恋は甘くない?

koi wa amakunai

恋は甘くない?
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神7
  • 萌×237
  • 萌14
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
14
得点
226
評価数
60
平均
3.8 / 5
神率
11.7%
著者
月村奎 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
松尾マアタ 
媒体
小説
出版社
新書館
レーベル
ディアプラス文庫
発売日
電子発売日
価格
¥620(税抜)  
ISBN
9784403524240

あらすじ

揉め事が苦手でノーと言えない睦月は、大学入学早々、先輩がふくよか男子ばかりというスイーツ研究会に入部することになった。
同じく新入部員となったのは、イケメンで何でもはっきりとものを言う川久保。
まったく似ていない二人は、一緒に行動するうちにだんだん仲良くなってゆく。
そんなある日、いつも助けてもらっていることを睦月が詫びると、「お返しにキスでもさせてもらおうかな」と川久保に唇を奪われ……?

表題作恋は甘くない?

川久保省吾,大学1年生,「スイーツ研究会」所属
小嶋睦月,大学1年生,「スイーツ研究会」所属

同時収録作品恋は苦くない?

瀬野冬紀,農家の息子,御子柴の幼馴染
御子柴剛太,「スイーツ研究会」所属に所属するオネエな大学生

その他の収録作品

  • 恋は苦くない?(書き下ろし)
  • あとがき

レビュー投稿数14

好きな作家の作品

 断われない性格だけど、そんな風になりゆきでたどり着いた道を楽しむ男の子が主人公です。攻めもちょっと強引でかっこよかったです。やっぱりこういう雰囲気の作品は、大好きですね。
 どうしてこの作者の作品をこんなに好きなんだろうとふと思いました。もっと笑える作品や、切ない作品は、たくさんあるのに、全部読みたいと思える作家は、月村先生だけです。たぶん私は、この作家が書く少し癖があってネガティブで幸せから逃げようとするようなキャラクターを好きなんだと思います。もっとこんな作品をたくさん読みたいです。

1

プッと笑えるラブコメディです!

かなりコメディ寄りの、勘違いからくるすれ違いっぷりが面白い作品です。ほんのちょっとだけシリアス展開もありますが、それも安心して見守れる程度。終始、プッと笑いながら楽しく読ましてもらいました。

揉め事が苦手でノーと言えない大学生・睦月(受け)は、スイーツ研究会で一緒の、はっきりした同級生・川久保と親しくなります。
そんなある日、「(親友になりたいので)友達から!」とこれからも仲良くしてもらえるよう言うと、告白されたと勘違いしたゲイの攻めに「最初から友達以上でいい」と言われ…というあらすじです。受け視点です。

全部で2章に分かれていて、前半は「友達」と「恋人」という認識のズレた二人のすれ違いっぷりが楽しめ、後半は結ばれた二人が、サークルのふくよかでオネエな先輩・御子柴の恋愛模様に巻き込まれ…というもの。

萌え所がですね、やっぱり二人のすれ違いっぷり。恋人のつもりの攻めは、キスをしたりさりげなくエッチに誘ったりとグイグイ攻めますが、天然の受けはありえない勘違いや思い込みで華麗にスルー。結果的に、焦らされてる状態の攻めに笑えます。

そんな日々の中、受けはキス攻撃に攻めの事を意識し始めます。そんな時に当て馬の出現で、互いの勘違いが分かり…というすれ違い展開。やきもきするまでも無く、スピード解決です。

後半は、サークルの先輩の実家のホテルで、二人が夏の間泊まり込みでバイトをするというもの。このサークルの先輩・御子柴が、巨体のオネエというかなり個性的なキャラ。この御子柴と、彼の幼馴染みの恋愛模様に二人が巻き込まれます。
こちらでは既に二人は出来上がっているので、最初からかなりイチャイチャ。しかし、受けがエッチに怖じ気づいている為、なかなか一線が超えられず…といった所。
ここでも、受けのノーと言えない性格がいかんなく発揮されています。そして御子柴が良い味出してます。

随所で吹き出しながら楽しく読める作品。ラブコメディが好きな方にお勧めです。

9

さちこな睦月はバナナが半分しか食べられません

「恋は甘くない?」と「恋は苦くない?」の2編です。
どちらも受け視点です。

「恋は甘くない?」
「NO」と言えない小嶋睦月(受け)は大学に入学早々クラスの女子に頼まれてついていったスイーツ同好会に流されるまま入会してしまいます。同じく新入会員の川久保(攻め)は睦月と違ってはっきりした性格でした。はっきりと意思表示する川久保が羨ましい睦月は川久保と親友になりたいと思います。「(親友になりたい)お友達からお願いします」と言うと、もともとゲイだった川久保は「(恋人になりたい)お友達から」と勘違いしお付き合い?が始まります。
スイーツは苦手な睦月でしたが、友達付き合いも順調で、気のいい先輩たちに囲まれて意外と楽しいサークル生活を送っていました。が、川久保を気に入った同級生の沢渡の登場で変化が起きます。友達と思っていたのに沢渡が川久保にくっついていくのを見てると心が苦しくなるのに気が付いて動揺してしまいます。

睦月は生来の性格か姉妹という最強生物の影響か主義主張ができない性格です。彼の辞書には「NO」という言葉はないのです。
流されるまま不本意な選択をしてきた睦月ですが、その結果を誰かせいにするような後ろ向きな性格ではなく、「NO」と言わなかった自分の責任だからとその状況の中で最善を尽くすようにしています。川久保も作中で言っていますが、これは睦月の中の最大の長所だともいえます。この一見後ろ向きなのに前向きな態度は、最初はイラッとするのに面白いと思って好感を持ち、応援しようと思う複雑な気持ちにさせられる不思議な人物でした。

川久保は睦月と逆で、3人の姉に囲まれてはっきりものがいえる人間に育ったのではないかと思われます。

二人のすれ違いっぷりは面白いです。完全にすれ違いなのになぜかうまくかみ合ってるんです。友達からって言った後、すぐ友達以上でもいいよって言われて、(すぐに親友だなんて)嬉しいと表現するのも、すぐに上(ロフトベッド)に行く?と誘われ、上にはベッドしかないしで?とするので、友達からだったかと川久保が引いて、言葉はかみ合ってるのに、内容がかみ合ってないんです。
その後も、キスされてもかばってあげたお礼だって最初に言われてから何度されても、何かのお礼なんだと勘違いして、川久保としては誘ってるのにちっとも乗ってあげないとか、天然で焦らしてるなぁとニヤニヤが止まりません。当て馬の沢渡が出てきてからは、ちょっと引っ掻き回されますが、そのおかげでちゃんとくっつくことができました。一番言わないといけないときに「NO」と言えて良かったね。

沢渡は可愛いからとわがままに育てられてきた感じがしてずうずうしい小悪魔タイプです。私自身はあまり好きではないのですが、本当に性格が悪いわけではなかったので悪い気分になることもあまりなかったです。
川久保にべったりくっついていて邪魔するところはイラッとしましたが、二人がくっついてしまってからは、他の先輩会員に二人の仲を暴露したり、「とっちゃおう」とか「乗り換えない?」とか二人の前で言ってみたり、決して本気じゃない邪魔の仕方が憎めない人物だなと感じ、作中でもみんなに可愛がられている所以だと思います。後半の話ではなんだかんだと二人の邪魔しながら、睦月には呆れながらも世話を焼いてくれたりしていました。いい人が見つかるといいですね。

そして、他の4人のふくよかな先輩たちがいい味だしていました。
みんなスイーツが大好きで一回で3つも4つもケーキを食べてしまう巨漢たちなのですが、決して不潔な感じではなく清潔を心掛けていて、感じもよく、同性愛も否定せず(御子柴のみオネエでしたが)後輩3人を温かく見守ってくれていて人間ができてる人たちでとてもよかったです。
きっといつの日かかわいい彼女ができると思います。

「恋は苦くない?」
夏休みになり、夏菓子の食べ歩き旅を計画していたスイーツ研究会の面々ですが、
御子柴の実家のホテルに急きょ人手が足りないということで、案の定「NO」と言えない睦月は手伝いにいくことになります。芋づる式に川久保と沢渡もバイトに行くことになります。
ここでは、地元でも名士で石頭の御子柴の父親のせいで辛い恋をすることになった御子柴の恋に案の定巻き込まれる睦月でしたが、いつものように精一杯頑張ります。
婿養子の父親も自分の代で終わらせるわけにはいかないと気を張っていたところもあるのでしょうが、田舎での生きにくさが描かれていて、大いに傷ついたけど御子柴が救われて良かったと思う反面、いつか父親とも和解できるといいなと思う話でした。
そして、二人の本懐も無事終えることができてホッとしました。

出てくるスイーツがどれもとても美味しそうなんです。ケーキが食べたくてたまらなくなりました。

4

月村先生らしいお話

月村先生らしい、自己完結、すれ違い、勘違いの三拍子揃ったドタバタ(?)なお話でした。
月村先生の受けらしい自己評価の低い受けの子と、寡黙でキッパリした性格の攻めのすれ違いに悶絶します。
両想いなのは見てとれるので、安心してすれ違いを楽しむことができます。

2

楽しい大学生活を思い出す きゅんコメ

月村先生好きだし、松尾先生の挿絵見たいしget。表紙がめちゃ可愛い♡

カラー口絵は攻め受けが桜の下でstanding。キレイ。背後のスイーツ店内に
どすこい組の背中(笑)。読み終わった後はぷっと笑ってしまう。
中の挿絵も色々書き込まれていて とてもうっとりします。

お話はきゅん+コメディ。先日出た切ないトーンのお話とは違って
個人的にはこっちのトーンの方が好みでした。
恋は甘くない? 2014年雑誌掲載分 約130P 二人がくっつくまで
恋は苦くない? 書下ろし約100P 避暑地バイト+ミコちゃん恋愛話
の2編構成。

大学スイーツ研究会が舞台。案の定、メンバーにどすこい組在籍。
最初そこを読んだ時、しまった・・・と思ったのですが
(同族嫌悪のため(笑)) このどすこい組、みなさん小綺麗にしなくては と努力していて、好感度大!でした。

攻め受け以外の登場人物は以下のような方々。
色々いて、楽しい大学生活を描き出してて、読んでるこっちも楽しい~
・御子柴剛太:ミコちゃん。どすこい組。オネエ言葉つかう強烈キャラ♡
       ゲイ。めっちゃ面白い、この人。
・沢渡有弥:攻め受けの同学科同級生。美少年系おしゃれチャラ男。
      憎めないタイプ。
・幸田陽菜:受けを最初スイーツ同好会見学に誘った諸悪の根源。
      どすこい組を見るやさっさと逃げる(爆)
その他どすこい二人います。

くっつくまでのお話も、避暑地バイトのお話の方も、爆笑するところあり
きゅんするところあり、すんごく楽しかったです。
攻めのいじめっこ気質なところや、受けの流されるけど楽しんじゃう性格も
どすこい組も最高でした。
あー楽しかった。

2

とってもかわいいラブコメです

月村先生のお話はまだ4冊しか読んだことないですが、今のところこちらが私のナンバー1です。
とにかく受けの睦月くんが愚鈍でかわいいです。優柔不断キャラって読んでてイライラするから
好きじゃないけど、ここまでくるとかわいらしくて見守り体制になりました。
(まあ、上手い具合に川久保くんがフォローするという、男前行動ありきなんですけどね。)
全体的にほのぼの・クスって感じで心が癒されました。
胸が締め付けられるような名作もいいですが、こういうほんわかラブコメをもっと読みたいと思いました。

2

普通の子が誠実に頑張っていると泣けてくる(歳のせい?)

電子書籍で読了。挿絵あり(個人的には電子でも綺麗に再現されていると思いました)。

表題作と、サークルの先輩がお話の主旋律を引っ張る、二つのお話で構成されています。

まったくもって個人的な話ですが、私は「どうせ自分なんて……」という科白が嫌いです。と言いつつ、自分でも度々口にすることがあるのですが、言った後は前以上に落ち込みます。
このお話の中で、小嶋くんもこの手の科白を何度も心の中で呟くのですが、嫌じゃないんですね。何故嫌じゃないんだろうと考えてみたら、この科白を言うことで免罪符を手にしようとする、その心持ちが嫌だったんだなぁ、と気づきました。小嶋くんのは「逃げてる」というより「諦めることに達観している」感じ。爺ちゃんなの?
対する川久保は、ポジティブを通り越している様な……そもそも、表題作は川久保の勘違いから恋の話として始まる訳ですが、この勘違い、明らかに川久保の方がおかしいよ!普通、そういう誤解はしないよ!あまりにも自分に都合が良すぎる勘違いでしょっ?!(まあ、だからかなり可笑しいわけですが)

可愛らしく楽しく明るく、読んで楽しくなるお話ですが、登場人物かどことなくいじらしくて、切ない感じもしました。多分、それぞれが皆一生懸命に暮らしているからだと思うのです。月村さんのお話に出てくる人たちは、英雄的な行いをする訳でもないし、突出してキラキラしく輝いている訳でもないけれど、毎日を誠実に生きようとしている様に感じます。だから応援したくなるし、お話自体はとても楽しいのにちょっと泣きたくなります。

みこちゃん先輩、オネエキャラのお決まりできわどい科白をバンバン出してくるのに、とても上品で可愛らしい所が大好きです。
「ぽっちゃり」の魅力に開眼しました。

2

さちこはバナナ食べられました(笑)

可愛いお話でした。
あらすじ無しで、ざっくり感想を…。

NOと言えない受けの睦月は、その優柔不断のあまりイラっとするところがあったんだけど、天然っぷりが可愛くもありました。
でも天然といえば、攻めの川久保もなかなかだと思います。
発端のあの睦月の「友達から」発言は確かに勘違いしてしまいそうだけど、あれでもう付き合ってる事になってたなんて…!
ある意味ポジティブ。ネガテイブな睦月と足して2で割って丁度良いかもです(笑)

『恋は甘くない?』で2人がくっつくまで。
『恋は苦くない?』は御子柴と元彼が元サヤになるまでを絡めつつ、川久保と睦月がHするまで。
Hでは、睦月は天然煽り系かな?
欲を言えばもうちょっとエロが読みたかったけど、全体的に楽しく読める作品でした。

2

大学生+サークル=青春?

恋は甘くないことはなかった。

私の胸の中の子ネズミも何度も走り回ってました。

川久保がまさか睦月に告白されて付き合ってる気になってるとは思いませんでした。だからキスしてきたのか。睦月も鈍くて言葉通りお礼のキスだと思ってるのですが、いや待て!そんなことあるか!
川久保がゲイなら睦月がノンケだとわかっただろうに告白と思い込んでそのままベッドに誘うとか。
きゃわくぼきゅんで落ちたとは言っても早いよ!
睦月のどういう所が好きかどれだけ好きか早く伝えてくれていたらなあ。

睦月も胸の子ネズミがウズウズするのに自分の気持ちを自覚するのにタイミングが悪かった。
けどちゃんとノーと言えました!偉いよ。

確かに川久保の彼氏力は何度も発揮されてましたね。

後編はみこちゃん先輩にもってかれましたね。良かったね!ハリウッドとお幸せにと心から思えます。

睦月の持ち前のネガティブさで川久保の気持ちを勘違いしてすれ違って遠回りしたのがもったいないと思ってしまう。小説だとやはり結ばれる所を読むのがクライマックスで結ばれた後の甘々を読むのが醍醐味な場合もあるので。
まあ色々あって二人の場合は満を持してということでいいのでしょうか。場所もアイテムも厚意でもらった状況だし。誕生日前日だし素敵なお部屋で過ごせて良かったね。

私も小心者でノーと言えず自分を責めるタイプなので睦月に共感してましたが、睦月はそこから楽しんだり何かを得たりできる子ですね!とてもいい子です。川久保も睦月の全部が好きって良かったね。
甘酸っぱくてサークル活動とか夏休みに避暑地のホテルでバイトとか青春ですね!

睦月ももっと好きって川久保に伝えていかなきゃね。

1

恋も青春もとっても甘い

みなさん、甘いものは好きですか?
大好き!という方、まあほどほどに好きかなと思った方。
もしかして可愛いものも好きではないですか?
甘さも可愛さもほしい。そんな方にぜひおすすめしたい作品です。

NOと言える日本人×NOと言えない日本人の組み合わせ。
月村先生のラブコメディ作の上手さが光る作品でした。
ちょっとした表現にもユーモアがあふれていて、なんだかクスっと笑えちゃうんですよ。
誤解と思い込みものがお好きな方にもおすすめ。

NOと言えず、優柔不断で消極的な流され天然受けというのは、時として人をイラつかせることもあるかと思うのです。
けれど、味付け次第ではこうもおかしく、可愛く見えてしまうのが面白い。
今作の受け・睦月は、NOと言えない日本人の代表とも言えるのでは?というくらい、とにかく流れに流れて流されて生きて来た安定の月村先生キャラクター。
しかし、なぜか読んでいてもそこまでイライラはしない。
というのも、相手を思いやり過ぎるがあまり、物事をはっきりと断れない自分が悪いときちんと分かっていて、なおかつガッツがあって、引き受けてしまったからには責任があるだろうと。
ならばいっそ楽しんでしまおうかと、妙にポジティブな部分がある不思議な子なんですよね。
お相手の川久保が、物事を白黒ハッキリバッサリ言うタイプだったのもバランスが良い理由のひとつかな。
読者がイライラする前に川久保が横からさり気なくフォローをしてくれますし、自分と正反対の性格の睦月を決して否定しない良い男です。

そんな彼が断り切れずに入った「スイーツ研究会」というサークル。
こちらのサークルでの活動と大学生活をメインに受けの睦月視点で語られます。
スイーツと聞くと、女性ばかりが所属しているのではないか?と思いがちですが、それが違うんです。
天然パーマのふくよか、小柄なふくよか、眼鏡のふくよか、オネエなふくよか、ふくよかではない男前…と、全員がわりとふくよかな男性。
彼らは純粋に甘いものが大好きで、皆で集まってはとても幸せそうにお菓子やケーキを食べるんです。
どこどこのお店のケーキを食べに行こう!だとか、べっこう飴を作ろう!だとか、大学生の男の子達が集まって楽しそうにしているのが本当に微笑ましくて!
紳士的で、清潔感があって、お行儀も良くて、身体も大きければ懐も大きい。
どの部員も気の良い人ばかりなのが良いんだなあ。
なので、なりゆきで入ってしまった睦月もなんだかんだで自然と溶け込めちゃう。
こんな楽しそうな活動、自分もしてみたかったなあなんて思ってしまいますね。

そこで知り合ったのが、同じ学科の同級生・ふくよかではない男前こと川久保で。
先ほども書いた通り、物事をハッキリと言う男前なんです。
でも、人のことを思いやりすぎてNOと言えないでいる睦月のことを理解し、さり気なく助け舟を出してくれる。
このフォローの仕方がスマートだったり、時にはユーモアにあふれていて素敵。
実は無理をして沢山食べていた少食な睦月のことを「さちこはバナナが半分しか食べられないんです」と部員に説明し始めて爆笑。それが後でまた登場して更に笑ってしまう。
月村先生のコメディ、好きだなあ。

次第に睦月は川久保のことを好ましく思い、彼と親友になれたらいいなあと「最初はただの友達でいいから仲良くしてほしい」と言ってしまう。
お互いに「友達以上の関係」を誤解したまま関係が深まっていくのがなんとも珍妙。
ゲイである川久保は睦月が恋愛関係になりたいと思っているという意味で解釈し、睦月は純粋に親友関係になりたいと思っている…

いやいや、どっちもどっち!
というか、それだけで付き合っていると勘違いをする川久保もなかなかズレていますよね?
この、噛み合わなさそうで絶妙に噛み合っていたりする描写の数々と、川久保からのキスに、睦月の心と同じくどこかがきゅんとしたりムズムズするんですよ。
これぞ誤解と思い込みものの醍醐味でしょうか。
2人がくっ付くまでの間に沢渡という当て馬ポジションの同級生が登場しますが、彼も憎めないキャラクターで。
沢渡とのやり取りの中で、やっとNOが言えた睦月の姿にホッとしました。

隙あらば甘いキスをしたり、時にはいき過ぎない程度の強引さがあったりと、クールな川久保の恋人には甘いギャップがものすごく良かったな。
どこで睦月を好きになったのかについては、もう少し詳しく書いて欲しかった気もしますが、個人的にはとても好みの攻めでした。
付き合ってからというもの、どストレートに好きの言葉を放つ川久保が好きで。
松尾先生の描かれる川久保がですね、色気たっぷりでまた素敵なんですよ。
特に、ボロ泣きする睦月の頭を撫でる挿絵の顔が良過ぎる。

後半は、オネエなふくよかこと、ミコちゃん先輩(御子柴)の実家のホテルのお手伝いをするお話。
ちょっと、ミコちゃんと幼馴染のハリウッドこと瀬野の苦い恋のお話にじんわりときてしまいました。
当時は今よりもまだ子供でどうしようもなかったけれど、ずっと後悔をしながら一途にミコちゃんを想う瀬野の姿にやられた。
こちらのCPももっと読みたい。商業だとビジュアル的にNGが出ちゃいますかね?
川久保と睦月CPもやっとスタートラインという感じだったのでもっと読みたいなあ。
初えっちの時に「今夜はよろしくお願いします…」「こちらこそ」と言う2人が初々しくてたまらない。
ミコちゃんと沢渡のコミカルなやり取りも楽しかったですし、脇を固めるキャラクターが魅力的でしたね。
川久保とミコちゃんと瀬野に心が持っていかれました。

読後にはきっと、童謡の「サッちゃん」が頭から離れなくなるはず。
思わずスイーツが食べたくなる、甘くて可愛らしいラブコメディでした。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う