緑の楽園の奥で

緑の楽園の奥で
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
7
評価数
2
平均
3.5 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
BL小説
出版社
徳間書店
レーベル
キャラ文庫
発売日
価格
¥514(税抜)  ¥555(税込)
ISBN
9784199003059

あらすじ

イギリス帰りのガーデン・デザイナー森河は、自他ともに認める若手実力派。
次の仕事は広い個人宅の庭園だ。
けれど、冷たい美貌の依頼主・羽城の希望は、なんと「コンクリートで固めた庭」!?天才的なプログラマーだという青年に、緑の庭の良さをわからせたい!この生意気で無愛想な態度の羽城を、なんとか口説き落として、「彼のための庭」を作ろうとするけれど。

表題作緑の楽園の奥で

森河竹流・イギリス帰りの実力あるガーデンデザイナー
羽城祐樹・森河の依頼主の孫で天才的なプログラマー

評価・レビューする

レビュー投稿数1

雇われ庭師×依頼人ですが

雇われガーデナー(庭師)×依頼人の孫の話ですが、使用人×主人という力関係はないです。

森河(攻)の視点でストーリーは進みます。
軽い恋愛だけをしてきた森河が、造園を頼まれた家の孫息子である羽城(受)が気に入る庭を造ることになるというストーリーです。

人との別れに怯えて壁を作っている羽城の心を開こうと、森河が「ガーデナーの哲学」「ガ-デナーのカン」などと思いつきを言うのが面白いなと思いました。「発情した雄猫みたいにまとわりつく」とか、「幼い仕草にキスしないではいられなくなった」とか率直な下心アリが読んでいて楽しかったです。

羽城の祖母が倒れるとか、当て馬が登場するとか、お約束の展開なんでしょうが、私は好きな作品です。森河がきちんと仕事しているのも好感が持てましたし、表紙イラストの緑も良いなぁと思いました。

0
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ