ぐに十分な威力があり、あまりの野暮さに、これならば18禁を購入しておけば!!的な未練をこぼしたくなってしまいます。
けれどページを捲る心地よさも捨てがたく。
…エロへの未練は残りますが、作品としては十分に楽しめてしまうせいか、読み進めるほどにどうでも良くなってしまいました。
内容的には、コウキサイドとしての不穏なフラグエピソードに続く?続かない?ともやもやしたり。
あんなことの前やそんなことのその後のふたりの関係の変化と、むずむずするような甘い日々。
加賦のドライでイッた表情の色っぽさにありえないとは思いつつも、下克上も悪くないと妄想が搔き立てられました。

4

思えば禁断縛りの短編集


「馬鹿は嫌いだ あんまり馬鹿だと可愛くなっちまうーー」
確 か に !!(笑)納得しました…。シリーズ番外編集?ほぼ短編集?な一冊ということで、シリーズものならではの表紙もとっても可愛い!◎
そしてそして大変貴重な◯吹き本でもあるということで……。公にはいえませんが、一番推したいのそこですよね、推す側も推される側も…
それもあって()素晴らしい一冊ですが特に印象にも残った『理科室』という短編。

「福三くん(教師受け)なんか嫌いだ…」

ー一体どうすれば好きになってもらえるんだろう
顔がいくら可愛くても キスすら拒まれるー

よかったです… 。周囲も認める自分の一番の自信が、一番効いてほしい好きな人に効かないじゃないかっていう。王道ではありますが、特徴はこの攻めがc学生(?)(もしk校生だとしても1年)だということ……(^∇^)

ちゃんと言い訳ありきでえっろいこともいたしておりますので池さんで興味のある方、是非……

2

裏面でもB面でもなく、X side。

この作品が出た時に、表紙に驚きましたよね。思いもよらないアメコミ風。
内容は、先に発表された電子版の18禁バージョンを修正して紙媒体で発売されたものです。
私は個人的に修正って全く気になりません。
ライトセーバーだろうがホタル乱舞だろうがぼんやり白霧だろうが、それで良しです。
描き手の先生の絵が損なわれる、って言う方もいらっしゃいますが…(先生の方もソコをビッチリ描いても消される事なんてわかってんじゃ⁇)
まあそれは置いといて。
確かに18禁が元の作品だけあって、局部のアップ(がっつり白い)が多いです。
内容的には「媚の凶刃1・2」の途中の時間軸のエピソードが収録されている、という形です。
私が面白かったのは、韮沢が加賦を悦ばせたくて男の娘風俗でテクを習い〜のエピソードです。これはもうすごかった!
加賦がアレコレされて感じまくって、喘ぎ、震え、そして潮吹き…
加賦さん、最高‼︎


後半は「媚」ではない短編が3点収録です。

「理科室」
妄想美男子と幼馴染の教師。
王子系の房(かね)ちゃんは、今は先生になった福三が大好きで。
どこまでが房ちゃんの妄想か現実かわかりづらいかな…ショタ攻め好きな方に。

「赤縄」(せきじょう)
時代物。そして拷問もの。
もう絵の威力が物凄い。
攻めは壮年の家老。受けは美しい元美童。長い髪が乱れる様の美しさよ!

「≠ ノットイコール」
「≠」のSS。
父親と知っても抑えられない想い。周囲には隠さなければならない想い。切ないですね。

「韮沢は反省できない」
これは電子版ではカラーなんでしょうね。こちらは紙なのでモノクロで滲んだような絵になっています。
韮沢がコウキにパンツの上からぶっかけられたエピソードに絡めて、加賦が嫉妬してお仕置き。
お仕置き、というよりもっと本当に怒っています。
韮沢は失神してしまうんだけど、事後は優しい加賦さんになったそうです。

巻末に「年表」が載っていて、今までの「媚」の各エピソードの時間軸がわかりやすくなりました。

2

エ ロ い !

ヤクザ若頭:加賦成晃×ヤクザ組員:韮沢柊です。
本編は終わっちゃったので今回は短編的な感じの話でした。でもエロかった・・・。先代から嫁を取れと言われたり、韮沢のビジネスパートナーのコウキに韮沢が迫られたり以外と色々なことが・・・でも結局、韮沢が風俗でご奉仕の仕方を指南してもらって加賦が潮吹きをしちゃったり・・・。
とりあえず、エロかったです(笑)

【理科室】
中学生:佐巻房良×教師:館内福三です。
昔なじみで、一緒にお風呂に入る仲でもあったけど、ある日佐巻どういうことかわからないまま館内をイカせてしまった時から佐巻は館内のことを好きになるという9割ほど房良の妄想話でしたw
正直、ショタは苦手なので、すっごい微妙でした。ごめんなさい。
生徒×教師は好きなんですけど、中学生はちょっと・・・無理でした。

【赤縄】
家老:本田×刀賀総次郎
時代ものでした。短編すぎてレビューがしにくいんですけど、まぁ~エロかったです。ほぼエロでした。特に何も考えずに読めると思います。

【ノットイコール≠】
リーマン:芦塚凉×銅板画家:末続果のガチ親子ものです。
正直、収録されていると思っていなかったので、めちゃくちゃ嬉しかったです!この話はエロはありませんでしたが、ダントツでこの話が好きでした。
(≠が好きっていうのもありますが。)
凉が風邪を引いたときの話で、凉の同期の女の子が好感度を上げるためにお見舞いに来るのですが、まさかの果と遭遇するというね。その時に父親と紹介するのですが、嘘ではないけど、なんとも言えない気分になりましたね。。。堂々と恋人と言えないという辛さがもう・・・。でも本人達が「この幸せは二人きり 家の中のものでしかないけど俺たちには充分だよね」と言っているので、幸せならいいよぉ~!!って思いました。

どうやら電子書籍ではR18で白塗りではないらしいですが、私は紙で読みたい派なのでこちらを購入しました。私は白塗りでも充分エロいと思いましたwめっちゃエロいの読みたいという方は電子書籍をオススメします。

3

POPに弾けるエロ‼︎

韮沢の白無垢〜ww
もぅもぅフツーのバカップルです。表紙のPOPさそのままに、思う存分エロス。
「…お前はどれだけ想ってやれば気付くんだ?」
「天然でキマってんのか 、怖えーな」(ホントに、イキすぎだよ!)
せっせと後始末をする加賦さん…ドライでイカされる加賦さん…
本編の血生臭さは何処へやら。真面目なんだか、ふざけているのか。
幸せいっぱい弾けてます♡
色っぽさも破格です♡

巻末の「媚」の年表で、時系列もおさらい出来ます♬

同時収録は「理科室」の妄想過多エロ。「赤縄」は時代劇エロ。

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ