真昼の月

mahiru no tsuki

真昼の月
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神3
  • 萌×24
  • 萌1
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
1
得点
35
評価数
10
平均
3.7 / 5
神率
30%
著者
いおかいつき 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
海老原由里 
媒体
小説
出版社
雄飛
レーベル
アイノベルズ
シリーズ
真昼の月
発売日
価格
¥850(税抜)  ¥918(税込)
ISBN
9784902543148

あらすじ

同僚に撃たれ警察を辞めた元刑事の神埼秀一は生きる張りを失っていた。そんな時、祖父から相続した大阪ミナミの雑居ビルで、密輸拳銃横取り事件に巻き込まれ、横取り犯を追うヤクザの若頭・辰巳に気に入られてしまう…。

表題作真昼の月

辰巳剛士・ヤクザの若頭・27歳
神崎秀一・元刑事の雑居ビルオーナー管理人・30歳

その他の収録作品

  • ホームタウン

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数1

出会いはここから

それまでBLはほとんど読んだ事が無かったので「BLとはそういうもの」という勝手な思い込みがあったのですが、それまでの固定観念が覆され、心底BLにのめり込む切っ掛けになった作品です。

受の秀一は、言ってしまえば世捨て人です。潔いのを通り越して投げやりです。
攻の辰巳に犯られても、まったく気にしてない(というか、どうでもいい)というその無頓着さがいっそ清々しい。
辰巳につきまとわれて、成り行きで情人にされても悩みもしません。そんな秀一の態度をかえって面白がっている辰巳がまた可愛い。秀一の一挙手一投足に、秀一の前では余裕ぶっこいて見せてますが内心やきもきしっぱなしのようで、実際焼きもちに関しては隠すつもりはないようで。職業柄、可愛いばかりでもない部分はありますが、まあそこはBLなので深く考えずに状況を楽しむが吉かと。
またこの作品、脇役のキャラ誰をとっても個性的で見ていて飽きません。
たくましいニューハーフから定年間近の人の良い刑事さんまで、余す所無く堪能できます。

アイノベルズ版のお薦めポイントは、何と言ってもリンクスロマンス版に収録され切れていない挿絵かも知れません。挿絵が目当てなら、多少入手のしやすさに難はあるかもしれませんが、アイノベルズ版は外せません。

3

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ