ギヴン (7)

given

ギヴン (7)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神167
  • 萌×246
  • 萌18
  • 中立3
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
29
得点
1076
評価数
237
平均
4.6 / 5
神率
70.5%
著者
キヅナツキ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
新書館
レーベル
Dear+コミックス
シリーズ
ギヴン
発売日
電子発売日
ISBN
9784403667824

あらすじ

柊の「好き」は綺麗だな。俺のはもう、灼け焦げてるけど。 プロへの誘いを保留し、立夏や柊に頑なな態度をみせる真冬。そんな姿を目の当たりにし、彼を傷つけたと焦る柊に、「お前も、由紀のことが好きだっただろう?」と玄純が切り込む。違う。俺が好きなのは! 勢いで告白した柊を待っていたのは――。柊と玄純の恋が夜を超える、瞬き禁止のオルタナティヴ・ラブ、第7巻!

表題作ギヴン (7)

上ノ山立夏,高校3年生・ギター担当
佐藤真冬,高校3年生・ヴォーカル&ギター担当

同時収録作品ギヴン

梶秋彦,大学生・ドラム担当
中山春樹,大学院生・ベース担当

同時収録作品ギヴン

八木玄純,高校生
鹿島 柊,高校生

その他の収録作品

  • 春樹の謎のツボ
  • 霊感の有無
  • 目覚めた人 梶秋彦
  • 誤解
  • SNS事情
  • ユーチューバーひいらぎ
  • 歌えるユーチューバー

レビュー投稿数29

この歳で一番大切なものがブレない凄さ

 今回はシズと柊が多めではありましたが、秋彦と春樹の話もそれに続く多さなので、この2組が好きな方は満足できるのではないでしょうか。私は7巻ですっかりシズと柊が好きになってしまいました。攻め側が受け側を立てて、穏やかに包み込むようなカップルが多い中、シズの愛のぶつけ方はかなり過激。よく考えて、とか、最初はよく分からないままでもいいから、なんて猶予や妥協を許さない、白黒をはっきり迫る潔く容赦ない態度は、相手に酷かもしれないけれど、私はありだと思いました。

 自身も長年柊への好意と孤独に向き合ってきて、柊が自分に対して無意識にどんな気持ちでいるか、彼の甘えはどんな感情の上に乗っているかも薄々感じてきた上での迫り方だったのだなと解釈しています。そして、彼に煽られた後、1人で今までの自分を見つめ直しどういう選択をするか決めた柊も、シズの重い愛に耐えうる大きい器の持ち主だなと。すべてを柊に捧ぐというシズと、そんな彼を丸ごと受け止める柊の関係性は、きっとこれからより強固に太く結ばれていくだろうと思います。この2人も追いたいですね。

1

可愛い回

もうすごく萌えました。シズちゃんと柊の二人がかわいすぎて。
ラブシーンは初々しくて、柊が頑張ってる感じがすごく可愛くて。。
シズちゃんも、こんな可愛い人だったんだなぁと。。
立夏の「なんで柊とバンドやってんの?」からの「愛してるから」がも〜うとっても良いですね。
あと、柊がシズちゃんの手を引いてる扉絵がとても素敵でした。
個人的に良くないなと思ったのは四コマ漫画にあんなにページ割いて欲しくなかったです。
四コマはいらないから話を先に進めて欲しかったです。

1

ギヴンで一番萌えた巻

わたしはギヴンのメインCPよりシズちゃんと柊のサブCPの方が好きです。
というかギヴンのメインCPたちの恋愛に萌えを感じたことがなかったんです。
今までギヴン追ってきてこの巻が一番萌えました。
最近、BLに萌えを感じることが少なくなっていたのだけれど、シズちゃんと柊を見てまたBLの萌えが再燃しました。
読んでる最中ずっとニヤニヤが止まらなかったです。
正直、メインCPよりこのサブcpの恋をもっと見ていたい〜。

2

主人公がでてこない

今作は柊のお話だけでほぼ1冊費やされていました。
もうちょっと凝縮するか番外編として描くか、という選択はなかったのかなぁ〜
真冬を語る上で必要な事なのかもしれませんが、それにしても前作からかなり待った上で立夏も真冬もほぼ出番無しなのはどうなんだろうなぁ、というのが正直な感想です。

秋彦と春樹に関してはマメに描かれているので人物像も見えてきていますが、メインであるはずの立夏と真冬のエピソードがほとんどない。
好きあってるはずなのに、一緒にいる描写も相手に焦がれる様子もまったくない。
真冬が不思議ちゃんだとしても過去に恋愛経験がある訳だし、出し惜しみなのか…あれ、もしかしてこの二人がメインじゃないのかな?と疑問すら感じます。
しかも今作に限ったことではなく、作品通して以前から立夏と真冬の描写が少ないなぁと感じていたので、今作では特にうーん…となってしまいました。


アニメ化や映画化の影響もあるのでしょうか。
絵もお話も上手い作家さんですが、もう7巻なのになかなか先に進まないなぁと思ってしまいました。

3

シズ×柊最高!

ついに出た7巻。シズのキャラが立っててすごく良かったです。キヅナツキ先生は心理表現が繊細で比喩表現を用いた描写が切なくて綺麗だなと思います。ただ思ったのは柊sideのシズに対しての柊の感情の吹き出しのフォントがデカくて、そんなにクソデカ感情の意味あるのか?と思いました。繊細さが持ち味の先生だと思ってるので個人的にはそのテイストで見たかったです。まあ、柊はクソデカ感情男なので先生の中でアレでこそ柊なんだろうなと感じています。

最近あまり拝めていないですが立夏×真冬ペアもどうなっていくのでしょうか。

個人的には真冬がまだユキの事を完全に乗り越えられてるわけではないと思っているので、ユキが完成させたかった歌を立夏が作り上げ、それが真冬に届いてこそ真冬のこれからの『音楽に対してどうありたいか』のアンサーにもなるんじゃないかなと思います。

なので、真冬は柊たちのライブに行きたくないと言っているけど、柊たちのライブに行って、ユキが真冬に届けたかったメッセージを受け取ってほしいですね。°(っ°´o`°c)°。

次巻も楽しみにしてます。

1

シズちゃん最強説

シズちゃんと柊の恋愛が丁寧に掘り下げられててついにここもくっついたかーという感じ。
バンド内カップル乱立してて大丈夫か?とさすがに心配になるレベル。笑

真冬と立夏カップルが本命なので確かに進展がないのは物足りなかったですが、これはこれで楽しめたのでこの二人の存在や関係性が今後の展開にどう影響してくるのか続きも楽しみです。

シズちゃんの、内に秘めた柊への欲望や執着が露わになった時の表情にゾクゾクしました。
全部の感情が解き放たれた感じ。
この作者さんは表情の描き方が本当にお上手で感情を揺さぶられます。

立夏や真冬がバンドや過去や恋愛について悩みまくってる中、シズちゃんだけはブレずに全ての軸を柊に向けていて、柊しか見えてない。
もうある意味最強ですよね。
そのブレなさに立夏が羨ましいと思う気持ちも分かる。
何にせよこじらせた両片想いが成就して良かった!

6

執着攻め…

七巻待ってました!!!!!!!!
今回は『立夏×真冬』メインじゃなくて真冬の幼馴染である『玄純×柊』がメインでストーリーが進みました。
『立夏×真冬』『秋彦×春樹』が見たい人には不満のある内容だったかもしれません
。ほかの方々のレビューにもあるように、スピンオフ作品っぽくなってるなと思いました。
ですが『玄純×柊』が好きな方、執着攻め、ワンコ受けが好きな方には特におすすめしたいです。
玄純は昔からの片思いが爆発してねじれまくってるし、柊は自分の思いや玄純への向き合い方がすごく不器用で可愛かったです。
次作からは『立夏×真冬』『秋彦×春樹』のお話に戻っていくと思うので、真冬の決断とこれからのみんなを見守っていきたいです。

15

よくわかるよ

「リンクス」しかり群像劇というかオムニバスの得意な先生だったなと再認識。ギヴンも主役がたくさんになってきました。自分は相変わらず、春樹さん推し(モンペ気味)かつ梶さんのビジュアル美味しい派閥なので、秋春を心待ちにしているわけです。前巻で、付き合いだした直後なのに秋春成分少なめしょぼんだったのが、ちょっと供給増えてました!秋→春描写があるたびにニヤニヤしてしまう。4コマでも嬉しいので、絶えず供給を頼みます。

玄純と柊は、これだけで普通に連載一冊いける内容です。執着攻めの。完全にスピンオフとして別枠でやってもいい気がするけど…立夏と真冬の精神によほどの影響を与えるが故に本編の間に必須なのかな。

13

カップル乱立注意報!

確かにスピンオフかな、と思いますが
二人の馴れ初めから掘り下げていたので楽しく読みました。

秋彦が周りからほぼ祝福されない4コママンガに笑っちゃった。私も同意見なので!
しかし、なぜか秋彦ってば憎めない(^_^;)
何だか母性をくすぐるんだよなー!
なんだよー!この魅力!
これが魔性ってやつか!?( ̄□ ̄;)!!

17

DVD付き購入して良かった。

玄純の執着最高です。柊のワンコ感♪
関係を持つまでが急展開な気もしますが、幼少期から高校までの思いを考えると、それも善き。
おさな馴染み4人の関係性とかが、今後の立夏と真冬にも関係してくるので、今回少し4人の関係性が垣間見えた事、2人が進展したからこその、今後の展開が楽しみです。
映画→特典DVD→マンガ7巻本編の順で観るのが良い気がします。
マンガはあっという間に読み終わった。
秋彦達の高校生2人の態度の違いというか、それぞれに合わせた対応してて、良いグループだな~と、しみじみ。
次巻が楽しみです!!

14

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う