SUPER NATURAL/JAM

SUPER NATURAL/JAM
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神158
  • 萌×229
  • 萌7
  • 中立2
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
16
得点
929
評価数
197
平均
4.7 / 5
神率
80.2%
著者
絵津鼓 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
プランタン出版
レーベル
Cannaコミックス
シリーズ
SUPER NATURAL
発売日
価格
¥700(税抜)  
ISBN
9784829685921

あらすじ

アパレル店員の暢(24)と
美容師の大地(24)は、
美容専門学校で出会った元同級生。
学生時代に付き合い、
一緒に上京して同居生活を始め、
気付けば4年の月日が経っていた。
周囲には付き合っていることを
隠しているけど順調にはいっている。仲も良い。
でもその一方で、
「男同士」である不安を消すことはできず、
その小さな不安から二人はすれ違い始めてしまい……。

表題作SUPER NATURAL/JAM

浅田 暢,24歳,アパレル店員
植村 大地,24歳,美容師

その他の収録作品

  • ①その後 それぞれ
  • ②プレゼント
  • ③無縁
  • ④一番大事なこと
  • あとがき

レビュー投稿数16

最最最の高高高!!!!

絵津鼓先生の作品は、JOYとSUPER NATURALとIN THE APARTMENTは拝読済みで、すっきりした絵柄に内容のテーマは重めというギャップに加え、どの作品の受けも可愛く、続編出てるのか!と、思わず手に取りました。

結果。


ものっっっそい良かった…………
もっっっっと人気出ろおおおおおおおおおおおおおおお
しばらく多分、この作品のことばかり考え続けると思います。

ここからレビューで、ネタバレちょい入ります()
まず前作では、ちょっとツンデレ気味?だった攻めの暢が、めちゃくちゃかっこよくなってます。大地大好き〜!な感じは相変わらずですが、ただの大地ラブではなく、大地が人前でマフラー巻かれるのはちょっと…と周りの目が気になってしまい、ちょっときつめに言っちゃうんですね。
暢はそこでびっくりして、大地は、しまった!となっちゃうんですが、暢はいつも遠慮気味だった大地がこんなこと言えるようになるなんて…!!
て、感動してるんですよね。ここ、すごくびっくりしました。
あと、外食の好みが恋人と合わなかったらどうするか〜っていう話をしてるときに、
相手と一緒に食事することに意味があるから、合わせるのは苦じゃない〜って言うんですね。

の…暢!!いつの間にそんなにかっこよく…!!!
こんなカレシほしい!!!!と私が思ってしまったことはこの際どうでもいいのですが、この作品はずっとラブラブというわけでなく、相手のことが好きだからこそ不安になってしまったり…という不穏な雰囲気が続くのですが、そんな中でも相手のことを大切に思いやる気遣いとか、一途な気持ちが所々に溢れてて、終始温かいきもちになりました。

あと、ノンケ同士ということもあり、あぁ、ありそう…というリアルなすれ違ったりしてしまうシーンはとても辛かったです…
絵津鼓先生は本当、ノンケならではの悩みを描かれるのがうまい…
そんな中でも、暢の大地大好きな感じにすごく救われました笑
癒しすぎるぜ……


あと、ちるちるのカテゴリで、攻めの暢が前作ではツンデレ、ヘタレ、だったのに、
今作ではそれらが消えて、男前、になってることにとても感動!
いや〜〜あれを男前と言わずして何を男前という??って感じですよね…
ケンカぽくなって大地が泣き出したときも、感情に流されたりせず、一旦座ろ??って言ったりしてたのがすごく、大人で良かった……。
彼が感情的になりがちだった学生時代と変わったのは、
最後に、ずっと大地と一緒におりたいから 大地の隣にいる俺は なるべくマシな奴でいたいねん と、大地が成長させてくれた、と言ってた彼はすごくかっこよかったよう!!!!

で、受けの大地は、健気、天然、だったのに、意地っ張り、が加わってるんですな笑
前作の大地はとっても可愛かったけれど、ちょっといいこすぎるかなぁとも思ってたので、今作で彼が感情を爆発させるのを見て、暢と共に感動。笑
そして、今作でも何気ない挙動の一つ一つがとっても可愛かったよ〜〜!!
暢が夜道が心配になるのも…ゆるしてあげてください笑

でも、彼もとても男前でした!ネタバレ注意…
関係が対等じゃない、という台詞にぐさっときてしまいました〜。
私個人としては、どんなBL作品であっても(SMものは別として)、攻めも受けも対等な関係であってほしくて、だから、攻めが余裕そうに見えて、描き下ろしでは実は余裕がなかった、とか愛が深かった…とかが見れたら嬉しくなります。
レビューに戻ると、だから大地の言葉にうんうんわかる!!とすごく感情移入して、よく言った!と思いました。


おすすめのレビューするつもりがすごく長くなってしまった…。
まとめると、この二人最高!前作買った人も買ってない人もとりあえず買え!!読め!!!
です!はい!!

1

感情移入しまくりでした

続編です。付き合って4年経ち大人っぽくなってる…!

1巻の終わりが引っ越して新居で終わったので、一緒に住んでるのかわいいなあ!と思ったのも束の間、 大地がもんもんと悩んでいきます。

嫉妬の対象が女から男になったことや、女子のように扱われることなど…。暢からしたら大地を思ってなんだけど難しいです。どっちの気持ちも分かる~!!と思いながら読み進めました。

よくある妬きもちとはまた違う男同士の付き合いの深いところが描かれていたと思います。この漫画はBLファンタジーじゃなくてすごいリアルだなぁと。別れるってワードが出てきたときはすっごい切なくなりましたね。

その分、最後の展開や1週間我慢のお話しは萌えました。えろは少ないけど満足な作品です。

1

めちゃめちゃリアル

シリーズもので、私は一応前作から読みましたが、今作からでも多分十分楽しめます。


めちゃめちゃリアルな話です。本当にありそう。ナチュラルな絵柄も相まって余計リアルです。

読み心地としてはライトな感じですが、テーマとしては重いというか、少し考えさせられますね。でもほのぼの系の絵柄のおかげで、いい意味で深刻すぎずさらっと読めました。

ただ、結構私の性癖に刺さる話なのに、なぜか思ったほど萌えませんでした。多分絵柄のせいなのかな?絵柄が よく言えばほのぼの、悪く言えば全くエロくないです。
このエロくない絵柄がこの絵津鼓先生の持ち味だと思うし、この話の良いところなんですけどね…うーん

いわゆる"BL漫画"として読むのではなく、"恋愛漫画"として読んだ方がいいです。 萌えとエロを求めてる方にはお勧めできませんが、話はずっしりめな割に読後感がすっきりしていて読みやすいので、一読の価値は十分にあります。

1

4年後

前作から4年後の姿が読める作品です。付き合ったその後を読めるのはすごく嬉しいです。

2人にとって当たり前になってきた事が周りには当たり前じゃなかったり…自分の体の変化に気付いたりして戸惑う大地、いじらしくて可愛すぎです。特におねだりするセリフよかったです。
暢は大地のこと大好きでとても大事にしているのが分かります。それ故の大地の悩みっていうのもあると思います。
こんなにもお互い大切に思えるのは素敵です。
同僚など周りの人の変化も印象的でした。

大阪に戻って大地が自分のお店を持ったり、その後の2人の話もまた読んでみたいなと妄想してます。

1

成長した2人 続いていく関係

専門時代を描いた「SUPER NATURAL」より先にこちらを読んで大感動したものですが、今日前作が届いたので読み直しも兼ねて続けて読んでみました。

こちらだけだと暢は細かい変化まで気を配って、大地のことを思いやれる理想的な恋人に見えて、大地は繊細すぎるように思っていました。
前作を読んで、あらびっくり。
4年前は暢がわけのわからない行動に走るコントロールの効かない子で、大地はすごくしっかりとした子でしたよ。
社会経験を積んだこともさることながら、一緒に暮らした年月が2人を変えたんだなあと感慨深い気持ちになりました。

ゲイに見られる大地と見られない暢。
昔とは違う暢の気遣いが大地のことを「彼女」のように思っているからなんじゃないかと思ったり、自分が昔の対等だった友人のときよりか弱い存在だと思われているから優しくされるのかと悩んだり。
目標に向かってあんなにストイックに頑張って来た大地が、こんなにもアンバランスになってしまうほど「自分は男なのか、女のようなものなのか」というアイデンティティの揺らぎって大きな問題なんだと気付かされました。優しくされればされるほど対等じゃないと思えてしまうのは大地にとっても、気遣う暢にとってもきつい状態ですよね。何をしても裏目に出てしまう。
暢の職場の女性に嫌な気持ちになる大地と、美容室の同期の男性に牽制したい気持ちになる暢。体の関係を含むパートナーである以上、どちらかが女性の役割をしなければならないけれど、そのことが体だけでなく意識にまでこんなに影響を及ぼすこともあるんですね。
相手はまた女性と付き合える可能性があるけれど、もう付き合えない体に変えられてしまった自分はゲイというわけではないからもう誰とも付き合えずに独りでいることになる。こんなことを考えながら一緒にいるのはしあわせどころか、本当にしんどいですよね。
前に読んだときはこの作品のテーマを読み切れず、大地にことを考えても仕方ないことでイライラしてばかりで嫌な子だなと思ったものですが、前作と続けて読んだら全く印象が変わったことに驚きです。

好きだから優しくしたいし、気遣いたいだけなのに、相手に真っ直ぐに伝わらない。
自分には相手しかいないから失いたくないと思えば思うほど、不安が募る。
そんなどうにもならないジレンマ。
ただ「信じる」だけがこんなにも難しいことを見事に描き上げた作品でした。

好きだから一緒にいたい、それだけでしあわせという段階から、もっと先へ進んだ2人。
しっかりと向き合って、受け入れ合って深まった絆はきっと切れることはないだろうと思える素敵な作品でした。

5

可愛いカップル再び

最初の漫画を読んだ後に直ぐ読みました。最高でした!
二人で上京して、立派にお仕事頑張ってます。

一巻では色々あったものの、大きな障害という障害なくくっついた二人でしたが、この漫画では受けの大地君が同性と付き合ってることに対して色々と悩みます。今までは理解のある馴染みの大学の友人に囲まれて、気にしたことが無かったのだろうと思いますが、社会に出て付き合いが広くなり、周りとの距離の測り方など、思い悩む癖のある受けの大地君は兎に角悩む。女扱いされてるとか、周りにノブルを正式に紹介出来ない、紹介されない、ノブルの女性の友人との付き合い、周囲の反応・・・

何回か軽い口論になったりします。大人しい大地が声を荒げたりしますが、ノブルは結構落ちつた感じでした。そういう時でも何で大地は怒ってるんだろうと順を立てて考えて、解決策を見つけようとします。
ノブル、大地より子供っぽいなと思い勝ちでしたが、大地との口論の時に関わらず、そのまとまった思考回路は凄いと思う・・・。アパレルも良いけど、カウンセラーとか向いてそう。

大地のぐるぐる思い悩む性格や、普段おっとりなのに、時々ストレスが爆発して声を荒らげたりするのが、私自身にもよく身に覚えがあるので、気持ちはよく分かります。大地にノブルがいてくれて良かった・・・。

最終的には仲直りHとかではなく、主に話し会いでハッピーエンドです。友人や家族は理解のある人達のようでよかったです。これからもずっと幸せでいて欲しいです。

2

大地の可愛さに、メロメロです

前作から読んでますが、やっぱり好きです!
美容専門の時に付き合った2人が、東京に出てきてからのお話です。
大地は美容師になり、のぶるはアパレル店員。同居人がいて、彼女がいると周りには言っている2人。

大地が色々と悩みます。
その気持ちもわかる!でも、のぶるの気持ちもわかる!
大地は考え込むタイプで、普通だったら、ギクシャクしちゃって、嫌な雰囲気とかになるんだけど、相手がのぶるでよかった!
最後の散歩のシーン泣けます。
その後、吹っ切れた大地も可愛いし。のぶるも、作中何回も可愛いと言ってます(笑)お互いが、ちゃんと好きなのが、やっぱりいいなぁと思いました。
書き下ろしの『④一番大事なこと』の、のぶるが大人な対応をみせてます。一体何を言ったのか、気になります!
そのへん含めて、ぜひ!ぜひ!読んでみてください。

基本、受好きな私ですが、こちらの作品は受も攻も私好みで、いつも以上にキュンキュンしました。

1

やっぱり最高です♡

はぁー、良かった♡
SUPER NATURALの頃から暢と大地が大好きで続編と聞き飛びつきました。期待に胸を膨らませて読んでみたら予想以上に面白くて改めて絵津鼓先生の作品が大好きだと実感しました。文句なしの神評価です。

大地が身体が変わっていくことに対する悩みを抱えている所では、「なるほど。こういう悩みもあるよね。」ととても頷けました。今まで読んできた様々な作品の中でこのような悩みを持つ登場人物はいなかったので、新鮮に感じました。私自身シリアスな展開のお話が苦手で、このお話もよくよく考えてみると少しシリアス要素を含んでいるのですが、絵がとてもかわいいのと、ハッピーエンドへの流れが自然なため、全く苦になりませんでした。むしろめちゃくちゃ楽しめました。笑

暢と大地のイチャイチャをもう一度拝めることになるとは思っていなかったので今回続編を読めてすごく嬉しかったです。絵津鼓先生に感謝です。




3

繊細な気持ちの表現が丁寧

こういうのって男も女も関係ないんだなぁって感じました。
二人ともお互いのことを大切にしたくて。
でもそのために自分を偽ることはしたくなくて。
長く長く一緒にいるからこそ生まれる不安ってあるよなって思いました。
そういう不安は男女のカップルだって絶対生まれるものだから、本当に恋をしている当人たちには大きな差はないと実感しました。

相手と一緒にいると幸せなはずなのに、いつかこの幸せがなくなってしまうことに漠然とした不安を感じる。
人の気持ちって一概には言えないからこそ、その不安はなくなるものではない。
ましてや男同士で付き合っているからこその、女の子に対する圧倒的コンプレックス。
終わりの見えないこの悩みは、二人で一日一日を重ねて、幸せで少しずつ上書きしていくしかないんですよね。
そんな二人の今までとこれからの長い長い生活の一ページを覗き見たようなそんな気持ちになりました。

こう言う感情って言葉にしづらいもので、だから相手に伝えるのも難しいものですが、それを漫画にしてこんなにも感情的にリアルに伝えることができる絵津鼓先生って本当に素晴らしい方です。
どっちも素敵なキャラクターだけど、どっちもしっかり人間らしいところがあって、漫画のキャラクターなのにこの人たちは本当に存在するのではないかというようなリアリティ。
ここまで繊細な気持ちを丁寧に描ける作家さんはなかなかいないと思います。

そして、暢が…!前作よりもずっとずっとかっこよくなっている……!
前からかっこよかったけれど、今作は特に男前度というか中身のかっこよさが尋常じゃないです。
それを最後に「大地のおかげ」って言う暢が本当に素敵だと思うし、その言葉も事実だと思うから暢をこんなにかっこいい男にした大地はすごいなぁって思います。
でも自分でかっこよくした暢は大地にとって、他の人に取られちゃうかもって不安になるほど魅力的になっちゃって、不安に思う大地がかわいそうだけど可愛かったです。

二人の今までの四年間が、そしてこれからの長い長い人生が、とても素敵なものになることがわかって幸せな気持ちになりました。
幸せで胸がいっぱいになって涙が溢れました。

4

2人それぞれの考えをしっかり理解できる

 前巻はストーリーがずっと穏やかで導入的内容だったので萌評価に留まったんですが、今作は絵津鼓先生のまさに本領発揮という感じで、非常に細やかな心情描写がされておりぐっと評価が上がりました。攻め視点と受け視点の切り替えの回数やタイミングもちょうど良く、どちらの考えも読者がよく理解できるようになっているのも良かったですね。暢視点の時に大地がどうしてこんな言動をとるのかいまいち分からないと思っても、次は大地視点で彼の想いを描いてくれるのでなるほどと納得がいきます。対等に扱われていると思っていたのが段々女の子扱いされていると感じるようになり、女の子の代わりなのかも、いつ捨てられてもおかしくないのかも、と不安を覚える大地。好きな人を大事にしたいという気持ちをそんな風に疑われるのって辛いし、最初は暢が可哀想にも思えました。でも、大地の気持ちを丁寧に辿っていくと、どうしても受けになる方ってそういう考えが芽生えてもおかしくないのかなと思えたり。ただ暢が言った通り、相手を信じるか信じないかは、暢の行動によってではなく最終的には大地自身の意思が決めること。そこに気付いた大地は、暢から少し置いてきぼりになっていたのがまた対等な立ち位置に戻れたのではないでしょうか。

 心情描写も良かったのですが、前巻に比べて暢のスパダリ感が増していたのが最高でした。短くした髪がきっちりセットされスマートな立ち居振る舞いになっており、大地の感情的な言動にも言い返したり面倒臭がったりせずに終始落ち着いて相手の気持ちを理解しようと努めるところが、凄く大人の男になったなぁと思います。その分大地の可愛さが目立ち、ビジュアル面では互いに相手を引き立て合っているように見えますね。2人とも自分が相手の立場だったらどう感じるかをちゃんと考えるので、本当に思いやりのあるお似合いのカップルだなぁと改めて好きになりました。

4

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う