ギヴン -given-(3)【BLCD】

ギヴン -given-(3)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神6
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

74

レビュー数
1
得点
36
評価数
9
平均
4.1 / 5
神率
66.7%
著者
媒体
BLCD
原画・イラスト
キヅナツキ
オリジナル媒体
コミック
CD発売会社
CROWN WORKS
シリーズ
ギヴン
収録時間
枚数
1 枚
ふろく
フリートーク
あり
発売日
JANコード
4560317789440

あらすじ

真冬への恋を自覚し、初ライブの舞台袖でキスした上ノ山は、今更葛藤していた。
 告白もしていないし、そもそも真冬の気持ちはどうなのだ。
 一方、上ノ山と真冬の初々しい恋の傍らで、バンドメンバーの秋彦を密かに想っていた春樹は……。

表題作ギヴン -given-(3)

評価・レビューする

レビュー投稿数1

このCDだけ聴いて満足度のあるようなものではない

原作片手に聴かないと状況がよくわからないのは前作通り。

和果役の女性声優は、ロリコンアニメじゃないんだから普通に喋ってね…。

コミカルな表現にしても、古川さんは原作の作風を壊しすぎなのでは?
(品がないことが気にかかる)
と思ったけど内匠さんの絶叫も別人でしたね。

「好きだよ」と2回繰り返す壮馬くんはとりあえず天使。

起承転結のある話でもないし、まだ続いているし、
いい空気感になってきたな…という物凄いところで終わる。
弦の音が鳴るなか、色っぽい雨月と離れられない梶さんの絡みが…
あるわけもなく、
そこに自分と亡くした元彼を重ねる壮馬くんのしっとりしたモノローグで〆。
どちらも、終わらない失恋をしているんだね。
さぁここから!というところでトークへ。

BLだけど絡みがなく、ゆっくり進む、
周辺の人間関係を描く月9のような話なので、演じていて精神衛生が良さそう。

「おまけの柊くん」の増田俊樹は最高でした。

総括。
このCDだけ聴いて満足度のあるようなものではない。
私は原作が好きです!!BLCDも好きです!!
でもこのCDはBLCDとしての評価はできないよ!!
そういうんじゃないけど、でも、原作共々最後まで見守りたいです。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ