俺にとって、全部完璧なんだ。

君は僕の事を崇拝しすぎている。

kimi wa boku no koto wo suuhai shisugiteiru

君は僕の事を崇拝しすぎている。
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神7
  • 萌×27
  • 萌6
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
81
評価数
20
平均
4.1 / 5
神率
35%
著者
相野ココ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
三交社
レーベル
デイジーコミックス
発売日
価格
¥650(税抜)  
ISBN
9784815550035

あらすじ

オタクわんこ×リア充ツンデレ
じれったいエロきゅんBL♡

モテるのにすぐ彼女に振られてしまう宮地が失恋の度に向かうのは、地味で冴えないオタクの黒野の家。
高校からの付き合いである黒野はひたすら自分に甘く、褒め称えてくる事を鬱陶しく思いつつも内心嬉しく思う宮地だった。
けれどある晩、酒に酔った黒野に好きなキャラと間違われてキスされてしまう。
思わず抵抗しようとするが、いつもと雰囲気の違う黒野に宮地は――…! ?

単行本描き下ろしは大ボリューム22P★

表題作君は僕の事を崇拝しすぎている。

黒野友樹, 専門学生
宮地, 大学生

その他の収録作品

  • 描き下ろし
  • あとがき

レビュー投稿数2

タイトルで期待したが…


タイトルに強く惹かれて購入しました。

攻めはオタクでワンコ。
受けは意地っ張りとのことですが…めちゃくちゃツンデレです。

大好きー!と尻尾を振り、フラれて落ち込む受けに尽くす攻めを「キモイ」と貶すし足蹴る。
甘やかしてくれる攻めにワガママ女王様のような態度ですが、それは照れ隠し。
先に恋を自覚するのも受けの方で、本当はオタクを差別しない良い子です。

一方、陰キャな攻めはイケメンな受けとは対等になれないとネガティブ思考。
自分は釣り合わないからと、受けに似ているアニメキャラ(♀)に欲望をぶつけるように同人誌書いたりフィギュア集めたり…。
でもそんな二人がお似合いだなぁと思います。

シリアスなしの明るめで可愛らしい一冊でした。

0

メロメロになったのはどっち?

オタクxリア充の恋、との事だけど、読んでみるとちょっと印象が違うかな。
オタクはオタクだけど、「リア充」の宮地の方は、一見モテるけど全く長続きせず、女の子の方から別れを告げられるパターンを繰り返している。その事で悩んでもいて、特に「充実」しているわけではない。
で、またまた彼女からフられて、いつも通り友人のオタク・黒野の部屋に飛び込んで、いつも通りよしよし…と慰めてもらうが…
黒野は昔から宮地の崇拝者で、とにかく宮地はカンペキ、全部がイイ、好き、と言いまくる。キモいくらいに。
宮地もそんな黒野の賛辞を疑いつつも、それが聞きたくてフられるとやってくるような。
ある日、酔った黒野が推しキャラの「ももタン」と間違えて迫ってきて…!

そこから黒野のオスくさい表情や触られた時の感覚が忘れられずモンモンとする宮地が描かれていきます。
しかし、元々黒野よりも優位に立っていた宮地は、好きだも抱いてほしいも言えるはずもなく、また黒野の方も宮地に対して一歩も二歩も引いていて自分から動こうとはしない。
この思い込みとすれ違い。
ここをジレジレが最高!と思えれば良いのでしょうが、私はあんまり…
あまりにも黒野が卑屈というか、宮地の何を見ていたの?見ているの?ずっと好きだったのなら宮地が自分に対して変化してることわからない?と問い詰めたい。
宮地の方も態度が一気に弱気になって涙ぐんじゃったりして性格変わってます。
一方、エロ描写は思いがけず(←すみません…)良くて。
黒野がオタクのくせに筋肉質で、オスくさくて、しっかりリードしてる。

描き下ろしは、黒野が宮地に推しキャラ「ももタン」のコスをさせてH、の話。
ミニワンピの裾に頭を突っ込んでフ○ラの絵がかなりエッチい。

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う