月と太陽(1)

tsuki to taiyo

月と太陽(1)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神6
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
30
評価数
6
平均
5 / 5
神率
100%
著者
 
媒体
BL漫画(コミック)
出版社
新書館
レーベル
Dear+コミックス
発売日
価格
¥630(税抜)  ¥680(税込)
ISBN
9784403666162

あらすじ

ヤクザの息子の将大は親友の花太郎の店で暴れ、花太郎の師匠・椿にお仕置きをさ れてしまい!?  大人気「花といっくん」シリーズスピンアウト!

表題作月と太陽(1)

椿、花太郎の師匠でメイクアップアーティスト(現段階
山田将大、山田組の長男(現段階で攻め・受けなし)

同時収録作品花とおでかけ

平井一(いっくん),大学生
松川花太郎,おとこの娘チアくらぶのバイト

その他の収録作品

  • ~あの日あの時~
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数1

とにかくカッコいい。

作家買い。阿部作品の『花といっくん』のスピンオフです。

いっくんがカテキョのバイトをした将太くんのお兄ちゃんで、極道の山田組の長男にしてハナちゃんの幼馴染の将大のお話。

ネタバレ含んでいます。苦手な方はご注意を。






ハナちゃんの「師匠」が東京からやってくるシーンからスタート。
何の師匠なのか、ハナちゃんとの関係は…?
と、いっくんがモヤモヤするシーンにほっこり。
芋メガネだの、ダサメガネだの言われちゃってますが、いっくんの心がすくすくと成長している様が読み取れて気持ちがほっこりします。

で、その「師匠」ですが。
女装男子です。
ハナちゃんにメイクを教えてくれた、その道では名の通ったメイクアップアーティスト。

という事で、めっちゃ綺麗です。
ハナちゃんも男の娘ですが、師匠・椿さんは美人さんです。ハナちゃんとはちょっとタイプが違う。
仕事柄という事もあるでしょうし、素顔も美人さんという事もあると思いますが、師匠の美に対する探求心は半端ないものがあります。という事で、椿さんのビジュアルはめっちゃ綺麗なのですが。

中身は豪胆です。
男前です。
カッコええです。

で、その椿さんと、将大の恋のゆくえは?

『花といっくん』でもちょいちょいと将大の中身が描かれていましたが、この将大という青年はちょっとやんちゃくんというのか。結構なクズ男なのです。
なのですが、師匠の前では、まるで子犬の様、といえばいいのか。
キャンキャンと叫ぶ様がなんとも可愛らしいのです。

クズ男・将大ではありますが、大きな所帯の極道の長男という事で、彼は彼なりに様々な葛藤を抱えている様子なのもうかがえる。そんな将大が、椿と出会い、関わっていくうちに、どんな大きな男へと成長を遂げるのか―。

とにかく、師匠・椿さんがツボに入って仕方なかった。
綺麗なのに、カッコいい。そして、彼のセリフ一つ一つに重みがある。
軽々しく世話を焼くわけではない。あくまで、その人の主体性を重んじながらも、それでいて的確なアドバイスをしたりサポートする椿師匠が、めっちゃ素敵でした。
鼠径部に入ったタトゥーとか、将大に乗っかって「マーキング」するシーンとか。
激萌えしました。

終盤にいっくん×ハナちゃんのお話も収録されています。
タイトルは『花とおでかけ』。
二人で旅行に行くのだけれど…。
もう、相変わらず可愛すぎる二人に萌えが滾ります。
写真を撮るともれなく半目になるいっくんに笑い、いっくんのことが好きすぎるハナちゃんの恋心にキュンキュンし。
この二人の話は、ずーっと読みたいな。

1巻では師匠と将大の性的な関係は、触りっこやフェラまで。
受け・攻めはまだわかりません。
阿部作品だからリバもあり?かな?とちょっと楽しみにしています。

いっくん×ハナちゃんのCPは勿論大好きなのですが、師匠もめっちゃツボに入るキャラでした。

次巻も楽しみです。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ