彼等をめぐるすべて

karera wo meguru subete

彼等をめぐるすべて
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神7
  • 萌×216
  • 萌3
  • 中立2
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
9
得点
110
評価数
29
平均
3.9 / 5
神率
24.1%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
BL漫画(コミック)
出版社
海王社
レーベル
GUSH COMICS ~ガッシュコミックス~
発売日
価格
¥630(税抜)  ¥680(税込)
ISBN
9784796411783

あらすじ

やたらと不幸体質の高校生・藤原は、海辺の街で酒乱の父親と二人暮らし。ある朝、父親の暴力を受け海で倒れていた藤原を助けてくれたのは、爽やかな大学生の大野だった。藤原はやさしくてイケメンの大野にひとめ惚れしてしまう。それからというもの藤原の世界は鮮やかに色づき始めて――?

表題作彼等をめぐるすべて

大野司・大学生
藤原計・不運続きだけどポジティブな高校生

その他の収録作品

  • Hello,World!(描き下ろし)

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数9

高校生だもんね。。。かわいくていいんだ!!

攻めの大学生・司の設定があまりにもできすぎていて、もっと計への惹かれ方が自然だったらなあ、というもっと欲しいなというところがでてきてしまうくらいよかったです。

計くんの家庭環境がもっと悲惨だったらあるあるになってしまいすぎるのか・・・本当は父はいい人、というところが救いすぎやしないか、など、「もっとこうだったらな」という点があったので評価は萌×2。

お話自体はすごく素敵でした。
不幸体質だけど、友達に恵まれてまったく擦れていない主人公計くんの初恋成就のお話。
これぐらいピュアだと攻めの設定ができすぎてても、そりゃ惹かれるよね、という納得感はあり。

1

計がとにかくかわいい

こちらの作品はちるちるさんのインタビューを読んで面白そうだったので購入しました。
不幸体質な高校生の計が浜辺で近くの大学生の司に助けられるところから話が始まります。
計は不幸体質といいつつ友達には恵まれていて何かと助けてくれます。

浜辺で助けてくれた大学生の司にひとめ惚れで、下校中も会えないかな?と考えながら帰ったり恋する乙女みたいに、以前会った場所の近くをウロウロしてたらまた会えて、車に泥水かけられてびしょびしょになったところ、司の家についていきます。着替えを借りて話しているところに頭上からゲイビが落ちてきて、司さんがゲイってことがわかります。

恋をした計を応援してくれる友人たち。二人きりになったときに告白。司にキスされて真っ赤な顔をしている計がかわいいです。その流れで司の家に行ってそこからの初Hっと割と展開早いんですが、計が司にぎゅってして下さいって何回もいうのが本当かわいいんです。

司と付き合うようになってからの計が段々エッチになっていって本当学習能力が高いのか幸せが駄々洩れでかわいさも倍増です。

今まで不幸体質だったけど司さんと一緒になってからは、無職だった酒乱の父が働きだしたり運も上向いてきたみたいで、いいことずくし。
恋をしたことで色んなことが良い方向に進んでいってよかったです。

1

相思相愛は奇跡

絵がとんでもなく可愛くてド好みでした。
こんな風に出会って、自然に恋をする二人が、眩しくて綺麗で素敵でした。

藤くんの周囲の友人も「オオノツカサ」が男だと知っても、偏見を持つこともなくただただ友人の幸せを願い続ける姿勢だとか、
二人の恋愛はドラマチックではないかもしれないけれど、それでもすごくすごく本人同士が幸せで、見ているだけで心が温かくなるところだとか。
デビューコミックスは作家さんの本当に好きな作品が生まれると勝手に思っているのですが、佐藤先生はこういうことが書きたかったのかなって。

ゲイとか関係なく相思相愛の奇跡って言葉にグッときました。
男女だろうと同性だろうと、相思相愛って奇跡。
すぐ忘れてしまいがちなことを思い出させてくれた素敵な作品でした。

2

彼等をめぐるすべて

【佐藤アキヒト】さん。
こちらも新人漫画家さんですね。

帯に(期待の新人)と評されているように とても漫画を描き慣れてらっしゃる感じがして、コミックス化に当たって担当様も付いてより洗練されてのデビュー!…という感じがします。

絵柄も優しくキレイで最近多いデジタル感がないのも逆に新鮮でした。自分としてはやはり紙媒体の漫画はアナログ感が人間味を著しているようでスルッと話に入っていけます。
デジタルが悪いとは言いませんがどうしても余程の個性がないと[誰が描いても同じ]という事になってしまいますから。


この(彼等をめぐるすべて)という作品を読んでいて思ったのが 夏目イサク先生の(ハートの隠れ家)を思い出しました。(ハートの…)もBLという同性愛を 異性愛者同士の恋愛のように何の抵抗もなく周囲の人間が受け入れている…。
こういった作品を[現実味がない]と嫌厭される方がいるのは承知しているが…それこそそこはBL漫画だ!ファンタジーだ!と、嫌がらず 幸せな世界としてフィクションを楽しんで頂きたい。

帯に(爽やかエロメン)と書かれているが 自分等は攻め(大野 司)を取り立ててエロいとは思わない。
寧ろ大学生のゲイなのだからゲイビやゲイエロ本等溜め込んでいても逆にリアル感が増すのでイイではないかと思うし、受け(藤原 計)のキャラ設定はやたらと不幸に見舞われ、酒乱の父親との二人暮らしとネグレクト?と感じさせる描写があるにはあるが それにもちゃんとした理由があり、何より計本人が自分を不幸だと思ってはいない訳だし、父親は今 モノクロの世界で生きているのだと彼に、亡き母親が言っていたように(色づいた世界)が来る日を待っているのだ。作中、常に計は(幸せ)を感じている。
そんな受けを彼を取り巻く…(すべて)を受け止める大野はとても心の広い男だと思う。
最初こそ(二人きりになりたい!)と紛争するが最終的には計に幸せと思わせている幼馴染三人も含めた世界をすべて受け入れるのだから…。

会えばヤリたい!
そんな事はこの二人の年齢を考えれば当たり前だし、実際現実でも同性愛であろうが異性愛であろうが男側からすれば…あちこちにデートして…等という考えこそ女性目線全開で違和感がある。
だから自分はこの作品はホンワカだかリアル感もちゃんとあると思う。

この佐藤アキヒトさんの次回作が楽しみだ。
期待を込めて(萌2)で。
次作は是非(神)を付けたいものだ。

3

幸せになって欲しいカップル

表紙から勝手にしっとり系かなと思ってましたが、なかなかHは激しかったです。デート初日でHするから、計くん大丈夫?大学生に弄ばれてない?って心配になりましたが、大野くんは計くんを大事にしてくれる良い彼氏でした。大量のゲイビやその手の雑誌を部屋に隠し持ってるあたりは、年相応の男子大学生というところでしょうか?BLに夢見がちな自分からしたら、実際の若い子のカップルの付き合う速度なんかは、等身大の姿なのかもと思いました。計くんが皆に愛されるキャラで、恋人が出来てからが色っぽく女子にもモテまくってました。また、友達が良い子たちで計くんの幸せを願ってます。まあ、なんども邪魔してますが、彼氏も交えて集まるのか良いです。お父さんもお母さん亡くした損失感から立ち直って良かったです。迷ってる人が居たら是非読んで欲しいです。

3

初めて一緒に朝を迎えたシーンが好きすぎた

久しぶりのコミック。
表紙イラストとあらすじで気になっての衝動買い。
初読み作家さんでしたが、違う作品も読んでみたくなるほど
綺麗な言葉や雰囲気に惹かれました。

受けさんの計くん。
てっきり虐待に遭ってるのかと思ってたけど、
本人曰く違うとのこと(でも多分あれは虐待に入るような…)。
そんなことも含め不幸体質の計くんに降って湧いた幸せが攻めさんの司。
好きという感情を知り、幸せになるまでの計くんサクセスストーリー。
展開は割と早め。

本当に不幸というか可哀想なシーンは初めの方だけなので
痛いのが辛い方にも読みやすいかと。
計くんは天然ピュアっ子なのか、友達にも愛され好きな人ともうまくいき
ただただ幸せオーラを振り撒く後半になるので
甘々癒されものが読みたい時には是非。

アニメイト特典のリーフレットはカラーで読めるうえに
計くんのドヤ顔も見れるので
機会がありましたらそちらもオススメします(●´ω`●)

久しぶりのコミックがこの本でよかった~(*˘︶˘*).。.:*♡ 

5

キャラクターにリアリティが無い。

う~ん…何て言うか、受のキャラクターにリアリティがない。
天然・ピュア・素直・ポジティブ、すごくいい子ではあるんですよ。
毎日毎日怪我をして水を被って災難続きなのに、少しもそれを不幸だと思ってない。
むしろいい友達に囲まれて、酒に溺れるほど母を愛する父の子として生まれて、自分は幸せだと。
いい子だよ。いい子だけどさ~…何か心配になるレベルだよねぇ。。
ここまでポヤポヤふわふわした子が現実にいたら、ちょっと心配になるレベルですよ。
あと攻と付き合い始めてから、何かビッチというか、爛れた感じになっていくのも好みじゃありませんでした。
何かこの二人、ヤッてばっかりじゃない?…みたいな。
ラブラブなのはいいけど、体の関係とかが友達にまでダダ漏れなのはどうなの…?と。
二人が出会って恋をして、色んなことを知っていく過程を描くにしても、こんなヤッてばかりなのって…。
もっと普通にデートしたり描き方がありそうなものだけど。

絵とか雰囲気がふわふわして爽やかな感じだから、一見「優しい人に囲まれてるなあ」って感想ですが、よくよく考えるとあまりに爛れた感じになり過ぎだよ。
もうちょっと、ヤること以外で二人の絆を描いてほしかったな~と思います。
正直、この作家さんの作品を今後また読みたいかと言われると、NOですね。

3

優しい思いが重なり合う世界

ちるちるさんの作品紹介で、タイトルと美しい表紙に興味を惹かれて読んでみました。

酒浸りの父親と二人で暮らす高校生・藤原計くんが、海辺で倒れていた時助けてくれたゲイの大学生・大野司と、穏やかで優しい恋をするお話。大野の優しい笑顔と朝日にキラキラ光る髪に一目ぼれしてしまった計くん。名前しか知らない彼にまた会えたらいいな…なんて、近所の大学まで来てみたら、偶然大野に再会します。大野も計くんを可愛いと思っていて、二人は自然な流れですぐに恋人同士になります。

帯に書いてあった通り、「優しい恋」の話でした。事件も起きないし、当て馬も登場しません。計くんの幼馴染三人も、大野と計くんの関係を温かく見守っています。二人の絡みも、初めてのとき、旅行先でのちょっと激しめエッチ、大野の新しいアパートでの計くんからの積極的なエッチ、の三回ありますが、どれも生々しさを感じません。優しい作画のおかげかな。

大野が計くんを完全に一人占めせずに、計くんの幼馴染三人との関係も込みで付き合うところがいいなあと思いました。大野は、最初はもっと二人きりになりたがっていたのですが、計くんとの関係が深まるにつれ、「君の世界をどうか大切にしてほしい」と願うようになるのです。本当に愛しいと思ったら、相手の世界を丸ごと大切にしたいと思う。そんな大野の愛が、素敵です。
計くんも、恋人の大野だけでなく、これまで寄り添ってくれた幼馴染たちも全部ひっくるめて、自分の世界を愛しく思っているし、幼馴染たちも、計くんが大好きで一緒に居たいけど、計くんの幸せをなにより願っていて。
大野、計くん、幼馴染たちの優しい思いの重なりが、タイトルの「彼等をめぐるすべて」に込められている気がします。

計くんのお父さんの暴力は、酔って酒ビンを投げ上げる描写がちらりと出てくるくらいでした。父親が働かず息子のバイト代で酒浸りになるなんて、本当は深刻な状況なのでしょうけど、計くんが悲惨な感じがしないのは、彼が自分を可哀そうがらず、優しい友達がいてくれることに幸せを感じているからなのですね。そんな優しい計くんだからこそ、幼馴染たちも計くんを好きだし、大野も好きになったのだと思います。

若い彼らがまぶしくて、いい歳の自分には共感しきれない部分も正直ありましたが、読後は優しい気持ちに満たされ、自分がいる世界がなんだか愛しく思えてきて。時々読み返してみたくなる、静かな魅力ある作品だと思いました。

3

受けが愛されヒロインって感じです。

ギャグ漫画すれすれとしか言いようがないほどの不幸引き寄せ体質の受け。
そもそも受けと攻めが出会ったきっかけは、受けがウミガメ(!)を団地裏で拾って(!)海に還したら高波を浴びて、傷口に沁みて痛くて気絶して海藻まみれになってぶっ倒れているところを攻めに助けられるというやつ。
シリアスなんだか、ギャグなんだか…。

その傷口は妻を亡くして酒乱になってしまった父親が投げた酒瓶が額に当たってできたもの。(暴力描写はなし)
父親は働かず、受けが早朝バイトで稼いだお金で呑んだくれている…と結構悲惨な背景です。

さぞや暗いお話かと思いきや、ほのぼの〜としてるんです。
何故なら、受けがそういった不幸な境遇を一切呪っていないから。

あらすじや帯には「あなたといると世界は色づく」「世界は鮮やかに色づき始めて――」とあるので、てっきり不幸な境遇にある受けの世界はそれまでモノクロのようだったけど恋を知ってから鮮やかに…と思ったら、違います。
「自分が世界を愛していれば世界は色づいて見える」という亡くなった母親の教えを守っているから、攻めと出会う前からすでに「幸せで もう色を置く場所がないくらい世界は鮮やか」状態なんです…。


おーーーい………。

攻めと出会って確かに今まで見た事がないようなパチパチまぶしさを感じているけど、元々受けの見えている世界は決してモノクロではない…。
モノクロなのは妻を亡くした父で「(自分は色鮮やかだけど)父さんはきっとモノクロだろう」と思ってるだけです。
これあらすじも帯もミスリードだと思うんですよね…。
なので、期待していたストーリーとはちょっと違いました。

端から見ると不幸としか思えない境遇だけど、何かとあれこれ世話して助けてくれる優しい友達4人に囲まれているから「俺、今すごい幸せで」と言えちゃうハートの持ち主。
そして、世間から見たらクズでしかない父のことも「お酒に溺れるほど母さんを大切に思ってる父さんの子供で良かった」と思えてしまう超ポジティブ思考。

敵わない…。
この受けなら世界のどんな不幸が束になって襲いかかっても、何かしらささやかな幸せを見つけて「幸せ」と言っていられる気がする。

私はディズニーアニメのヒロイン(最近のではなく、シンデレラ・白雪姫などの受け身古典系)を思い出しました。
人一倍不幸な境遇だけどそれを嘆かず、ささやかな幸せを見出して謙虚で、欲深さはなく、森の動物達やら、7人の小人やら、屋根裏に住むネズミやら小鳥やらを惹きつけ、王子様にも一目惚れされる愛されヒロイン。

そして読んでいくうちに、印象が変わっていきました。
最初は受けにも攻めにも好印象を抱いていたし、優しい気持ちになれるというかほっこりするなぁと思っていたのだけど、あまりにも受けがいい子すぎるというか、変な男に騙されたとしても「幸せ」とか言っちゃいそうな危うさを感じました。

そしてピュアピュアっぽい雰囲気なのに、浴衣で拘束プレイをするシーンで嫌悪感が…。
片足を帯で縛って一本足のフラミンゴ状態でのガツガツ立ちバックなんて、受けの身体はきっついと思うの。
奉仕型のSは好きだけど、受けに苦しさを強いて攻めが欲望をぶちまけるだけのSは嫌なので、そんな事できちゃう攻めに萎えました。
それに受けって何されても嫌って言わない子というか、どんなゲスいプレイされても「こんな自分だけに欲望を剥き出しにしてくれて幸せ」とか言っちゃいそうな子なだけに、あぁ、これからもハードなプレイを教え込まれていくんだろうな…みたいな…。

ピュアっ子がエロを指南されてエロくされていく作品を読みたかったわけではないんです。
表紙のイメージのような、繊細でキラキラと世界が輝きを放つような作品を期待していただけに、なんか盛ってばかりの二人を読んで、ちょっとこれは違うなぁ…と。



5

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ